無題

テーマ:

入院中のこと。


母子同室でたいへんなのは、やはり夜だった。

最低でも2~3時間ごとに息子が泣くので、なかなか眠れない。

授乳してすぐに眠ってくれるときなどはまだいいのだが、

母子ともに不慣れなため、うまくいかないことも多かった。

上手に授乳するには、乳首を深く口の中に入れて吸わせないといけないのだが、

息子は乳首をくわえるときに焦ってしまうらしく、手を思い切り突っ張るので、結果的に自分でおっぱいを押しのけるような格好になってしまう。この癖(?)は2か月になった今もそうだし、乳首をくわえればしっかり飲むので別に問題ないとわかるのだが、最初は「おっぱいいらないの?」と思ってしまった。

それに、押しのける息子と近づけようとするわたしで攻防になり(笑)、結局深くくわえさせられず、乳首が傷ついて血豆みたいなのができてしまった。こうなると、授乳のたびに激痛。息子が吐き戻したものの中にはがれた血豆が混じっていて、スタッフの人をびっくりさせたりもした。


2日目か3日目あたりだったと思うが、夜中、授乳がうまくできず息子がひどく泣いて、二人部屋なので気を遣って仕方なく、息子を抱いて部屋を出たことがあった。誰もいない授乳室に入り、泣き続ける息子を抱っこしてうろうろして、また授乳を試みるのだが、やはり息子がおっぱいを押しのける。思わず涙が出てきてしまった。心が折れる瞬間がはっきりとわかった。

夜中に廊下に出ると、ほぼ必ず複数の赤ちゃんの泣き声が響いている。どこも大変なんだなあと思う。ずっと一人で不機嫌な赤んぼと向き合ってると、睡眠不足もあって病んでくるのだが(笑)、夜はスタッフの人が2回くらい様子を見に来てくれるし、つらいときはナースステーションで2時間くらい預かってもらえるので、助かった。わたしも一度だけ預かってもらった。自分でなんとかできなかった、というしょんぼり感と、助けてもらおうと決めたことでの解放感、両方があった。


それでも、母乳は順調に出ているようで――それに息子の飲みっぷりもいいようで、3日目くらいに授乳室で計ってもらったところ、54g(cc?)という数字が出た。基準がよくわからなかったのだが、スタッフの人に驚かれたことからすると、けっこう多いらしい。その後も、スタッフの人に世話になるたびによく「あのよく飲む赤ちゃんね」と言われたのだった。

入院生活自体はけっこう快適で、何が良かったかって食事が種類豊富でヘルシーでおいしかったことだった(笑)。母乳育児にこだわっている病院なので、「いいおっぱいを出すため」というのもあったみたいだが。

産んだ次の日はシャンプーしてもらえたし、毎日シャワーも使えた。デコルテエステのサービスもあった。アイスクリームやシフォンケーキのおやつが出る日もあった。

午後2時からは面会が可能になり、母が必要なものを持ってよく来てくれた。彼も2日に1度は顔を出してくれた。仕事が終わってからだとほんの少しの間しかいられないのに、それでも来てくれた。

引っ越しを控えていたため、その手続きの関係上、出生届けの提出を少し急ぐことになった。ので、入院中に名前を決めて届けを出した。

妊娠中からだいたい決まっていた名前。字だけギリギリまで迷っていたのだが、二人で話し合って決めた。

そうして、母子ともに元気に過ごし、5日で退院となった。

わたしの子宮の戻りも順調だったし(仰向けに寝てお腹にさわると、こりこりと固いものがあり、それが子宮だということだった。今しかさわれないからねーと言われた)、息子も何一つひっかかることなく退院診察を終えた。

退院の前に、息子をとりあげてくれた助産師さんからメッセージカード(息子宛て)をいただいた。嬉しくてほろり。


AD

無題

テーマ:

前の続きです。



出産後、少ししてから胎盤が出てきた。

まだぼーっとしてて、見せて下さいと言うのを忘れた。胎盤ってどんなんか見てみたいなと思ってたのに。

ちょっと伸びが悪くて会陰が裂けちゃいました、すみません、と助産師さんから言われ、ドクターがその裂傷を縫い始めた。あーやっぱり破けちゃったんだなーと思う。傷自体の痛みは感じていなかったのだが、縫合は、麻酔してくれたはずなのにちくちくとけっこう痛かった。しかしなぜ助産師さんが謝るのだろうと不思議だったが、おそらく助産師さんのリード次第では破けないで済むこともあるのだろう。まあわたしは自分で「破けてもいいや」と思っていきんだので、助産師さんのせいではないと思うけど(笑)。

生まれたての息子は、(たぶん軽く体を拭かれたあとで)カンガルーケアということでわたしの胸の上に乗せられた。うつぶせは危ないので、少しの間だけだが。

初めて触れる赤んぼは、小さくて湿っぽくて、頭がしっかり重かった。

・・・と、そのとき、ぴしゃーっと水にぬれる感触が広がった。病院の寝巻がびっしょり。息子がおしっこしたのだった。

「20gくらい減っちゃったかもね」とスタッフの誰かが笑って言った。まだ体重を測る前だったのだった。


測った体重は2736g。本当は2750くらいだったのかな(笑)。直前の検診での推定体重とだいたい合っていた。前々回の検診の時は3000越えと言われたから、けっこう誤差があるみたいだ。

出生の時刻は、午後7時53分。結局、病院に入って2時間しかたっていなかった。

陣痛が10分間隔になったのは何時くらい?ときかれ、よく覚えてなかったのだが、彼とイオンに行った頃にはそんなもんだったかな、と思い、「4時くらい」と答えた。ので、母子手帳に記録される「分娩時間」は、4時間足らずとなった。初産婦としては、かなり短い。スピード出産で、安産。しかも予定日ぴったり。素晴らしいことだ。


出産が終わってしばらくすると、体がガタガタわなわなとひどく震えだした。筋肉が疲れたのだろうか。

それと、きつめの生理痛のような痛みがあった。子宮が収縮しているからだという。けっこう痛い。

夕食あっためてもらうね、と言われる。そういえば手配してもらってて、ちゃんとLDRに運んでくれてあったのに、食べるどころじゃなくお産が進行したのでそのままだったのだ。

まだ起き上がってはならないので、食べさせてもらってください、とのこと。

天ぷらやみそ汁、野菜の煮物など。

彼が口に運んでくれる。介護されてるみたいでなんだか恥ずかしい。

母親に電話して、生まれたよー、と報告する。えっ、もう? という感じだった。それにわたしが疲れ切った感じでなく、普通の声で電話してきたのでびっくりしたみたいだ。

縫合が終わってから、産褥ショーツにでっかいナプキンを敷いてはかせてもらっていたのだが、

そのナプキンの中に、でろでろと血が出ているのがわかった。

助産師さんがそのナプキンをとって持っていき、「出血の量を見ます」と言う。たぶん重さを量っていたんだと思う。で、「出血量が多い」とのことで、子宮を収縮させる点滴を2袋も使うことになった。

生まれたばかりの息子は、ビタミンK?のシロップ(栄養の中で、これだけは母乳に含まれていないのだそうだ)を飲ませてもらったり、少し体温が低いということでわたしの腕に包んで寝かせてあたためたり、初乳を飲んだりした。

初めての授乳。思っていたよりはるかに吸う力が強い。痛いくらいだった。

少ししてから母が戻ってきて、まだ起き上がってはいけないわたしのかわりに、彼と交代で息子を抱いたりしてくれた。

助産師さんもナースさんもなかなか戻ってこなくなった。他の出産がバタバタと続いたらしい。救急扱いのもあったみたいだ。そうとう忙しかったようで、入院する部屋に連れて行ってもらうのが真夜中になってしまった。

その前にナースの人に付き添われてお手洗いに行った。「痛いと思うけどがんばってしてみて」と言われたのだが、本当に本当に痛かった。縫った傷にしみているらしい。この痛みは結局1週間くらい続いた。用を足すたびにひどく痛むというのはかなりのストレス。

なんか、痛いことばっかりだなあと思う。縫合も痛かったし、子宮収縮も痛いし、授乳も痛い。産んだら何もかも楽になると思っていたのにな。


入院の部屋は二人部屋だが、カーテンでしっかり仕切られていて、ただ出入り口のドアを共有しているだけという印象だった。

この病院は母子同室なので、息子といきなり二人きりにさせられる。授乳の仕方も抱き方もよくわからないまま、入院生活はスタートしたのだった。

AD

無題

テーマ:

続きです。


病院に到着。助産師さんが出迎えてくれる。小柄で優しそうな人。

案内される途中にも痛みが来て、壁に手をついて耐えていると、助産師さんが腰をさすって、呼吸のタイミングをはかってくれた。それが、明らかに痛みがふーっと楽になる感じで、感動してしまった。やっぱりプロってすごい。

まず内診をする。子宮口が4センチひらいているとのこと。昨日の検診では閉じていたのに。「明日の朝には生まれるでしょう」と言われる。へえ、そんなもんか……と思う。

ちょうど病棟で夕ごはんが出るくらいの時間だったので、「ごはん用意してもらいましょうね」と助産師さんが言う。「えー…食べれるかなあ…」とわたしは言ったが、「食べたほうが絶対に出産が楽よ」とのことだった。


LDR室に入る。

照明ちょっと暗めの部屋。

着替えたり、機械をつけられたり、立会いの確認をされたり、なんだか忙しい。

機械はNST検査の時のと同じやつみたいだった。赤んぼの心拍をはかっている。ボッボッボッボッというような音がずっと聞こえる。

どんどん痛みが強くなってきた。はじめはベッドに手をついて呼吸をきちんとしてやり過ごせたのに、途中から片足でぱたぱたと床を叩くようになり、ベッドに上がってと言われてからは手すりを握って体を丸めて必死で耐えるようになった。痛さのあまりベッドの柵を足で蹴ったりした。

たぶんこのあたりでだったと思うが、子宮口が7センチとかいわれて、予想が早まって「日付が変わる前に生まれるでしょう」と言われていたのがさらに早まって「あと2時間で生まれるでしょう」になって、両親がいったん帰っていった。

わたしは、苦しんで我を忘れているような状態を両親に見られたくなくて、「恥ずかしいからいなくていい」と言ってあった。父親はもとより見たくなどなかったみたいだが(臨月のナマ腹も見たくないと言う人だった)、母親は「部屋の中でなくても、病院の近くにいたい」と言っていた。「見たい」のではなく、気がかりで仕方ないからそばにいたい、という感じだった。なので母親は家族の夕飯の用意をして、それから戻ってくるつもりだったようだ。

わたしのそばには彼だけが残った。


陣痛中も休みの間もほとんどずっと目をぎゅっとつぶったままで、まわりを見ていなかったせいもあり、

このへんからわたしの記憶はたよりない。

なので前後関係が定かでないのだが、覚えていることを書いていこうと思う。


陣痛は、体の中で大きなカタマリが下に向かってドスンドスンと叩きつけられるような感じだった。「突き上げる」の逆バージョンみたいな。
静かなお産にしたかったが、そううまくはいかなくて(笑)、それなりに悲鳴はあげてしまった。

仰向けになるように言われたが、痛くてできなくて「仰向け無理~」と言った。

採血だか点滴だかのために注射されるときも、「動かないで」と言われたのだが、陣痛が来ると痛すぎて体が跳ねるので、難しい。

呼吸もうまくできなくなってくる。汗びっしょりになった。

それでも、助産師さんには「いい陣痛きてるよ」と言われ、「そうそう上手」みたいなことも言われ、順調に進行しているようだった。

彼曰く、わたしがきちんと呼吸をして上手に力を抜くと、赤んぼの心拍が上がったそうだ。だから彼は「(赤んぼに)酸素あげてー」とわたしに声をかけた。

気がついたら分娩用にベッドが変形させられて、わたしも足を上げて固定されていた。医者とナースが呼ばれた。

途中で助産師さんの手で破水させられた。羊膜が破れないまま出てきちゃってて見えてる、とか言っていたと思う。丈夫な羊膜だったんだなあ(笑)。破いてもらうと、温かい水がびしゃーっと出てくる感覚があった。「びしゃびしゃや~」とか言ったような気がする。

彼はわたしの頭の左側に立っていてくれた。陣痛が来るたび、彼の服の首あたりを掴んで耐えた。彼は中腰でしんどかっただろうと思う。わたしがあんまり首元を引っ張るので、彼は「セーターが伸びる」と思って1枚脱いだそうだ。

必死ではあったがわたしはまだ少し冷静で、「きついー」などと、いたって普通の感想をもらしていた。陣痛と陣痛の間の休みが短くなってきて「休憩がないよー」と言ったりもした。

痛すぎて陣痛の合間も下半身がわなわなしてるので、陣痛と休みの境目がよくわからなくなってきていた。

頭が見えてからがけっこう長かった。

髪の毛が2センチくらいあるとかなんとか、彼と助産師さんが会話していた。

よくきく「いきみたいのを我慢する」とか「いきみ逃し」とかそういう感じがないまま、出す段階に入っていた。たぶん進行が早すぎたのだろう(笑)。

途中までなんとなく加減していきんでいたが、長いので疲れてしまい(「疲れたー」と言った覚えがある)、もう切れちゃってもいいやと思って思い切りいきんだ。

助産師さんが「いいよー」みたいなことを言った。だいぶ出たのだろう。


丸いかたまりがずるっと出てきた感触があった。

すぐに産声がきこえた。

その瞬間何を思ったのか、覚えていない。

目の前の光景をただ見つめて、ぼうっとしていた。

現れたそれは確かに人間の赤ん坊だった、それが何か不思議な気がしたのかもしれない。

彼が言うには、目を見開いてポカーン状態だったそうだ。

AD