~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




この度、UGCarpenter beeが「Radio gaga collection 1 - EP」としてiTunesにて購入することができるようになりました。


価格は150円と大変お求めやすくなっております。


この機会に是非、UGの「Carpenter bee」をよろしくお願いします。m(_ _)m



$自UGん in アンダーブログラウンド

















演奏時間9分の大作!!!

UGの「Carpenter bee」!!!

絶賛好評配信中!!!





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



「宇宙戦艦ヤマト」、「銀河鉄道999」などを
手掛ける世界的メカニックデザイナー
板橋克己氏書き下ろしのCDジャケット

14組のアーティストによる
震災チャリティーオムニバスアルバム

2011年8月8日発売

Butterfly effect 3 SORAE

アーティスト14組+ボーナストラック付き
税込価格 \1000

大絶賛好評発売中!!!


Butterfly effect3 SORAE/オムニバス
¥1,000
Amazon.co.jp
演奏時間9分の大作
Carpenter bee」収録!!!







1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年02月27日(月) 19時00分00秒

本日のマイフェイバリットユージック

テーマ:音楽

2月に突入して27日が経ちました。

 

皆さん、いかがお過ごしですか?

 

今日の愛知県の天気は、雲がほとんどない晴れの一日でした。

 

明日は雲が少し出てきそうですが雨の降る心配はなさそうです。

 

晴れていても外の空気は冷たいですので、皆さん、風邪など引かぬよう暖かい恰好で過ごして下さいね。

 

2月の本日のマイフェイバリットユージックは、タイトルに都市や州、地区などの名前が付く曲を紹介したいと思います。

 

てなわけで本日のマイフェイバリットユージックは、「Dschinghis Khan」のアルバム「Dschinghis Khan」に収録されている「Moskau」(邦題:めざせモスクワ)を紹介します。

 

ジンギスカン ジンギスカン
2,097円
Amazon

 

ジンギスカンは、西ドイツ、ミュンヘン出身の男女6人組の音楽グループです。

 

「Dschinghis Khan」と書いて「ジンギスカン」と読みますが、これはドイツ語表記です。

 

英語表記になると「Genghis Khan」になるそうです。

 

この「Moskau」(邦題:めざせモスクワ)という曲は、1979年に発表されたデビューアルバムに収録されておりますが、シングルでも発売されました。

 

この曲もグループ名と同名の楽曲「Dschinghis Khan」(邦題:ジンギスカン)と同様、世界的に大ヒットしました。

 

何と言ってもサビのロシア民謡のような短調でキャッチーなサビメロがいいですよね。

 

歌詞の内容は、凍えるような寒さのモスクワでも、この土地の人達は陽気で温かいんだということを歌っています。

 

ちなみに、この曲は発表した1年後の1980年に開催されたモスクワオリンピックに合わせて先立って発表されました。

 

ですので、こんな邦題が付いているんですね。

 

ちなみにモスクワとはロシア連邦の首都の名前です。

 

都市圏の人口は2016年の時点で近郊を含めて1657万人だそうで、ヨーロッパ地方で括ればヨーロッパで最も人口の多い世界有数のメガシティになるそうです。

 

歌詞は「モスクワ 奇妙で不思議な都よ 赤い金の塔がそびえ立ち そこは氷のように冷たい土地   モスクワ でも、誰かここの本当の姿を御存じの方いらっしゃいませんか 知っています ここの土地は寒くとも大地の魂は炎のように燃えています それはとても熱くこの大地の中で燃え盛っています   コサックたちが (ヘイヘイヘイ) グラスをかざしている (ヘイヘイ) ナターシャ (ハハハ) 君は素敵さ (アハ) 同志たちが (ヘイヘイヘイ) 生きてることに感謝してる (ヘイヘイ) 君たちも人の為に生きよう 兄弟よ ヘイ 兄弟よ ホー (ヘイヘイヘイヘイ)   モスクワ、モスクワ 壁に空のグラスを投げつけよう ロシアは素晴らしい国さ ホホホホホ、ヘイ モスクワ、モスクワ この大地の魂はとても大きい そこの夜は夜で、そりゃもう大変さ ハハハハハ、ヘイ   モスクワ、モスクワ 愛はキャビアのような味がする 女の子はキスするためにそこにいるのさ ホホホホホ、ヘイ モスクワ、モスクワ 酔って一緒にテーブルの上で踊ろうよ テーブルが壊れるまで ハハハハハ   モスクワ 過去への扉 皇帝時代を映す鏡 それは血のように赤いんだ   モ、モ、モ、モ、モ、モ、モ、モスクワ 誰かこの大地の魂を御存じの方いらっしゃいませんか 知っています ここの愛が灼熱の如く燃えていることも知っています それが輝いているということも   コサックたちが (ヘイヘイヘイ) グラスをかざしている (ヘイヘイ) ナターシャ (ハハハ) 君は素敵さ (アハ) 同志たちが (ヘイヘイヘイ) 生きてることに感謝してる (ヘイヘイ) 君たちも人の為に生きよう 少女よ ヘイ 少女よ ホー (ヘイヘイヘイヘイ)   モスクワ、モスクワ 壁に空のグラスを投げつけよう ロシアは素晴らしい国さ ホホホホホ、ヘイ モスクワ、モスクワ この大地の魂はとても大きい そこの夜は夜で、そりゃもう大変さ ハハハハハ、ヘイ   モスクワ... ラーララララララ ラーララララララ ホホホホホ、ヘイ モスクワ... ラーララララララ ラーララララララ ハハハハハ   オ~オオオ~オ~ オオオ~オ~ オオオ~   モスクワ、モスクワ   モスクワ、モスクワ ウォッカは冷やしてストレートで飲みましょう それで100歳まで生きられます ホホホホホ、ヘイ モスクワ、モスクワ 父さん、アンタのグラスが空になってるよ でも、地下貯蔵庫に行けば、まだまだもっともっとあるんだ ハハハハハ   モスクワ...   モスクワ...   コサックたちが (ヘイヘイヘイ) グラスをかざしている (ヘイヘイ) ナターシャ (ハハハ) 君は素敵さ (アハ) 同志たちが (ヘイヘイヘイ) 生きてることに感謝してる (ヘイヘイ) 君たちも人の為に生きよう 兄弟よ ヘイ 兄弟よ ホー (ヘイヘイヘイヘイ)   モスクワ、モスクワ 壁に空のグラスを投げつけよう ロシアは素晴らしい国さ ホホホホホ、ヘイ モスクワ、モスクワ この大地の魂はとても大きい そこの夜は夜で、そりゃもう大変さ ハハハハハ、ヘイ   モスクワ、モスクワ 愛はキャビアのような味がする 女の子はキスするためにそこにいるのさ ホホホホホ、ヘイ モスクワ、モスクワ 酔って一緒にテーブルの上で踊ろうよ テーブルが壊れるまで ハハハハハ、ヘイ!」と歌っています。

 

超お薦めですので聴いたことないという人は是非、聴いてみて下さい。ほっこり

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017年02月26日(日) 19時00分00秒

UGの絶景写真博覧会

テーマ:絶景

本日紹介する絶景写真はこちらです。

 

 

先週の続きです。

 

朝が訪れると、闇夜では見えなかったものが見えてきます。

 

画面を左にpanしてみましょう。

 

パノラマ写真だとこんな感じ。

 

 

画面中央付近には潮見坂バイパスの陸橋が見えます。

 

 

そして、さらに左にpanすると

 

 

風力発電の風車が見えます。

 

 

超巨大な風車です。

 

近くまで見に行ってみたいですね。

 

 

暫くこの絶景を堪能した後、完全に明るくなってきたので、僕はこの潮見坂の道の駅を後にしました。

 

ちなみに、この道の駅には

 

 

この道の駅独自の風力発電と太陽光発電で温めたお湯を使った足湯が楽しめるそうです。

 

気になる方は行ってみてはいかがでしょうか?ほっこり

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年02月25日(土) 19時00分00秒

ZATSUGAKU UGEUM

テーマ:雑学

装いも新たに2017年1月からスタートした新コーナー!!!

 

その名も「ZATSUGAKU UGEUM」!!!

 

それでは、さっそく始めたいと思います。

 

本日紹介する雑学は「サイダーとラムネとソーダの違い」から。

 

皆さん!!!

 

サイダーとラムネとソーダの違い、お解りですか?

 

サイダーは、日本ではサイダーの代表格「三ツ矢サイダー」のように炭酸水にクエン酸や香料、砂糖などを加えた清涼飲料水のことを言いますよね。

 

元々、英語圏でサイダーとは「リンゴ酒」を意味します。

 

イギリスでサイダーと言えば炭酸入りのリンゴ酒が出てきます。

 

逆にアメリカやカナダでサイダーと言えばアルコールと炭酸の入っていないリンゴジュースが出てきます。

 

日本では炭酸入りのリンゴ酒が一時期流行りましたが、英語圏のサイダーと区別するため、同じ語源であるフランス語の「シードル」(※サイダーの綴りは「cider」、シードルの綴りは「cidre」)と使い分けておりました。

 

ただし、フランスでシードルと言えば炭酸が入っていないリンゴ酒が出てくるそうです。

 

一方、ラムネは、日本では炭酸水にレモンやライムの香料、砂糖などを加えた清涼飲料水のことを言います。

 

以前は、ラムネと言えばソーダガラス瓶にラムネを入れビー玉で栓をするタイプが主流でしたが、最近では缶やペットボトルのものがリサイクルの観点から主流になっておりますね。

 

ラムネの語源は、レモンの炭酸水を飲んでいた外国人に日本人が「その飲み物は何だ?」と尋ねたところ、外国人は「レモネード」と答えたそうですが、日本人的に外国人が発音する「レモネード」を「ラムネ」と聴き取ったことに端を発するそうです。

 

今の現代人的に「ラムネ」と「レモネード」は全くの別物ですが、ルーツを辿ればこんなエピソードに辿り着くんですね。

 

面白いですね。

 

最後にソーダですが、ソーダとは炭酸ガスを含む炭酸水のことを言い、サイダーもラムネもソーダの一種ということになります。

 

ちなみに、英語圏で日本のサイダーやラムネのような清涼飲料水のことを「pop」、あるいは「soda pop」と言うそうですよ。ほっこり

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。