1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年07月31日(日)

すぎ澤(三島市安久)クリームかんてんあずき

テーマ:甘味
 たまに無性に甘味処で「あずき」が食べたくなります(笑)
 
 あずきが美味しい甘味処といえば、すぎ澤さん

 久しぶりに来ました。良かった「営業中」の木札が窓に立て掛けられています。

 引き戸を開けると柔らかくクーラーが入っていますが、ママの姿がない。

 よく見ると「裏に居ます。カウンターの上の電話の内線ボタンを押してください。すぐ参ります」
 との張り紙。子機を持ち上げ、数秒コールするとママが出てこられました。




↓ 手漉き和紙に毛筆で書かれた味のあるメニュー。

 「あれ?おやきは無くなっちゃったの?」と尋ねると
 
 「食べたがるお客さんが今でもいるんだけど、製造元が送ってくれないものだから・・前は長野まで
  車で買いに行っていたんだけど、さすがに歳を取ると長野まで運転するのがしんどくなっちゃてね
  ぇ」と苦笑します。まさか長野までママが直接買取に行っているとは思いませんでしたね・・(^^;;



↓ ドリンク類。コーヒーは確か¥500だったと思います。



↓ 注文したのはクリームかんてんあずき(¥900込)
  おそらく作家物でしょう、輪花の鉢とソーサーが可愛らしく、ママのセンスの良さを感じます。



↓ 求脂はほんのり温かく、適度な弾力を残して柔らかい。



↓ 冷えた大粒のあずきと寒天が出てきました( ´艸`) みつ豆などの寒天は一般的に大きく堅いもの
  ですが、すぎ澤さんの寒天はあずきの大きさほどに切り揃えられた、小粒の寒天が入ります。また
  あずきと同等の食感に揃えるためにやや柔らかくゲル化されているので、あずきと寒天の一体感が
  あります。

  あずきは京都の丹波大納言小豆のLL豆を使用。市価でグラム¥500はする高級小豆です。

  一粒一粒、あずきのコロコロとした存在感を舌で感じながらも、噛めばその香りを伴ってサラサラ
  と崩れ、舌触りの悪い皮は口の中に残らない炊き加減は毎度、お見事!砂糖と塩のバランスがこれ
  以上のバランスはないのではないかと思えるほど私好み!( ´艸`)
  やがてバニラアイスも入り混じって、また違った味わいになるのも一興。



↓ 食べ終えるタイミングで、温めの濃い煎茶を持って来てくれます。



茶寮 すぎ澤

住所:静岡県三島市安久37-18
電話:055-977-6398
営業時間:12:00~19:00
定休日:日曜日
駐車場:3~4台
ホームページ:なし
喫煙:不可
AD
 |  リブログ(0)
2016年07月28日(木)

一喜(裾野市今里)焼肉&ラーメン

テーマ:ラーメン
 表通りから少し離れる場所にありますが、ランチタイムともなると非常に賑わう人気店!
 一喜さん
 こちらは夜は居酒屋さんなのですが、ランチ営業も行っている、郊外店では珍しいお店です。

 入るとすぐに5人座れるカンター。右手には小上がりがあり、四人掛けの座卓が4卓ありました。



↓ 運良くカウンターが一杯だったので小上がりの奥の座卓に腰を下ろすことが出来ました。



↓ 居酒屋さんとは思えない豊富なラーメンのバリエーション!醤油、塩、味噌、豚骨の4種類。
  定食の他、ラーメンとミニチャーハン等のセットメニューもあります。

  大盛りやきそば(3玉)って文字が気になりますが・・(^▽^;)ムリムリ



↓ もうそんなに食べれる年齢でもないのに、食い意地が張っているので「お得なメニュー」の文字
  に負け、焼肉&ラーメン(¥980込)を注文(笑)

  焼肉、ラーメンの他に小ライス、一口サイズのキムチ豆腐、香の物が付きました。それにしても
  凄いボリューム!ランチにお腹を空かせた男性客が多いのも頷けます。

  セットのラーメンとは言え、トッピングを減らさないレギュラーサイズを提供する姿勢が嬉しい
  ですね。トッピングはチャーシュー、メンマ、海苔、ワカメ、小松菜と具沢山。
  ラーメン用の海苔を使っていないようで、ふやけちゃっているのは御愛嬌と云うことで f(^^;;



↓ 昆布、鶏ガラを軸としたアッサリとしたスープ。どこか業務チックな印象を持たないこともあり
  ませんが、スープはちゃんと取っているようでした。飲んだ後の締めにピッタリでしょうね!



↓ 麺は中細縮れ麺。ツルツル、シコシコした歯ごたえが何処か懐かしい。



↓ 持ち上げた時に半分になってしまいましたが、やや肉厚のチャーシューは煮豚。腕肉を使っている
  ようで、スープと一緒に煮込まれているんでしょう、パサパサ感はなく柔らかいのですが、カエ
  シには漬け込んでいないようで味は染み込んではいません。しばらくスープの中に漬けておくと
  良いでしょう。



↓ ほどほど肉厚な豚のロースが3枚。焼肉定食と同じ量なのではないでしょうか?丁寧な筋切りが
  為されているようで、反りがありません。
 
  タレは醤油ベースの甘いもの。ブラックペッパーの効いた甘いこのタレは鶏◯さんのかな?
 
  居酒屋さんだけあって、肉の焼き方が上手いですね。余分な脂は拭い取りながら焼いているのか
  脂っぽくなく、香ばしく焼けています。



↓ オンザライス。小鉢なので肉が大きく見えますね(^^;;  お米がとっても美味しかった!

  夜のメニューは見当たりませんでしたが、居酒屋さんとしても人気の同店、是非夜にも来てみた
  いですね!




一喜

住所:静岡県裾野市今里523-17
電話:055-997-5288
営業時間:昼 AM11:00〜PM14:00 夜 PM17:00〜PM23:00
                (食事オーダーストップPM22:00)
定休日:日曜日
ホームページ:なし
喫煙:可能(分煙なし)
AD
 |  リブログ(0)
2016年07月28日(木)

旭うどん(山梨県南都留郡忍野村)肉つけうどん(冷)

テーマ:吉田うどん
 次に向かったのは、渡辺うどんさんから車で1〜2分ほどの、
 旭うどんさん
 こちらは住宅の一部を客室として解放したのではなく、「店舗」として暖簾を出しています。

 良い場所にお店を構えましたね。曇っていて富士山の裾野しか見れませんでしたけど、雲が無ければ
 遮るものが少なく圧巻だと思います。



↓ 暖簾を潜るとカマチのある玄関が目の前に現れ、広々としたお座敷が目に飛び込んで来ました。
  四人掛けの座卓が9卓あったでしょうか。お客さんが少ないせいもあってか、広々しています。
  厨房にご夫婦と思われる方が2人。ホールにはお嬢さんでしょうか、高校生位の姉さん被りをし
  た小柄で可愛い女の子が配膳をしていました。
  お冷はセルフサービス。注文はお馴染みの注文票へ数量を入れて厨房へ持参する方式。
  各テーブルにはサービスの天カス。驚いたことに「すりだね」は山椒入りのものと、入ってい
  ないものと2種類が用意されていました。



↓ 注文票。吉田のうどんとしては標準的なメニューと価格。しかし安いですね〜♪



↓ 注文したのは、肉つけうどん(冷)並 ¥400(込)茹で置きしてあったのか、短時間で提供して
  くれました。皿ではなく、ボールに入ったプラスチックのザルに盛られて出てきました。チープ
  な印象を持たれる方もいるかも知れませんが、竹で編んだザルよりも衛生的だと思いますし、
  何より庶民的な「吉田のうどん」の親しみ易さを私は感じました。
  つけ汁のイリコと鰹節の良い香りがしています♪



↓ 麺は麺切り台で切られたのか、捻れの無いやや平打ち。上等の小麦粉を使っているのでしょう、
  淡黄色をしています。まずは何も付けずに素のうどんから味わってみましょう。吉田のうどんに
  してはやや緩やかな噛み応え。噛み切った瞬間に小麦の香りが立ち、澱粉の甘みが口に広がりま
  す。夏には水で締めた冷たい麺が実に美味しいですね。やはり富士山の伏流水が一役買っている
  のでしょう、思わず笑みが溢れます。



↓ つけ汁もお醤油とお味噌のブレンドですが、若干お味噌の風味が強く感じました。昆布、煮干し
  、鰹節で出汁を引いているようですが、「渡辺うどん」さんの濃厚な旨味のつけ汁を食べた後な
  のでしょうか、アッサリした印象を持ちました。



↓ 肉は伝統の馬肉を甘辛く炊いたもの。



↓ 熱々のつけ汁にうどんを潜らせると、若干食感が柔らかく変化したように感じましたが、これは
  これで美味しいもの。食感を楽しみたいのであれば、冷やしうどんが良いでしょう。
  
  渡辺うどんさんで「中盛(並)」を食べた私にはさすがに食べ過ぎたようで、後半シンドくなっ
  て来ましたが何とか完食(^^;; 
  ザルと丼を返却してお会計を済まして店を出ると、いつの間にか雲が取れ、大きな富士山が
  をドン!とその御姿を現れましてくれました。




旭うどん

住所:山梨県南都留郡忍野村内野963-1
電話:0555-84-2723
営業時間:AM11:00~PM14:00
定休日:月曜日・年末年始
駐車場:あり
ホームページ:なし
喫煙:不明
AD
 |  リブログ(0)
2016年07月23日(土)

繁乃家(沼津市旭町)うな丼

テーマ:うなぎ
 年に1〜2度のお楽しみ♪ 繁乃家さん!

 駐車場に停められる車が限られるので、開店時刻を狙っての訪問です。店頭の百日紅が綺麗ですね。

 平日にも関わらず、暖簾が出てから続々とお客さんが入って来られ、お昼前には満席になりました。



↓ 約30分掛けて、うな丼到着。隣のお座敷に独り腰を下ろしたご隠居さんみたいに、昼間からぬる燗
  をチビチビやりながら、うなぎが焼き上がるのを待ってみたいものです。店によっては半焼きが
  済んでいて、提供までに10分位で出てくる店もありますが、繁乃家では注文を受けてから蒸し→
  焼きに入るようで少し時間が掛かります。もちろん後者の方が断然美味しいと思います。

  注文はいつもの「うな丼(¥3,200)+ご飯大盛り(¥200)」何もご飯を大盛りにしなくても
  デフォでも充分な量ですが、繁乃家さんのご飯は私の好みなので、ついつい大盛りにしてしまい
  ます(^^;;  
  うな丼の他に肝吸い、香の物が付きます(画像は蓋を外した状態)



↓ 関東風の背開き。いつもながら美しい焼き上がり( ´艸`) 



↓ 紀州備長炭を使った炭火焼き。表面パリッとして、中はフワフワでトロトロ(〃∇〃) やや甘いタレ
  に、うなぎの脂が炭に落ちて煙になって広がる燻煙香が混じって、何とも香ばしい!



↓ 硬めに炊かれた白米は、粘りが少なくお米の一粒一粒に存在感があります。うな丼を食べてて
  不謹慎ですが、これで塩むすびを食べたら間違いなく美味しいでしょうね〜



↓ 香の物は胡瓜、蕪のぬか漬けに古漬け沢庵としば漬けの4種。



↓ 昆布と本枯れ節で出汁を引いた肝吸い。三つ葉の爽やかな香りが鼻腔に広がります。




繁乃家

住所:静岡県沼津市旭町5-1
電話:055-962-0906
営業時間:昼11:30~13:30(L.O) 夜17:00~20:30(L.O)
定休日:火曜日
駐車場:あり(全部で5台)
喫煙:不可(入り口に喫煙所あり)
 |  リブログ(0)
2016年07月22日(金)

木八 三島店(三島市梅名)チャーシューメン

テーマ:ラーメン
 先日、ある有名な飲食店の店主と膝を突き合わせて飲む機会があり、「月に1度は食べたくなっちゃ
 うんだよね〜」とお互い同じ気持ちで大盛り上がり。
 久しぶりにやって来ました、木八さん
 昼の営業時間が午後15時30分までというのも、不規則な仕事の私には助かります。



↓ メニューはこちら。相変わらずラーメンとチャーシューメンだけ(実質ラーメンのみ)で頑張っ
  ていますね!経営的にも理想的なラーメン屋さんだと思います。
  ふとカウンター上の張り紙を見ると、夏季限定の「つけめん」の文字がありました。



↓ オーダーは口頭で。注文するものはいつもチャーシューメン(¥1,000込)麺は細麺と決めて
  います。

  背脂の浮かぶ姿は所謂「燕三条系」トッピングはチャーシュー4枚、メンマ、茹でモヤシ、海苔。



↓ 背脂の浮かぶスープは見た目ほどコッテリしてはいません。煮干しなどの魚介を軸とした鶏がら
  スープは、若干化調も強め。しかしカエシの醤油の香ばしい香りと微かなニンニクの香りが食欲
  を増進させ、一気に食べ進んでしまいます( ´艸`)
  背脂のおかげでスープも冷めにくく、味に「まろやかさ」を与えています。



↓ 博多ラーメンを思わせる、パツンパツンとした歯ごたえの細麺。以前はこの細麺を選ぶと+50円
  だったと記憶していますが、現在は同一価格で中太麺と細麺を選択出来るようになったようです
  。一般的には燕三条系は太麺を使うようですが、私はこの細麺がお気に入りです。



↓ カエシの染み込んだトロトロのチャーシューが美味しいですね♪



↓ 以前は赤唐辛子と黒こがしの両方ありましたが、現在はこの赤唐辛子しか無くなってしまった
  のは残念!香ばしくて美味しい唐辛子だったのですが(ノ_・。)



↓ 自家製の赤唐辛子は、見た目ほど辛くはありません。ピリッと爽やかな辛さの中に甘みがありま
  す。機会があれば伊東市の本店へもお邪魔してみたいですね。



木八 三島店

住所:静岡県三島市梅名841
電話:055-982-5066
営業時間:昼 11:30~15:30 夜 17:30~20:00
定休日:木曜日
駐車場:あり
ホームページ:なし
 |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。