うまうまの徒然日記

つれづれなる、思いをつづっていきます。

時代遅れの男が送る暖かい視線。    

世の中捨てたものじゃないさ。



テーマ:
先日、私の誕生日だった

誕生日とは生んでくれた母親に感謝する日であると

一般的によくいわれるし、私もそのように思う。

ただ、毎年老いてゆくのは正直なところ嫌だなと

も思う。


以前、一度子供の頃の誕生日についてブログに書いた

かもしれないが

小学生の頃、同級生同士の誕生日会というのが

はやっていた。

男女問わず当事者の家に集まりお祝いをした。

その子の母親の手料理で楽しんだ後に

みんなそれぞれが誕生祝いのプレゼントを

あげるというのが一つのパターンだった。

私はその時初めての参加で、プレゼントを

用意するのを知らなかった。

いわゆる無銭飲食になってしまったのだ。

私は子供心に恥ずかしい思いをしたのを

記憶している。


恥ずかしい思い出といえば、もう一つ。

高校生2年の時に、祖母が死去した。

所属野球部の部長さんが、その時、香典を

上げてくれたようだった。


母親からその香典返しの品を預かった。

しかし私はその品を部室のロッカーに入れて

そのまま忘れてしまったのだ。


高校3年の夏に部活動も終わり退部のため

ロッカーを整理していたら、その品が出てきて

仰天した。

帰宅していつもおだやかな母親にそれを見せたら

その時は烈火のごとく怒っていた。

今思い出しても私も赤面してしまいそうだ。


話しは現在に戻る

さあ、今日はどんな誕生祝いをしてくれるのだろうか

どんな言葉があるのだろうか

少しだけ期待をしてみた


しかしお昼が過ぎ、夕方になってもなんの

アクションも感じられない。

はは~ん

これはサプライズを用意しているんだろうな!

しかし、しかし時間は過ぎゆく

ううん?

とうとう今日という日が終わってしまった。

明日も明後日も何事もなく時間がすぎてゆく予感。


ふ~ん

みんな忘れているんだ。


確かに誕生日とは生んでくれた母親に感謝する日で

あって祝ってもらうものではないのかもしれない

あの香典事件で怒った母親の顔を思い浮かべ

今宵は一人でショートケーキでも

食べるとするか。

しかしちょっとつらいなあ!








AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日、なにげなくテレビを見ていると第3次安倍内閣の閣僚名簿が

発表されていた。

さほど興味があったわけではないが、ある閣僚の氏名Jを見つけ

たときにショッキングな過去が鮮明に蘇ったのである。


時は数十年前にさかのぼり、私は小学3年生だった。

同級性のJ君とは1年生の時から一番の仲良しで、

毎日のように野原で遊んでいた。

J君の家は、地元では名士で木材業を営んでいたため、近くの河口に

浮かべていた筏に乗って遊ぶのが、とりわけお気に入りだった。

お屋敷も庭も大変広かったので、私の方から一方的に押し寄せて

遊びに行っていた。彼の方から私の家に遊びに来た記憶は無い。


そんな3年生のある日、いつものように彼の家にのこのこと遊びに

行ったのであるが、

玄関を開け、彼の名前を呼ぼうとしたその時、彼の母親が

私の前で仁王立ちをして、こう言ったのである。

「うまうま君、もう明日から二度と家に遊びに来ないで!」


私は子供心になにがなんだか訳がわからず、

非常に傷ついた思いで、とぼとぼと帰って行ったのである。


そしてさらに時は流れ、そんなことなんかとっくに忘れて

しまった私は高校へ入学した。

そこでばったりJ君と再会するのである。

意外であった。

彼はたしか、中高一貫の超名門の学校にいったはずであった。

そんな高校時代はクラスが違っていたため、彼と顔を合わすことは

ほとんど無かったが、たまに、すれ違うことが会った。

しかしお互い気まずい雰囲気というか他人行儀というか、

なんとも表現が難しく、話しはおろか声をかけたことも無かった。

見て見ぬふりだった。


そしてまた時は数十年流れ、私は小学校5年の息子を持つ

父親になっていた。

どうやら彼は、中高一貫の名門学校を目指すようであった。

いわゆるお受験というやつである。

親として、なんとか協力してやらないといけない。

彼の日常を観察していると、どうやら遊び好きなS君と

いう友達がいて毎日、彼を遊びの世界へ誘惑しているようだった。

私は思った。

今度、S君が来たら、仁王立ちして

「S君もう遊びに来ないで!」と言ってやろう。


ええ~、これって

どこかで聞いたような、経験したような。


私はこの時一瞬で理解した。

私が小学3年生の時に、J君の母親に仁王立ちされた

その意味をである。


そのJ君、小学校を卒業後、中高一貫の名門学校に入学したものの、

そのハードな内容に、ついていけずその高校は断念したようだった。

まあほとんどの生徒が東大や京大を目指す学校であるから

推して知るべしであろう。


その後、J君は名門有名大学を卒業後、親の地盤を引き継ぎ、

政治家になったことは私の母親から聞いて知っていた。


彼のHPを見てみた。

現在、どんな顔になっているのだろうか。

思わずにやりと笑ってしまった。

小学校入学時に彼とならんで撮った写真の顔がそのまま大人になった

顔であった。


あの時、仁王立ちした彼のお母さんは未だご健在だろうか。

時の流れっていうやつは!

今宵は物思いにふけってみるとするか。











AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
私の思い出とか記憶といったものは、ほとんど夏である。

この暑さが強烈に意識に埋め込まれるのだろうか。

春とか秋は不思議と思い出が少ないように思える。


思えば数十年前、高校球児だった私は真夏の灼熱グランドで走りまわっていた。

汗が滝のように流れ、へとへとになるまで練習をしていた。

水を補給することは悪だと思われていた時代である。

みんな我慢できるわけがない。

トイレにいくようなふりをして、隠れて補給をしていた。


今年も暑い夏がやってきた。

しかし今年の夏は不順である。

雨が多い。

そんな時、長年住み慣れた広島が大変な災害に見舞われている。

映像に写る場所は、馴染みのある場所である。

涙が出そうになった。

知人に電話したが、幸いにも大丈夫のようだった。

被害者の方々のご冥福を祈るばかりだ。

いつの日かもう一度住もうと思っている。

それまでみんな元気でいてくれ。


最近、行ってみたいと思う場所。

それは知覧と靖国神社だ

これは最近読んだ「永遠の0」という本が影響している。

8月の終戦間近に散っていった特攻隊に思いを馳せてみたい。

長年会っていない鹿児島の親友と、鹿児島焼酎でも飲みながら

夜を明かしてみたい。


今日、会社に退職願いを申し出た。

半年後は岡山に帰ることになる。

今年の夏も強烈な思い出になりそうだな。










AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。