小沢鋭仁環境相は12日、来日中の中国国家発展改革委員会の解振華副主任(閣僚級)と会談し、地球温暖化対策の次期枠組み(ポスト京都議定書)をめぐり意見交換を行った。解氏は中国の温室効果ガス削減に向け、日本の技術支援の必要性があると指摘。小沢環境相も賛同し、技術協力へ政府間で連携を強化することで一致した。
 一方、今後の交渉の方針については、昨年の国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)でまとめられた政治合意に基づき新たな枠組みを構築すべきとする日本側と、先進国に削減義務を課した京都議定書の原則を軸に議論すべきとする中国側で意見が分かれた。 

参院選 タレントの岡部まり氏 出馬会見へ 大阪選挙区(毎日新聞)
<雑記帳>うれしいな、さっちゃん JR船橋駅(毎日新聞)
止まらぬ橋下vs井戸、座長は「じゃんけんで決定?」 3空港懇(産経新聞)
耐火仕様に不適合=鹿島など開発のビル用外壁-国交省(時事通信)
中国潜水艦、沖縄沖を通過=公海で艦船7、8隻も-北沢防衛相(時事通信)
AD