今週のメインエベント ~マイラーズC~

テーマ:

先週、実は馬券の買い目を考え過ぎて締め切り時間が来て買い逃すという大失態!まあ、ハズレてたからいいんですけどね(笑)。

さあ、今週は仕切り直し!GⅠも一旦中休みということで、ここから新たなスタートを切りたいと思います!そんな今週は関西の重賞で渾身の一本勝負!

 

マイラーズCの本命馬はダッシングブレイズです!

 

阪神開催から京都開催へ移行した過去5年のこのレースのデータから。
まずは前走クラス別成績に注目
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
条件戦     0%- 0%- 0% /   0円-  0円
OP特別    9%-18%-18% / 130円- 65円
重賞     3%- 8%-16% /  28円- 54円

 

好成績・高回収値となっているのは前走OP特別組。高レベルの戦いをしてきた重賞組より前走オープン特別組で好走してきた馬の勢いの方が勝っているといった感じ。

 

次にその“勢い”がよくわかる前走着順別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
2着以内 12%-37%-37% / 280円-156円
3~5着 25%-25%-25% / 160円- 50円
6着以下  0%- 5%- 7% /   0円- 18円

 

好成績・高回収値となっているのは2着以内の好走馬。狙いはこの組。この時点で該当馬はダッシングブレイズのみ。

というわけで本命はダッシングブレイズとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はヤングマンパワーです。

前走7番人気以内かつ4角3番手以内だった馬で、前走から騎手乗り替わりとなった馬の成績は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 20%-40%-60% / 138円-240円

 

唯一の該当となるこの馬を穴で狙います。

 

 

予想評価(本命=ダッシングブレイズ

「自信度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=ヤングマンパワー
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」



また消し馬(=キルクル)はイスラボニータです。
過去5回のこのレースで、関東馬は(0,0,0,13)。また、前走上がり3Fタイム3位以下で、今回距離延長となる馬は(0,0,0,9)
。相性ぼ悪い関東馬、加えて切れ負けする脚質に不安のある、この馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

AD

今週のメインエベント ~皐月賞~

テーマ:

先週はかなり攻めた予想でしたが、考えとは違う予想でハズレ!今週こそバッチリ当てたいと思います!そんな今週は、牡馬クラシック第一弾で勝負!

 

皐月賞の本命馬はサトノアレスです!

 

過去10年、うち東京開催だった11年を除く過去9回のこのレースのデータから。
まず前走人気別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
1番人気   15%-28%-42% / 102円-108円
2~5番人気  5%-11%-17% /  59円- 68円
6~9番人気  2%- 5%- 5% /  88円- 26円
10番人気以下  0%- 0%- 0% /   0円-  0円

 

他の組を大きく離して好成績となっているのが前走1番人気の組。実数にして6勝・2着5回と半数以上の連対馬が出ており、断然の狙い目がこの組。

 

次に前走上がり3Fタイム別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
2位以内 10%-18%-23% / 112円- 81円
3~5位  0%- 5%-12% /   0円- 82円
6位以下  3%- 7%-12% /  37円- 43円

 

中山開催最終週に行われるこのレース。荒れ馬場となりやすく、後方から速い脚を使える馬が有利。狙いは前走上がり3F2位以内の馬。

 

さらに前走上がり3Fタイム2位以内の馬に限った父系統別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
ターントゥ系 15%-25%-28% / 176円-103円
ミスプロ系  5%-11%-17% /  27円- 62円
その他   0%- 0%-11% /   0円- 21円

 

ここは3歳戦に強く、このレースでも過去9回で7勝をあげている父ターントゥ系の馬が好成績・高回収値。

この時点で該当馬はカデナ(福永)、サトノアレス(戸崎)、ファンディーナ(岩田)。

 

最後は騎手データです。
今回は該当馬3頭すべてが父ヘイロー系ということで、「父ヘイロー系」に騎乗した時に限った「中山芝2000m戦」(過去5年)の騎手成績を比べてみると
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
戸崎 15%-30%-42% /  55円- 76円
福永  6%-25%-37% /  20円- 77円
岩田  5%- 5%-29% /  15円- 60円

 

勝率では倍以上の数字で好成績となったのが戸崎。とくにディープインパクト産駒での成績となると複勝率54%とかなりの好成績。というわけで本命はサトノアレスとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はウインブライトです。

前走・前々走を(このレースを含む)同じ騎手で連勝し、前走が重賞勝ちだった馬は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 22%-33%-66% / 124円-123円

 

本命馬が思いのほか人気薄の為、こちらの方が人気しそうですが、該当馬の中では人気の無いこの馬を穴で狙います。

 

 

予想評価(本命=サトノアレス

「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=ウインブライト
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」



また消し馬(=キルクル)はスワーヴリチャードです。
過去9回のこのレースで、キャリア4戦以内で前走2番人気以下だった父か母父ミスプロ系の馬は(0,0,0,14)。また、中8週以上間隔が開いての出走となった関西馬で、前走4角5番手以下だった馬は(0,0,1,6)。キャリア不足と間隔の開いたローテーションが気になる、この馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

AD

今週のメインエベント ~高松宮記念~

テーマ:

さあ、今週は地元伝統のGⅠ・高松宮記念!そして、今年からはここから始まる連続GⅠとなります!

とりあえず、今年も現地観戦のためとっとと予想して、とっとと寝ます(笑)。というわけで、とっとと予想UPです!

 

高松宮記念の本命馬はセイウンコウセイです!

 

馬場改修後の2012年以降過去5年のこのレースのデータから。
まずは前走からのレース間隔別成績に注目
前走クラス
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
中2週以内  2%- 8%-14% /  11円- 67円
中3~8週  8%-14%-20% /  38円- 35円
中9週以上  0%- 0%- 0% /   0円-  0円

 

そのレース間隔内に質の高いレースがあるからという理由もあるものの、このデータからは間隔が開きすぎるのも、間隔が詰まりすぎるのも好走は難しい様子。ここはゆったりしたローテーションで狙いを定めて来た中3~8週組が狙い目。

 

さらに前走から中3~8週のローテーション組に限った、前走上がり3Fタイム別成績を見てみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
5位以内 9%-18%-31% /  52円- 57円
6位以下 3%- 7%- 7% /   4円-  9円

 

開催最終週、そもそもが差し馬が好走しやすい中京芝コース。お終いが切れる馬の方が好走しやすく、狙いは前走上がり3Fタイム5位以内の馬。

 

また前走から中3~8週のローテーション組に限った、前走距離別成績を見てみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
距離延長 (データなし)
同距離  13%-20%-33% /  69円- 58円
距離短縮  5%-11%-14% /  25円- 26円

 

途中で息の入らないスプリント戦は特異なレースと言えます。それだけに好走馬も前走同じ1200m戦に集中。狙いはこの組。

この時点で該当馬はセイウンコウセイ(幸)、ラインスピリット(森一)。

 

最後は騎手データです。
「中京芝1200m」(過去5年)の成績を比べてみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
幸   6%-12%-22% /  69円- 60円
森一  0%- 0%- 9% /   0円- 45円

 

ここは断然、連対経験・勝ち経験のある幸の方が狙い目。旧コースながら、このレースの勝ち経験もあるのは心強いところ。

というわけで本命はセイウンコウセイとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はトウショウピストです。

過去5年で全馬均等買いしても複勝回収値46円と「堅いGⅠ」と言えるこのレース。
過去5年遡っても、6番人気以下で複勝圏内に入った馬は3頭。その3頭の共通項は
○前走オーシャンS組
○父か母父ナスルーラ系
○4~6歳の牡馬

 

この3つに唯一該当する、この馬を穴で狙います。

 

 

予想評価(本命=セイウンコウセイ

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=最高」

予想評価(馬=トウショウピスト
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はレッドファルクスです。
過去5年のこのレースで、前走二桁着順だった馬は(0,0,0,19)。また、中4週以上のローテーションで出走となった関東馬は(0,0,0,5)。前走大敗に加えローテーションにも不安のあるこの馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

AD

今週のメインエベント ~阪神大賞典~

テーマ:

先週は消し馬も来てしまい散々な結果に。。。

今週こそバシッと当てて、来週から始まる春のGⅠシーズンに備えたい!そんな今週も一本勝負です!

 

阪神大賞典の本命馬はシュヴァルグランです!

 

過去10回のこのレースのデータから。
まずは前走クラス別成績に注目
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
条件戦  0%- 4%-13% /   0円- 29円
OP特別 0%-14%-14% /   0円- 22円
重賞  12%-22%-32% /  61円- 62円

天皇賞・春の重要ステップとなるこのレース。好走馬は前走レベルの高い、重賞出走馬に集中。

次に前走重賞組に限った、前走騎手の継続or乗替&東西厩舎別成績を見てみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
関東・継続  0%-25%-25% /   0円- 35円
関東・乗替  0%-11%-11% /   0円- 15円
関西・継続 19%-30%-46% /  74円- 83円
関西・乗替 12%-19%-29% /  72円- 62円

 

他のレースと同じく西高東低と言えるこのレース。さらには、さすがにGⅠ直前の乗り替わりはマイナス。ということで狙いは関西馬の騎手継続組。

 

また前走重賞組に限った前走着差別成績を見てみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
0.5秒以内 25%-34%-45% / 134円- 68円
0.6秒以上  2%-13%-22% /   3円- 59円

 

さすがレースレベルの高いレース。ここは前走着差0.5秒差以内の前走好走馬が狙い目。

この時点で該当馬はサトノダイヤモンド(ルメール)、シュヴァルグラン(福永)。

 

最後は騎手データです。
「芝3000m以上」(過去5年)の成績を比べてみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
福永   21%-35%-42% / 128円- 92円
ルメール 16%-16%-50% /  38円- 68円

 

僅差で複勝率は高いながらも回収値がイマイチなルメールよりも、回収値も含め全体的に高い数字と言える福永の方に魅力があります。

というわけで本命はシュヴァルグランとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はスピリッツミノルです。

前走・前々走ともオープンクラスで上がり3Fタイム5位以内だった馬で、このレース騎手乗り替わりとなった馬の成績は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 22%-44%-66% / 127円-103円

 

該当馬中人気のなさそうな、この馬を穴で狙います。

 

 

予想評価(本命=シュヴァルグラン

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=高」

予想評価(馬=スピリッツミノル
「自信度=低」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=最高」



また消し馬(=キルクル)はレーヴミストラルです。
過去10年のこのレースで、芝3000m以上の重賞勝ち経験のある馬を除き、前走二桁着順の馬(0,0,0,9)。またこのレースで騎手乗り替わりとなった、前走4角12番手以下だった馬は(0,0,1,9)。前走大敗に加え脚質面に不安のあるこの馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

今週のメインエベント ~フィリーズレビュー~

テーマ:

先週は惜しくもないハズレ。まあ、消し馬は来ていないのでいいではないでしょうか!?

今週は改めてバシッと当てたい!そんな今週も一本勝負です!

 

フィリーズレビューの本命馬はジューヌエコールです!

 

過去10年のこのレースのデータから。
まずは前走クラス別成績に注目
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
新馬・未勝利 0%- 0%- 0% /   0円-  0円
500万下    5%-12%-20% /  82円- 32円
OP特別   5%-11%-19% / 220円- 95円
GⅡ・Ⅲ   3%- 6%-10% /  26円- 30円
GⅠ     9%-16%-24% /  67円-193円

 

OP特別組の単勝回収値の高さは目立ちますが、勝率5%とわずかな勝率の中で人気薄が激走してのもの。それよりも勝ち馬4頭、その他の数字も安定していると言える、前走GⅠ組の方が狙い目。

 

次に前走GⅠ組に限った、前走3角位置取り別成績を見てみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
9番手以内 21%-26%-42% / 151円-487円
10番手以下  0%-33%-33% /   0円- 48円

 

1400mと短距離戦の部類で、前走後ろ目の位置取りではスピード不足なのか。狙いは前走9番手以内の馬。

 

また前走GⅠ組に限った、前走騎手の継続・乗替別成績を見てみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
継続 14%-21%-28% /  47円- 49円
乗替 18%-21%-54% / 200円-806円

 

ここは意外にも騎手乗り替わりの方が好成績・高回収値。
2歳シーズンより、3歳シーズンの方が重要視されるせいか、ここで改めて良い主戦騎手をすえて、本番を狙う方が好成績となりやすい様子。

 

この時点で該当馬はクインズサリナ、ジューヌエコール。

ダノンシャンティ産駒のクインズサリナ、クロフネ産駒のジューヌエコール。
ここで、阪神芝1400m戦の種牡馬別成績(過去5年)を比べてみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
クロフネ    4%-11%-18% /  99円- 68円
ダノンシャンティ  0%-20%-30% /   0円- 62円

 

ダノンシャンティ産駒は連対率・複勝率の高さに魅力はありますが、やはり勝ち馬を出していないのは不安の残るところ。となると狙いはクロフネ産駒。ジューヌエコール自身が昨年9月に同コースでOP特別勝ちしているのも魅力。

というわけで本命はジューヌエコールとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はクインズサリナです。

該当馬のもう一頭を穴で狙います。

 

 

予想評価(本命=ジューヌエコール

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=高」

予想評価(馬=クインズサリナ
「自信度=低」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=最高」



また消し馬(=キルクル)はカラクレナイです。
過去10年のこのレースで、キャリア4戦以下の父ノーザンダンサー系の馬は(0,0,1,13)。また、オープンクラスで連対経験のあった馬を除き、前走条件戦で4角7番手以下だった馬は(0,0,0,17)。血統面と脚質面に不安のあるこの馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓