思ったこと。

テーマ:

昨日、以前勤めていた職場の
パート事務員さんに偶然出会った。


その職場にひとりしかいない
正社員の事務員さんが辞めることになったらしい。


まだ後任の新しい事務員さんは決まってないらしいが
今度採用される事務員さんは正社員ではなく契約社員だそうだ。


本社の方針で
数年前から新規に採用される女性事務員は
すべて契約社員となり、正社員の採用は一切ないらしい。


実はその事務員さんが辞めることは
昨日会ったパート事務員さん以外のルートからすでに聞いていて
ウチの会社においでよ、って誘われてたんだけど
契約社員だとかいう話は一切聞いてなかったので
ちょっとびっくりした。


そういえばわたしがその会社を辞める前に
「今後新規の正社員採用はなくなる」という話をしていたのを思い出した。


まぁどっちにしても
今の会社を辞めて他の会社に行くつもりはまったくなかったけど
参考にと待遇なんかを聞いたりしていた。


仕事や責任の重さは前任者とまったく変わらないのに
待遇だけが正社員から契約社員に変わるなんて
ちょっと納得がいかない気がした。


新しく入ってくる人は
契約社員ってことで募集かけてるわけだから
そういう風には思わないかもしれないけど
契約社員で入社して
どんなに頑張ってどんなに実績をあげても
何年頑張り続けても
正社員にはなれないのだ。


それってどうなんだろう。


それじゃあその仕事を
一生の仕事にして頑張ろうなんて
誰も思わないんじゃないかと思うんだけど。


あ、むしろ思わないでいてくれたほうが
会社にとっては都合がいいのか。



わたしは今の仕事のひとつ前の会社でも
そのひとつ前の会社でも契約社員という立場だった。


その会社では契約社員でも社員になれる道は開かれていたが
それを成し遂げるための実績をあげるのは並大抵のことではなく
わたしには到底無理と思える基準だった。


そして契約社員と社員の待遇の違いも
そのときイヤという程思い知らされた。


だからわたしは絶対に
正社員として働ける仕事に就きたいと思った。


自分の年齢を考えると
そう寄り道もしていられない。
寄り道をすればするほど新しい可能性は低くなっていくのだから。


若くて才能にあふれた人でさえ
なかなか条件のいい仕事にありつけない時代に
この年でマトモな会社に正社員として入れたことは
相当運がよかったのだろうなと自分でも思う。


あと数年もすれば我が家の娘たちも
社会に旅立つことになるだろうけれども
思うような仕事に就けるのだろうか。


わたしには
若いうちにやっておけばよかったと
後悔していることがたくさんある。
若いうちにしかできないこともたくさんある。


後悔しないような人生を送ってほしいと思う。


尊敬される、っていうのは無理だろうけど
娘たちには堂々と胸を張って
「自分なりに精一杯頑張って、自分らしく生きている」
と言えるようになりたい。


今はまだちょっと無理だけど。


んー。


身近なライバルには
まだまだ負けていられないわ。

AD

連休初日。

テーマ:

ここ最近すっかり秋の気配を感じるようになり

さすがにもう夏服でもいられまいと

昨日、秋冬もののクリーニングを取りに行った。


(ごめんなさいしょぼんクリーニング屋さんをクローゼット代わりにして…汗

でも知り合いのクリーニング屋さんなので大目に見てもらってますあせる


クリーニングに出した洋服を持って帰ったはいいけれど

いざ収納しようとすると服がクローゼットの中に収まらない。


去年買い足したダウンや

今年買った秋冬ものがかさばって

どうにもこうにも収まらない。

いや無理やり詰め込めばなんとか入るんだけど

それじゃあ服を選ぶときに選びにくいし取り出しにくい。


どうしようって考えたけど

収納スペースが限られている以上

あとはいらない洋服を処分するしか方法はない。


というわけで

いらない洋服の大処分の開始。


でもクローゼットの中に入っているのって

洋服ばかりではないのよね。


とりあえず入れとこ!ってカンジで入れたまま放置されたものの多いことビックリマーク


入れたまま放置されている→入れてから一度も使っていない

→これからもきっと使わないだろうDASH!

物を片付けようと思ったらこの思考でいかないと片付かない。

いや、新しいものを買わなければいいのが一番なのはわかってるんだけど。


でも「買い物をする」っていう行為自体が

今のわたしにとっては一番のストレス発散になってるから

少しは多めに見てやりたいなぁという気持ちもある(自分自身に対して)


実際、「買う」だけで今のわたしは満足してしまっている。


去年の冬に買った黒とキャメルの色違いブーツ(2足)は

結局一度も履いていないし

今年の夏に買ったブロンズと白の色違いサンダル(2足)も履いてない。


この前店員さんに勧められて買った

INDIVIのミュールとワンピもとっても気に入ってるんだけど

一度も身に付けないまま

シーズンを終わってしまいそうな予感がすでにしている…。


基本的にわたしは休日に家を出たくないタイプなので

着る(履く)タイミングがあまりない。


用事や買い物は週2回の半休の日の帰りに済ませてしまうし

半休とはいえ仕事だから、その日はそんなに着飾っては行けないし。

(着ていった服の上に白衣を羽織るだけっていうのも結構洋服が制限される)


週に1度しかない休日は

家にいて、普段できない家のことや自分のことをしたいと思う。


週に1度の休日に予定が入ってしまったりすると

途端に機嫌が悪くなり損したような気持ちになってしまうわたし。


よそのお母さんは偉いなーと感心する。

子供の用事、ダンナの用事、実家の用事って

自分の時間ないじゃんって

それが主婦に取っては普通なんだよね。


いつまで経っても自分中心のわたしは

まだまだ成長が足りないのかもしれないなぁ。

AD

おひさしぶりです。

テーマ:

随分久しぶりの更新になってしましました。


あまりに放置しすぎて

以前とは微妙にblogに書きたいことなどが変わってしまったので

一旦過去記事はすべて削除してしまいました。


コメントをいただいていたのに

レスもしないまま放置してしまっていた方>小夜香さん

ごめんなさい。m(_ _ )m


意気込みすぎて「書こう~!」と思うと

ついつい長文になり

やがてそれが負担に感じられるようになって更新が滞ってしまう

というパターンを繰り返してしまいそうなので

あまり意気込みすぎず

軽い気持ちで日々のことを書いていけたら

と思います。



仕事のほうは割と順調です。


いろいろ勉強しなければならないことは山積みですが

とりあえず今いる薬局での日常業務は

特に問題なく円滑に行えている、といった状況でしょうか。


最近二人いる薬剤師の一人が異動となり

新しい薬剤師が赴任してから

随分薬局内の雰囲気が変わりました。


この9ヶ月間

それまでほとんど縁のなかった薬剤師という職業の人間と関わるようになりましたが

威圧的な雰囲気を持つ方がほとんどで

対等に話をしたり

(厳密に言うと対等ではないので「対等風?」)

フレンドリーに接したりするのは到底ありえない

というオーラを発する方々ばかりだったんですが

この新しい薬剤師さんはとてもフレンドリーで明るくて

なんだか薬局内の雰囲気もとても明るいものになり

「あ~

職場の雰囲気って大事なもんなんだな~」

と感じるようになった今日この頃です。


(以前は、以前の状況が当たり前と思っていたので)


明日は隣の支店のメンバーとのお食事会です。


これまたみんな明るくて

楽しい方ばかりなので

明日は楽しんでこようと思ってます。


じゃあとりあえず、今日はこの辺でパー





AD