~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




この度、UGCarpenter beeが「Radio gaga collection 1 - EP」としてiTunesにて購入することができるようになりました。


価格は150円と大変お求めやすくなっております。


この機会に是非、UGの「Carpenter bee」をよろしくお願いします。m(_ _)m



$自UGん in アンダーブログラウンド

















演奏時間9分の大作!!!

UGの「Carpenter bee」!!!

絶賛好評配信中!!!





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



「宇宙戦艦ヤマト」、「銀河鉄道999」などを
手掛ける世界的メカニックデザイナー
板橋克己氏書き下ろしのCDジャケット

14組のアーティストによる
震災チャリティーオムニバスアルバム

2011年8月8日発売

Butterfly effect 3 SORAE

アーティスト14組+ボーナストラック付き
税込価格 \1000

大絶賛好評発売中!!!


Butterfly effect3 SORAE/オムニバス
¥1,000
Amazon.co.jp
演奏時間9分の大作
Carpenter bee」収録!!!







1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年12月05日(月) 19時00分00秒

本日のマイフェイバリットユージック

テーマ:音楽

12月に突入して5日が経ちました。

 

皆さん、いかがお過ごしですか?

 

今日の愛知県の天気は、晴れでした。

 

明日も晴れますが、気温はグッと下がるそうです。

 

寒暖の差が激しいですので、体調を崩して風邪など引かぬよう、皆さん、体調管理に気をつけて過ごして下さいね。

 

12月の本日のマイフェイバリットユージックは、タイトルに男性の名前が付く曲を紹介したいと思います。

 

てなわけで本日のマイフェイバリットユージックは「The Beatles」の10枚目のアルバム「The Beatles」に収録されている「Rocky Raccoon」を紹介したいと思います。

 

 

 

ザ・ビートルズは、1960年代に活躍したイギリス・リヴァプール出身のロックバンドでブリティッシュ3大ロックバンドの一角です。

 

ブリティッシュ3大ロックバンドって言い方は日本では馴染みがありませんが本国イギリスではこう呼ぶ方もいるそうです。

 

ちなみにビートルズの綴りは「Beatles」で、カブトムシを表す「beetle」と音楽用語の「beat」を掛け合わせた造語だそうで、ジョン・レノンとスチュアート・サトクリフが考えたものだそうです。

 

そして、この「The Beatles」というアルバムは、ザ・ビートルズが1968年に発表した唯一の2枚組オリジナルアルバムです。

 

リチャード・ハミルトンが手掛けたアルバムジャケットは、白一色に「The Beatles」の文字だけというシンプルなジャケットでしたので、そのジャケットのイメージから「ホワイト・アルバム」という俗称で呼ばれたりします。

 

そして、このロッキー・ラクーンという曲ですが、この頃のビートルズはレコーディングではメンバー一緒なんですが、曲作りは昔と違ってメンバーが各々作って持ってくる時期でした。

 

作詞作曲のクレジットは「レノン=マッカートニー」名義でしたが、実質的にはポール・マッカートニー単独作品です。

 

この曲はアコースティックギターによる重苦しい感じから始まる楽曲で、歌詞の内容と相成って緊張感を以っております。

 

そして、ジョンが奏でるハーモニカ、リンゴが叩くドラムが重なっていき、徐々に盛り上がっていきます。

 

この曲で一番盛り上がる部分は、歌ではなくスキャット部分で、プロデューサーのジョージ・マーティン演奏のホンキートンクピアノによるトレモロが最高に痺れます。

 

この曲、個人的にも好きな楽曲です。

 

ちなみに、この曲はギターソロ的なものはなく、全編で拝聴できるアコースティックギターはポールが奏でているので、この曲の収録にはジョージ・ハリスンは不参加だったそうです。

 

歌詞の内容は、ダコタの若者ロッキー・ラクーンが、自分の恋人を奪った恋敵に拳銃で決闘を申し込むが逆に負けてしまう内容の歌詞です。

 

歌詞に出てくる「ギデオンの聖書」とは、よくホテル各部屋の机の中に設置してある聖書のことで、国際ギデオン協会が未信徒にキリスト教を広めるために聖書を無料で設置してるそうです。

 

この曲でポールが何を言いたかったのかを申しますと、カッとなってスグに決闘してしまうアメリカ人の純粋な暴力主義と、安易に銃を持ちだすアメリカの銃社会への批判なのだそうです。

 

ですので、最後のギデオンの聖書を見て、ギデオンさん(※ヘブライ人の士師で、大昔の人)がチェックアウトする際にロッキーを改心させるために置いていったんだ(※本来なら、どの部屋にも必ず置いてあるので、ロッキーの都合の良い解釈)と歌う辺りは、ロッキーがギデオンの聖書を見て決闘したことを恥じたように、全世界の人々にもそうあってほしいと願うポールのメッセージですね。

 

歌詞は「ダコタの黒々とした山の丘のあるところに ロッキー・ラクーンという名の若者が住んでおりました ある日、ロッキーの恋人が他の男と駆け落ちしてしまいました 強いショックを受けた若きロッキー ロッキーは駆け落ちすることを許せる男ではなかったので 「あの野郎、とっ捕まえてやる」と怒鳴りました それで、ある日、ロッキーは街に繰り出し 地元の宿屋に予約して宿泊したのでした   ロッキー・ラクーンは予約した部屋にチェックインすると 部屋にはギデオンの聖書が置かれておりました ロッキーは銃を持ち込んで ロッキーの恋敵の両脚を撃ってやるつもりでした ロッキーの恋敵がロッキーの夢を打ち砕いたのです ロッキーの恋人を奪うことによって 彼女の名前は「マギル」と言いましたが、彼女は自分のことを「リル」と名乗っておりました でも、誰もが彼女のことを「ナンシー」と呼んでいました 今や、彼女には「ダン」と自称する男がいます 彼らはロッキーの部屋の隣にあるダンスホールで踊っておりました それを見たロッキーはブチ切れ、ダンスホールに突入し、ニヤリと笑みを浮かべながら ロッキーは「ダニー坊や、決闘だ」と言ったのでした でもロッキーより百戦錬磨のダニエルのこと、ロッキーより速く先に銃を抜いて撃ち そして、ロッキーは部屋の片隅に崩れ落ちたのでした、ああ   ダ・ダ・ダ・ダ・ダ・ダ・ダ・ダ・ダー ダー・ダ・ダ・ダ・ダ・ダ・ダ・ダ・ダー ダー・ダ・ダ・ダ・ダ・ダ・ダ・ダ・ダ・ダ・ダ・ダ・ダ・ダ・ダ・ダ ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ   ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥー ドゥー・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥー ドゥー・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ   その時、ジンの匂いをプンプンさせた医者が入って来て テーブルの上で寝ようとしました 医者は「ロッキー、強敵だったみたいだな」と言いました それでロッキーは言いました「ドクター、これはただのかすり傷さ 俺は治るさ、俺は治る、ドクター、すぐにでもね」ってね   そして宿屋の自室に戻ったロッキー・ラクーンは 部屋に置かれてたギデオンの聖書に気づきました ギデオンがチェックアウトする時に間違いなく置いて行ったに違いないね ロッキーが決闘なんかしない良い子になって復活するのを手伝うためにね、ああ オー、イエーイエー   ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥー ドゥー・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥー ドゥー・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ   ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ 頑張れ、ロッキー坊や ドゥー・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ 頑張れ、ロッキー坊や ドゥー・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ これがロッキーの物語さ」と歌っています。

 

超お薦めですので聴いたことないという人は是非、聴いてみて下さい。ほっこり

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年12月04日(日) 19時00分00秒

UGの絶景写真博覧会

テーマ:絶景

本日紹介する絶景写真はこちらです。

 

 

新宿イーストサイドスクエアのイルミネーションです。

 

地上1階部分ですが、

 

 

そこから地下1階部分を覗けるようになっていて、そこの手すり部分にイルミネーションが施されております。

 

そこから地下1階部分を覗くと、

 

 

こんな感じです。

 

あまり人がいないのは、撮影したのが今年の1月の終わり頃でしたから。

 

ここのイルミネーション。

 

だいたい11月の終わりぐらいから年を跨いで翌年のバレンタインデーまで開催します。

 

もちろん、今年も11月の終わりぐらいから開催してるみたいですので、気になる方は行ってみてはいかがでしょうか?

 

クリスマス時期は混雑が予想されますけどね。

 

この新宿イーストサイドスクエアのイルミネーションは、この手すりのあるところだけではございません。

 

同じ敷地内でも

 

 

こんな場所もございます。

 

 

近くで見るとこんな感じ。

 

下を覗くと

 

 

こんな感じ。

 

さらに奥に行くと

 

 

池の奥にゴールドに輝く光の階段が現れます。

 

 

何か、夜のヒットスタジオを思い出します。

 

ここでストリートライブとか演ったら気持ちよさそうですね。

 

 

僕が行った時間が夜の23時近くでしたので、地下1階部分のお店はほとんどやってませんでしたが、ここはレストランとかもあるそうですので、次行く機会がありましたら、そこのレストランとかにも行ってみたいと思います。ほっこり

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年12月03日(土) 19時00分00秒

UG's Travels (邦題:UG旅行記)

テーマ:旅行記
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。