よりみち、まわりみち

今日も楽しいこと探しに寄り道中。

NEW !
テーマ:

①からの続き。

夜が明けて、2日目です。



日の出は4時半頃と聞いてまして、ちゃんと起きれるかな?って思ったけど、特に問題なく起床。

やはり他の方の動く気配がするので、自然と目が覚めますね^^

でも残念ながら、もやもやで、見事なご来光!とはなりませんでした。。。

まぁこれはこれで綺麗なんですが、なんか夕陽みたいだ(笑)





その後、朝ごはんと身支度をして、6時前くらいに出発。

2日目は、蛭ヶ岳から塔ノ岳まで戻り、大倉尾根を大倉バス停まで下山する、という行程です。


蛭ヶ岳山荘、ご飯が豪華!とか、施設が立派!とかいう感じではなかったですが、管理人さんも親切だったし、ご一緒した方々も良い方だったし…

なんだかとても立ち去りがたい気持ちになりました。






うーん、前日の天気予報では「晴れ」の予報でしたが…

見事にもやっておる。。。

当然、富士山もみえず、残念~(>_<)







昨日下った分の登り返し。

こうしてみると結構あるね^^;





足元はちょっとガレてるので注意必要。





鬼が岩までは鎖場。

こういうところを1人で歩いてる時、高所嫌いの私もずいぶん強くなったなーと、自分を褒めてあげたい気持ちになります(笑)






振り返って、鬼が岩の間からの蛭ヶ岳。

丹沢の主峰だけあって、とても立派!







蛭ヶ岳とシロヤシオ。

うーん、去りがたい。。。(>_<)


去りがたいからなのか、単に前日の疲れが出てるのか、よく寝たはずなのに全くペース上がらず…(ー ー;)

ひたすらノロノロ歩いてました。。。





整備された木道と、その先に続く登山道。

なんだかとても牧歌的風景。







目の前の丹沢山と、右奥に塔ノ岳。

前日はコースタイムよりサクサク歩けたのに、この日はコースタイムよりノロノロだったかも^^;

まぁ、急ぐ旅でもないからね。。。

丹沢山で、山小屋でお隣の布団だった方が休憩してたので、ちらっと立ち話して、私は一足お先に塔ノ岳へ向かいます。





丹沢でよく見かけたのが、↑のような木道。

横木が微妙な幅なので、結構歩きにくいんですよ。

登山道保護のため仕方ないとはいえ、皆さんどうやって歩いてるんだろ?

私の足が短いから歩幅が合わないんだろうか??






鹿除け柵も至る所に張り巡らされてます。

そういえば、鹿には合わなかったなー






ミツバオウレン?ですかね?

スミレ以外、足元の小さなお花はあんまり咲いてなかったような…





塔ノ岳が近づいてくると、斜面に点々とシロヤシオが咲いてるのがわかります!







トウゴクミツバツツジもちらほら。

綺麗なピンク♪





シロヤシオの谷と、塔ノ岳。

前日と同じところを通ってるんだけど、前日より咲いてる気がする!

それとも光の当たり方の関係?






蛭ヶ岳方向を振り返って、シロヤシオと。

ちょっとモヤとれてきたかな?


蛭ヶ岳山荘の管理人さんによると、今年はシロヤシオの当たり年だそうです。

当たり年って、何年に一度とか決まってるわけでもないそうで、「今年きた人はラッキーですよ」と言われました!

やった!知らずに来たけど、ラッキー(^O^)♪






塔ノ岳山頂~! 8時50分

ここで、前日できなかったのんびりコーヒータイムを楽しみました^^






丹沢山でお先してきた山小屋でお隣だった方が追いついて、しばしおしゃべり。

「わざわざ仙台からだったら、もっと他にもあるのに」といわれたので、丹沢は十分に素敵なお山だと思う!と力説してきました(笑)

いろんなところにいろんなお山があって、それぞれの良さがあって。

あーーー山って本当に最高!って思います(^O^)






塔ノ岳の標識は、結構でかい。

こっちで言うなら栗駒サイズ。




で、隣には如来様もいらっしゃいました。

安全に帰れることをお祈りさせていただきました。

9時40分、下山開始。





お話してた方はヤビツ峠に降りるとのことだったのでお別れして、私は大倉尾根を下山。

さすが首都圏近くの100名山、次々と人が登ってきます!





大倉尾根は、シロヤシオはほとんどなくて、だいたいがトウゴクミツバツツジ。

山の緑も色が濃い感じがしましたよ~





ちょっと展望のあったところから、蛭ヶ岳とお別れ…





海を眺めながら歩いていきます。

お日様ジリジリで暑い。。。






有名な花立山荘でカキ氷食べたかったけど、さすがに下山しはじめてすぐだったのでやめておきました^^;

汗だくで登ってきて、カキ氷なんか食べられたら最高でしょうね~!




標高差1200mくらいをまっすぐ下っていくので、本当に膝にくる。。。

階段や木道やいろいろ整備されてるのが善し悪し…な感じですね^^;






堀田の家の前では沢山の人が休憩してました。

(多分 時間的にちょうどそうなるのだと思う)

ので、私は写真だけ撮ってサクッと通り過ぎました。


この他にも何軒もの小屋が点々とあって、面白かった~!

東北にはありえない風景でした(笑)






こんな平坦なところがあると一安心。

それにひても土道の踏み固められっぷりがハンパじゃない!

この日だけでも何組もの団体さんとすれ違ってるし、すごい数の人が歩いてる道なんでしょうねぇ…







かなり下ったつもりだったけど、まだあと4㎞あるらしい。。。





兄に「バスの本数多いし、バスから小田急までも近いから、大倉に降りるのが便利だと思う。でも、ひたすら下りで膝やられるから、絶対にダブルストック持っていけ」とアドバイスされたんですよ。

私、あんまり膝は痛くならないんだよなーと甘く思ってたけど、モロに膝痛の辛さを体感してきました(ー ー;)

兄のアドバイスに従ってダブルストックを持っていって、本当によかったです。。。

それでと痛かったけどさ。。。






バス停、まだか!?

もう歩くのやだーーー(>_<)






ようやく車道にでた!

あの人形は、かの有名な丹沢クリステル??

疲労感で一緒に写真を撮るとかいう頭もなかった…^^;







12時10分、大倉のバス停に到着!!

バス時間の確認もしてなかったんだけど、ちょうど12時15分発に乗れてラッキーでした♪


その後、12時半過ぎには、小田急線 渋沢駅に到着。

小田急で3駅くらい先の鶴巻温泉でお昼&温泉に入り、ひと息。

また小田急に乗り込み、うたた寝しながら新宿に着いたのが15時半くらい。

新宿→東京に移動し、16時20分の新幹線で帰仙。

さくさくと18時前に仙台に到着することができました^^




今回の山旅、反省点は多数ありますが、全体評価としては、大いに満足!でした(^O^)

一人で、公共交通機関で、遠方の山で、山小屋で泊まりで…と、私的には新しいチャレンジが沢山。

ちょっと不安もありましたが、行ってみたらだんだんワクワクしてきて、なんだかとっても冒険気分だった!

これから、もっといろんなところに出て行きたい!と思いましたよ~(^^)

近場の山も大好きだけど、近場の山にはないワクワクを求めて、また山旅したいと思います\(^o^)/



というわけで…今回の反省点。覚え書き。

★コースタイムを読み間違えて計画してた

  →丹沢に決める段階で、地図のコースタイムを見てちょっと厳しいか?と悩んだだけに、それが間違ってたショックが大きかった。やはり、計画はちゃんとしないとね。。。


★何が見頃なのかリサーチ不足

  →シロヤシオが見頃&有名なのを知っていたら、西丹沢(檜洞丸山)に降りる計画をすべきだった。山小屋でそれも勧められたけど、突然の予定変更に自信がなくてできず(西丹沢からはバスが一本しかないので乗り遅れるのが怖かった)。今更ながら失敗したなーと悔いております。。。


★荷物はもっと厳選すべし

  →まぁ、これは遠出の時いつものことなんですけど(笑)。体力ないだけに、荷物軽くするのは大切ですね~。ちなみにこの時は日帰り用のザック(28L)につめこんででかけました。バーナーはいらなかったかな…?でもやっぱりあると安心なんだよなぁ。意外と重いのがレインウェアなので、軽いレインウェアがほしい!


まだまだ反省点がある気はするけど…

何か思い出したらまた追記します(笑)

AD
いいね!(6)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

遅ればせながらのGW(といっても土日含めての3連休だけど)ということで、遠出の山旅してきました~^^

シロヤシオがちょうど見頃でしたよ♪



今回の行先は、神奈川県の丹沢山。


今回の目的は

①1人で遠出する(できれば公共交通機関で)

②山で一泊する(できれば営業小屋で)

③あまり込み合わない&天気のいいときに行きたい!(←これは贅沢)

というわけで、東北より南がいいのではと判断。
例によって東京在住の兄に相談してみたところ、
「丹沢山がいいんでは?」 と。

丹沢…1600mかぁ…
もっと高い山がいいなぁと内心思いつつ、アクセスがいいのは魅力。
そこで地図を見てみると、予想以上に歩きごたえがありそうなので、いいかも?という気持ちになり、丹沢山に仮決定。

小屋泊まりが目的の一つとはいえ、混み合ってて2人で一つの布団…とかは避けたかったので、泊まる日は金曜日と決めてました。
天気予報などをチェックしてたところ天気もそこそこいけそうだったので、火曜日に実行を決心し、バスを予約。

木曜日深夜の夜行バスで出発
↓↓
金曜日早朝、新宿にできた新しいバスターミナル"バスタ新宿"に到着
↓↓
新宿から小田急線で秦野まで移動(約一時間)
 秦野駅に6時半ころ到着し、駅で朝ごはんや身支度、買い出しなど行う
↓↓
秦野発 8時14分のヤビツ峠行きバスに乗車(約45分)




そしてとうとうヤビツ峠到着~!


このヤビツ峠行きのバス、平日は1日1本しかないので、絶対に乗り逃すわけには行かない。

30分前にバス停に行ったところ、すでに7~8人並んでました。

そのまま大人しく並んでると、来るわ来るわ、登山スタイルの人々…

どう考えても1台には乗りきらなそうな行列で、どうするのかな~と思ってたのですが、もう一台増便されたみたいです。

神奈川中央交通、親切だわ~~ヽ(゚◇゚ )ノ






ヤビツ峠から、車道を30分弱下っていきます。

お天気は、前日の予報では晴れだったんだけど、どう見ても曇り。
標高もそれなりにあるので、風が吹くと寒いくらい><
ぎりぎりまで天気予報をチェックして決行を決めたのに残念すぎる…




途中で林道に入って、ここから表尾根コーススタート。


もうね、東北人の感覚では信じられないくらい登山道が整備されていてビックリ。
木の階段が人気を感じさせてくれて、薄暗い林の中も全然怖くないくらいでした(笑)




しばらく登っていくと、林をこえて、後ろを振り返ると、海!
相模湾?なのかな??




ヤビツ峠から出発して約1時間半、二ノ塔に到着。

↑は二ノ塔から見た、三ノ塔。。。

これが下って登ってを繰り返す表尾根コースのはじまりだった。。。




二ノ塔から三ノ塔は意外に近くて15分で到着。



ここで、わたくし気付きました。

自分のコースタイムメモが間違っていたことに…( ̄□ ̄;)!!

今回、昭文社地図を参考に、各ポイント間のコースタイムを書き出して、出発のヤビツ峠から目的地の蛭ヶ岳に何時に着くかを計算してました。

その結果、ヤビツ峠9時15分発→蛭ヶ岳16時半着 という予定で、これなら行けるかな?と判断しての決行だったのです。

でも、メモを見てみると、護摩屋敷の水(二ノ塔の手前のポイント)~二ノ塔 間を「1:00」と書いているのに、なぜだか15分しかプラスしてなかったのです。。。

つまり、この先の予定がすべて45分ずれてくるというわけで…

そうすると蛭ヶ岳到着が17時半くらいになってしまう!!((>д<))これはやばい!





やや焦った気持ちの私の目の前に広がる、三ノ塔からの風景。

きれいだな~~~:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

一番向こうに見えるピークが塔ノ岳。

そうか、あそこまで歩いて、その先(塔ノ岳~丹沢山~蛭ヶ岳)まだ3時間半あるのか…(-"-;






三ノ塔から下って下って、ちょっと登ると鳥尾山。

三角屋根の鳥尾山荘がカワイイ。





鳥尾山からちょっといった行者ヶ岳。

実は、鳥尾山~行者ヶ岳 間もコースタイムメモを間違えてまして、本当は25分のところを45分とメモしてました。。。

あらためてメモを見てみると、こんな間違いが何か所かありまして、短かったり、長かったり…

地図をチェックしなおそうかとも思いましたが、だんだんどうでもよくなってきて、とりあえずひたすら歩くことに決定!





先は長いぞ!

中央ピークが塔ノ岳で、その手前にアップダウンが何か所も…





全体的にとてもよく整備されている丹沢のお山ですが、一方でこんな崩落しているところもあります。

(もちろんここもちゃんとコース整備されているので、きちんと歩けば危なくありません)






ちょっとした鎖場。

今回は下山の激下りに備えてダブルストックで挑んでいたため、こういう岩場にくるとちょっと歩きにくかった(いちいちちゃんとストックをしまって歩けばいいんです、わかってます)






つかれたな~…思ったその時、尾根の向こうに見えた!

富士さ~ん!!\(^o^)/

あぁ、東北じゃない山にいるんだ、ってしみじみ~






緑の間に、トウゴクミツバツツジやシロヤシオが混じってる。

なかなかいい雰囲気^^





後ろを振り返って、向こうにみえる大きなピークが三ノ塔。

けっこう歩いてきたなぁ(´▽`)






新大日 山頂着、12時半くらい。

ここでお昼にしました。
ここはあんまり展望が良くなくて、あとちょっとで塔ノ岳だったんだけど、腹ペコ限界だったので仕方ない。

ほとんど立ち休憩くらいでずーーっと歩き続けてたので、座ったら疲れがどっと出た。

でも先を急ぐので休憩時間は10分…(T▽T;)






ご飯が食べて元気が出た!(^∇^)

目の前には塔ノ岳が近付いてきました~


このあたりですれ違った方に、

「塔ノ岳から丹沢山の方に歩いたあたり、シロヤシオが見頃でしたよ~」

と聞き、ちょっとウキウキ^^

っていうか、この時までこのお山がシロヤシオで有名なの知らんかったのです^^;

完全なる下調べ不足^^;






塔ノ岳 山頂!!13時15分。

よーやくここまで来た!! \(^o^)/




塔ノ岳の山頂からは富士山が間近に!

高曇りのお天気だけど、これはこれでなんども綺麗でした。






富士山を眺めたあと、丹沢山に向けて出発。

お~!噂通り、シロヤシオが咲いてます♪


この時はよくわかってなかったのですが、一番奥に見えるピークが目的地の蛭ヶ岳です。

遠いねぇ…知らなくて良かった。。。( ̄▽ ̄;






塔ノ岳を越えたあたりから徐々に陽が射してきました~

シロヤシオも陽が当たっていい感じ♪





「ここからだと、シロヤシオの向こうに富士山を入れて撮れるんだよ~」と教えていただいたので、真似して一枚パチリ。

もう少し富士山がはっきり見えたらいうことなしだけど、これだけ見えてたら贅沢は言うまい。






塔ノ岳~丹沢山の間は人も少なくて、道も歩きやすく、展望もいい。

とても気持ちのいい道でした。






しつこいようですが(笑)、富士山とシロヤシオ

陽は射してきたものの、湿度は低く、適度に風があって、気持ちいい。






丹沢山 山頂のみやま山荘。14時半。

みやま山荘はご飯がおいしいので有名だそうですね!

へたれな私は本当はここでリタイヤして泊りたかったんだけど、蛭ヶ岳山荘に予約の電話をいれていたのでそうもいかないよね~…






というわけで、まだ頑張る!

でも、あと3.4kmかぁ~。。。まだまだ遠いね(>_<)





さぁ、こっからも相変わらずのアップダウンです。

右奥に見えるのが蛭ヶ岳。
意外に近く見えるけど、コースタイムは2時間だそうです。






木道とか、木の階段とか、 とても整えられた道が続きます。


自分でも意外なほどに疲労感がなくて、ちょいちょい休憩をとりつつ歩き続けられました。





振り返って、歩いてきた道。

一番右が塔ノ岳、一番左が丹沢山。
頑張ったな~(^o^)






でもまだ先があるのだ!

だんだんと目指すピークが近づいてくるのが嬉しい^^






山頂の山小屋もはっきりしてきました!
ここからのコースタイムは1時間くらいなはずなのに、なんだかすごく近く見えるんだけど…






ところどころにシロヤシオ。

何本も群生しているわけではないけど、大き目の木が多いです。






シロヤシオも青空がバックだと白さが際立って綺麗だな~^^






だいぶ歩いた。

あと1km弱!!







コースタイムが長めな訳、それはアップダウンがあるからでした。。。

小屋は目の前なのに~><






最後の登りを終えてここまできたら、達成感と一緒にどっと疲れが~( ̄▽ ̄;)=3




丹沢最高峰 蛭ヶ岳 山頂!!\(^o^)/
16時10分着でした。






山小屋にチェックイン。

管理人さんが宮城の方で、「ヤビツからよくきたね~、宮城から来たなんてうれしいね!」と行ってくださって、あぁ本当にここまで頑張ってよかったなぁ~と思いました(〃∇〃)


ちなみに、この日、山荘に泊った人は30人弱だったそうです。

翌日(土曜日)の予約は100名という話…

金曜日に来て大正解!(^o^)

今はちょうどシロヤシオのシーズンで、人が多い時期なんだそうです。

全然知らずにきちゃったけどね^^;






この日の夕飯はカレーでした。

いかにも山小屋らしい夕飯(笑)






夕ご飯の後は、夕焼けタイム。

残念ながら雲が多くて夕日はのぞめませんでしたが、夕焼けに浮かび上がる富士山のシルエットがとても綺麗でした^^

写真では静かな感じですが、本当は風がつよくてけっこう寒かった…><






ヘロヘロになりながらもここまで辿りつけた自分と、夕焼け富士山に、ばんざーい!\(^o^)/





陽が沈むと東側にはきらびやかな夜景が広がってましたよ~

こんな風景はさすが首都圏のお山ならではですね^^

(これも風が強くて寒かった><)

ちなみに、夜景のせいか星空はほとんどみえませんでした。


消灯の8時まで、管理人さんや他のお客さんとおしゃべりしたりして、それも楽しかったです^^



ふかふかのお布団で、あ~~~幸せ!と眠りにつきました☆




その②に続く~(^O^)/

AD
いいね!(12)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
{5B6CB897-52EE-484C-89E2-20D6FFD3D088}

塔ノ岳からバカ尾根とよばれる大倉尾根をひいこら下りて、ヨタヨタとバス停にたどり着くとちょうどバスに乗れて。
渋沢駅でもほとんど乗り換え待ちなしに小田急線に乗れて。
そして、鶴巻温泉で下車してお昼ごはんを食べてきました!
ちょっと奮発して、天おろし蕎麦
エビが大きくてぷりぷりで、蕎麦はコシのある細めの麺
コスパ的には納得の美味しさでした!

さー、仙台に帰るぞ!(^O^)
AD
いいね!(14)  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:


仙台市西部の白沢の里山に、ヒメシャガを見にいってきました(^O^)


この日は金華山山行の次の日。

これまで、白沢五山は道が入り組んでそうでなかなかチャレンジできずにいました。

ちょうどヒメシャガが見頃だからいってみない?いうことでSONEさんにお誘いいただいたので、これはラッキー!とご一緒させていただくことにしました^^





この日は、前日の天気予報では曇りだったはずなのですが…

丸1日いいお天気だった。

これから登る箱ノ倉山も緑がキレイです





イノシシ除けの柵の扉を開けて、中に入っていきます。





ちょっと歩くと、早速ヒメシャガ登場~(^O^)

薄紫でとても可愛らしいお花です♪





送電線巡視路を少し上がると、戸神山がばっちりみえました





タニウツギって夏の花イメージなんだけど、もう咲くんだっけ??





緑のシャワーの中をのんびり歩いていきました





イカリソウ発見

今年初めて!





マイヅルソウは咲き始め。

ちょっとピントが甘いですね…(ー ー;)





途中、箱倉山の表示に従って左折





ちょいとのぼると山頂です!




ツクバネソウ

いつ見ても不思議な形だわ




チゴユリ

下を向いてることが多いお花ですが、珍しく上をむいてた





ちょっとだけ展望が開けたところから、地元の学校がみえました。

箱倉山は学校登山でも登られるらしいです





さて、また分岐まで戻って、今度はゴロ山をめざします

長峰縦走路というらしい




ここを登ったらゴロ山です





ギンラン咲いてた!

薄暗かったのでピンボケ多発だった…(ー ー;)






ゴロ山山頂!




ゴロ山は他の山よりも展望が開けてるそうで、後白髪山、三峰山、仙台カゴなんかが一望できます^^





ツクバネウツギも咲いてた!

タニウツギより柔らかい色が可愛らしい。


ここで休憩していたら、SONEさんが「人の声が聞こえる」と。

私は全然気づかなかったのですが^^;

そしたら、30人ほどの団体さんがゴロ山に登ってくるところでした

まさかこんな里山に団体ツアーがくるとはビックリでした^^;





白のヒメシャガも発見!

最初に通りかかった時はひらきかけだったけど、ものの30分くらいで随分開きましたね~





もちろんツツジもキレイでしたよ♪





ゴロ山が前山に歩いて行くと、突然、前山の山頂が現れます

でも本当に山頂?ってくらいの存在感のなさです^^;






ヒメシャガは至る所で咲いていて、場所によって終わりかけだったり、まだ咲きかけだったり、いろいろでした




こんなにヒメシャガ見たのは初めてで、本当にいい時期に案内していただけてラッキーでした!





前山をくだってくると、神社があります





その参道になっている石段がすごく急で恐ろしいくらい…

脇に巻き道があるので、私は巻き道を歩いてくだりました





イノシシ除けの柵の扉のところからでて、今度は車道歩き。







ミツバウツギ?だったかな??

教えてもらったのに忘れてしまった^^;





爽やかな風が吹いてて、車道歩きもさほど苦にならず。

途中の堤のところから、もう一度箱倉山を眺めて帰ってきました



ぐるっと周回して4時間くらい。

写真を撮りながらののんびり里山あるきで、とても楽しかったです^^

前日の金華山とは、同じ宮城の山とはいえ全く違った魅力で、なんだかちょっと得した気分でした(^O^)

仙台市西部の蕃山から戸神山にかけての一帯は、藤の花が終わる頃にヒメシャガが沢山咲くと教えていただいたので、また来年も見にこれるといいな~

今回もSONEさんにいろいろ教えていただき、とても勉強になりました

ありがとうございました!(^O^)

いいね!(13)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。