umegakiorimono ときどき日記

京都西陣の織元梅垣織物が ≪ 作り手の気持ちを伝える為に “ 西陣織帯地 ”や“ 西陣の事 ”
そして “ 美味しいお店やちょっとした出来事 ” ≫ を紹介させて頂く日記です。
 
『 和装や京都に興味のある方は、是非ご覧ください 』


テーマ:

いつも “ ときどき日記 ” をご覧くださりありがとうございます。


今回紹介させて頂きます帯は、江戸期の小袖をモチーフに考案しました。

波車は平安時代に牛車の車輪を乾燥から防ぐために鴨川に浸した様を文様化したものと言われています。


     $umegakiorimono  ときどき日記


                    ≪ 流水花車文 ≫ りゅうすいはなぐるまもん
 
                  実際の変わり結びをご覧頂けないのが残念ですが・・・


               $umegakiorimono  ときどき日記
               
     $umegakiorimono  ときどき日記


       原本の摺箔と刺繍に負けないボリューム感のある表現になったと自負しています


               $umegakiorimono  ときどき日記


この帯は、「 緞子 」( どんす )と呼ばれる『 技法 』を用いています。
「 緞子 」 とは、 三大織物組織の中で経糸 ( たていと ) が表面に出る比率が高いものを言います。


     $umegakiorimono  ときどき日記

               $umegakiorimono  ときどき日記


しかし、経糸 ( たていと ) が表面に出る比率が高いことで、逆に緯糸 ( よこいと ) が表面に出る比率が
少なくなります。経糸 ( たていと ) を多くするとキメ細かい生地にはなるのですが“ 帯 ” が少し重くなり
やすいのです。
“ 帯 ” をできるだけ軽くするために経糸の数を減らすと、生地が粗く( あらく )なり光沢がなくなります。


     $umegakiorimono  ときどき日記

     $umegakiorimono  ときどき日記


そこで弊社は極細の金糸を経糸に混ぜる事で光沢のある比較的軽い生地を創りました。収縮率の異なる
生糸( きいと ) と金糸を混ぜて織ることは大変難しいのですが、切磋琢磨し克服しました。
力強く、光沢があり、比較的軽い “ 生地 ” になっています。


     $umegakiorimono  ときどき日記


               $umegakiorimono  ときどき日記


                               弊社 【 図案 】


               $umegakiorimono  ときどき日記


     $umegakiorimono  ときどき日記 $umegakiorimono  ときどき日記


                       【 留袖 】【 色留袖 】にも合せて頂けます


     $umegakiorimono  ときどき日記


お付き合いくださりありがとうございました。



2箇所のランキングに参加しています

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ   人気ブログランキングへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 ファッションブログ

2箇所共クリックして頂ければ嬉しいです



過去の日記は【 和装小物・バック umegakiorimono オンラインショップ 】をご覧頂けると嬉しいです
http://umegakiorimono-online.jp/hpgen/HPB/categories/7431.html


$umegakiorimono  ときどき日記 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

umegakiorimonoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。