海旅Campのブログ

放射能に不安を感じながら暮らしている子供たちやお母さんに心身をリフレッシュしてもらう岐阜への保養ツアー企画のブログです♪

【 海旅Camp 2016 ~ おとなもこどもになる保養 ~ 】



2016年は、8月13日~8月17日(4泊5日)の間にて、保養企画を開催させて頂きました。



皆様のご支援、ご協力、ありがとうございました!



※ 2016年 資金協力(個人名は基本イニシャル)※

H.G様、K.I様、A.O様、E.S様、M.T様、Y.K様、J.I様、E.S様、E.K様、T.T様、H.S様、Y.T様、M.U様、R.M様、M.K様、T.I様、N.T様、S.H様、M.M様、Y.M様、M.Y様、Y.K様、A.H様、A.M様、A.W様、K.N様、T.H様、A.O様、Y.T様、A.N様、K.Y様、K.F様、Y.O様、K.M様、T.T様、J.A様、A.T様、A.A様、N.M様、W.T様、S.A様、Y.H様、N.S様、N.M様、S.N様、K.Y様、S.Y様、Y.C様、N.O様、T.F様、M.I様、K.O様、C.K様、M.S様、A.O様、M.T様、T.W様、K.N様、M.K様



TAYUCOCO(たゆここ)様、jasmin cafe 味噌カフェ様、ベトナムまつり2015様、ArtEvent『5years』参加者一同(芸術企画KIUNJI 金野泰史)様、八百屋 お散歩様、春のバインミーサンドイッチ+カンキノテVOL.2様、7代先のいのちにつながるお買い物「ハチドリ商店」様、海旅Campチャリティ*アグレアブル・ミュゼ様、ピースフラッグプロジェクト様、アトリエふわり様、直の会様、八百屋の土田様、小金井市放射能測定室様、セレクトショップゆうすい様、腹話術師 いずみ様、チームねことひるね様、パンダ食堂様、BIG FAMILY FARM様、Peace in Me, Peace on Earth vol.1光風林~なないろハウス様、海旅Campチャリティ・カンキノテ様、なないろハウス様、テルミープリーズ様、清志郎ナイト2016inへっころ谷様、from Earth Cafe OHANA (ふろむあーすカフェオハナ)様、ファシリテーションを学ぶ会inくにたち様+おやつのしのちゃん、トライアングルカフェ様、きゅうりちゃんわらしべプロジェクト様、山なんや様、沖縄そば 岡てつ様、オーガニックショップ・サンアイ様、十字の漢方様、オーガニックカフェ&エコライフ 晴れ屋様、J'z studio様、フラマンlalalina Live様、わらべ村様、ケーブルTV可児様、満月コンサート様、焼肉あわ座様、Dachie'sBar様、樹様、ホロス健康センター様



※ 2016年 物資支援協力(個人名はイニシャル)※


M.S様、K様、Y.K様



Naoko様、おいさん様、株式会社カクキュー様、かり~にゃ様、らる畑様、おいしい日央里書店様、morning dew farm様、寸田農園様、上山集楽にんにく生産様、Fukulamasfarm様、トモファーム様、空の下様、鈴木ファーム様、 Chawal農園様、JAH WORKS( Fadda Doo)様、大栗ファーム様、無茶々園 ファーマーズユニオン 天歩塾様、Kiemおばさん様、麦縄の里 まさご屋様、斎藤農園様、株式会社信濃雪様、ククム様、うむ農園様、林農園様、りき様、岩田様、きゅうりわらしべプロジェクト様、(株)りんねしゃ様



★支援金合計★



1,356,459 援 ('16/08/31 会計)




皆様のご支援により、今夏の保養を無事開催することが出来ました。


保養という活動を今後とも継続していきたいと思っていますので、引き続き、皆様のご支援、ご協力、よろしくお願いします。






テーマ:

海旅Camp2016
海旅パパの ユージ です。

「あー、たのしかったー!」うちの末っ子が帰りのバスで言った言葉です。

この言葉に『海旅Camp』の思いが詰まっています。
原発事故の影響で身体的にも精神的にもストレスを抱えている人たちを、放射線に関する不安から離れて心身の疲れをいやしてあげることが目的の『海旅Camp』。

文字面だけで見ると、険しい顔をしたスタッフが必至に頑張っているような、そんな雰囲気を感じるかもしれません。
日本人って好きですもんね。「努力」とか「我慢」とか「苦労」とか。
でも、参加してみると、そのイメージは覆されます。

頑張っていないということではないですよ。スタッフのみなさん真剣に頑張ってます。
この日のために1年かけてレシピを考えたり、安全な食材を集めたり、運営資金を集めたり。
スタッフのひとりひとりが、このキャンプをつくり上げるために努力してます。

でも、みんな、その“努力”も含めて楽しんでいるのが伝わってきます。
だから参加している僕たちも楽しい。
子供も大人も運営スタッフも、みんなが楽しんでみんなが嬉しい。
みんなが協力し合ってみんなで生活をする、それが『海旅Camp』です。

信じられない体力と行動力で、何事にも全力で楽しむ、ダッシュ。
疲れていても、参加者の顔を見ると自然とエネルギーが沸いてきてしまう、タカさん。
そんな2人の主催者と、何だかちょっと変なボランティアスタッフの方々。
みんなの笑顔や想いが、参加者みんなが幸せになる5日間を作り出してくれました。

震災から5年が経ち、私が住む東京でも「放射線がどうたらこうたら」という話はほぼ聞こえなくなりました。

毎日のようにテレビで取り上げられていた原発のことも、今ではまったく報道されなくなり、どうやら国は、あの事故を無かったものにしようとしているようです。
福島でも、「危険だ」という言葉を言わないほうがいい、
「福島産のものの安心だし、汚染弱まってきているからずっとここに住みましょう」という声が大きくなってきていると聞きます。

そんな中で、言いたくても言えない、そんなストレスを抱えている人がまだまだたくさんいます。
本当に辛いと思います。
キャンプから帰って、いつもの毎日に戻っても、ここで出会った仲間のことを思い出せば、きっと勇気が沸いてくる。

そして、このような保養キャンプが開かれることが世の中からあの事故のことを風化させないことにつながっています。そのためにも、参加した僕たちが、この『海旅Camp』という活動や想いをもっと広めていくことが大事なのだと思います。

また来年もよろしくお願いします!!
あー、たのしかった。

サカイユージ





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
こんにちは。ちえです。

今年の海旅Campは前日入りしていたので、事前に届いた食材は写真を撮る暇がありました。
物資のほかにもお金という形でたくさんたくさん寄付をいただいています。
本当にありがとうございます。
全てではないですが、食材を支援いただいた方の一部を
ご紹介できたらと思います。

海旅Campでは、短い期間ではありますが、
子どもたちの体内にある放射能の排出を促すため、
愛知以西の食材、そしてそれより東のものは放射能検査をして
汚染がないものを使用しています。
寄付の申し出があっても、安全性を確認することが難しく、
お断りしなければならないケースもありました。
私自身、長野県に住んでいるため、近隣の農家さんとのつながりはありましたが、
放射能検査までお願いすることは難しく、西日本の食材を探していました。

放射能検査にはお金がかかります。
私も神奈川県の自然栽培の農園で1年働いていたため、農家さんの生活の厳しさがなんとなくわかります。
お米を作る農家さんが真っ当にやっていくには、kgあたり600円以上で買う必要があります。
震災以降、放射能汚染の心配もある中で、命をつなぐ食べ物を作っている農家さんを買い支えることは今後ますます必要になると思います。

毎年お世話になっている長野県のM.Sさん。
海旅Campでは最初の年からさやかさんのご実家にお米を提供してもらっています。
今年は120kgのお米を寄付していただきました。ありがとうございます。

Morning Dew Farmさんの赤しそは、おにぎりに使わせてもらいました!



ご飯に欠かせないのは梅干しです。
今年はスタッフのななえさんつながりで、
和歌山県のおいさんと、愛媛県のNさんにご寄付いただきました。
余った梅干しは、来年使うべく、冨貴工房にてさらに熟成させる予定です。

北海道のらる畑さんには、毎年調味料の確保で大変お世話になっています。
今年は小麦粉と米粉は生産者さんにご協力いただきカンパいただけました。
毎年ご支援頂きありがとうございます!!
毎日の調理の味付け、揚げ油やうどん打ちに使わせてもらいました!




福岡のFukulamasFarmの岡崎さん。ジャガイモを提供いただきました。
もともと神奈川県の茅ヶ崎で喫茶店をしていたので、
コーヒーも販売しています!!


全部たかきびコロッケになって食べちゃった!!


コロッケのさっぱりした付け合わせのきゅうりの生姜じょうゆづけの生姜は、
つっちーの紹介で高知県の空の下さんに提供いただきました!ありがとうございます!

キャンプ中にスタッフの日央里さんに作ってもらった生姜味噌とネギ味噌。
薬味ネギはスタッフ岡ちゃんの紹介で岐阜県の寸田農園さんから提供いただきました。
ありがとうございます。

この味噌のレシピは若杉ばあちゃん直伝とのこと!!秋には本が出版されるそうですよ。


南阿蘇のChawal農園さんからは、カラフルな夏野菜、バジルを寄付
いただきました。トマトはソースにして、ピザで使わせていただきました!!


夏野菜の残りはカレーになって美味しくいただきました!


カレーに使ったターメリックは、今回はキャンプには参加できなかったけど、
ブログの更新や資金集めを頑張ってくれたスタッフのAさんから
ベトナムのKiemおばさんの手作りのものを寄付いただきました。ありがとうございます!

麦縄の里 まさご屋さんからは今年もスタッフのYさんの紹介でそうめんを寄付
いただきました!コシが強くてめっちゃ美味しかったです!ありがとうございます!!


そうめんの付け合わせに使わせてもらった八百屋の土田ことツッチーが紹介してくれた、石川県、トモファームあゆみ野菜さんからのトマトですが、美味しすぎてびっくりしました。

きゅうりは同じくつっちーの紹介による富山の農家さんからのご提供です。ありがとうございます。

スタッフYさんの紹介によるウェルカムかさおかさんからのそうめん瓜は、スタッフのSちゃんの手によって、
「ラペ」になりました。ありがとうございます!



ドラゴンフルーツなどのカラフルな沖縄フルーツを
提供していただいたのは沖縄県のJAH WORKS( Fadda Doo)さん。スタッフななえさんの紹介です。
モリンガの葉のお茶もご提供いただきました。





愛媛県松山無茶々園 ファーマーズユニオン 天歩塾さん。
吉度日央里さんの紹介で、人参を提供いただきました。ありがとうございます。


麹納豆にたくさん使ったよ!



同じく日央里さんの紹介で、
兵庫県のうむ農園さんの麦茶をご提供いただきました。ありがとうございます。
夏はやっぱり麦茶ですね。


にんにくは、岡山県の重ね煮の料理教室で出会ったNさんの紹介で、
上山集楽ニンニク生産部さんから寄付をいただきました。ありがとうございます。

上山集落

上山集落についての記事



納豆は、名古屋市 源CALLING!さんから九州産のものを取り寄せていただき、
寄付いただきました。ありがとうございます。



オクラ納豆や、麹納豆を作らせていただきました!



梅酢は、長野県の伊那、高遠のかり〜にゃさんから2年ものをいただきました。ありがとうございます。
かり〜にゃさんは、黒炒り玄米なども作られてオンラインで販売しています。
ぜひ買ってみてくださいね。



おいしい日央里書店さんからは、あんみつの材料に使う食材と、
参加者へのお土産に渡した五行UKIUKIシートの提供をいただきました。
ありがとうございます。





去年参加者だったMさんから、今年は参加できなかったのですが、
みなさんに使っていただける手作り石鹸を送っていただきました。
ありがとうございます。



長野県飯田の株式会社信濃雪さんからは、高野豆腐100個を今年もご協賛いただけました。
キャンプ初日のトマトと高野豆腐のイタリアン煮、最後のお弁当用の唐揚げに
使わせてもらいました!ありがとうござます。


熊本の斎藤農園さんからは、玄米ポンと麦ポンを寄付いただきました!
コロッケのパン粉代わりに、大豆ボールのつなぎに、はたまたぽんせんクリームでおやつにと、
大活躍でした!ありがとうございます。




カラフルポテトと、粘りのある伊勢いもは、Mさんのご紹介により大栗ファームさんから
提供いただけました!!ありがとうございます!




佐賀県のBig Family Farmさんからは
味噌作りの大豆(大豆ボールにもなったよ)



もずくを使わせていただきました!ありがとうございます!


味噌作りの糀は井上糀店さんのものを使用させていただきました。ありがとうございます。

毎回の食事の後に、子どもたちが自分たちでお皿が洗いたくなるシステム。
去年柚木ミサトさんが設置してくださいました!
今年も陶器のプレートなど、貸し出していただきました!
柚木さんは今回、スタッフが会場入りする前のお掃除と、会場片付け
のフォローをしていただきました!ありがとうございます!









このほかにも、いろんな野菜やはちみつなど、キャンプ中にも近隣の農家さんから
たくさんの食材の提供をいただきました。ありがとうございます。





以下は、すべてではありませんが、全国のみなさんから頂いたり、購入させて
もらった食材マップです。




今年の海旅Campは、食材の調達担当になり、
例年以上に海旅Campがいろんな人の支えによって成り立っていることを
実感させていただきました。
また、放射能に対する捉え方も、農家さんによって様々なのだなあと感じました。
岩手や長野の農家さんは、
「県で測っていて、うちの地域は出ていないから大丈夫だよ」
と言っている方もいました。
寄付いただいた農家さんには、可能な限りまたお礼参りで伺おうと思います。

低線量の放射能被曝の初期症状ですが、実感としては、
アレルギーなど、皮膚に現れる症状を自覚しています。

それらは、放射性物質だけでなく、農薬や食品添加物、大気や水の汚染、
抗生物質(真核生物と原核生物の生体機構の違いを利用して細菌の繁殖を抑える薬)
を注射されながら飼育された家畜の肉、あるいはその糞を利用した有機農業による野菜など、
様々な原因物質、あるいはストレスによって引き起こされると考えられます。

でも、子どもたちにはあんまり難しいことは言葉で伝えなくても、
「なんかこのご飯おいしいな」
と感じてもらえればそれでいいと思います。


今回保護者の方たちとは、短い間でしたが、
体や健康のことについて少しお話しすることができてよかったです。
それぞれの地域に帰っても、普段から出来ることを情報共有していけたらと思います。

会場を提供してくれた山なんやさん、民宿五宝の滝のスタッフの皆さん。
貴重なお金と時間を使って会場まで来てくれたボランティアスタッフの皆さん。

















Campには来れなかったけどいろんな物資や資金集めに奔走してくれた歴代スタッフの皆さん。


子どもたちが楽しめるレクレーションをたくさん用意してくれた主催のダッシュさん。


子どもたちの相手だけでなく、食事のことまでいろいろ気にかけてくれた岡ちゃん。



民宿係だけど何かとキッチンを手伝ってくれた神対応のしのづかさん。


子どもたちの安全やスムーズな運営に常に気を配ってくれたたかさん。


SNSの発信や写真を撮ったりしてくれた愛さん、まのさん。


いろいろやらかしてたくさん迷惑をかけたキッチンチームの
つッちー、


ななえさん。


ありがとうございます。

そして、海旅Campが開催されるべく、支援をしてくれた、全国の皆さん。
ありがとうございます。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

海旅Camp2016
海旅ママの えみこです。

今年も沢山の方がたの 応援のもと
開催、そして参加できました。
みなさま ありがとうございました。

5回目の開催ですが わたしたち親子は
2014年からの参加で3回目です。
中学2年生、小学3年生の息子とともに関東から参加させていただきました。
初めての時は 二人は訳もわからずただ わたしのいいなりでの参加。
キャンプ中に 少しづつお友達も出来て楽しみだしてきましたが
「保養キャンプ」がなんなのか?放射能って?…な状態でした。
そう…うまく説明出来なかったのです。
二人からの簡単な質問に答えられなかったからです。
「なんで そんな恐ろしいことが起きたの?」
「なんで まわりの人たちは平気な様子なの?」って。
参加をきっかけに家に帰ってきてからも
お味噌づくりや 野菜の選び方など折に触れて話していくうちに
少しづつ少しづつ 大切なことを伝えて実践していくことを続けました。
わからないことがあった時に
「タカさんに電話すれば?」
嫌なことがあった時に
「ダッシュがいたら しめてくれるのにね」と。
わたしたちの生活に 海旅の仲間の名前がたびたび登場するようになり。
目にみえないけど大切なことが増えていきました。

今年は部活もあるし そろそろ勉強も…なので、参加の有無を長男に聞いてみました。
「絶対行く‼️」と参加前に宿題もほとんど終らせました。
部活の顧問の先生に休み届けを出す際一緒にいきましたが
先生は「保養キャンプ」を知りませんでした。
それでも よいのです。

長男は一人で一足先に参加してRAINBOW child2020の お手伝いを。
そしてキャンプ中も一生懸命 活動していました。

今年初の参加者さんがポツリとつぶやいていました。
「ここは変わっていますね。
メチャクチャなことを言う人もいれば
真面目に味噌を作る時間もある…」
と。
それを聞いて改めて この海旅キャンプは最高だと思いました。

もっと きっちりとした?守ってくれるような保養キャンプはあると思います。
でも地元、自分の生活圏に戻ると浮いてしまうというか発言出来なくなるというか
みえないバリアがあるのです。

たった数日の保養で出来ることは 限られています。
海旅キャンプには でっかい祭りがあるのです。
代表の西ダッシュが声を大きく叫んでいる
「保養を文化に」があるのです。
それがジンジンしみてきて
力が湧いてきて
守ってくれなくても大丈夫な わたしたちになれてるのです。

3.11から5年が過ぎて だんだん慣れて忘れられていってます。

わたしは「放射能がこわい」からでなく
「放射能に汚染されたここで 力強く生きる為に」
参加していきます。

今は「参加者」の子どもたちですが
ジンワリ「スタッフ」になっていき垣根がなくなっていく

そんな日常になる為に。
長男は帰ってきてから料理を作ってくれるようになりました。
次男は地元の友達に味噌作りを教えたい、と。
そして大切なこと
「いただきます」の声が でかくなりました。

一人一人にお礼はいえませんが
たくさんたくさん ありがとう〜〜
ワッキーがライブ中に言っていた
辛いことがあったけど だから出会えた仲間もいるって^ ^
また来年もよろしくお願いします‼️

みんな ありがとう〜〜

ぞうたえみこ


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは!
本日ブログを担当させていただくのは、キッチンチームのつっちーこと土田竜吾です!!
本日8/17を持ちまして2016年の海旅Camp、参加者のお見送りからお片づけまでの全工程終了しました。

今年の海旅Campも本当に多くの皆様のご支援に支えれ、無事開催することができました。

ご支援くださった全国の皆様に、心より感謝申し上げます。
そして参加者、ボランティアスタッフ、共同代表のニシダッシュさんと冨田さん、本当にお疲れ様でした。

5回目の開催を迎えた海旅Camp

今回も保養キャンプの役割を最大限に活かしつつ、
参加者も
スタッフも
みんなが最高に愉しんだ4泊5日間でした。

特に気を使う食事も、各地からご支援いただいた最高の食材を贅沢に使い、お料理させていただきました!




毎食、素敵なお料理が食卓を彩り、みんなで美味しくいただきました!!


今年から新しくおやつタイムも作り、フルーツなどを中心に体に優しいおやつ作って食べました。
子供達も大喜び!
チェルノブイリの保養キャンプでも取り入れられているみたいです。

そんなお食事も、スタッフも含めたみんなの分も用意するとなるとかなりの量!!
用意するのも大変です。

が、しかし!!!!

参加者の皆さん、もちろん子供達も率先してお手伝いをしてくれて、みんなでワイワイ愉しく作りました!


その中で、キッチンチームの隊長、ナナエさんを中心に一年間練ってきた養生メニューも、みんなでシェアすることができたと思います。


お見送りにきゅうりちゃんも到着!!

帰路に立ったときのみんなの顔は、全力で遊んだ爽やかな若干の疲れを見せつつも、とっても生き生きとした笑顔でした♪

笑顔でお見送り!

4泊5日という期間でしたが、この期間でニキビが治った!!
などの嬉しい声も聞こえてきました。

食べ物も運動も、そして笑顔も最高の養生ですね!!

共同代表ニシダッシュさんの

「保養を文化に!」

の思いに共感し、集まる仲間たち、支援者の皆さまに心からリスペクトです!
本当に一人ひとりが輝いていました。

保養というものが、今後文化として根付いていけるよう、私自身も日々の生活の中で意識していきたいと改めて強く感じた、2016年の海旅Campでした。

ここで寝食をともにしたみんなはもう家族みたい!!
Campが終わっても、繋がりは終わりません。
また来年、最高の笑顔で、八百津町で会いましょうね!
海旅2016集合写真-正方形

改めまして、ご支援いただいた皆様にお礼を申し上げたいと思います。
本当に、本当にありがとうございました!!!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今年は4泊5日の海旅キャンプ。あっという間に最終日です。
今日のブログを担当させていただくのは、山なんや駐車場で犬とガチでキャンプしているゆかです。




1人、また1人と去っていくスタッフもいますが、みんなとてもいい笑顔。



朝から食べ過ぎてしまう、おいしいごはん。


食事班のちえちゃん、レインボーからがんばっているため、ちょっとお疲れな模様





朝からすっきり晴天。気温もぐんぐん上昇し、水遊びに気合いが入ります。
大人も子供になるキャンプ、本領発揮!





南国フルーツたっぷりのおいしいおやつ。美味しくて安全な食材は、子供たちが元気に育ってほしいとの思いで、全国の支援者の方々より送られてきたもの。



食事班リーダーななえちゃん。食事班は前回の海旅キャンプの終了後から、今回の海旅キャンプまでの間、ずーっとメニューの考案や試作、食材の支援をしてくださる生産者さんとのやりとりをしてきています。







お昼ご飯の後は大道芸人「分福(ぶんぶく)」さん登場。子供たちも皿回しに参加。笑いと拍手のにぎやかなステージでした。



そして集合写真の撮影









毎年の海旅キャンプのハイライトの一つ、味噌つくりワークショップ。
午前中からじっくりと煮た大豆をみんなの手でお味噌にしていきます。



海旅キャンプには様々な「特技」を持った人たちが集います。
参加者さんがスタッフに官足法でヒーリング。
しかし癒されているはずの食事班つっちーは痛みに悶絶中。





最後の夕食。にぎやかな食卓を囲むのも残り一回。
「今日が最後か~、帰りたくないな~」とつぶやく子も。
嬉しいけれど、寂しい言葉。






今回の海旅キャンプでは2日目と4日目の夜は、希望者は大きなお風呂に入りに行きました。
さっぱりしてみんなごきげんです。
明日の長旅に備えて、みんな良い夢みてね☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。