1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-05-07 13:29:31

わかめ収穫2017

テーマ:三陸わかめ支援

先日、佐藤さんのわかめ収穫に行ってきました。
今年のわかめは順調に育ちました。
震災後、佐藤さんは海が変わったとよく言っています。
実際にここ数年、北上川上流からは濁った泥水が毎年のように流れてきて、
わかめの品質が落ちたり、養殖ロープが切れたりと被害も多かったです。
それでも佐藤さんは工夫と試行錯誤を重ね、美味しいわかめを作る努力を
怠りません。
佐藤さんのわかめづくりに対する真摯な姿勢を見て思うのは、
高みを目指して努力する人には、時差はあるものの、それに見合う結果が
必ずやってくるものだということです。
佐藤さんのわかめを食べたお客様、プロの料理人さんからも、こんなに美味しいのは初めて食べた、と言っていただけます。海産物ではそれほど派手さはないわかめですが、養殖と塩蔵加工という技術が必要なカテゴリのため、その出来はまったく別ものです。実際、佐藤さんのお客様のほとんどが口コミ、紹介です。商売のキャッチフレーズとして、口コミで…、とは聞きますが本当にそうなのです。
さて、仕事は少しずつ回るようになり、ホッとする一方、震災後の返済も始まっており今が元の生活を取り戻すスタートです。佐藤さんは、先を考えると怖いから、目の前だけを見てやっていくだけ、と話してくれます。これからも応援していきます。
復興わかめの送付は毎年少しずつ行なっております。オーナーの皆様ありがとうございます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016-06-13 12:46:55

海の極みホームページ更新のお知らせ

テーマ:三陸わかめ支援
いつもお世話になっております。

海の極み.comと三陸わかめオーナープロジェクトのホームページを6月15日より
更新をさせていただきます。

更新までに数日間のお時間が必要となるため、この期間はページが正しく
表示されないこともございます。

また新しいホームページではお買い物機能を休止し、生産者様から直接購入いただく
ように変更させていただきます。

お客様、プロジェクトのオーナー様にはご迷惑をおかけいたしますが、
ご理解くださいますようよろしくお願い申し上げます。

ご連絡、お問い合わせはホームページ更新期間も承っております。

海の極み.com(石巻三陸わかめオーナープロジェクト事務局)
TEL 0225-94-5038
メール info@light-hous.com(プロジェクトを運営する事務局のメールアドレスです)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-01 00:10:12

お客様へ

テーマ:三陸わかめ支援
6月より海の極みのホームページをリニューアルいたします。5月31日24時以降、観覧できなくなります。ご不便をおかけいたしますが、なにかありましたらメールまたはこちらのコメントにてご連絡ください。ご迷惑をおかけいたしますが何卒よろしくお願い申し上げます。

━━━━━━━━━a━r━i━g━a━t━o━u━━━━━━━━━
三陸わかめ・海産物販売 【海の極みドットコム】
----------------------------------------------------------
◇TEL:0225-94-5038 (受付時間10:00~17:00)
◇FAX:050-3488-5004 (24時間受け付け)
◇〒986-0824 宮城県石巻市立町2丁目5-22
◇URL:http://uminokiwami.com/
◇E-MAIL:info@uminokiwami.com
━━━━━━━━━a━r━i━g━a━t━o━u━━━━━━━━━
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-04-02 13:09:55

2016年3月収穫とオーナー様へのお礼品の予定

テーマ:三陸わかめ支援
2016年3月、十三浜で佐藤さんがわかめの収穫作業が始まったので行ってきました。


石巻市内から北上川沿い、旧北上町へ向かいます。


道路脇は整備途中です。


十三浜に到着です。


お母さんたちがわかめの茎、めかぶと葉の部分を分けています。








収穫したばかりの生わかめ。


生わかめは茶色です。


ぐらぐら沸かした海水で湯通しします。


お湯に通すと、きれいな緑色に変わります。


お湯に通した後は、冷たい水に入れます。






次はたっぷりの塩を入れ、ぐるぐるとかき混ぜてます。


しっかりと塩がしみ込んだら、白い塩は見えなくなります。
これに樽に入れ、重しをして水を抜き、しっかりと塩蔵処理されます。


水分が抜けた塩蔵わかめは専用の木箱に入れて、冷蔵保管されます。


小屋では収穫作業が終わったお父さん、おばあさん、おばちゃんたちが手作業でわかめと細かい茎をわけていきます。色の悪い部分や端っこは捨てて、美味しい部分だけを残します。

仮に作ったプレハブ製の作業小屋が仕事場兼、休憩所です。
お昼ご飯もここで食べます。

早朝から船に出て数時間収穫し、浜での数時間の塩蔵処理、戻ったら仕分けと
かなりの重労働です。

-----------

実は、2016年の初めに強い風が続き、種つけしたわかめの
約半分がだめになってしまいました。
震災後はなぜか毎年のように大きな被害が出ています。

わかめだけでなく、震災後に稼ぎを増やそうとはじめた海鞘(ホヤ)も
全滅してしまいました。わかめの次に収入の柱と考えていたものでした。
ホヤはまた一からのスタートになります。

また、これまでずっと一緒にやってきたおじさんが体を壊してしまい、
人手が少ない中での負担の多い収穫作業でした。

そして、震災でできた大きな借金の返済が始まりました。
丸5年を迎え、区切りのような言い方をされますが、
実際にはこれからがスタートです。

わかめオーナーの皆さまには早くお返しのわかめを送りたいと思っています。
ですが、実際、わかめの数量がかなり減っている状況があり、
一方では返済がスタートし、しっかりと売上も作る必要があるため、
私から佐藤さんには無理をしないでやっていきましょう、とお願いをしました。

ですから、お待ちいただいているオーナーの皆さまには恐縮ですが、
お返しのわかめはさらにこれから数年に分けてお送りさせていただく予定です。

数は減ってしまいましたが、今年のわかめの出来は良いとこのことでした。
実際にはこれからが復興のスタートである三陸の美味しい海産物を食べてみてください。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-11-25 11:12:44

わかめ種付け2015

テーマ:三陸わかめ支援
佐藤さんのわかめの種付け作業を見てきました。
今年は11月に入っても暖かい日が多かったため、海の時化も続き、遅れがちでしたが、もうすぐ種つけも終わりです。

夏は海鞘(ほや)、今はわかめ、次は昆布、そして牡蠣と休む暇のない佐藤さんですが、1年を通じて、海の仕事ができるようになりました。皆さんのお蔭です。感謝です。

わかめの種は種屋さんから買ってきて、海に浸けておくのですが、あまり時間が経つとだめになってしまいます。

なので、時化が多いながらも、海の状況がよければ、一気に種つけをしてしまいます。
ぎっちり編み込まれた太いロープをゆるめて、隙間をつくり、そこにちょんとわかめの赤ちょんと挟んでいきます。
見た目以上に力もいるし、付けていくスピードもとても速いんです。

明るく笑いの絶えない雰囲気で作業していますが、寒くなってきた浜での作業を毎日するのはやはり大変です。家族、親せき、友人皆さんが協力してくれます。

佐藤さんの近況はまたご報告します。

ちなみに、この日は石巻渡波で牡蠣祭りがあったので、そちらも別の記事でご紹介します。













いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-08-16 01:24:05

5年ぶりの「夕市」in北上町

テーマ:三陸わかめ支援
宮城県石巻市北上町で12日、5年ぶりに「夕市」が開かれました。

早くわかっていたら行ってみたかった・・

ウニやホタテ、ホヤなどを市価の2~3割引きで販売し多くの住民が訪れたそうです。

以前の夕市は出店が10以上あり、まだ震災前の規模には戻っていないとのことです。

海の極みの通販でもホタテの販売ができる日を願いたいとおもいます。

「夕市」についての紹介です




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150814-00000027-khks-soci


三陸わかめの販売 海の極み
http://www.uminokiwami.com/
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-07-03 19:18:25

「にっぽん縦断こころ旅」北上町が放送されました。

テーマ:三陸わかめ支援

本日7月3日、NHK BSプレミアムにて石巻市北上町が紹介されますよ。

釣り石神社も見ることができます。


「にっぽん縦断 こころ旅」
http://www.nhk.or.jp/kokorotabi/
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-12-05 11:40:57

三陸わかめの種つけ 宮城県石巻市十三浜 2014年11月

テーマ:三陸わかめ支援
先日、十三浜へわかめの種付け作業に行ってきました。





すでに浜の岸壁では佐藤さんだけでなく、わかめ養殖の方、
ほたてを収穫し、殻を磨いている方々などがいました。


この細いロープに沢山のわかめの種がついています。
これを数センチに切り、養殖ロープにはさんでいきます。



二人一組で作業します。


一人が太い養殖ロープを緩め、そこにわかめの種を入れて締めます。
手際よく種をはさんでいきます。





人手が必要な浜の仕事は家族、親戚皆さん協力で成り立ちます。






この日は町内の年配の方々が車に乗って見学に来られていました。



種をつけたロープを船につけて出発です。




船で5~10分のいくつかの魚場に行き、
種つけしたロープを海に投入していきます。

すでに設置してあるアンカー(重り)につけてくるのですが、
揺れる船の中でロープをつないでいきます。

浜も寒く感じましたが、船上ではより寒さが感じられます。

この日はめったにない穏やかな海での作業です。



船で一緒に作業している先代のお父さんは肩を治すため、
仙台の病院に手術をしに行くそうです。

苦労の多い海の仕事を長く続けてきて、特に震災後は休みもなく
やってこられていたので、体にきてしまったのだと思います。
入院して体を治しつつ、少しでも疲れがとれたらと思います。


お父さんだけでなく、佐藤さん自身も捻挫をしたり、よく怪我をされるし、
奥さんも、、と皆さんどこか体に不具合を感じながら頑張っています。


わかめ養殖に手抜きをせず、実直に取り組む佐藤さんなので、
作業も普通より手間をかけています。
よいものを長くつくってもらいたいので、体を大事にしてもらいたいです。







佐藤さんのわかめ・昆布が購入できます。



わかめオーナープロジェクト
石巻三陸わかめオーナープロジェクト
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-11-02 09:55:42

佐藤さんの近況、天然だし昆布の天日干し

テーマ:三陸わかめ支援
先日、石巻市北上のわかめ生産者、佐藤さんとお会いしてきました。

この時期、わかめの種つけが始まる頃ですが、これまでの海水温が高かったこと
によって、よい種の生育が少ないそうです。
またたびたび発生する台風など時化となる日が多く、種つけの作業は少し遅れる
とのことでした。
作業が始まったら、またこちらでご報告します。



海藻類の取引状況をお聞きすると徐々に個人のお客様からご注文をいただいたり、
そのご紹介でご依頼が増えてきているとのことでした。

佐藤さんは震災前から、本当に質のよいわかめを作っていた生産者さんです。
味のわかる石巻でも、佐藤さんを名指しで購入される方がいるほどです。

コツコツとまじめによいものを作れば、ちゃんと見てくれている方がいて、
それを応援してくださる皆さんがいて、震災の影響や風評被害なども超えて、
信頼され、支持されるんだと感心しました。



伺ったときは、天候はよかったのですが、風が強く、海はまだ荒れており、
浜のそばの作業場で、だし昆布の天日干しを行っていました。





天日がうまさを閉じ込めてくれています。


左がだし用の真昆布、右がとろろ昆布用の細目昆布。
とろろ昆布用は、少し小さめで薄く、これをまとめて重ねて
職人さんが手で削って、とろろ昆布にします。


だし昆布用の真昆布は天然ものです。


先代のおとうさん。


お母さんが丁寧に両端をカットしてまとめていきます。


昆布に目を細める佐藤さん。
本当にわかめや昆布に愛情、情熱をかけてるんだと感じます。


三陸のミネラルと旨みがたっぷり含んだだし昆布。


わかめだけでなく、何をするにも手を抜かず、一所懸命につくる
佐藤さん家の海藻類が支持されるのが実際に行くとわかります。





佐藤さんのわかめ・昆布が購入できます。
10月から昆布がとても人気です。



わかめオーナープロジェクト
石巻三陸わかめオーナープロジェクト
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-07-17 18:23:39

2014年度のオーナー様へのお礼のわかめ発送ご報告と三陸産海産物の復興状況

テーマ:三陸わかめ支援
いつもご支援ありがとうございます。

今年春にあった低気圧によるわかめ脱落被害により、お送りできるわかめが限られている中、60軒のオーナー様にお送りさせていただきました。本年度のお礼は終了させていただきます。
来年度はさらに多くのオーナー様にお返しができるよう佐藤さんもがんばっております。



わかめなどの三陸産海産物の復興状況

今年春の被害だけでなく、三陸わかめ全体の取引量が震災前に比べ、減っております。震災まで取引をしていた業者さんの多くが震災によって三陸わかめを仕入れることができなくなったため、他の地域や場合によっては海外産のわかめを扱うことになりました。

震災後3年経過して取引を再度してもらおうとしても、すでに取引されている状況に新たに三陸産わかめを入れてもらうことはそれほど容易ではなく、生産は戻りつつあるのに、取引を再開してもらえず、結果として三陸産わかめの単価があまり上がらない現状に佐藤さんを含めた三陸のわかめ、牡蠣やホヤなど他海産物も同じように苦戦が続いております。

佐藤さんは現在、上記の理由などからわかめだけでは厳しい状況にあるため、地元の復興工事に再度関わることになっております。漁業を通じて生活再建を図ろうと美味しいわかめづくりに励んでおりますが、漁業以外にも仕事をせざるをえない状況にあることを知っていただきたいと思います。


皆様にお願いしたいのは、わかめだけでなく、震災で生産を再開している三陸のものをできる範囲内で結構です、選んでいただきたいということです。せっかく復興を目指して大きな借金を生産をかかえて生産を再開しても、三陸産を選んでいただきにくい状況があります。消費者としてできることで応援いただきたいのです。


また、わかめなど三陸産を取り扱いができる業者様には、すでにあるお取引を変更いただくことは難しいとは思いますが、復興ご支援も加味していただき、ご検討をいただければ幸いです。


石巻三陸わかめオーナープロジェクト事務局 齋藤




わかめオーナープロジェクト
石巻三陸わかめオーナープロジェクト


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。