よりみち、まわりみち

今日も楽しいこと探しに寄り道中。

NEW !
テーマ:
{4EE37A3F-21F5-47AA-BE52-A32A020D34AA}

{A2767400-2D1B-4617-A60F-BD2C69019C57}

紅葉が見頃です!
これから秣岳へGO!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

山行からだいぶ経ってしまいましたが…^^;

9月上旬、南アルプスは北岳にいってきました!

(自分の覚書としての面もあるので、長文になるかと思います。すみませんm(__)m)

 

 

例年9月に兄との遠征登山をしていたのですが、兄は難しいとのことだったので、今年はナシだな〜と思ってました。

ですが、ムクムクと遠出したい心が湧いてきて、一人でもとにかくどこかに行こう!という気持ちに。

とりあえず、混み合うシルバーウィークを避けて、9月に3.5日休みを取りました。

行き先は、兄に相談しつつ、南アルプス 北岳に暫定で決定。

理由としては、

・ 日本で2番目に高いお山に登る、というミーハー心を満たしてくれる

・ 以前 甲斐駒に行っているのでアクセス手段がわかる

・ キャンセル料の発生するバスの予約などがいらない(⇒天気次第で決行を決めたかったので)

・ 行程的に1泊2日でまわれる

ことなど。

 

実は、台風がうろうろしてたのもあって、前日まで行くか行かぬかを悩んでたのですが…

天気予報を信じることにして、決行を決めました^^;

 

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

金曜日の午前は仕事をし、午後から新幹線→特急あずさで甲府へ。

甲府駅すぐのビジネスホテルで一泊。

 

 

朝4時35分、甲府駅前発のバスに乗ろうと4時ごろバス停へ向かうと、すでに20人くらいの行列Σ(・ω・ノ)ノ!

野宿組の方も多かったようでした。

結局この日は3台のバスが出たそうです。

 

だいたい2時間くらいで、登山口となる広河原インフォメーションセンターに到着。

甲斐駒ケ岳に行った時はここから乗り換えましたが、今日は広河原から歩き出します。

人が写らないように写真を撮ったのでなんだか変な写真ですけど、ここは本当に朝の6時半の山奥とは思えないほどの人であふれてました。さすが南アルプス!(^▽^;)

ちなみに、ここの標高は1520m。

 

 

 

 

野呂川の向こうに北岳が見えた!

なかなかいいお天気で、ちょっと安心。

ですが、翌日は曇り~崩れてく予報なので、今日中にピークを踏む予定でスタートです。

 

 

 

 

まずは、大っきらいな吊り橋から・・・

ヤマレコ等の記録で拝見してましたが、しょっぱなのドキドキは心臓に悪かった・・・( ̄_ ̄ i)

 

 

 

 

大樺沢沿いの樹林帯。

涼しくて歩きやすいです。

 

 

 

 

沢もとってもきれい!

 

 

 

 

徐々に近づく北岳。

確実に近づいてはいるんだけど…遠いね( ̄- ̄;

 

 

 

 

あおいお花、沢山咲いてました。

なんだろ?セージみたいなお花ですね。

 

 

 

 

今年の秋は雨が多かったからか、台風が行った後だったからか、ちょっとした沢の水も多いような感じがしました。

 

 

 

 

だんだんと陽が昇ってきて、林の中にも光が差し込んできました。

この日は、遠征してたにも関わらず体調がよくて、我ながらスムーズに歩けていた気がします(←あくまで自分比)

 

 

 

 

疲れたらお花を撮ってるふりして休憩。

秋の花になると、とたんに名前が分からなくなる・・・(^▽^;)

 

 

 

 

暦は9月だけど、葉っぱも日差しも夏だ~!!!

今年一番の夏山感。

 

 

 

 

大樺沢二股(分岐)で休憩。

北岳が目の前に見える、なんともぜいたくな所です^^

 

 

 

 

お花・・・名前分からず。(っていうか調べてもない。すみません)

 

 

 

 

大樺沢二俣からは、左俣コースを進みます。

草のついたざれたジグザグ道をひたすら辛抱強く登っていく。

 

 

 

 

この辺で、ヘリコプターの音・・・

まさかと思ったけど、北岳へ向かっていきます。

30分くらい、行ったり来たりしてたかなぁ~

アップで撮った写真をみると、救助されてたようです。

 

 

 

 

かの有名な、北岳バットレス!

この日も登ってる人、いましたよ~。恐ろしい・・・(゜д゜;)

写真アップにすると見えるかも?

 

 

 

 

後を振り返ると、鳳凰山。

今回の山行の第二候補だったお山です。

こちらもぜひ訪れてみたい山だなぁ~^^

 

 

 

 

途中から、梯子続きの急坂に!

梯子がないと登りにくいんだろうけど、こういうすかすかした梯子、すっごく苦手・・・。(;°皿°)

 

 

 

 

ちょこっと岩場っぽいところ。

でも、有名山のもっとも人の多いコースとあって、特に不安を感じるようなところはありませんでした。さすがです。

 

 

 

 

バットレス!かっこいい!!

ずいぶんと何枚も写真撮ってました(笑)

 

 

 

 

後を振り返ると、鳳凰山と、歩いてきた大樺沢沿いの道。

けっこう登ってきたんだなぁ~

 

 

 

 

北岳の尾根の向こうに、甲斐駒ケ岳の白い山頂が!

これは感動でした(^▽^)

 

 

 

 

ようやく、八本歯のコルに到着。

池山吊尾根に出た瞬間に見えた、間ノ岳。きれいだった!!!

 

 

 

 

まだまだ続く、足場の悪い道。

とはいえ、このお天気なので、歩いてて楽しい♪

ここまでも行列ありましたが、ここも行列。

 

 

 

 

だいたいずっと北岳を眺めながら歩いて来て、だんだん近づいてるのはわかるんだけど、何故だかいつまでたっても到着しない。。。

 

 

 

 

大きな岩がごろごろした道。

ガスってたら道を見失いやすそうです。

 

 

 

 

後を振り返ると、富士さーん!!

まさに、「頭を雲の上に出し~」といったところですね^^

 

 

 

 

飛行機雲が長く伸びている・・・ということは、明日はやっぱり天気が崩れるということか??

 

 

 

 

実はまだこの時点では宿泊の山小屋を決めていなくて。

翌日、間ノ岳に行くなら北岳山荘、下山するなら北岳肩の小屋なのですが、まだ迷ってました。

 

 

 

 

吊尾根分岐を過ぎると、北岳の西にある仙丈ケ岳がドーンと見えてきました!

 

 

 

 

あとちょっと!が、遠いのだ・・・

この辺は完全にシャリバテ状態でした。分かってたんだけどね(;^_^A

 

 

 

 

そんでもって、北岳 山頂!

ようやくようやく、念願達成!\(^o^)/

 

 

 

 

咲き残りのお花を見ながら、ご飯タイム。

空気はちょっとひんやりしているけれど、日差しが暖かくて、充実感と相まって本当に幸せだった~(≧▽≦)

 

 

 

 

そんな充実感に浸ってると、東側から湧いてきた雲に甲斐駒ケ岳が飲み込まれそうになってました。。。(この後見えなくなった)

明日の天気どうなるのかなぁ~、間ノ岳まで行けるんだろうか?・・・と、私なりによく考えた後、北岳肩ノ小屋に降りることに。

なんかね、北岳に登頂できたことで、満足してしまったのですよねぇ~。

ここで欲を出すべきだった、と、翌日後悔することになるのですが(^▽^;)

 

 

 

 

というわけで、山頂の北にある、肩ノ小屋を目指して歩いていきます。

 

 

 

 

振り返って、北岳山頂と、その向こうに間ノ岳。

下ってしまったら間ノ岳は見えなくなるんだということをもっと理解して、写真を撮っておくべきだった!と、後で後悔しました^^;

 

 

 

 

下っていくと、肩ノ小屋が見えてきた!

 

 

 

 

仙丈ケ岳の向こうに見えているのは、北アルプス?槍ヶ岳??

 

 

 

 

標高3000m、北岳の肩 到着。

肩ノ小屋にチェックインしました。

 

 

 

 

とおされたのは、女性部屋。女性グループか、単独女性のお部屋らしいです。

やはり、布団一枚の幅に番号は2人分振ってあって、込んでいるときは布団一枚に2名ということなんでしょうね。

この日は20名以上泊まれるこの部屋に、私を含めて6名しかいなかったので、ゆうゆう布団一枚使わせてもらいました(*^o^*)

 

 

 

 

実は、持ってきてたおひるごはんが少なすぎて・・・(それでシャリばて状態だったのです^^;)

せっかくなので、おでんをいただきました!

山でご飯出してもらえるなんて、ほんとにすごい!( ´艸`)

 

 

 

 

おでん後は、まだまだ陽が高かったので、外でコーヒーとおやつ。

小屋に到着したとたんに食べてばっかりだよ(笑)

 

ちなみにこの日は、夕方からガスがわいてきて、夕焼けや日没を見ることはかないませんでした。残念!><

 

 

 

 

そして、17時から夕食です。

食堂はあまり広くないので、何回転かしてたようです。

メインは揚げたお魚を甘辛く煮付けたもの。味が濃くておいしかった!

標高3000mの山の上で温かいご飯が食べられるなんて・・・本当にありがたいことですよねぇ。

感謝 感謝です。

 

ご飯をいただいたあとは、共有スペースでずっと山雑誌を見てました。

山の中で、次の山に思いをはせながら読む、山雑誌。

なんて贅沢~!:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

 

 

消灯は8時だったかな。

8時を過ぎた途端に携帯電話が圏外になったので、小屋でアンテナをつないでるんでしょうかね?

そして眠りに落ちたのでした。。。

 

 

その②に続く。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{77D2894F-8FA2-4850-AEFE-B8E86EB559E5}
初めてコインランドリーを使いました。
毛布がふかふかで気持ちいい!
クリーニングより安いとはいえお金がかかるし、毎回はできないけど、たまにはいいかも!と思いました^^

なんでコインランドリーに行ったかというと、最近のジメジメのせいなのか、ダニ被害が。。。
とりあえずインターネットで対処法を調べて、洗えるものはコインランドリーで洗って熱で乾かす、洗えないものは掃除機かけまくってダニよけスプレーしてみる、ということにしました。

すぐに効果でないのかもだけど…
今日は安眠できるといいなぁ…
ここんところ、仕事もバタバタで、いろいろ気になって眠りが浅いので、せめてダニくらいは解決してほしい(ー ー;)




{A909E99E-5B4E-45A2-9EC4-6763006CE0B3}
関係ないけど、友達からもらった仙台うみの杜水族館のおみやげ!海がめメロンちゃん
さりげなく袋左上に「オリジナルすいぞくパン」と書いてあるのです!
こーいうセンス、好きだー♡

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

9月の最初の週末、山形蔵王の端っこにある、瀧山に登ってきました。

 

この日も日本海側がいい天気、という天気予報。

蔵王は微妙じゃないか?と思ったんだけど、友達が行ってみたいというし、私もずっと気になってたお山だったので、瀧山になりました。

 

 

 

コースは、分県登山ガイド「山形県の山」を参考に、三百坊の瀧山登山口からスタート。

 

 

 

 

放牧場をみながら進んでいくのですが…

どう見ても山に雲かかってるわ。。。( ̄ー ̄;

 

 

 

 

ちょっと進んでいくと、お地蔵さま?でしょうか。

 

 

 

 

長峰コースとの分岐点。

実はここで、へまをやらかし、なんと長峰コースの方へと進んでしまったのでした・・・(-"-;A

 

 

 

 

雨が降ったりぱっとしないお天気続きだったせいか、きのこ沢山!

何度見ても食べられる気がしないけど、タマゴタケは食べられるらしい。

 

 

 

 

長峰コースはとても歩きやすい道で、僅かな傾斜があるくらい。

何となく変な感じがして、友達に「おかしくない?」と言ってみたけど、「こんなに道もきれいだし、まちがってはないんじゃない?」と。

それもそうかな~といくらか進んでしまいましたが、地図を確認して、やっぱり間違えてたね・・・と、来た道を分岐までもどりました。

 

 

 

 

そんでもって、この日二度目の分岐点。

改めて道の様子と看板を見直してみると、なるほど、私たちが間違ってたことがよくわかりました。お恥ずかしい・・・(;´▽`A``

 

 

 

 

改めて、正しい道に進んでいきます。

途中の垢離かけ場(ってなにするところなの?)

 

 

 

 

瀧山川源流の碑。

ここでちょっと休憩しました。なんせ道を間違えてたためにずっと歩き続けてたもんで…^^;

 

 

 

 

沢沿いに進んでいくと、あれ?道は??ってポイントに出ました。

もっと遠くから写真を撮ればよかったんだけど、ほんとに赤テープがなかったら分からなかったと思う…

 

 

 

 

ここからが急登の連続!

岩も滑るところがあるし、私の足では届かなかったりするところもあるので、ロープなど、使えるものはフルに活用して登っていきます

 

 

 

 

ここなんかも、一歩目の足を着く所が遠くて、難儀いたしました。。。

もっと足長になりたーい(T▽T;)

 

 

 

 

お天気は予想通り、登れば登るほど、ガスの中。

分県ガイドには「岩場からの展望良し」と書いてますが、まぁ何も見えないですよね。

分かってたんですけど、ちょっと期待してたところもあったんだけど、ダメでした~\(^o^)/

 

 

 

 

そんでもって、急登りはまだまだ続く・・・

もう終わりだろう!と思うと立ちふさがる壁のような道に、何度心が折れたことか・・・。゚(T^T)゚。

 

 

 

 

いまいち写真だと伝わらないんだけど、片側が断ち切れてたりする尾根道なので、急登である上に足場が悪かったり、けっこう怖いポイントもたくさん!

一人で登らなくてよかった~と思いましたよ^^;

 

 

 

 

もういいかげん登りもやんだくなったところで、蔵王温泉との分岐点に到着。

前滝コース側に下山しないよう、ロープが張ってあります

(前滝コースから登ってくるとロープでふさがれてるみたいに見えますが、間違って下山に使わないようにロープが張られているようです)

 

 

 

 

もうこれで瀧山まですぐだろう!と思った矢先のロープ・・・

ちょっと心が折れました。。。

でも実際にはそんな大したことなかったけどね^^;

 

 

 

 

視界がぱっとひらけて、齋藤茂吉の碑と、眼下に蔵王温泉が見えたら、そこが山頂!

(いや、本当は蔵王の山々が見えるはずなのでしょう。この日は見えなかったけど)

 

 

 

 

というわけで、汗だくで瀧山山頂到着!\(^o^)/

 

 

 

 

山頂には、立派な瀧山神社がまつられています。

お参りした後は、誰もいないのをいいことにごろっと足を伸ばして休憩しました

急登で疲れ果てちゃった~^^;

 

下山は、姥神コースへ。

 

 

 

 

途中で姥神様にごあいさつ。

人さまのブログ等では拝見してた姥神様にお会いできて大満足でした~♪

 

 

 

 

姥神コースもなかなかの急坂!結構歩きにくかった~

石がごろごろしている土の道で滑りやすいし、↑みたいな梯子場もあったりします。

このコースを登るのも、結構きつそうだな・・・と思いました^^;

 

 

 

 

標高が下がってくるにつれ、なんだか明るくなってきた感じ・・・

 

 

 

 

そして、放牧場まで戻ってくると、このお天気!!

どうやら下界は晴れていたようですね。。。何とも残念な・・・(ノ_-。)

 

 

 

 

最後はのんびり、放牧場内の車道をあるいて駐車地点までもどりました。

途中に沢山落ちてたこの実、何でしょうね?

熊も食べるんだろうか??

 

 

 

 

振り返って、瀧山。

私たちの下山後に晴れたようです。もう笑うしかないね!(笑)

 

 

瀧山も、今年何度目だろう?という、山頂でガス山パターンでした。。。

もうこれは私が雲を呼んでると思うしかない気がしてきたわ~、と認めざるを得ない気分になりました(笑)

とはいえ、今回の瀧山行きを決めたのは友達なので、私じゃなくて友達がガスを呼んだんだろうということにしておこうと思います^^;

 

瀧山自体は、登りがいがありつつも、ある程度の短時間で楽しむができる、とてもいいお山でした!

道を間違えるというミスが痛かったですが、これで次回はもう間違えないから大丈夫でしょう・・・ということにしよう^^;

アクセスがいいのも魅力的だし、今度はぜひとも紅葉シーズンの、間違いなく天気がいい日に登りに行きたいと思います!(⌒▽⌒)

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。