海旅Campのブログ

放射能に不安を感じながら暮らしている子供たちやお母さんに心身をリフレッシュしてもらう岐阜への保養ツアー企画のブログです♪

【 海旅Camp 2016 ~ おとなもこどもになる保養 ~ 】



2016年は、8月13日~8月17日(4泊5日)の間にて、保養企画を開催させて頂きました。



皆様のご支援、ご協力、ありがとうございました!



※ 2016年 資金協力(個人名は基本イニシャル)※

H.G様、K.I様、A.O様、E.S様、M.T様、Y.K様、J.I様、E.S様、E.K様、T.T様、H.S様、Y.T様、M.U様、R.M様、M.K様、T.I様、N.T様、S.H様、M.M様、Y.M様、M.Y様、Y.K様、A.H様、A.M様、A.W様、K.N様、T.H様、A.O様、Y.T様、A.N様、K.Y様、K.F様、Y.O様、K.M様、T.T様、J.A様、A.T様、A.A様、N.M様、W.T様、S.A様、Y.H様、N.S様、N.M様、S.N様、K.Y様、S.Y様、Y.C様、N.O様、T.F様、M.I様、K.O様、C.K様、M.S様、A.O様、M.T様、T.W様、K.N様、M.K様



TAYUCOCO(たゆここ)様、jasmin cafe 味噌カフェ様、ベトナムまつり2015様、ArtEvent『5years』参加者一同(芸術企画KIUNJI 金野泰史)様、八百屋 お散歩様、春のバインミーサンドイッチ+カンキノテVOL.2様、7代先のいのちにつながるお買い物「ハチドリ商店」様、海旅Campチャリティ*アグレアブル・ミュゼ様、ピースフラッグプロジェクト様、アトリエふわり様、直の会様、八百屋の土田様、小金井市放射能測定室様、セレクトショップゆうすい様、腹話術師 いずみ様、チームねことひるね様、パンダ食堂様、BIG FAMILY FARM様、Peace in Me, Peace on Earth vol.1光風林~なないろハウス様、海旅Campチャリティ・カンキノテ様、なないろハウス様、テルミープリーズ様、清志郎ナイト2016inへっころ谷様、from Earth Cafe OHANA (ふろむあーすカフェオハナ)様、ファシリテーションを学ぶ会inくにたち様+おやつのしのちゃん、トライアングルカフェ様、きゅうりちゃんわらしべプロジェクト様、山なんや様、沖縄そば 岡てつ様、オーガニックショップ・サンアイ様、十字の漢方様、オーガニックカフェ&エコライフ 晴れ屋様、J'z studio様、フラマンlalaluna Live様、わらべ村様、ケーブルTV可児様、満月コンサート様、焼肉あわ座様、Dachie'sBar様、樹様、ホロス健康センター様、ちょっとしたcafe様、Raven's Nest(レイブンズ ネスト)様



※ 2016年 物資支援協力(個人名はイニシャル)※


M.S様、K様、Y.K様



Naoko様、おいさん様、株式会社カクキュー様、かり~にゃ様、らる畑様、おいしい日央里書店様、morning dew farm様、寸田農園様、上山集楽にんにく生産様、Fukulamasfarm様、トモファーム様、空の下様、鈴木ファーム様、 Chawal農園様、JAH WORKS( Fadda Doo)様、大栗ファーム様、無茶々園 ファーマーズユニオン 天歩塾様、Kiemおばさん様、麦縄の里 まさご屋様、斎藤農園様、株式会社信濃雪様、ククム様、うむ農園様、林農園様、りき様、岩田様、きゅうりわらしべプロジェクト様、(株)りんねしゃ様



★支援金合計★



1,356,459 援 ('16/08/31 会計)




皆様のご支援により、今夏の保養を無事開催することが出来ました。


保養という活動を今後とも継続していきたいと思っていますので、引き続き、皆様のご支援、ご協力、よろしくお願いします。




テーマ:

お久しぶりです、海旅Camp西田です。

昨年も皆様のご協力により、海旅Campを開催する事が出来ました。

本年も、疎開保養企画『海旅Camp2017』を、
8月13日~8月17日(4泊5日)の日程にて実施させて頂きたいと思います。

場所も、昨年同様、岐阜県八百津町の『山なんや』にて予定しています。

本年も皆様からのご支援、ご協力を頂けたらと思います、
今年で6年目の保養活動の実施、何卒よろしくお願い致します。


【 海旅Camp2017 】




おとなもこどもになる保養 海旅Camp2017

支援金とボランティアのお願い

2011年3月11日の東日本大震災で起きた原発事故の影響でたくさんの放射性物質が振りまかれ
、現在も東北や関東を中心に放射能に不安を抱きながらたくさんの人たちが暮らしています。
ゆたかな自然の中でのびのび遊び、健康に配慮したごはんをみなで作って食べる保養という取り組みは、そんな日々の緊張をときほぐし、身体も心も元気にします。
原発事故以来継続して保養活動を続けてきた「海旅Camp」は皆様のご支援により、これまでの5年間で合計約190名の方を保養に招くことができました。
そして今年2017年も8月に約40名の親子を岐阜県に招き、保養キャンプを実施したいと思います。
子どもたちが自然の中で遊ぶ姿、笑顔を守っていけるよう、ご支援、ご協力のほどよろしくお願いします。


今年2017年の実施期間は8月13日~17日です。
この保養を実現するための費用は約150万円ほどかかります。
海旅Campボランティアスタッフも随時募集中です。
さらに保養期間中も募金・ご支援を受け付けております。
今年もどうぞ、皆様のご支援、ご協力をお願いします。



以下、海旅Campの考える保養の文化と未来についてです。


【海旅Campの考える 保養の文化と未来について 】

保養を文化に 海旅Camp

2012年にはじまった疎開保養 『海旅Camp』
2011年3月に起きた福島第一原発事故の影響で今も環境中に放射性物質が放出され続けています。そのような状況の中、多くの場所で放射能汚染による心身への影響に不安を抱きながら暮らしている人たちがいます。
そしてそこでは、太陽の光を浴びて、外の空気を思いっきり吸って、思う存分走り回るという当たり前の生活が奪われてしまっています。
私たち『海旅Camp』は2012年から毎年、夏休みの期間を利用した疎開保養キャンプを続けています。
岐阜県の中山間部である八百津の豊かな自然の中で約1週間の共同生活をおこなってきました。
心身の健康を守るため、人と人、地域と地域を越えたつながりを、長い年月を見据えながらじっくり育んでいこうと思います。


子どもたちの健康を守りたい
1986年にチェルノブイリで起こった原発事故から31年がたちました。
この間、ロシアやウクライナ、ベラルーシなどの放射能汚染地域に暮らす子どもたちのために「疎開保養」や「転地療法」と呼ばれる取り組みが続けられています。
放射線量の低い地域で一定期間過ごすことで、体内に取り込まれた放射性物質が一定量排出されたり、放射性物質によって傷ついた遺伝子を修復するスピードが上がるといわれています。
また、心身の緊張をほぐしたり、健康的な食事をとり良質な睡眠をとること、自然の中で目いっぱい遊ぶような生活をすることで免疫力を高めることも期待できるといわれています。
山で、川で、子どもたちに思いっきり遊んでもらいたい。
子どもたちの心と身体の健康をサポートしたい。
そんな思いから、私たちは自然豊かな山の中での保養を企画しています。


大人も子どもになるキャンプ
海旅Campでは、バーベキューや流しそうめん、木工体験や味噌づくり、蜂蜜づくり体験など、様々なプログラムを用意していますが、それらに参加するもしないも自由です。
「大人も子どもになるキャンプ」を合言葉に、日頃の疲れをとってのんびり過ごせるよう、ルールや決まりごとを作らずに自由に過ごせるキャンプにしています。
ひとりひとりがどのように過ごしたいかを自分で考え、それぞれの価値観を尊重し合いながら、リラックスしてのびのび過ごせるキャンプを目指しています。


心の通ったつながりづくり
原発事故から6年がたち、メディアの報道は少なくなってきましたが、今もたくさんの人たちが放射能汚染と向き合い、日々を葛藤の中で暮らしています。
そしてこれからもこのような状況が長く続くともいわれています。
そのような中で、ひとりひとりが孤立することのないよう、放射能に対する不安や葛藤、様々な想いを抱く人同士が直接出会って、想いを共有し合うつながりを作っていきたいと思います。
皆で寝食を共にし、胸の内を語り合い、何かあったらすぐに助け合えるような、お互いの心を支え合うつながりを作っていけたらと思います。


体験の場をわかちあう
キャンプの中では、体内に取り込まれた放射能を排出する力を持つといわれる梅干や味噌、玄米といった養生食を日々の食事に取り入れ、それら健康に配慮した食事の作り方や食材の入手方法を共有することを大切にしています。
また、食事以外にも整体や体操、陰陽五行や漢方などの知恵について学ぶ機会も作っています。そして毎年の恒例行事としてキャンプ中に「海旅みそ」作りをおこなっており、キャンプ中に食べるみそ汁のほとんどを自給しています。
また、キッチンスタッフが1年かけて放射能対策のために研究した料理のレシピをシェアしたり、子どもたちと一緒にこれらの料理を作ることを通じて、食べ物や身体との向き合い方を実践的に学び、健康的な暮らしを自分たちの手で作っていくことを目指しています。


キャンプだけではないつながり
キャンプ会場によせられる有機野菜や発酵食品、健康食品を紹介し合うことで、キャンプ期間中だけでなく日常的にこれらの野菜を仕入れたり、健康を高めるための知識やネットワークを共有することができています。
また、キャンプ中は漢方・鍼灸の専門家による健康相談や養生のための料理教室、手仕事体験の場が開かれます。
そしてキャンプ期間外にも、キャンプ参加者の皆さんがそれぞれの地元で健康講座やワークショップを主体的に企画・運営しています。
私たち皆が初めて体験した原発事故からまだ6年。
海旅Campにとっても試行錯誤の連続ですが、放射能対策という枠を越え、スタッフ・支援者・参加者といった垣根も越えて、新しい時代を生きる仲間として、
お互いの経験や知恵を分かち合っていくことで、
新しい世界を共に作っていけたらと願っています。


皆様からのご支援でこれまで開催できました、
今夏もよろしくお願いします!


今年も『保養』の取り組みを海旅Campスタッフ一同、
継続していきますので、皆様のご支援、ご協力、何卒よろしくお願い致します。


保養を文化に!!



▲ 海旅Campとは? ▲



http://ameblo.jp/umitabicamp/entry-11757846951.html


海旅Camp2013~母笑み疎開保養大作戦~

 

 




▲ 海旅Camp2017 ~おとなもこどもになる保養~ のカンパのお願い ▲

夏休みに東北、関東より約10組の家族を岐阜県に招きます。
青空の下で子ども達が元気に遊び、親たちが癒される時間にご協力ください。
今年で第6回目となりますが、毎年続けていきたいと願っています。
費用に約100万円ほどかかります。皆様のカンパのご協力をお願いします。


◆支援金振込先◆
・ゆうちょ銀行
(店名)二一八 普通 4818236 ウミタビキャンプ
・ 郵便振替 
 記号12100 番号 48182361 ウミタビキャンプ


1円~でも、募金を受け付けています。
募金をして頂いた方、合計金額等は定期的にブログトップにあげさせて頂きます(個人名はイニシャル)。
キャンプ終了後にお礼の報告書を送付させて頂きますのでご希望の方は事務局までご連絡ください。





※ 海旅Camp事務局 ※  
BAR URBANCOWBOY内
愛知県名古屋市東区東桜2-15-27落合ビルB1F
TEL/FAX 052-934-1999 
Mail : umitabicamp@gmail.com

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

 

12月25日(日)に、

季節の養生のお話も交えながら

心身の健康を育む保養のお話会を大阪のモモの家で開催します。

この日は、海旅Campで出すご飯が冬だったらこんな感じ!

という特別ランチをご用意します。

新潟県から、噂の八百屋さんもこの日来てくれます!

楽しい1日になるかと思いますので、

是非是非おいでくださいね。

 

-------------------------------------------------------------------------------

 

いのちをつなぐ保養のお話

-放射能から身を守り、健やかな心身を育むために-

 

放射能汚染に対して不安を持つご家族を対象に、

汚染のないところでリフレッシュ(保養)することを目的に

岐阜県八百津町でこれまで5年間続けて来た海旅Camp。

 

キャンプ中はとくにルールを設けず楽しんでもらいながら、

放射性物質や重金属などのデトックス・排出と、

季節の養生に考慮したメニューをキッチン担当者と子どもたちや

参加者のお母さんたちが一緒になってつくり、

毎年恒例でCamp中に発酵食品である味噌作りなども行って

参加者に手前味噌を持って帰ってもらっています。

また、体にやさしい素材を使ったおやつなど、

去年までは手が回らなかったことも

たくさんの方のご協力で今年は用意することができました。

 

放射能汚染の心配のない食材集めなどは、

日々いのちをつなぐ食べ物をつくる農家さんと繋がりのある八百屋さんなど、

一人一人のスタッフや、寄付をしてくださった方の協力がなくては成り立ちませんでした。

 

今年も無事に海旅Campを開催できたことのお礼の気持ちも込めて、

季節の養生のお話も交えながら

私たちがこれからの時代に残していきたい

心身の健康を育む保養のお話会を開催します。

 

■とき 12月25日(日)11時~16時

 

■ところ

モモの家

 吹田市泉町5-1-18  06-6337-8330

 (阪急吹田(すいた)駅西口から徒歩6分) http://momo-family.org/

 

■さんかひ 3500円

(海旅ごはん+おやつ&レシピのリーフレット付き )

 

■じかんわり

11時~12時半

海旅Campと保養の取り組みについてのお話

 

12時半~13時半

海旅ごはんを食べよう(冬の補腎ランチ)

 

13時半~15時半

食事による養生についてのお話(海旅おやつ付き)

 

■もうしこみ

 lovehasfounditsway@gmail.com 宛に

 タイトルを『イベント名・参加申し込み』として

 お名前とご連絡先を記入の上お申込みください。

 

**参加を考えてる方へのお願い**

お食事の食材の仕入れや準備がありますので、参加申し込み締め切りは12/23(金)の21:00までとさせていただきます。これを過ぎたお申込には、お食事をご用意できないこともありますのでご了承ください。

 

※当日はキッチンチームの土田が経営する、「八百屋の土田」を出店させていただくことになりました。養生には欠かせない豆味噌、塩などの調味料を始め、冬には欠かせない蓮根や人参、生姜などの季節のお野菜をお持ちします。どうぞお楽しみに!

 

■主催 海旅キャンプ キッチンチーム

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

『海旅Camp2016』が終わって2ヶ月が経ちました。

 

そして原発事故からは5年、海旅Campが始まってからは4年が経ちました。

 

 

時が経つのはあっという間ですが、1年目のキャンプの帰り道に聞いた「明日から現実に戻らなければいけない」という言葉は、今も心のなかに残っています。

 

1年間365日の中のたった1週間前後の共同生活。

この中で出来ること、出来ないこと。

その限界を思い、このまま保養の活動を続けていいのだろうかと思ったこともあります。

 

しかし、この4年の間に、スタッフと参加者という垣根は少しずつ越えられつつあるし、キャンプ地である八百津を離れた後も「海旅ファミリー」として繋がっている実感を共有出来つつあることも感じています。

 

 

そして、キャンプが終わるたびに新たな一歩を踏み出そうという気持ちにさせてくれるのはいつも、仲間の声、参加者の皆さんの声でした。

 

「保養を文化に」の想いを現実にするために「RAINBOW CHILD 2020」という野外イベントを立ち上げ、新たなチャレンジを続ける代表西田の存在。

 

陰陽五行や食事療法について学び続け、キャンプの中での食事のあり方を磨き続けているキッチンスタッフの姿。

 

そして「夏になればまたみんなに会える」と、海旅Campを楽しみにし続けてくれている子ども達の声。

 

 

たくさんの野菜や発酵食品やカンパを届けてくれる全国の支援者の皆さんの思い。

 

 

そして、初めてのキャンプから4年がたった今、人と人のつながりが少しずつ育っていき、キャンプの期間外にもそれぞれが交流を続け、キャンプと日常の境界線を越えた大きな家族のようなつながりになってきているという現実があります。

 

たとえ今できることが小さいことだとしても、人と人がつながりあい、支え合っていくことで、その「できること」を少しずつ大きくしていくことができるということを「保養」でつながるひとりひとりの暖かい思いのふれあいを通じて実感しています。

 

改めて、海旅Campに心をよせてくださっているすべての皆さんに、感謝の気持ちをお伝えさせていただきたいと思います。

 

ひとりでできることは小さくても、つながりあえばできることは大きくなっていく。

 

少しずつでも前に。

 

キャンプが終わったら現実に戻るのではなく、

キャンプが終わったら現実に変化が起きる。

そんなキャンプを目指して、これからも海旅Campは邁進を続けます。

 

それぞれの成長を持ち寄って、来年の海旅Campもさらにいいものにしていきましょう!!

 

感謝 拝

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、キッチンスタッフのななえです。


私からは海旅養生メニューをご紹介しようかと思っていたのですが、今回は子どもも大人も毎回喜んでくれる、海旅パーティメニューのテッパンになりつつあるジャークチキンのレシピをご紹介しようかと思います。


ここ数年でだいぶメジャーになってきたジャークチキンは、カリブ海に浮かぶレゲエの島ジャマイカのローカル料理。
島特産品の香りの良いスパイスやハーブ、調味料でマリネした鶏肉を、本場ではドラム缶で作ったジャークグリルを使って、ピメント(オールスパイス)の枝で燻焼きにします。
炭火で調理するのが美味しくなるコツですが、お家でオーブンやフライパンでも調理出来ますので是非お試しを。


漬け込みさえ済めばこっちのもん。


【 Jamaican Jerk Chicken 】
*鶏肉ブツ切り 半身位
*青ネギ  1本(ざっくり刻む)
*生姜  親指大を粗みじん切り
*ニンニク  3片みじん切り
*玉ねぎ  小1/2個 粗みじん切り(すりおろしも可。お好みで。)
*ハバネロ  3個(種抜き。なければピーマンと鷹の爪でも可。)
*ドライタイム   大さじ1/2(フレッシュの場合は倍量で。)
*ピメント  20粒くらいを砕いて粗みじん。(オールスパイスの粉を使うときは香りが強すぎるので小さじ1/4弱くらい。)
*ライムジュース  1個分
*醤油  大さじ2
*ブラックペッパー  小さじ1
*塩  小さじ1
*油  大さじ2
*ブラウンシュガー  大さじ3


以上を全部混ぜ合わせて、一晩から丸一日漬け込みます。
あとは焼くだけ♪


仕込みさえすれば、お手軽で野外でのBBQにもピッタリのジャークチキン、野外のやるときは最後は必ず蒸し焼きにして下さいね。


蓋つきのグリルがなければ、アルミホイルに包んで最後に蒸し焼きにしても大丈夫。
食べる時にケチャップやホットソースを掛けるのが本場風。


是非是非野外で楽しんでみてね(*^^*)

 

 

 


 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2016年 8月13日~8月17日 にかけて開催された、

『海旅Camp 2016』

の収支報告です。

 

● 収入 ●

 

募金 1,356,459 円

 

● 支出 ●

 

宿泊費 500,000円 (山なんや、民宿五宝滝、使用料

食費 115,740円

保険代 15,921円 (旅行傷害保険、ボランティア保険

運営費 50,153円 (送料、レンタルシーツ等)

レクリエーション費 102,960円 (味噌作り、マリンスポーツ等)

交通費 422,492円 (交通費補助、レンタカー代等

印刷費 35,120円  (チラシ印刷代)

雑費 9,965円 (備品、消耗品購入

 

合計 1,252,351円

 

 


皆様のご支援で今年も海旅Campを開催することができました。


今後も保養の取り組みを続けていきますので、ご協力をよろしくお願いします。



海旅Campスタッフ一同




※ 海旅Camp事務局 ※  
BAR URBANCOWBOY内
愛知県名古屋市東区東桜2-15-27落合ビルB1F
TEL/FAX 052-934-1999 
Mail : umitabicamp@gmail.com

 


 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。