無題

テーマ:

38週の検診。彼は仕事で来れず、母がつきそってくれた。

とりあえず、問題はなし。

推定体重が3000gをこえた。

3000という数字にインパクトがあって、びっくりしたわたしと母に、先生が「驚くことない、標準です」と言う。

まあ、推定だし、実際出てきてみないとわからないけど、自分が2800くらいで産まれたので、出てくる気配のないうちから3000って大きいような気がしてしまう。

子宮口は柔らかくなっているが、まだ指一本分も開いてはいないらしい。

このぶんだとまだまだかなあ。


39週に入るあたりから、ますます寝苦しくなった。

寝るときにいわゆるシムスの体位をとると、下になったほうの肩に重みがかかり、肩が凝って気分が悪くなってしまう。

それになぜか横向きになると胎動が激しくなることが多くて、痛くて気になって眠れない。膀胱が押されてる感じで、トイレも近くなるし。

膝を立てれば仰向けもできるが、ずっと同じ姿勢でいるのはしんどい。

でも足の付け根は相変わらず痛むし、腰痛もあるから、寝返りをうつのがつらい。

日によるが胃酸が逆流してきて眠れないこともある。

そのせいか昼間は眠くてだるい。

これがいわゆる臨月のつらさなんだな。

お腹の大きさがほぼMAXなんだから、しんどいのは仕方ないけど。わたしのは「丸くふくらんでいる」というより「丸いものをとってつけた」ような形をしている。おへそはもう平らだが、幸い、妊娠線はできていない。

それにしても疲れる。

出産に怯えていたわたしもさすがに「もういいから早く出てきて~」という気持ちになりかけている。

予定日まで1週間・・・そわそわ、落ち着かない。


AD