17日午前8時ごろ、愛知県豊田市土橋町の名鉄三河線土橋駅付近で停電が発生した。県警豊田署によると、豊田市の男性運転手(38)がパワーショベルを積んだトラックを運転して土橋駅東側の踏切を通行した際、架線に接触、断線したという。

 名鉄によると、事故の影響で、豊田線の豊田市-赤池間と三河線の知立-猿投間の上下線で一時運転を見合わせた。豊田線は午前9時53分に復旧。三河線の豊田市-猿投間は午前10時に運転を再開した。

 正午現在、竹村-豊田市間の上下線で不通が続いている。名鉄によると、停電の影響で信号設備に支障が出ており、完全復旧には時間がかかる見込み。

 名鉄は竹村-豊田市間で、代行バスを運行した。【稲垣衆史】

【関連ニュース】
近鉄名古屋線:特急に男性はねられ即死 愛知・蟹江の踏切
火災:倉庫2棟を全焼 名鉄1時間運休 愛知・豊明
「リニモ」:停電で900人閉じ込め 愛知の無人運転列車
JR高山線:線路のボルト折れる…岐阜・下呂
名鉄名古屋本線:踏切で高齢の夫婦はねられ死亡

「政府と国民に大きな乖離」密約参考人招致(読売新聞)
<強風>21日夕にかけて20メートル超す風も(毎日新聞)
高1長女の交際相手殺害、父親に懲役8年判決(読売新聞)
<地方分権>改革推進委、実質的な活動終了(毎日新聞)
長谷川等伯展 29万人訪れる 4月10日から京都で(毎日新聞)
AD