進歩は人を魅了する

テーマ:

今私はスポーツ番組を見るのが楽しみです。
ついこの前までの柔道、ついこの前までの体操、
特にこの二つは以前にもまして見るのが楽しみです。
この二つは、最近ルール改正になりました。
より高いレベルでの競い合いが出来るように改正されています。

柔道は一本勝ちが増えました。
それまでは畳の上をぐるぐるレスリングのように回っていましたけれど、
きれいな いっぽん! 
という試合が増えました。
見ていて非常に気持ちが良いです。
これで日本とか、外国とか問題でなく
選手一人一人をしっかり応援できます。

体操も内村幸平から新しい世代に世代交代にむかっています。
内村幸平の体操を超える選手がたくさん出てこようとしています。
これもルール改正され、基礎点という技術の高さの評価の点数制で
レベルの高い技術を目指す為、選手個々の力、技術力が見る人に感動を与えてくれます。

相撲ももめていますが、どの巡業も大入り満員です。
今、若い力士で技のデパートと言われるような力士が何人か出てきています。
これも楽しく、小が大を倒す。
これは見ている人もワクワクします。

今世界は、IT社会で今からAIという人工知能のレベルまで上がってきました。
一番短いに感じるのは将棋、人間が勝てません。
このプログラムを作るのは人間ですから、人間のレベルがAIより高いのはわかります。
でも、利用している又利用させられている人々のレベルはどんどん落ちていきます。
ごく一部の人はよりレベルは高くなります。
この人たち、人を魅了させてくれるスポーツプレーヤー、プログラマーは陰での努力はすさまじーいものがあります。
私は、人間の能力をボルダリングとスポーツの中に見ます。
どこまで人間、軽くなれるのでしょう。
でもこの人たちの練習を見ていると、人間の努力とは思えません。
先日、テレビでショベルカーがIT化されている番組を放送していました。
5年から10年かかって出来るようになる作業をいとも簡単にこなします。
操作している人の技術は一切いりません。
運転できればよいのです。
このままではすべてに過去の伝統技術は失われるように思えます。
日本の古来の建物の維持、またこういうふうな建造物はどうなっていくのでしょうか?
今、田舎の古民家を修復し、現代に活用し、街、人の活性化を図っている事業家がいます。
これなどは私はどんどん進めていかれたら良いと思います。
古き良き物と仕事をすることで、古き良き技術を学び、活用。再び新しい家としてまた何年も活用されます。
今、このスポーツセンターのトレーニングルームを活用してくれる人が何人かいます。
台はボロボロ、ボールもボロボロ。
でも、この傷みは新しい技術を習得し、プレーヤーの中で修復され、新しいプレーが世の中に生まれるはずです。
伝統技術をしっかり身につけ、そこから新しい技術を生み出す。
ビリヤードからキュースポーツへ、魅力あるスポーツへ生まれ変わる為にも
ビリヤードも他のスポーツと一緒でギャラリーを魅了するスキルレベルの高さが必要な時期にあると思います。
ITでは出せない感性、それこそビリヤードの楽しさだと思います。
以上です。

AD