ほぼ日刊?着物新聞

ネットショップ「モダン着物小物 梅屋」umeyakimono.com 店主。
製作日誌や入荷情報、プライベートな着物お出かけネタ、コーディネートなど。
自分らしく、自由に、おしゃれに着物を楽しもう♪


テーマ:

西陣織の帯、実際に織っているところはその1で紹介しましたが、その前の段階に遡ってご紹介します。

 

私のデザイン画からいつも忠実に帯に仕上がってくるので、すごいなーと思っていたのです照れ

例えば西陣織リバーシブル半幅帯【昆虫パープル】

これは私が送ったデザイン画。

 

これが仕上がった帯。

忠実に織りあがっていますビックリマーク

その辺りがどうなっているのかを、見てきました。

 

 

西陣織半幅帯の梅屋オリジナル第1作。西陣織リバーシブル半幅帯【ブラックシルバー】のデザイン画はこんな感じでした。

 

これを送ってデータになったところを見せてもらいました。

梅屋担当のAさんが作業しているphotoshop。

織るための指示を織機に送る、設計図のようなものをつくっているところ。

画像だとよく分からないのですが、帯に織りあがった時にドット模様が正円になるように、楕円に調整しています。

 

私には全く分からない数字と記号の羅列ですが、これを見るとどう織るのかが分かるそう・・・

 

昔はこうして方眼紙に手描きしていたそうです。

 

こうした指示をその1に出てきたフロッピーディスクに入れて、機械に読み込ませて織る、というわけです。

もちろん緯糸を色数通りセットするとか、そのほかたくさんの工程があるわけですが。

 

だいぶ工程をはしょりますが、織りあがった帯がこちらビックリマーク

デザイン画通り、綺麗に織りあがっていますおねがい


 

このデザインに決定するまでにも、試作が何度かありました。

これは最初に送ったデザイン画。

斜めストライプがランダムになっておらず、均一でした。

白地の部分が多い感じ。

データ作ってもらって60cmくらいの試し織りを出してもらってから、修正しました。

 

本当は、デザイン画の段階で分かるようなことを、ここまでしてもらっちゃいけないと思うのですがあせるこの柄を作った時はまだ慣れてなかったもので・・・汗

今見ると、左右の送りが繋がってないとかだいぶ雑滝汗

この辺りも、この時は織元さんに修正していただいたのですあせる

よくお付き合いいただけたものです・・・お願い

今はもっとスムーズに、無駄な時間や手間もかけずに作れるようになったと思います。

 

ここの織元さんは次々に新しい柄を作り出されいますが、こういう仕組みが整っているところは少ないそう。

梅屋担当のAさん、あーいつも変わった柄出すところね、とおっしゃっていました。

作ってる人にそう言われるの、結構好きてへぺろ

面白いと思ってもらえる新しい帯、作っていきたいと思いました。

 

4月5日(水)からのアトリエオープンデーでは、梅屋オリジナル柄の西陣織半幅帯と、この織元さんのオリジナル柄30種類くらいの中から、お好きな組み合わせでリバーシブル半幅帯が作れるオーダーフェアを行いますビックリマーク

半幅帯が活躍する夏のご準備に、ぜひお越しくださいませ!

 

 

半幅帯特集♪西陣織リバーシブル半幅帯、お好きな組み合わせでオーダーできます。

会期:2017年4月5日(水)~11日(火)
時間:12:00~19:00 
場所:梅屋アトリエ(二子玉川駅徒歩5分)
東京都世田谷区玉川3-28-2ハイツリバーサイド101

駅からの詳しい道順はこちらをごらんください。

4/9(日)「半幅帯克服レッスン」受講者募集中!→こちら

 

 

4/28(金)-30(日)@目白の古民家ギャラリーゆうどにて!今年も開催

 


http://umeyakimono.com
facebookページ→https://www.facebook.com/umeyakimono/

Twitter→@umemarippe

Instagram→@umeyakimono

 

よろしければクリックお願い致します。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

梅まりさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。