無題

テーマ:

10ヶ月最初の検診を機に、里帰りすることになった。

ここからは検診が週1になるし。


彼と二人での暮らしも、とりあえず終わる。

さらに言えば引っ越しの予定があるので、今の家で暮らす日々もあとわずかということになる。

里帰りは出産のため、引っ越しは今よりも家賃安くて広い家に移るため、という、前向きな変化なのに、

すごく、寂しい。

この街にはわたしたちの通っていた大学があって、友達やクラブの仲間がいっぱいいるし、なじんだお店や道も多い。それに、結婚して二人で住み始めた最初の家だ。共働きの時も、わたしが退職してからも、生活は楽しくて幸せだった。

わたしのお腹を見ながら、「この子はこの家を知らないままになるんやな」と彼が言う。彼は学生時代下宿していたので、わたしよりももっとこの土地に愛着があるはずだ。「やっぱりちょっと寂しいな。でも、これでいいんやな」とつぶやいていた。「いつでも遊びにこれるよ」と、自分に言い聞かせるようにわたしは言った。


実家はここから車で40分~50分ほどの距離。家族のことは好きだし、何も悲しいことなんかないのに、約2ヵ月彼と離れて暮らすのだと思うと、寂しくて涙が出る。もうすぐ人の親になるというのに、わたしはまだ子どもみたいだ。

泣いてしまうわたしを、「会いに行くから」と彼はなぐさめた。


検診へ行く。

ちょっとカンジダが出ていた。確かに、かゆいと思うことがあるが、そんなにひどくはない。

中期ぐらいから?おりものの量が多い。しょうがないかと思う。下着がすぐ汚れるのだけがうっとおしいけど。

エコーは……この週数になるともう何が何だか、よく見えない。4Dでも、あいかわらず顔は隠してるし(笑)。推定体重は2560gほど。立派なものだ。本当にこの通りなら、もう生まれても大丈夫なくらいだ。

ちょっと前に胎児の心臓の検査で、穴が開いてるかもなどといわれていたが、

どうやらもう一度検査するらしい。外部に資料を送って調べてもらっているらしく、「撮影しなおして、もう一度送ってくれっていうことでね」と言われる。少し怖くなったが、この日撮ったものを医師が見る限り問題はなさそうだというので、ひとまず楽観することにする。

次に、胎児が元気かどうかの検査をする(NST)。お腹に機械をつけて、心拍数と胎動を見る。

その前におっぱいが開通しているか確認があった。

おっぱいマッサージ、いいかげんにしかしてなかったので「まずいかも」と思ったが、看護師さんがつまんでひねると、透明な液がぷちゅーっとしみ出た。びっくりした。自分でしてるときは出たことなかったので、やり方がぬるかったのかもしれない(笑)。

「開通してきてますね。これからは毎日マッサージやってね」と言われた。

検査は、要は胎児が元気であるというデータがとれればOKで帰れるということだったのだが、

エコーの前やたらと動いてたくせにこの時は寝こけていたらしくてなかなか胎動のデータが取れず、

わたしはものすごく長い間、機械とつながったままでぼんやり座っていた。暖房がきいていて眠かった。お腹の子もそうだったのかもしれない。

看護師さんが「動け~」とお腹を押してもダメ、わたしが立ち上がって足踏みしてもダメで、

最終的には「ブー」と音が出る機械で胎児をびっくりさせて叩き起こすことになった(笑)。ちょっとかわいそうだけど、笑ってしまった。


検診後からそのまま実家に留まり、里帰り生活が始まった。

家を空けるにあたって、一人になる旦那さんのために妊婦さんはいろいろ準備をしておくものらしいが、

わたしはこの通りズボラ人間だし(笑)、彼は一人暮らしの経験があるので、たいして何も心配することなく、自分の必要最低限の荷物だけ持ってバタバタと家を出てきてしまった。

ただ、彼は料理はするけどいわゆるおかず的なものって作らないので、冷蔵庫の中を見て、彼が使わなさそうな食材で日持ちのしないものだけは前日に使い切っておいた。

そうしてできた煮物と白和えを、半分実家に持参し、半分は彼のその日の夕食にと残しておく。あとは、鉢植えに水をやってねとお願いしたぐらいで、他に特に言い置いておくこともなかった。時間がなくて洗濯も洗いものも残してきたが、「俺やるから気にすんな」と彼は言う。日ごろから手伝ってくれているので、物の在処を知らないというようなこともない。ゴミの日だってちゃんと知っている。公共料金の支払いも前から彼の担当だし。

わたしができて彼ができないことって少ないなと思った。


実家では、なるべく家のことを手伝うようにして過ごしている。

あと、実家に置いたままになっていた荷物がまだけっこうあったので、それの整理をしたり。

彼はちょくちょくメールや電話をくれる。うれしいけど、寂しい。


臨月に入ったわけだが、お腹が重く、恥骨・股関節痛がつらい。

あと、これは寝床が変わったせいもあるのか、寝る前に胃酸がのぼってきて本当に気持ち悪い。

臨月になるとお腹が下がってきて胃がすいてくるとか、胎児の頭が骨盤に入ってきて固定されるので胎動が減るとかよく聞くが、そういうのはまだ全然ない。食べるとすぐお腹いっぱいになるし、胎動も痛いくらいある。

あんまりあてにならないのかもしれない。

でもほかに生まれそうな予兆も何もないので、お産はまだまだ先なのだろうと勝手に思っている。単に覚悟ができてないだけだとも思うが(笑)。

AD