2007-03-13 06:45:33

【スプリングS】100万円馬が飛ぶ!ツェッペリン重賞連勝だ

テーマ:競馬

月額263円からのかわいいサーバー!ロリポップ!

|| ゚Д゚)つ Pa-Dream!に改名したっぽいやつ http://gyuunyuu.myhome.cx/


【スプリングS】100万円馬が飛ぶ!ツェッペリン重賞連勝だ



重賞連勝に燃えるサンツェッペリン。馬上は開業2年目で初重賞制覇を成し遂げた斎藤誠調教師


 今週の日曜は中山で皐月賞トライアルのGIIフジテレビ賞スプリングS(3着までに皐月賞の優先出走権)が行われる。注目は京成杯(GIII)を勝ったテンビー産駒のサンツェッペリン。セリでは買い手がつかず、主取りとなった馬のサクセスストーリーはまだ始まったばかりだ


 必ずしも良血馬だけが走るとは限らない。丈夫でタフな原石を一生懸命に磨きをかけ続ければ、実を結ぶこともある。京成杯で待望の重賞初制覇を手にしたサンツェッペリンの父はテンビー。種牡馬としてはややマイナーなイメージがあるが、サンツェッペリンの登場で俄然注目を集めている。


 デビューは6月の新馬戦(福島・ダ1000メートル)6着。続く2戦目(芝1200メートル)も距離不足で11着と惨敗。ところが、3カ月の放牧を経て、距離を延ばしての復帰戦から快進撃が始まった。1800~2000メートルに限定すれば【2・2・0・1】と8割の連対率。2走前のホープフルSは直線一気の追い込みで2着、そして前走の京成杯は一転して逃げ切りV。距離、コース、レース展開、どこにも注文が付かないのは大きなアドバンテージと言える。


 京成杯の後は一旦短期放牧に出て2月中旬に美浦に帰厩。本格的に時計を出したのは3月に入ってからで、7日に南ウッドコースで行った1週前追い切りはシルクダッシュ(牡6、1000万下)と併せて5ハロン66秒2-51秒4-37秒2-12秒8(馬なり)で同入。騎乗した松岡騎手は「ちょっと休ませて楽させたぶん少し重めだけど、脚のさばきはかなり良くなった」とまずまずの評価。今週のひと追いでほぼ仕上がってくるはずだ。


 松岡騎手はサンツェッペリンを育成していた加藤ステーブル(北海道新ひだか町)で入厩前の段階から跨って同馬の秘めた素質にいち早く気づいていたに違いない。「頭の良さと頑丈な体」と斎藤誠調教師が前走後にコメントしたように、タフさとクレバーがサンツェッペリンのセールスポイントだ。今回の登録馬の中で重賞ウイナーは船橋のフリオーソとサンツェッペリンの2頭だけ。ここも地力で他馬をねじ伏せ、“重賞連勝”という最高の形でクラシック第1冠の皐月賞に向かいたいところだ。


購買価格は100万円

 サンツェッペリンは1歳時にオータムセール2005のセリに出されたが(血統名・ドットハンター)、買い手がつかず主取りとなった。その後、加藤ステーブルの代表・加藤信之氏に100万円で購買されたと言われている。



父テンビーとは

 1990年英国生まれの鹿毛馬で父はカーリアン、母シャイニングウォーター、母の父カラグロウ。競走成績は英仏で10戦5勝。GI勝利は92年仏グランクリテリウム(芝1600メートル)がある。日本で種牡馬入りしてからはフジノテンビー(GIIデイリー杯3歳S・00年)、テンビーエース(J・GIII東京AJ・03年)、サンツェッペリン(GIII京成杯・07年)の3頭の重賞ウイナーのほかに短距離戦で6勝を挙げたカネツテンビーなどがいる。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

うみゅぽんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。