1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年09月26日(月)

はごろも(御殿場市萩原)チャーシューワンタンメン

テーマ:ラーメン
 御殿場で美味しいラーメン屋さんは?と尋ねられたら、真っ先に思い浮かぶ名前が

 はごろもさん
 
 麺屋喜八郎さんも好きでしたが残念なことに昨年閉店してしまいました(ノ_・。)



↓ カウンター9席、4人掛けのテーブルが2卓、それにお座敷があります。入店したら食券を買い
  求めましょう。



↓ メニューはこちら。裏面にはチャーハン、餃子などサイドメニューで飾られます。



↓ なんと自家製のアゴ(トビウオ)を使っています。



↓ 一部制限があるものの、細麺、太麺のどちらかをチョイス出来ます。



↓ 店名を冠する「はごろもラーメン」や「肉ラーメン」が人気の同店ですが、私はいつも、チャー
  シューワンタンメン(¥1,100)

  トッピングはチャーシュー、ワンタン、メンマ、海苔。薬味にネギが乗ります。



↓ やや濁りがあるものの、美しく澄んだ清湯スープ。表層の香味油は多め。昆布、鶏ガラ、豚骨
  、煮干、節類、貝柱、スルメ、干し椎茸もふんだんに使用しているようです。
  イノシン酸、グルタミン酸、グアニル酸、コハク酸等、自然界に存在するありとあらゆる天然由
  来の旨味を投入した、骨太な「無化調」スープです。化学の力を借りずにこれだけの旨味を出す
  には、相当量の食材が必要でしょうね(^^;;
 
 「出汁」で食べさせるラーメンを意識してか、塩分はやや穏やかで甘さも感じます。醤油の香り
  さえ抑えているように思えました。

  香味油は鶏油(?)にネギを入れて揚げたような香りと甘みがあります。



↓ 麺は長野の志賀麺業さんの、緩やかに縮れた中太麺。やや固めの茹で上がりは私好み♪ 多加水
  の熟成麺でモチモチした歯応えの非常に美味しい麺です。



↓ イシイのミートボール大の餡が入るワンタンが5個!初めて食べた時はその大きさに驚きました。

  *ワンタンは1個¥60(1個から注文可能)。各種ラーメンのトッピングとして注文出来ます。



↓ 豚挽肉、貝柱、刻みネギ、干し椎茸等が入った「肉まん」の餡のよう♪



↓ メンマはやや濃いめの味付け。酒の肴にピッタリ(笑)



↓ 厚めの肩ロースの巻チャーシューは5枚!スープの中で煮込まれた後、チャーシュータレに漬け
  込んだものでしょう。ホロホロと崩れるような柔らかさ。味もよく染み込んでいて美味しいです
  ね。




はごろも

住所:静岡県御殿場市萩原626-3
電話:0550-83-1653
営業時間:昼 AM11:30~PM14:30(L.O)月〜金曜日
     昼 AM11:30~PM15:00(L.O)土・日・祝日
     夜 PM17:00~20:30(L.O)
定休日:水曜、第3火曜日
駐車場:あり
ホームページ:なし
喫煙:不可
AD
 |  リブログ(0)
2016年09月22日(木)

更科製麺所(沼津市末広町)

テーマ:ラーメン
 最近外で食べるだけでは飽き足らず、自作ラーメンに挑戦中(笑)
 豚のゲンコツ、鶏ガラ、昆布、煮干し等でスープを取り、カエシはチャーシューを煮込んだ煮汁を
 再調整して作りました。ラーメンを自作すると、普段「食べるだけ」では見えないものが見えてき
 て、実に楽しいですね。
 しかし、さすがに麺は自家製麺とは行かず、市販の生麺を購入するのですが、スーパーに並ぶ生麺
 は添加剤が多いのか、どこか薬品臭い(笑)食の安全を考えたら市販の生麺なんて使えません。

 そうだ、更科製麺所さんへ行こう!
 
 以前、紫陽花亭さんのマスターがこちらの麺を使っていると教えてくれたのを思い出しました!

 現在の店主で4代目。応対してくれた3代目が「もう少し息子が頑張ってくれれば、
 創業100年 になります。」と笑いますΣ(゚д゚;)



 もちろん小売もしてくれます。麺だけ買っても自宅でスープ作りは出来ない方には小袋に入った、
 お湯で割るだけの濃縮スープ(自家製ではない)も販売しています。また同店では曜日限定の
 生そば、生うどんも製造しているので覚えておくと良いでしょう。

 ※生そば製造販売 毎週水曜日・土曜日
 ※生うどん製造販売 毎月第二火曜日・第四火曜日


↓ レトロな店内。入り口近くにある呼び鈴(ブザー)を鳴らして、お店の方を呼びましょう。



↓ 細麺を5玉購入。1玉¥85(込)中華麺は常時在庫があります。
 
 「昔は出前が多かったから、太麺の方がよく売れたんだけど最近では(ラーメン屋へ)車でサッと
  来て、食べて帰る人が増えたから細麺ばかり売れるんですよ」と三代目。



↓ 麺以外は全て自作の「なんちゃって背脂煮干しラーメン」(笑)
  今回は無化調でチャレンジ。一応それなりのルックスですが、プロに食べてもらったら吹き出し
  てしまうことでしょう(^_^;)
  
  チャーシューは豚の肩ロースをスープ内で2時間炊いて、チャーシュータレに戻して1晩漬け込
  んだもの。メンマは塩出ししたメンマにカエシ、砂糖、唐辛子を入れて炊き、仕上げにゴマ油を
  少量入れて作りました。



↓ 加水、カン水は少なめな印象を持ちました。その分、小麦の香りがイイですね〜♪ 細麺なので
  スープもよく持ち上げてくれます。次回は太麺を購入してみましょう。




更科製麺所

住所:静岡県沼津市末広町157
電話:055-962-2768
営業時間:AM9:00〜PM17:00
定休日:木曜日
駐車場:なし
ホームページ:あり
ブログ:あり
AD
 |  リブログ(0)
2016年09月21日(水)

雅々丸(伊豆の国市)ランチ とんかつ定食

テーマ:とんかつ専門店
 かって伊豆長岡には、とんかつ雅生(がしょう)さんと云う、とんかつの名店がありました。
 隣町に住んでいた私は「とんかつを食べに行こう」という話になるとまず真っ先に挙がる名前が
 雅生さんでしたね。入り口は太鼓橋になっており、その下の池には鯉や緋鯉が泳いでいた記憶が
 今でもあります。
 
 ところがいつの間にか長い休業状態になってしまい、ニュー雅生さんとして復活しますが、経営者
 が変わってしまったと噂で聞きました。
 
 何年か前、千歳橋を渡ってパチンコタムラさんの前に、とんかつ屋さんがオープン。そのお店こそ
 旧とんかつ雅生さんの息子さんが屋号を変えて始めたお店なのでした。
 雅々丸さん!
 
 現在は旧店舗よりやや離れた駐車場がある客室も広い店舗へ移転しました。



↓ 新店舗になってから初めての訪問。店舗の前に駐車場があるのですぐアクセス出来ます。以前は
  マックスバリューさんに無断で停めてました(^^;;
  旧店舗では店主お一人で切り盛りされていましたが、現在は明るく元気な女将さんとお二人で切
  り盛りされていました。
  カウンター背後の棚にはボトルキープされた焼酎がいっぱい飾られているところを見ると夜は
  地元のお客さんの「居酒屋的な」飲み処としても賑わっているようです。近所にこんな揚げ物の
  美味しいお店があったら毎週通っちゃいそうです(^^;;



↓ ランチメニューはこちら。オール¥1,000(込)です。もちろんレギュラーメニューもランチタイ
  ムに注文出来るようですが今回はメニューの写真を割愛させて頂きました。



↓ とんかつ定食をオーダー。 Σ(゚д゚;)お味噌汁のお椀がデカッ!(笑)

  お皿ではなく、お弁当箱に盛られてきました。お弁当にはパン粉の立ったロースカツ、たっぷり
  の千切りキャベツ、香の物、洋からし、茄子の揚げ浸し。それにライスとワカメとアサリのお
  味噌汁が付きました。



↓ 豚のロースは80gほど。卓上調味料に塩がなかったので(言えば出してくれると思います)
  ソースを掛けてみましょう。う〜ん・・このソースの色と艶はまさに雅生さんです( ´艸`)



↓ 衣は生パン粉。ラードで揚げられ、香り高い衣はサクッとしたライトな歯触り。お肉は薄いです
  が揚げ加減はさすがですね、とてもジューシーです。往年の雅生さんを思い出させてくれました。

  これからもずっと頑張ってほしい、伊豆長岡の「とんかつ」の名店です。



雅々丸

住所:静岡県伊豆の国市古奈221-2 レジデンスうめむら 1F
電話:055-948-0321
営業時間:昼 PM12:00~PM14:00 夜 PM17:30~PM22:00
定休日:毎週月曜、第3日曜
駐車場:あり
facebook:あり
AD
 |  リブログ(0)
2016年09月20日(火)

きよちゃんうどん(山梨県富士吉田市小明見)つけうどん

テーマ:吉田うどん
 最近、ラーメンネタばかりで申し訳けありません(^^;;

 「野良さんってラオタですよね?」と最近ある人に言われて愕然としましたが、私は断じてラオタ
 じゃありません(^^;; むしろ、ご飯好き。人生最後の食卓で何が食べたいか?と尋ねられたら、躊躇
 する事なく「卵かけご飯」と答えるでしょう(笑)
 
 さて、久しぶりに吉田のうどんのお店をご紹介。 

 富士吉田市でもランキング上位に入るきよちゃんうどんさん

 ほとんどの吉田のうどん店は営業時間が11時〜14時までのランチタイムのみ。その為、遠方の私
 にはやや敷居が高いのですが、こちらのお店は週末の三日間しか営業しないので更に高い(^^;;



↓ 簡素ながら(失敬)プレハブ内にL型の畳敷きを設けた店内。4人掛けの座卓が7卓ありましたか。

  女性だけ3人で切り盛りする店内です。



↓ 水・お茶はセルフ。この日はサービスで、モロキューと万願寺唐辛子(?)の煮たものが置いて
  ありました。日よって自家製の漬物や梅干しが並ぶようです。



↓ 何とメニューは「かけ」「つけ」「冷やし(夏限定かも)」の3種類だけ。
  
  *逆光だったので画像がノイジーですがご勘弁下さい(^^;;



↓ 注文は吉田のうどん店ではお馴染みの手作りの注文票。数量を記入して厨房へ持って行くか、タ
  イミングが良ければ配膳の女性に渡しましょう。



↓ 注文したのは、つけ大(¥550込)吉田のうどん店はお店に依ってうどんの量が変わるので「大」
  で注文する場合注意が必要ですが、今日は朝ごはんを抜いてきたので大丈夫でしょう(^^;;
   
  つけ汁は汁ものの蕎麦やうどん用の丼にたっぷり入ってます。驚くことにこちらのお店では味噌
  がブレンドされていないようで、やや薄い濁りはありますが、薄口醤油を使っているのか関西風
  の澄んだ色をしています。立ち昇る湯気に、煮干しと節類の良い香りがしています。早速つけ汁
  から飲んでみましょう!
  美味い! 非常に濃厚な煮干しと節系の出汁ですね! これに香味油を加えれば
  煮干しラーメンが出来ちゃいそうな位、旨味の強い出汁です。忍野の「渡辺うどん」さんも出汁の
  強いつけ汁でしたが、吉田のうどんは固いうどんはもちろんですが、出汁の強いお店が人気なので
  はないかとされ思えて来ました。
  


↓ デフォで牛肉、天かすが乗ります。牛肉は甘辛く炊かれておらず、出汁の一部として煮出さ
  れた(?)のか味付けは穏やか。同店では天ぷらを出していないので、自家製か不明ですが、
  この天かすが非常に芳ばしくて、汁に沈めてもサクサクした食感が残った優れもの。玉ねぎ
  やエビの風味があり、濃厚なツユに入れると油脂のコクや香ばしさがさらにつけ汁を濃厚な味
  わいに変化させてくれます。



↓ これぞ、吉田のうどん!と膝を打ちたくなるテクスチャー!噛むごとに
  鼻腔に広がる小麦の香りと澱粉の甘み( ´艸`) 私が吉田のうどんを好評価するのはこのテクス
  チャーと香り高い小麦の香り。安いだけで柔らかく、香りの少ない「讃岐うどん」の看板を掲げ
  るうどん店なんて比べものになりません(笑)



↓ 青唐辛子は種入りで非常に辛いですが、新鮮な青唐辛子の香りと食感がとても強くオススメ!



↓ 『すりだね」はドロッとした液状のもので、黒胡麻と唐辛子をごま油で練ったもの。



↓ 万願寺唐辛子の含め煮だろうと勝手に想像したのが大間違い・・なんと内部のタネまでそのまま
  残った激辛の青唐辛子!(笑)

  自分で取ったものですから残すわけにもいかず、汗だくで食べきりました(^^;ゞ

  モロキューの味噌はお味噌に刻んだ青唐辛子を混ぜたもの。




きよちゃんうどん

住所:山梨県富士吉田市小明見4140
電話:0555-24-1345
営業時間:11:30~14:00
営業日:金・土・日曜日のみ
駐車場:あり
ホームページ:あり
喫煙:不明
 |  リブログ(0)
2016年09月19日(月)

味の終着駅 次郎長本店(三島市谷田)チャーシューワンタンメン

テーマ:小田原(大西)系ラーメン
 はじめにお断りさせて頂きますが、次郎長さんのチャーシューワンタンメンは
 小田原(大西系)を意識したラーメンでは決してないと思います。しかし、そのボリュームを見ても
 どこか似てるんですよね(^^

 ここで小田原(大西)系の特徴をおさらいしましょう(笑)

 *豚ダシの香る澄んだ豚骨醤油で色が濃い(スープの味付けは各店で異なり、濁りのある店もあり)
 *表層のラードが多い。
 *店によって醤油を焦がしたような風味がある。
 *化学調味料使用は絶対条件。
 *麺は多加水の平打ちの手打ち風ピロピロ麺で、量が多い。
 *メンマはカエシと一緒に煮込むのか色が濃く、甘い味付け。
 *ワンタンメン&チャーシューメン以上を食べないと「モグリ」と言われる(器が大きくなる)
 *チャーシューをカエシで作るのでチャーシューの縁が黒く、味がよく染みている。
 *チャーシューメンのチャーシューはロースとモモ肉が入る。
 *ワンタンは餃子のように大きい(小さい店もある)等々。

 次郎長さんの「それ」は上の幾つかの条件に当てはまるので私の勝手ながら、インスパイアとして
 紹介させて頂きましょう。

 いやぁ懐かしいですね・・かって本店の他に清水町の伏見新田にも小さいながらも支店があり、某
 出版会社に勤めていた私は残業があると、こちらのお店で出前を頼んだものです(遠い目)

 現在は本店だけになってしまいましたが、押すも押されぬ人気店として、近隣はもとより県外から
 もその「噂」を聞きつけ週末は専用駐車場が満車に成るほどの繁盛店!特にネット社会になってか
 ら、広く拡散したように思います。

 「噂」とはそのボリューム!カツ丼、カツカレーなど大盛りはラーメン丼に入ってくる等、全国の
 爆盛りハンターにも人気のようです。またメニューには載っていない「裏メニュー」も多数存在し
 、通い慣れた常連さんの優越感を満足させます。
 *有名なのはチャーハン。実はメニューにありません。チャーハンの種類は多く「みそチャーハン
  」「カレーチャーハン」「しょうゆチャーハン」が存在する筈です。並でも普通のお店の倍の量
 ですから、シェアして食べると良いでしょう(もちろんお1人様ラーメンを1品、注文するのはエチ
 ケットですよ)



↓ ラーメンのメニューはこちら。さすがに私は食べたことがありませんが、ジャンボラーメンも
 人気の様子。裏面にはチャーハンにカレーやカツ丼などのご飯類が載ります。



↓ さて、お約束のチャーシューワンタンメン(¥1,150込)!

 いやぁ〜似てますね〜( ´艸`) ラーメン丼はやはりデフォのラーメン丼より一回り大きいもの。
 黒い器で分かりづらいですが、スープの色は非常に濃く澄んでおり、表層のラードも多いですね。

 トッピングはチャーシュー、ワンタン、メンマ、ワカメ。薬味にネギが乗ります。



↓ スープは鳥ガラを軸として、煮干しの旨味をプラスした、アッサリ系。もちろん化学調味料は多
  めです。かって出前の多かった同店、スープを冷やさないようにとの工夫もあったのでしょう、
  表層のラードは厚く、且つ非常に熱いので注意して下さい。よく火傷して口蓋の皮をペロンと剥
  いたものです(^^;;



↓ 麺は細麺ながら、例の平打ちのピロピロ麺!麺の量も倍とは言わないものの、同店の普通の
  ラーメンより多いようです。



↓ ワンタンはよく見る餡の小さいワンタンで、餃子ライクしていませんが、なんと11個も入ってい
  ましたΣ(゚д゚;) *途中で数えられなくなり、女将さんに尋ねました(笑)
  女将さん曰く、麺の重さと同等のワンタンが入っているとか。皮はスープをよく吸って飴色にな
  り、トゥルンという舌触りに変化します。



↓ スライサーで切ってあるチャーシューはやや薄めながら10枚!肩ロースの良い部位を使っていま
  す。寸胴の中で出汁取りされたパサパサして旨味が無くなったチャーシューとは違い、肉々しく
  ジューシーで食べ応えがあります。
  やがて、熱々のスープの中でチャーシューに含まれる脂が溶け出し、スープにさらなるコクを生
  むのは正に小田原(大西)系の「そのもの」と私には思えるのです( ´艸`)




味の終着駅 次郎長

住所:静岡県三島市谷田62−2
電話:055-973-2108
営業時間:AM11:00~PM22:00
定休日:月曜日
駐車場:あり(店頭及び少し離れた場所に第2駐車場)
ホームページ;なし
喫煙:不可
 |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。