無題

テーマ:

新生活が始まって、そろそろ2カ月。

早いなあ…。


今日はわたしが体調不良で会社を早退して寝ていたので、

彼がごはんを作ってくれた。

肉みそあんかけチャーハンと、

ニラともやしの炒め物。

あと、わたしの不調は体が冷えたからだと考えて、春雨スープを買ってきてくれた。

優しいなあ。

それに、ごはん、とてもおいしかった。


時々ケンカもするが、仲良くやっている。

わたしが台所仕事をしていると、彼が後ろからぎゅっとしてくれることがあって、

そんなとき、「あ、これが幸せ?」と思う。

ケンカの原因はだいたい、生活リズムの違いみたいなもの。

彼は基本的に夜は早く寝たい人なのだが、わたしはどちらかというと宵っ張りなので、

電気もつけてたいし、家事もしたいし、本も読みたい、ネットもしたい。昼間働いてるから余計に。

でも彼は明るいと眠れないと言うし、わたしが立ち働いているのに自分だけ寝ると文句を言われるのでいやだと言う。(わたし、文句言った覚えないんだけど・・・)

わたしはなるべく晩ごはんをきちんと作りたくて、仕事で帰りが遅くなってもまともに作ろうとするので、

食べるのが夜10時とかになって、彼がいやがったこともあった。

これも、ごはんの時間が遅くておなかがすくのがいやなのではなく、食事がずれ込むことで寝る時間が遅くなるのがいやだということらしい。

でも、お互いゆずったりしながらなんとかやっている。

そうそう、ちゃんとセックスもしてる(笑)。←誰も心配していないと思うが。

頻度は高くない。毎日一緒にいるから、会う時間の限られていた恋人時代ほど、お互いがっつかなくなった(笑)。


今度、彼の生みのママとその彼氏?旦那?さん、うちの両親、わたしたち夫婦、で食事をする。

楽しみだなあ。

AD

無題

テーマ:

新居、少しだけど片づいてきた。

2LDKで、LDKが12畳(もともと6畳×2だったのをリフォームでぶちぬいてある)あって、

だいたいそこだけで生活している。

残りの2部屋は洋室と和室が1つずつだが、洋室はクローゼットなどを置いてあり、もう少し片づいてきたらここを寝室にするかもしれない。和室はまだ倉庫状態(笑)。


ふたりともフルタイムで働いているので、家事はじゅうぶんにはできないが、

わたしは一応、だいたい毎日晩ごはんを作っている。

なんか、ごはんがやっぱり生活の基本かなって思うので。ごはんさえちゃんと作って食べてたら、きちんと生活してる気になれるというか(笑)。

わたしが残業で遅くなるようなときには、彼が作ってくれる。

わたしは実家にいた頃は家事なんて全部母親が完璧にやってくれるものでなーんにもしなかったけれど、

料理も洗濯も、結婚して生活が始まればどうにかこうにかやっていけるものだ。

本を読んだりネットで調べたり、電話で母に聞いたりしてやっている。


彼は式が終わってハネムーンにいって、帰ってきて生活が始まってからも、

あまり様子は変わらない。普通にやさしい。

でも疲れている感じではある。

なにかと忙しくて、休日もばたばたと動いてるからか。

仕事も、会社がISOの取得をするとかで、それの専任者になったそうで(2年目なのに)、

いろいろとたいへんそうだ。


おとといは晩ごはんにカレーを作った。

少々遅くなってもわたしはなるべく自分で作りたい。

それで食べ始めるのが10時とかになってしまうこともあるが、彼は待っててくれる。

カレーができたときには11時近かった。

彼はそれまでにお風呂に入ったり、掃除をしたりしていた。

カレー、おいしいと言ってもらえた。よかった。

次の日は土曜日だったが、彼は仕事だった。

わたしは午前中に家のことをして、午後からは実家に行って、母や妹とごはんを食べ、地元のスーパーに寄った。冷凍食品の安売りの日だったが、直で家に帰らずダンスへ行く日だったので、それはあきらめる。ブロッコリーと食パンが安かったので買った。お砂糖も買おうかなと思ったが、重たいのでやめにした。

あと、まだ実家に置いたままの自分の物をまとめたりした。少しだけ持って帰る・・・つもりだったのに、結構な大荷物に。まだ冬服とかもまるごと残ってるのにどうしよう(笑)

夜はダンスのサークルへ。仕事を終えた彼もやってくる。

楽しかったけど、途中からなんだか寒気がして鳥肌ぶつぶつ。

熱っぽくなっていた。家に帰る途中で彼が風邪薬を買ってくれる。ごはんも作ってくれた。おそうめん。

薬を飲んで早めに眠る。

朝起きたらすっきりしていた。たぶんまた炎天下と冷房の往復で自律神経がダウンしていたのだろうと思う。

彼はまだ寝ているけれど、

今日はニトリに注文していたパソコンラックが届いてるはずだから一緒に取りに行く予定。

毎日一緒でとてもしあわせだ・・・。

AD