タイ・チェンマイ帽子屋日記

タイの古都チェンマイで
アジア各国の個性的な生地を使い
Lサイズ(ゆったりサイズ)の帽子を
専門に作っています☆
世界初?の4カ国語ネットショップ(日中英泰)は
コチラ!⇒ http://www.jamhat.net/


テーマ:

白地に黒ストライプと、黒地にうっすら灰色ストライプが入った#モン族 の#ヘンプ (#麻 )生地を組み合わせて夏っぽい#ハット を。程好い#ヴィンテージ 感。デニムスタイルのラフな格好にも、ジャケットなんかのスマートカジュアルにも合わせやすく、街でもリゾートでも使えそうな使い易そうな一品☆ これも頭の形や、額の広さ、輪郭に応じて微調整できるように、帽子のてっぺん・真ん中・つば縁の3ヶ所に形状記憶ワイヤー入れてます。グシャグシャにしてカバンやスーツケースに入れてもらっても全然OKっす♪(。-∀-) * #hemphat #hmongtribe #チェンマイ #chiangmai #清迈 #清邁 #大人エスニック #帽子大好き #hatlovers #帽子屋 #60cm #大きめサイズ #サイズ調整テープ 付きで#サイズ調整可能

Saishu Kazuyukiさん(@jam_hat)がシェアした投稿 -

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

まいどです!

約一週間タイ正月/ソンクラン/水掛け祭りもやっと終わりました!口笛

こっちに居ると、日本の正月⇒中国の旧正月⇒ソンクラーン、、、と3度も正月を迎えることに。。それはそれで小売業的には観光客がタイを訪れるキッカケにもなるし、喜ぶべきことなのかな?!  

そんなこんなで引き続き
ルアンパバーンの思い出を。チュー

以前ビエンチャンに行った時に
すっかりハマったラオス麺。⇒

それがこのカオピヤック



今回もルアンパバーンでの五日間、毎日1食、必ず食べてました♪ラブ

折角だからルアンパバーンでも美味しい所で、とネットで調べたところ二ヶ所がヒット。

それがこの地図の青矢印で示した所。




ちなみにこの手書き地図はルアンパバーンのHIS営業所でゲットしました☆

ビエンチャンにもあったこのフリーペーパーと共に♪


私が旅行したり出張したりする時のスタイルとして、現地に到着したら先ず"無料の日本語情報紙"をゲットすべく動きます。

事前にそれらがどこに置いてあるか調べ、それらが置いてある日本料理屋・ホテル・旅行会社・日本関連のグッズが置いてあるお店に出向き、それらを入手。

なぜならネット上には古い情報も多いので、その時々で鮮度の高い情報・信憑性の高い情報を得ようとしたら

●現地で発行されてる最新号のフリーペーパー
●そこに住んでらっしゃる方、そこでビジネスされてる方

これらの情報源にアプローチするのが最も効果的☆爆笑

無駄な動きが増えて失敗したり、無知ゆえの危険に晒されたりしないためにも。せっかくの出張や旅行、効率的に楽しく過ごしたいですからね♪グラサン

話は逸れましたが、このカオピヤック。

大袈裟に言う訳じゃなく、本当に毎日でも食べたくなる美味しさ♪ラブ




米粉のモチモチ麺と鶏ガラなどでとった出汁が絶妙で、シンプルなんだけど素朴で懐かしさすら感じさせてくれる味!

・タイのクイジャップユアン、クイティアオ
・ベトナムのフォー
・中国の清香拉面(チンシャンラーミェン)

これらアジア各国の麺の良いとこ取りして、更にシンプルに纏め上げた味がコレっ!、、、って感じかな。照れ


他のお店は分かりませんが、この2つのお店に関して言えば、パクチー・ミント・クレソンも入れ放題♪チュー

(※ ただし遅い時間だと、これらが無くなってることもあるのでご注意を)


地図左上のメコン河沿い、ローカルコーヒー屋と軒を連ねたカオピヤック屋さんは、薪を炊いてデッカイ寸胴でスープ作ってました。この薪を炊く匂いもノスタルジーを感じさせてくれる要素かも。照れ







この2店舗に関してはカオピヤック一杯

15,000キープ(約200円/約60バーツ)

ラオスだからもっと安いかと思いきや、タイのクイティアオやカオソーイと同じか若干高いぐらい。キョロキョロ

でもでも、これだけ食べにラオス行きたいって人ゼッタイいるよな~、、って勘繰ってしまうぐらいのお味です☆グラサン

ルアンパバーンに行ったときは絶対ハズシちゃならないB級、、、いやA級グルメです☆爆笑


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

まいどです。

今回のルアンパバーンで

「全く期待してなかったけど
   すっごく良かったもの大賞」

を一つあげるならコレ!クラッカーひらめき電球キスマーク

メコン河サンセットクルーズ



こんな感じの船に乗って
メコン河を行く
二時間半のクルージング船



船内から撮った風景






メコン河に沈む夕日と
雄大な流れ

自分が大学生の時
沢木耕太郎の「深夜特急」に感化され
バックパッカーで東南アジアを廻った
20年前と全く変わらないものが
目の前にあるんだなぁ、と
なんだか感慨深くなりました。にやり







クルージングツアーに含まれてる
コースメニュー(飲み物は別)







ちなみに飲み物は
ビール・ソフトドリンクは
一本あたり25,000キープ(約350円)







素敵な演奏と踊り(三回のステージ)、
ボリューム満点で美味しい食事、
これらを二時間半も楽しめた
メコン河サンセットクルーズの
お値段はなんと

250,000キープ(約3,450円)


最初は全く期待してなかっただけに
「ラオスにしては高いな。。」えー?
と。


でも、実際は
非常に満足度の高い
クルージングでした♪ゲラゲラ超オススメ!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。