2011年08月06日(土)

小料理 京路(三島市) 優しい気持ちに包まれる風情ある路地の名店

テーマ:酒呑み
$気まぐれ野良の日々是口実

三島の繁華街には気になるお店がいくつかあります。
今回ご紹介する京路さんも前からとっても気になるお店でしたが、
ようやくその格子戸を開けることが出来ました。

$気まぐれ野良の日々是口実

犬矢来のある風情ある佇まい。さながらこの建物だけ見れば京都の祇園界隈へ来たよう。
格子戸の洒落た入口にも高級感が漂い、一見さんお断りのような雰囲気さえ感じられますが、
そんなことは決してありませんのでご安心下さい。
画像では見えませんが格子戸の裏には白板に手書きされたメニューが金額付きで記され、
その良心的な価格に安心感が得られます。

$気まぐれ野良の日々是口実

「はじめてなんですけど宜しいですか?」とやや緊張した面持ちの私に、
「どうぞ、どうぞよくお出でくださいました。」と初対面の私にも笑顔で歓迎してくれる女将さん。

6~7人ほど座れるカウンターと、四畳半ほどのお座敷が見えます。
(このお座敷を使って、月に一度常連さんを招いてのお茶会が催されるとのことです)

カウンターでは既に男性1名、女性2名の常連さんが楽しそうに談笑してされています。

私は初めてなので末席に座り、生ビールを注文しました。

カウンターには京都のおばんざいのように料理がや大皿に盛られていて、
その1皿から女将さんが小鉢にささっと盛りつけて、出して頂いたお通しは自家農園で
育てたピーマンとちくわの炒め物。

$気まぐれ野良の日々是口実

カウンター正面には献立が張られているのですが、ちょうど私のすぐ右側なので撮影出来きませんでした。
〆鯖、イカ、ホヤの塩辛、メザシ等通好みの肴が豊富に揃っています。

そして↓画像は今日のお薦めの献立。
野菜は自家農園で栽培された無農薬野菜を使用しているとのことです。
最後に冷しトマト(¥300)を戴きましたが、路地の野菜らしく香り、甘みとも申し分ありませんでした。

$気まぐれ野良の日々是口実

旬のハモ(¥1000)をお願いしました。結構のボリューム。
骨切りされたハモに吉野葛を軽くまぶして熱湯で湯せんし、すぐ氷水で締めていらっしゃいます。
梅肉は別の小皿で供され、お刺身よろしく梅肉に付けながら食します。

$気まぐれ野良の日々是口実

いやぁ~美味しいですね!冷んやりとしたハモの身が口に中でホロホロと溶けていくようです。
非常に脂が乗っていて、甘みもあり、濃厚な味わい。
梅肉が生臭さを抑えながらも、甘みと酸味と旨味をうまく調和させてくれています。
これは次回もリピートしたいですね。

同じカウンターで女性2人と飲んでいらしゃった常連の男性が女将さんに囃し立てられて
私に手品を見せてくれました。ハンケチとトランプを巧みに操り、見慣れた手品ではありましたが
目の前で見ると改めて感動します。
お名前を聞きそびれてしまいましたが楽しいひと時をありがとうございました。


$気まぐれ野良の日々是口実

「ちょっと食べてみて、うちで作ったきゅうりなの」
と大皿の中から少量取って出してくれました。

$気まぐれ野良の日々是口実

きゅうりの甘辛煮です、生姜、鷹乃爪をアクセントにして甘辛く炊いたものです。

$気まぐれ野良の日々是口実

こうなれば矢張り日本酒を頼まないわけには参りません(笑)
立山(¥500)をお願いしました。
ルリの切り子のグラスを枡に入れて供してくれます。枡の角には少量の塩。
なんとも粋ですね~。 目の前で女将さんが入れてくれます。

すっきり淡麗の立山がハモにもよく合います。

$気まぐれ野良の日々是口実

今回初めて京路さんへお邪魔しましたが、和やかで、優しい気持ちにさせてくれるお店でした。
料金もとってもリーズナブル。女性が1人で来ても優しい女将さんが気さくに話し相手を勤めてくれることでしょう。お薦めです。


京路
電話:055-981-3560
住所:三島市芝本町11-20
営業時間:PM16:30~PM23:00頃まで
定休日:日・月・祭日
駐車場;なし
ホームページ:なし
AD
 |  リブログ(0)

野良さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。