今週のメインエベント ~皐月賞~

テーマ:

先週は穴を狙いすぎたのか惨敗。しかし「一発もうけたいんやっ!」ってことで今週もなりふり構わず大振りです!

今週も3歳GⅠで渾身の一本勝負です!

 

皐月賞の本命馬はジェネラーレウーノです!

 

過去10年のこのレース、うち東京開催だった11年を除く過去9回のこのレースのデータから。
まずは前走着順別成績を見てみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
2着以内  9%-17%-24% /  94円- 80円
3~5着  2%- 8%-16% /  48円- 69円
6着以下  0%- 0%- 2% /   0円- 23円

この時期の3歳戦はふるいにかけるように、好走馬が生き残り、大きく負けた馬は巻き返しが難しくなって行きます。
皐月賞の舞台でも同様の傾向は強く出ており、好走馬が集中しているのは前走2着以内の馬。

次にレースキャリア別成績を見てみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
3戦以内  0%- 9%-19% /   0円- 35円
4~5戦  9%-17%-23% / 103円-105円
6戦以上  3%- 4%- 8% /  33円- 25円

キャリア3戦以内となるとさすがにキャリア不足。またキャリア6戦以上の馬はよほど使いづめで来たか、または1度休養を挟んで立て直しを図っている馬。立て直しの調整が微妙な3歳馬、であればクラシックを逆算したかのように使われ丁度良いキャリア数でここへ来た4~5戦目組が一番の狙い目。

また別データとして、今回上位人気馬に(父か母父に)ミスプロ系を持つ馬が多いこともあって、過去9回のこのレースで父か母父にミスプロ系を持つ馬と持たない馬との成績を比較してみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
持つ   3%- 6%-13% /  49円- 57円
持たない 7%-15%-20% /  74円- 71円

父ミスプロ系でもここ最近になって、キングカメハメハ産駒の中から連対に絡む馬が出てきたものの、人気馬に限られるため回収値は期待できる数字ではありません(キングカメハメハ産駒全体の回収値は単勝25円、複勝26円)。
データからも父or母父系がミスプロ系となる馬は敬遠し、別系統の馬を狙う方が賢明。

この時点で該当馬はオウケンムーン(北村宏)、ジェネラーレウーノ(田辺)。

最後は騎手データです。
「中山芝2000m」(過去5年)の騎手データを比べてみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
田辺  13%-27%-38% /  67円- 92円
北村宏  5%-15%-28% /  36円- 84円

成績面では勝率・連対率。複勝率のすべてで10ポイント以上の差をつけた田辺の方が断然の狙い目。

というわけで本命はジェネラーレウーノとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はグレイルです。

前走芝1800m以上の重賞で1番人気だった馬で、このレース騎手乗り替わりとなった父か母父ヘイロー系の馬は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 60%-80%-80% / 212円-122円

 

唯一の該当馬となる、この馬を穴で狙います。

 

 

予想評価(本命=ジェネラーレウーノ

「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=グレイル
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はキタノコマンドールです。
過去10年のこのレースで、前走重賞勝ち馬を除き、前走3番人気以下かつ3角8番手以下だった馬は(0,0,0,30)。またキャリア3戦以内の父か母父ミスプロ系の馬は(0,0,0,10)。脚質面と血統面が不安なこの馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓