1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年06月21日(火)

ことひら(長泉町本宿)

テーマ:蕎麦・うどん
 てっきり過去のブログで紹介していると思ったら、載せてませんでしたね(^^;;

 改めてご紹介しましょう、うどん専門店のことひらさん

 何年ぶりでしょう(^^;;  うどんがマイブームの頃には沼津のとらやさん(残念ながら閉店)と交互
 に行くほど好きなお店でした(笑)

 ここ長泉へ移られて23年に成るそうです。その前は沼津の仲見世で3年ほど営業していたことは知
 りませんでしたね~



↓ 店の前の駐車場に車が停められるようにと、開店直後を狙って伺ったのですが幸い店内は私一人
  。ご主人と今年90歳を迎えたお母さん、そしてまだ勤めて始めて間も無いパートの女性の三人で
  切り盛りされていました。お母さんは耳こそ遠くなったようですが、相変わらずお元気そう。
  たまに厨房で親子ゲンカしてしまいますが、仲は非常良いです(爆)

  「ああまで言わないと、ボケちゃうからさ~」とご主人(笑)



↓ メニュー① 冷たいうどん類。



↓ メニュー② 温かいうどん類。



↓ メニュー③ おすすめ品



↓ メニュー④ 定食



↓ ことひらさんでは専ら「おろし(¥650)」を頂きます。うどんの他、つけ汁、たっぷりの冷え
  た大根おろし、薬味の白ネギとおろしたての生姜、そうそう、ことひらさんではウズラの卵が付
  きましたっけ(笑)



↓ 開店直後なので時間は掛かりましたが、茹で置きではなく茹で立てのうどんを味わえました。
  麺に角が立っていて美味しそう♪ まずは何も付けずに食べてみましょう。
  水道水の温度がやや高いのか、昔に比べるとやや柔らかい印象を持ちましたが小麦の香りが立ち
  、何よりその甘さが口の中に広がります( ´艸`) 冷水で締めると食感が良くはなりますが、香り
  が閉じ込められてしまうので、この茹で加減で正解なのでしょう。

  ことひらさんのうどんは、ほぼ機械打ち。小麦粉を混捏する作業から裁断まで機械で行われて
  ます。ゆえに多加水の手打ちと違いはあるにせよ、新鮮な小麦粉を使っているので品質は昔から
  一定しているように思います。何より混捏、足踏み(これがかなり重労働)裁断まで手作業で
  行うのは、讃岐のようにセルフのお店でも大変な作業でしょうから、賢い選択であったのでしょ
  う。



↓ 冷えたつけ汁へうどんを潜らせると、うどんがキュッと締まり昔の美味しかった記憶が蘇って来
  ました!\(^_^)/

  つけ汁はやや甘め。昆布・イリコを軸に鯖節や鰹節を使ったであろう、旨味の強い出汁が特徴で
  す。

  つけ汁に大根おろし、生姜、ネギを投入し擦り胡麻を加えます。以前は手動の卓上ミルで胡麻を
  擦って入れましたが現在は予め擦り胡麻が胡椒入れの中に入っていました。香りが弱いのが、
  ちょっと残念(^^;;



↓ あっという間に完食。大盛りにすれば良かった(笑)




ことひら

住所:静岡県駿東郡長泉町本宿110-1
電話:055-987-4884
営業時間:AM11:00~PM21:00(L.O)
定休日:月曜日・第1、3火曜
駐車場:あり
ホームページ:なし
喫煙:禁煙
AD
 |  リブログ(0)
2016年06月17日(金)

ゆき坊(裾野市)冷やしラーメン

テーマ:ゆき坊ファン
” 本日より煮干し醤油ラーメンを始めます、あっさり味の極細麵です、 
 
 冷やしラーメン始めました、大盛り無料でーす
 来店心よりお待ちしてます。"


 裾野市のゆき坊さんのブログから冷やしラーメン販売開始のお知らせを見て、
 居ても立っても居られず、突撃して来ました\(^_^)/

↓ 今年は予め冷蔵庫で冷やしておいたガラスの器での提供ですね!見た目も涼し気で食欲をソソ
  ります!



↓ トッピングは大判の巻チャーシュー、メンマ、水菜、白髪ネギ、海苔と具沢山。

  早速、氷が浮かぶ澄んだスープから飲んでみましょう♪ 
  ゆき坊さんの濃厚なラーメンとは真逆な、スッキリした味わいの淡麗スープです。メインは昆布と
  煮干しのようで、他にも複数の節を組み合わせて出汁を取っているような印象を持ちました。
 


↓ 国産小麦に拘った麺は、やや縮れたストレート麺。茹でてからすぐ冷水に晒されるのでしょう、
  シコシコした歯応えとツルツルした喉越しが素晴らしい!細麺ゆえにスープもよく持ち上げてく
  れ、点在する炒りごまがたまに弾けて胡麻の香りが立ちます。
  トッピングの水菜と白髪ネギのショキシャキした食感も清涼感に一役買っています。

  いやぁ~冷んやりして美味しいですね♪ 盛夏は暑くて食欲がなくなるものですが、これなら麺
  を大盛り(無料)にしてもスルスルと一気に食べきれてしまうことでしょう( ´艸`)
 
  テーブルにあるお酢を少し入れて食べても美味しいですよ♪




ゆき坊

住所 :静岡県裾野市佐野806-8 メゾン福島1F
TEL :非公開
営業時間 :昼11:30~14:00(平日)11:30~15:00(土・日) 
      夜17:30~22:00 *しばらくの間PM21:00で閉店になりました(2016.6.4以降)
定休日: 月曜日(祭日の場合も休業)
駐車場 :有 (店舗前に2台可)
ホームページ:あり
AD
 |  リブログ(0)
2016年06月16日(木)

さがみ(三島市芝本町)

テーマ:酒呑み
 このお店もあんまり教えたくないお店なんです。さがみさん

 美味しいお刺身を食べたいけど、お寿司屋さんや割烹では抵抗があるという御仁にピッタリのお店
 。沼津ではなく、三島で美味しい魚が食べたいと言われたら、まずこのお店を案内するでしょう。

 魚の目利きは勿論のこと、豊富な知識と確かな腕を持つ親方と、フレンドリーながら細やかな気配
 りを持つ女将さんとアルバイトの若いお嬢さん(学生さん?)の三人で切り盛りされています。
 
 アルバイトの女性はまだ入ったばかりのようで、女将さんからいろいろ指導を受けていました。
 
 さがみさんで培った知識と経験は飲食店に関わらず、きっと将来に大いに役に立つことでしょう。
 勉強だと思って頑張って下さいね。



↓ さがみさんのお通しは毎回2~3品付きます。
  
  お通し①はホタルイカのヌタ。この大きさからして富山湾に間違いないですね。鮮度抜群でプリ
  プリです( ´艸`) もちろん食感の悪い目玉や軟骨は取ってあります。



↓ お通し②は治部煮。鶏肉、薩摩揚げ、牛蒡、人参、大根、サヤエンドウとお通しとは思えない
  内容です。濃いめの味つけでビールが進む、進む(笑)



↓ さがみさんへ来たら、刺し盛りは必須!

 この日(今年の2月)の刺し盛りは手前から本マグロの中トロ、皮を湯引きされた真鯛、サーモン
 、真蛸、鯵、トリ貝、〆鯖と豪華な内容でした



↓ いつもカウンターに座って飲むのですが、カウンター前のガラスのネタケースにいつも魅力的な
  ものが並びますので要チェック。この日(今年2月)は巨大な赤貝が鎮座していて、私を手招き
  します(笑)
 
  「親方、この本玉(赤貝)はどこ産?」と尋ねると韓国産だと正直に答えてくれます。
  
  「国産の赤貝は高すぎてね~ この辺で流通しているのは殆ど中国か韓国だね」と笑います。

  大きいだけあって、食べ応え充分!香りも申し分ないですね!



↓ 「赤貝の肝も食べたい」と言う、我儘な私にいつも答えてくれる親方に感謝!
  
  酒、醤油、味醂、砂糖で甘辛く炊いてくれました。産卵を迎える夏には貝毒を持つ危険な部位で
  滅多に食べれませんが、肝だけに濃厚な味わいで、ふわっと鼻腔に広がる磯の香りと香ばしいお
  醤油の香りが堪りません( ´艸`)



↓ さらに大きな岩牡蠣がネタケースに鎮座!食べなきゃ帰れない(笑)ポン酢で頂きます。

 何て濃厚な味わいなんでしょ♪まさに「海のチーズ」と讃えられるだけの事はあります。

 貝柱に包丁を入れないで、切ってくれた親方に感謝!真牡蠣の貝柱に比べると大きさは歴然として
 いますね。サクッとした平貝のような食感で、強い甘みが口の中に広がります。



↓ キープしてあったボトルが空いたので、「女将さん、米焼酎はある?」と尋ねると、

 「あるけど、ちょっと値段がイイのよ・・でも凄く美味しいよ!」と言うので村尾や森伊蔵のよう
 な高額な値段なのか?とやや不安になりましたが、聞けば手が出ない金額ではないので、キープさ
 せて貰いました。

 『野うさぎの走り』宮崎県黒木本店謹製。
 黒木本店と言えば、「中々」や「百年の孤独」を醸造して超有名ですね。甕仕込みとあるように、
 甕の中で熟成させた古酒ともち米の焼酎をブレンドして作られた焼酎で、最近非常に人気度が上が
 っているそうです。

 「今に百年の孤独のようにプレミア価格が付いてしまうかもね」と親方も絶賛。

  アルコール度数が42度もあるので、チャイサーをもらってロックで飲みます。
 
  度数が高いので、ピリピリとした刺激がまず唇と舌を襲います。その後にフワ~っと微かに泡盛
  の古酒を思わせる芳醇な香りが広がり、甘さが残ります。今までに味わったことがない焼酎です
  ね。これは美味い!と私の反応を待っていた親方を見て叫ぶと、

 「美味いでしょ~東京では1万で出している店もあるみたいだよ」Σ(゚д゚;)マジデスカ



↓ 前述のネタケースに、「東京湾」とシールが貼られた透明なタッパの中に穴子を発見!(笑)

  天ぷらで食べないわけがない(笑)強いお酒には揚げ物で対抗しましょう。



↓ まずは塩で。さすが東京湾の穴子ですねぇ~。肉厚ながらふっくらとして、とても柔らか。鮮度
  が良いので臭みは一切ありません。おまけに揚げ油にごま油を投入してくれたようで、まさに江戸
  前の天ぷら!「料理は素材」という言葉を、さがみさんではいつも思い起こさせてくれます。



↓ つけ汁も用意してくれます。おろした大根と生姜を入れて早速頂きましょう。出汁が浸み込んだ
  衣と、ふわっとした穴子の一体感が出てトロンと口の中で溶けてしまいます。

  追記:ランチに伺ったことがありませんが、平日日替わりでお得なランチを出していると聞いた
     ことがあります。今度はランチのレポートしなければ( ´艸`)




さがみ

住所:静岡県三島市芝本町1-44 菊川ビル 一階
電話:055-981-2868
営業時間:月~金 昼 AM11:30~PM13:00(L.O) 夜 PM17:00~PM21:30(L.O) 
     土・祝 夜 PM17:00~PM21:30(L.O)
定休日:日曜日
駐車場:なし
ホームページ:なし
喫煙:可(分煙なし)


AD
 |  リブログ(0)
2016年06月12日(日)

やごみ(三島市)

テーマ:酒呑み
 最近予約しないと入れないほどの人気店になってしまい、単独で予約するのも気が引けて、すっか
 り足を運ぶことが無くなってしまったやごみさん

 日頃仲良くさせて頂いている、U夫妻からその「やごみ」で飲みましょう、と嬉しいお誘い(^O^) 



  酒屋さんが営む飲み屋、所謂「角打ち」なので一般の飲み屋さんと区別するために何か制限が
  あるのでしょう、店内にはお料理やお酒を勧めるPOPやポスターが一切ありません。

↓ メニューはこの黒板のみ。テーブルの上にはお箸はもちろん、お醤油や一味などの調味料もあり
  ません。(予約の席には小皿とお箸が予め置かれています)

  
  やがてマスターがお通しの漬物とお箸を持って注文を取りに来てくれます。金額表示がないので
  お会計が気になってしまうかも知れませんが、驚くほどリーズナブルです。

  1人前でも結構量があるので、複数人で来店すると、いろいろな料理をシエアして食べられます。

  お酒は酒屋さんなので、生ビールからハイボール、ホッピー、チューハイ、何でも揃います(笑)
  中でも製茶工場から直接取り寄せているという、お茶割りが非常に美味しいです(温・冷あり)
  日本酒がお好きなら、静岡市由比の「英君」がおすすめ♪




 

↓ 真鯛刺し。Uご夫妻から話は聞いていましたが、やごみさんで真鯛が食べれるとは驚きました。

  お醤油は予め料理に直接掛けられて出てきます。旨味のある調整醤油で、お刺身はもちろん冷奴
  や天ぷらにも使われています。



↓ 値段からして(と言っても値段はどこにもありませんが)養殖でしょうけど、あまり臭みは感じ
  られず熟成加減もよく美味しい♪



↓ 鯵刺し。やごみさんの素晴らしい所は、おろしたての生姜をタップリ掛けてくれるところ♪ 
  大概のお店はチューブのおろし生姜を使ったり、おろしてから時間が経ってしまった生姜を出さ
  れることが多いのですが、薬臭い(笑)やごみさんの生姜はフレッシュそのもの。非常に忙しい
  中でこの拘りはとても有り難いものです。



↓ 鮮度良すぎてプリプリ!居酒屋さんでもこれだけの鮮度のある鯵はなかなか出せないでしょう。



↓ 冷奴。薬味のネギがタップリ。このネギだけでもつまみになります。



↓ なんと、冷やしトマト!やごみ通(?)の私でも初めて食べました。ブロッコリースプラウトが
  お洒落ですね。味付けは塩のみ!最近完熟トマトが多い中、私はむしろ完熟より、未完熟のゴリ
  ゴリしたトマトが好き!青臭いトマトの香りが好きなんです!



↓ いわし天ぷら。所謂、片口イワシの天ぷらです。定番ではないので、メニューにあったら是非食
  べて頂きたい逸品!



↓ サクッとしていながら、ふっくらした揚げ心地。相変わらず女将さん揚げ上手だなぁ~( ´艸`)
  鮮度が良いので青魚の臭みは一切なし。まだ脂が乗っていませんが、これから夏に向って美味し
  くなるでしょうね~♪




やごみ

住所: 静岡県三島市広小路町3-5
TEL: 055-975-0547
営業時間: 17:30~21:00
定休日 :土・日曜日・祭日
駐車場 :なし
ホームページ:なし
 |  リブログ(0)
2016年06月07日(火)

かとう食堂(富士市入山瀬)ホルモン定食

テーマ:大衆食堂
 今日は絶対、富士宮にうどんを食べに行くぞ!と固く決意をしたものの、このお店の前を通ったのが
 いけなかった、かとう食堂さん



↓ 川沿いに建っているせいか、盛夏でも涼しい店内。10人も入れば身動きが取れなくなるような狭い
  店内ですが、家庭的でとても落ち着けます。



↓ メニューはこちら。まだラーメン、焼きそば等、食べたことがありませんが、定食と一緒に頼ん
  だら、一人では到底食べきれないので諦めざるを得ませんね(^^;;



↓ このお店の私の定番と言えば、ホルモン定食(¥700込)!ご飯を軽めにお願いしましたがそれ
  でも一般的な定食屋さん並に盛られています(笑)
  ホルモン焼きの他、ライス、味噌汁、香の物が付きます。思いの外、美味しいのが味噌汁!
  具材こそ入っていませんが、作り置きではなく、注文が入ってからお味噌をラーメンスープで
  溶いているようで、とてもフレッシュな味噌の風味を味わえます。また香の物は大根の漬物で、
  同店の酢漬け(ガツ、軟骨)と同様な味わい。憶測ですが、茹でたそれらの肉を大根と一緒に
  漬け込み、大根の消化酵素を利用して柔らかくしているのだと思います。それを漬物としても
  活用するご主人の知恵に脱帽です。



↓ 立ち上るニンニクと甘い味噌の香りが、食欲をそそります( ´艸`) 以前にも記していますが、
 ホルモンから出た脂が食べているうちに凝固してしまわないように熱した鉄皿で出て来ます。逆に
 野菜入りホルモン焼は野菜にそれ以上火が入ってしまうことを嫌い、お皿での提供になります。
 ご主人の心配りが料理にもよく現れています。



↓ オンザライス♪ ご飯はやや柔らかめ。ニンニクの効いた味噌味のホルモンが、容赦なくご飯を
  口に運ぶこと請け合い(笑)
  う~~ん、やっぱり美味しい(*´艸`*) ご飯を軽めにしてもらったことを後悔しました(爆)



かとう食堂

住所:静岡県富士市入山瀬3-8-27
電話:0545-71-3877
営業時間:AM11:00~PM14:00
定休日:日曜日
喫煙:可(分煙なし)
終車場:あり(店の南側に2~3台ほど)
 |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。