無題

テーマ:

昨日やっとネットの工事が終わった。

(今まではイーモバイルでしのいでいた)


10月中のこと。


・うちの両親を、彼の生みのママに会わせる。

ママの彼氏?パートナー?さんも呼んだ。みんな最初は緊張していたがお酒がまわってくるといい感じになっていった。

一軒目は小さな居酒屋。串カツやおでんがおいしい。ここでなぜか、親父二人が彼をいじめだす。いじめるというか、叱るというか。リュウヤには目上の人の言うことを素直に聞かないところがある、聞いているようで聞いていない、と言って。うちの父は人事の管理職だったし、ママのパートナーさんは保険会社の元営業マンでやっぱり管理職だったので、もう完全に上司目線。

特にパートナーさんがキツくて、何やら標語みたいな言葉まで持ち出し、だからお前はあかんのやとかお前みたいな奴はいっぱいいるんやとか言った。

彼は、うちの父に言われるのならともかく、ママに腎臓移植してもらったくせに暴力振るって離婚になったパートナーさんに言われるのは我慢ならないらしい。言葉をさえぎって反論していた。

でも向こうは「目上の言うことを聞かない」ことを叱ってるわけだから、反論していたら逆効果でいつまでたっても終わらない。

言い合いをきいているのがつらくなってきて、わたしは、さらに反論しようとする彼の手をおさえた。

彼は「何?」とわたしを見たけれど、わたしは黙って少し首を振った。

そしたらこの行動を「サキちゃんのほうが話の内容をわかって全部受け止めてる」とパートナーさんとママにものすごく褒められてしまった。

親たちのほうの肩を持ったみたいで彼には申し訳ない。

でもこれがきっかけで言い合いが終わったのでよかった。

2軒目は会員制のカラオケバーみたいなところ。親たちはみんな歌が好きだ。楽しそうだった。そして明らかに飲みすぎていた(笑)。パートナーさんはなんかちょっとおじいちゃんみたいになってたし(笑)、うちの父はふらついていて、後日聞いたら記憶がところどころないと言っていた。

ママとパートナーさんはこの日のために練習したという歌をいくつか披露してくれた。

それくらい大事なイベントと思ってくれていたんだなあと思う。

帰ってから2.3日は彼がへこんでいたのがちょっとかわいそうだったけど(笑)、なかなか楽しい夜だった。まあ気は使ったが(笑)。



・彼の幼なじみの家に遊びに行く。

その家は4兄弟で、男男女男。上二人は結婚式にもきてくれていた。次男が彼と同級生だが、よく家に遊びに行ってたので兄弟みんなよく知っているらしい。

少し前にお母さんが亡くなっている。お父さんは少し精神を患っているそうだ。子どもたちも不登校とかいろいろと苦労をして生きてきたらしいが、基本的に頭の良い優しい人たちで、一緒にいてとても居心地がよかった。

そしてみんなゲーマー(笑)。昼過ぎにお邪魔して夜11時ごろまでいたが、ずーっとみんなでゲームばかりしていた。ドミニオンというカードゲームを主にやる。初めてやる人もいたが、基本ゲーマーなので飲み込みがめちゃくちゃ早い。

晩ごはんにはピザをとった。一切れはお母さんの写真の前に置かれた。

次男は家事を引き受けているらしい。熱いお茶をこまめに入れてくれる。長兄はプログラミングとかプラモデルとか好きな人らしくて、そういう関連の物が部屋にいっぱいあった。

彼の友達はみんな穏やかないい人ばかりで、わたしもつきあいやすい。



・晩ごはんをきちんと作って一緒に食べる。

最近はわたしの仕事が忙しくて帰りが遅いことが多いので、彼がよく作ってくれる。

中華そばとかチャーハンとかオムライスとか焼きそば。あとカレー。

彼はいろんな調味料やスパイスを使うのが好きで、豆板醤とかウェイパーとか買いたがるしよく使う。カレーには「ブーケガルニ」とかいうのを入れていた。

食事中の会話が楽しい。チャーハンを口に入れた彼が咳込んだので「どうしたん」ときいたら、「ウェイパーさんが団体で来た」と言ったので、わたしはツボにはまってしまって笑い転げたりした。

わたしは朝二人分のお弁当を作る(毎日必ず、ではない。無理はしてない)。お弁当にすぐ詰められて便利なので、作り置きのおかずをよく作る。豆腐入りのミンチボールとか、ブリの照り焼きとか、小松菜の煮びたしとか、切り干し大根の煮物、かぼちゃのカレーサラダなど。



AD