(ぴょんから一言) うめさく君は抱き枕ではないのですが、うちの抱き枕さん達からも一目置かれる存在なので、寝るのは大好きなんですよ。ケーキ屋さんで働いていないときは、ずっとすやすや王国に行っています。

 

(うめからひとこと) ブンブンのおふとんはあったかいから、すやすやおうこくにすぐいけちゃうんだじょ。「らくなのにこしたことはない」ってやつらしいんだじょ。どういういみなんかさ~?

 

 

きょうはケーキやさん、おやすみのひだったんだじょ。

きょうはあめがいっぱいふってたから、おそとにでれなかったんだじょ。

おそとにいけないひは、いっぱいねてていいひなんだじょ。

ねむねむワンワンくんのひっていうんだじょ。

ブンブンがねてたから、ブンブンのおふとんにもぐりこんだんだじょ。

ブンブンのおふとんはあったかいんだじょ~。いいじょ~。

ブンブンゆたんぽなんだじょ。ブンブンカイロともいうらしいんだじょ。

カイロってなにかさ~? おいしいんかさ~?

ブンブンのおふとんは、あったかいからぐっすりねむれるんだじょ。

きょうはぴょんとおーちゃんもおふとんにはいってきたんだじょ。

「みんなではいったら、おふとんがせまいぞ~。」

ブンブンにおこられたんだじょ。じゃあブンブンはおふとんからでてもいいじょ。

「ブンブンさんでちゃったら、おふとんあたたかくなくなちゃいますよ。」

ってぴょんにいわれたんだじょ。

そうだったじょ。ブンブンゆたんぽがいなくなったら、さむくなるんだじょ。

やっぱりブンブン、おふとんからでたらだめなんだじょ。

ブンブン、きょうはうめとずっとねてるんだじょ。

かいしゃってやつはおやすみにするといいじょ。

きょうはねむねむワンワンくんのひだから、

かいしゃやすんでも、きっとおこられないとおもうんだじょ。

かいしゃのひとたちも、「ねむねむワンワンくんのひだから

どんどんやすんでください。」 っていってくれるはずなんだじょ。

ねむねむワンワンくんのひにおきたら、ばちってやつがあたるらしいんだじょ。

ばちってなにかさ? はちさんのしんせきかさ?

さされたらいたそうなんだじょ。だめだじょ。

よ~し、きょうは1にちじゅうねてるんだじょ~! がんばるじょ~!

 

 

★(ぴょんより) 三冊目の書籍です。今回は、誰もが知ってる有名な童話たちが混ざり合ってごちゃごちゃになった世界のお話です。ご都合主義なキャラクターたちが織り成す愉快な童話をお楽しみください! もちろんKindle Unlimited 読み放題にも対応しています。★

 

 

-------------------------------------------------------------------------

(ぴょんの清書)

今日はケーキ屋さん、お休みの日だったんだじょ。

今日は雨いっぱい降ってたから、お外に出れなかったんだじょ。
お外に行けない日は、いっぱい寝てていい日なんだじょ。
ねむねむワンワン君の日っていうんだじょ。
ブンブンが寝てたから、ブンブンのお布団に潜り込んだんだじょ。
ブンブンのお布団はあったかいんだじょ~。いいじょ~。
ブンブン湯たんぽなんだじょ。ブンブンカイロともいうらしいんだじょ。
カイロって何かさ~? 美味しいんかさ~?
ブンブンのお布団は、あったかいからぐっすり眠れるんだじょ。
今日はぴょんとおーちゃんもお布団に入って来たんだじょ。
「みんなで入ったら、お布団が狭いぞ~。」
ブンブンに怒られたんだじょ。じゃあブンブンはお布団から出てもいいじょ。
「ブンブンさん出ちゃったら、お布団暖かくなくなちゃいますよ。」
ってぴょんに言われたんだじょ。
そうだったじょ。ブンブン湯たんぽがいなくなったら、寒くなるんだじょ。
やっぱりブンブン、お布団から出たら駄目なんだじょ。
ブンブン、今日はうめとずっと寝てるんだじょ。
会社ってやつはお休みにするといいじょ。
今日はねむねむワンワン君の日だから、
会社休んでも、きっと怒られないと思うんだじょ。
会社の人達も、「ねむねむワンワン君の日だから
どんどん休んでください。」 って言ってくれるはずなんだじょ。
ねむねむワンワン君の日に起きたら、ばちってやつが当たるらしいんだじょ。
ばちって何かさ? 蜂さんの親戚かさ?
刺されたら痛そうなんだじょ。駄目だじょ。
よ~し、今日は1日中寝てるんだじょ~! がんばるじょ~!
 

 

★(ぴょんより) ぴょんが書いた電子書籍の一冊目です。不思議の国のアリスっぽい世界観を意識して書いてみました。ナンセンスでへんてこりんな物語ですが、アリスが好きな方や、パラドックスや論理、数学などに興味がある人に気軽に読んでもらえると嬉しいです。Kindle Unlimited 読み放題にも対応しています。★

 

★(ぴょんより) 二作目です。今回は時間について考察する戯曲を書いてみました。といっても、そんなに堅苦しいものではありませんので、気楽に読んでみてください。こちらもKindle Unlimited 読み放題に対応しています★

 

 

TOPへ

 

AD