17日午後2時20分ごろ、横浜市鶴見区の京浜急行生麦駅に隣接する同社変電施設の信号用変圧器から煙が出ているのを作業員が見つけ、119番通報した。消防隊員が放水し午後3時15分ごろ、煙はおさまったが、信号などに送電できなくなった。このため、京急線は横浜-京急川崎間で午後2時55分ごろから運転を見合わせ、約3時間後の午後5時55分ごろ再開した。

 この影響で、駅間に停車した電車3本の乗客約1600人が線路上を歩いて最寄り駅まで避難するなどした。けが人はなかった。

 京急によると、変電施設で焼けたのは変圧器だけで、ほかに被害はなかった。京急と鶴見署が出火原因を調べている。

【関連記事】
相模鉄道の車掌が2年半キセル 磁気定期を不正操作
京急で龍馬めぐり、旅行冊子を発行
「2」が5つ並ぶ日に記念入場券 京急電鉄
苦しいときの神頼み 受験、就職…“験担ぎ”事情
2時間半閉じ込め、あふれる乗客「疲れた、もう帰る」 JR横須賀線車両故障

<野菜高騰>スーパーは出血覚悟の「大放出セール」(毎日新聞)
ジオス 勧められ一括払い 娘に注意むなしく(毎日新聞)
「大阪都」どうなる?…19日に橋下知事が新党(読売新聞)
首相動静(4月16日)(時事通信)
明石署元副署長を聴取 録音・録画は見送り 指定弁護士(産経新聞)
AD