梅の里自然農園便り

「自然農」の田畑の様子と、「自然農」の世界を中心にお伝えしていきたいと思っています


テーマ:

独特の苦みがある八朔ですが、それがまたいいというお客さんも多いです。
今の時期になるとその苦みも大分和らいできているからでしょうか。木成り八朔たるゆえんですね。

冬の間に結構落ちてしまったので、(落ちても食べられるので、自家消費してますが(*´▽`*))、残りわずかです。

 

今年はちょっと小ぶりですが、いる方はお早めに(^O^)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

キュウリのアーチと直管パイプを使って作りました。
縁のひさしの前の庭の所です。

今までは父が作った石垣の所の棚に這わせていましたが、育ちが今一つの感じがありました。

10年あまり前に植えたオスのキウイ、5・6年前に植えた三代目のメスのキウイ、どちらも根元から腰の高さの位置の棚に這わせていたのが大きな要因になっていると感じていました。

 

先輩の雄株のキウイはそれでも逞しく育っています(下の写真の右側の株)。

でも、雌株のキウイは一昨年4つ収穫できたので、次の年はさらにたくさん収穫できることを期待していたのですが、去年は実を付けたのはたったの1個(*´▽`*)

 

『ちょっとおかしいなー』と思っていたところに先日の道法さんの「切り上げ剪定」のお話。

やっぱり蔓性の果樹の場合でも根元から直上に2・3mは上げた方がいいみたいだったので、その環境づくりをしようと今回自作してみた次第です!(^^)!

棚が仕上がってから、元の棚に横に伸びていた蔓を少し切って、残った枝の部分を新しく作った棚に誘引しておきました。

 

なお、並んで植えているデラウエア(ブドウ)はモッコクの木やオスのキウイの幹を活用して立ち上げる形になっています。(下の写真の3枚目)

根元から蔓を立ち上げることで、植物が本来持っているホルモンが有効に働いて、今まで以上に元気に育ってくれることを期待しています🎶

キウイさん、ブドウさん頑張れー!(^^)!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

いってらっしゃい、

八朔さんとレモンさんとポンカンさん。
今回はローフードスクールのアティーバへ

http://rfschool.jp/

 

美味しくて体に優しい酵素ジュースの素材として、たくさんの皆さんの笑顔に繋りますように

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

娘も無事中学を卒業しました。

身内はもちろんですが、これまで多くの先生方や地域の皆さんが支えてきてくれたおかげだと感謝しています。

 

右耳が聞こえないというハンディはあるものの、普段そんなことは全く気にならないくらい明るく元気に育ってきてくれて嬉しく思っています。

 

校長先生がはなむけにしてくださったお話し。
「人の人生が80年として、それを1日24時間に例えると15歳という歳は午前4時30分。もうすぐ夜明けを迎えようとしている時刻。
これからいよいよ明けていこうとしている人生に向かって、大きな夢と希望を持って、それぞれの道を胸を張ってしっかり歩んで行ってください。」

 

父も君たちが歩んでいこうとしている将来が希望に満ちた世界であり続けれるように、これからも父として出来ることを精一杯続けていこうと思っています。
それが、自然農の百姓への道を歩み出す勇気を与えてくれた君の命に対しての、父としての何よりの責任の取り方だと考えています。

そうそう、卒業生の歌を含んだ答辞の伴奏もしっかりできていて良かったよ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 7・8年ぶりに道法さんの剪定講習会に参加してきました。

神戸市北区で、理論だけでなく実習も充実の1日でした。

今回は兵庫県有機農業研究会とNPO法人棚田LOVER's主催の講習会でした。

お世話いただいた皆さま、ほんとうにありがとうございました。

改めて切り上げ剪定の素晴らしさがしっかり腹に落ちた気がしました。

 

 

反動で昨夜はなかなか寝付かれませんでした。

これまでの数年間、梅の木や柑橘の木にすごく申し訳ないことをしてきたなーという反省の思いが強く沸き上がって来たからです。

 

以前に道法さんの剪定の仕方やその理(ことわり)を知って以来、そのやり方こそが植物本来の力を引き出すやり方であると考えてきました。

ですが、実際には僕はそのやり方をちゃんと活かすことが出来ていなかったことを改めて認識した1日になりました。

 

例えば、切り上げ剪定というやり方が植物の命の理にかなっているとの確信をもちながら、梅の木は例外のものにあたるのではと、結局のところ無施肥での栽培なのに従来の教科書通りの(徒長枝を落としてしまう)選定を続けてきました。加えて、夏の潅水も不十分でした。

また、切り上げ剪定を続けながら摘果をしないままのポンカンづくりでした。

 

結果、梅の木は衰弱させてしまいましたし、ポンカンは実らせすぎて枝が何か所も折れしまう状況を作ってしまいました。

全ては、分かったつもりになっていながら、やり方が中途半端になっていたり、すべきことが出来ていなかった僕の責任だと感じました。

 

この間、梅の木や柑橘の木には本当に申し訳ないことをしてしまいました。

これからはその失敗の経験もしっかりと活かして、今まで以上に果樹の健康状態を見極め、ちゃんと適切な対応をしていく力を身につけていこうと思っています!(^^)!

その為にも、頭で考えること以上に、現状をしっかり観て、五感も使って作物の声をちゃんと聴くことが肝心ですね。

 

また、どんなに理にかなった本当のことであっても、時々その真理を確認しつつ、常に自分が成長していくことが必要だと再認識しています。

(^O^)今回こんな素晴らしい機会を作っていだいたスタッフの皆さん、お忙しく全国を飛び回っておられる中、食事中も含めてこの上なく充実した時間を作っていただいた道法先生、ご一緒いただいた皆さんも含めて、ほんとうにありがとうございました

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。