今週のメインエベント ~中山牝馬S~

テーマ:

今週は久しぶりに土曜の中京開催に行きたいと思います!そこで今週はこれまた久しぶりに土曜重賞で勝負!

 

中山牝馬Sの本命馬はマキシマムドパリです!

 

阪神開催となった11年を除く過去9回のこのレースのデータから。
まずはハンデ戦ということでこのレースでの斤量別成績を見てみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
51kg以下   0%- 6%- 6% /   0円- 55円
51.5~53kg  6%-12%-19% /  67円- 84円
53.5~55kg  5%-13%-17% /  61円-108円
55.5kg以上 11%-22%-33% / 115円- 82円

「ハンデ戦は斤量重い方」のデータ派の格言通り、断トツの好成績となっているのは55.5kg以上の組。

次に前走クラス別成績を見てみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
条件戦   0%-13%-17% /   0円-133円
オープン  7%-13%-19% /  79円- 81円

前走条件戦からの馬は人気薄となる分回収値は上がりますが、成績面はイマイチで1着例はありません。
そうなると狙いは前走オープンクラス組。

この時点で該当馬はエテルナミノル、マキシマムドパリ。
エンパイアメーカー産駒のエテルナミノル、キングカメハメハ産駒のマキシマムドパリ。

ここで「中山芝1800m戦」(過去5年)のそれぞれの産駒別成績を比べてみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
キングカメハメハ 10%-16%-26% /  47円- 73円
エンパイアメーカー 0%- 6%-25% /   0円-186円

どちらかというとダート向きの傾向があるエンパイアメーカー産駒。複穴は出しますが勝ち馬を出すには至りません。
となると狙いはキングカメハメハ産駒。ミスプロ系の中でも芝の中距離戦ではナンバーワンの強さ。

というわけで本命はマキシマムドパリとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はバンゴールです。

このレース斤量53kg以下だった馬の中でも、前走着差0.5秒差以内の僅差負けだった馬で前走騎手が継続騎乗した馬のう成績は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 25%-25%-41% / 220円-147円

 

該当馬中、人気のなさそうなこの馬を穴で狙います。

 

予想評価(本命=マキシマムドパリ

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=バンゴール
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はトーセンビクトリーです。
過去10年のこのレースで、前走3角8番手以下だった関西馬は(0,0,1,21)。また、前走GⅠに出走していた4歳馬を除き、前走から斤量2kg以上増となった馬は(0,0,0,6)。脚質面と急激な斤量増が不安な、この馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓