【書庫】梅(b^▽^)bのブログ小説

2008/12/03 Open.
2009/01/10 Novel Release.
2015/06/03 Archive.
Thank you for your comming.


テーマ:
 面白い…… というか、恐ろしいものを見つけました。

 題して

 即バック・アンケート!

 [即バック] とは、「こんな小説またはテキストサイトに出くわしたら、中身を読まずに引き返す」…… 即時バック、即バック という意味なのでございます。 つまり、究極の[嫌われサイト] ハートブレイク

 なんと強烈なアンケートでしょうか。 ホームページやブログの管理人には(モチロン梅(b^▽^)bも)、心臓バクバクもの、耳の痛いアンケートでございます ガーン

 ※元ネタはこちら⇒ カオスパラダイス から、左側サイドバー内にある[即バック条件アンケート]へ。


 項目は本日、6/20現在 74項目あるのですが、栄えある(←あるのか?) ワースト10 について以下、梅(b^▽^)b の感想です。 長くなりますので、掲載を2回に分けます。

 なお、元ネタをご覧いただくとわかるのですが、各項目に詳細説明はありません。 したがって回答者の真意や解釈は、あくまで梅(b^▽^)b の推測です。 見当違いを書いている可能性もあるわけです。 このあたり、悪しからずご容赦を m(_ _)m

 それでは恐る恐る、中を見ていきたいと思います。



*******************************************
◆1位 ブログで公開される小説サイト
 梅(b^▽^)bの感想……  □そのとおりっ  ■そうかもしれない  □えーっ、そうなの?
 自分のサイトは……  □対応済み  ■一部対応  □対応予定  □ご免、無理
 言い訳…… □ありません  ■させてください

*******************************************


 ああっ。 いきなりっ。 
 これが1位ですかっ! ブログ、ダメですか…… ・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

 確かに、ブログが不評だと感じることが多々あります。 また、著名な小説検索サイト様で、ブログは登録不可としているところもあります。 はぅぅ…… 。

 推測なのですが、通常のホームページで公開しているサイト様と異なり、ブログでは主に [作品一覧が無い]・[目次が無い]・[頁送りが無い or わかりにくい]・[広告がウルサい] あたりが嫌われている気がします。 モチロンそれだけではないでしょうけれど。

 梅(b^▽^)b も、自分はブログで公開しているくせに、他のブログサイトで上記のようなところは余程興味を持った場合と短篇以外、敬遠します。 ごめんなさいっ。

 でも、声を大にして言わせていただきますっ。


 前掲の問題のうち最初の3つ(作品一覧・目次・頁送り)は、手間と工夫次第でブログでも、クリア出来るんですっ!

 少し前まで一部のブログ会社では、記事にリンクがつけられない等、システム上の制約がありました。 これでは、目次や頁送りは作れません。 長編小説には、苦しいです。

 最近では(多分) ほとんどのブログが記事にリンクをつけられます。 梅(b^▽^)bがザッと確認しただけでも、 gooブログ、Yahooブログ、楽天ブログ、そしてアメーバブログは問題がありませんでした。 あとは管理人の手間と工夫次第。

 効率的なやり方としては、別途小説投稿サイトに投稿して、ブログからはそこへのリンクだけを貼るという手もあるようです。 非効率的な梅(b^▽^)b は全頁 html でシコシコ書いて、ブログにup しています(実はこの頁もそう)。 ここまでするのならブログじゃなくて、いっそホームページにしたらと白い眼で見られそうです。 いずれにしても、改善方法はあるわけです。

 問題点の4つめ。 ブログの広告ですが、目にウルサいというだけではなく広告のバナーやフラッシュの読み込みのせいで重い、というご意見も聞いたことがあります。

 ブログによっては、会費を支払うことで広告をはずせるところもあります。 でも経費がかかることですから、これをブロガーに求めるのは酷な気がします。 あくまでも、個人の趣味でしているのですから。 梅(b^▽^)bは、広告の少ないスタイルシートを選ぶことで、ささやかな対策としています。 とはいえ、これについては対応していると言えるレベルではないので、自サイトの評価は[一部対応] にしました。 でも、「とにかくブログは絶対ダメ」 と言われてしまったら、今のところ[ご免・無理] です。

 ブログは元々、日記や覚書、寸評など読みきり単発記事での利用を想定したツールです。 小説公開の場として使われ出したのは最近ですから、小説公開用としての活用方法が成熟してくるのは、これからなのだと思います。

 見やすいブログの小説サイトが増えて、いつか「ブログだからイヤ~」 なんて言われなくなるといいなぁと、ブログ使いの梅(b^▽^)b は念じています。

 皆さんは、ブログで公開される小説、いかがですか?



*******************************************
◆2位 目が痛くなるような配色や壁紙
 梅(b^▽^)bの感想……  ■そのとおりっ  □そうかもしれない  □えーっ、そうなの?
 自分のサイトは……  ■対応済み  □一部対応  □対応予定  □ご免、無理
 言い訳…… ■ありません  □させてください

*******************************************


 まったく、ごもっともな意見でございます。

 黒地に白文字は目が痛くなるし見づらい…… というご意見を、あちこちで聞きました。

――ヤバっ。 それって梅(b^▽^)b のことじゃん 叫び

 ということで先月末に、泥縄式にCSS を少しだけいじり、文字を白から灰色に変えてみました。 少しはマシになったでしょうか。(ドキドキ) これとは逆ですが、背景に近い色の文字も辛いですね。 目は痛くならないけれど、溶け込んで読めない。 黒字に紺色とか、勘弁です。

 あと、配色や壁紙…… とは少し違うのですが、背景が本文と被って読みづらいサイトもNGだなぁって思いました。 とにかく文字を追いにくい、これじゃ即バックされても仕方がありません。 はい。 注意します。 ペコリ。



*******************************************
◆3位 すぐに目的のページにたどりつけない
 梅(b^▽^)bの感想……  ■そのとおりっ  □そうかもしれない  □えーっ、そうなの?
 自分のサイトは……  ■対応済み  □一部対応  □対応予定  □ご免、無理
 言い訳…… ■ありません  □させてください

*******************************************


 これは 目次が無い、作品がどこかわからない 等、ブログにありがちな部分をさしているのかもしれません。 だとすると、1位 [ブログはイヤ] 回答の亜種かな?

 あと、リンク切れだらけで管理の行き届いていないサイトや、アフィリエイトだらけでその隙間に肝心の小説があるサイトも、これに該当するかもしれません。

 自サイトは…… もし、「こうすればもっとよくなる」 というアドバイスがありましたら、ぜひおしえてくださいマセ。 拙いなりに、精進したいと思います。



*******************************************
◆4位 PCの表示も携帯にあわせているサイト
 梅(b^▽^)bの感想……  ■そのとおりっ  □そうかもしれない  □えーっ、そうなの?
 自分のサイトは……  ■対応済み  □一部対応  □対応予定  □ご免、無理
 言い訳…… ■ありません  □させてください

*******************************************


 う~ん。 どういう意味でしょうか。 携帯小説風に改行がたくさんあるとか、1行の幅がとても短いとか? 

 閲覧環境によって見やすい編集スタイルは、違うような気がします。 PC、携帯。 両立は難しそう。 これは書き手の側が、どこを想定するかで選ぶしかないような気がします。

 以前、梅(b^▽^)b は、トップページに表組みを入れたことがあります。 PCから見ると見栄えはいいのですが、携帯から見るとズタズタだったので、結局ヤメました。 シンプルが1番、ということなのでしょう。

 梅(b^▽^)b サイトでは、携帯からのアクセスは全アクセスの1割にも届きません。 ただし週末だけは、携帯アクセスが増えます。 いきなり3割くらいになることも。 なのでPCと携帯、両方への配慮が必要なんだなぁとしみじみ感じています。

 今日は日曜日。 もしかしたら、今来てくださっているあなた様も、携帯からかもしれませんね。 ダラダラ長文のサイトにお越しくださり、ありがとうございます。



*******************************************
◆5位 掲載イラストや写真、サイトデザインが趣味にあわなかった
 梅(b^▽^)bの感想……  ■そのとおりっ  □そうかもしれない  □えーっ、そうなの?
 自分のサイトは……  □対応済み  □一部対応  □対応予定  ■ご免、無理
 言い訳…… ■ありません  □させてください

*******************************************


 これは…… しようがないです。 趣味の部分は、合う合わないがありますから。 ただ、公開している小説とイラストや写真、デザインのイメージは合わせておかないとマズいかなと、この回答を見て思いました。 小説は趣味が合っていたのにサイトデザインで嫌われたなんて…… 悲しすぎます。

 じゃあ梅(b^▽^)b のサイトはどうなんだって言われると…… どうでしょう。 画像はアメーバさんの既存スタイルシートです。 背景真っ黒で、一番広告の少ないシートがこれだったんです。 安易かな。 でも…… 案外これ、気に入ってるんです。 当分このままかもしれません。


 以上、1位から5位までを見てきました。 はい。 1位の部分への言い訳に、リキが入っています。 自覚しています。 だって、くやしかった んだもん 爆弾 

ブログは即バック だなんて言われてっ。

 次回、6位以降を見ていきたいと思います。


2010/06/20 梅(b^▽^)b拝



AD
 |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。