今週のメインエベント ~天皇賞・春~

テーマ:

先週から買い目を考え過ぎて締め切り時間が来て買い逃す失態を繰り返しております、らんふらんこです(笑)。

ちょっと、ここは気持ちを切り替えて、気合いを入れ替えて行かねばですね。新しいスタートをここから!という思いで。そして、今週こそ的中を!そんな今週も渾身の一本勝負!

 

天皇賞・春の本命馬はシュヴァルグランです!

 

過去10年のこのレースのデータから。
まずは、過去10年のべ20頭の連対馬の前走レースを見てみると
(レース名/着度数)

■日経賞(3,4,2,43)
■産経大阪杯(3,3,2,10)
■阪神大賞典(3,1,4,47)
■京都記念(1,1,0,3)
■ダイヤモンドS(0,1,0,8)

その他のレースからは(0,0,2,32)と3着もたまにある程度、ということでデータ的には消し。
先の5レースのうち、今回前走京都記念出走馬はいませんので、京都記念を除く4レースそれぞれの連対条件について細かく見て行きます。

 

■日経賞(3,5,3,41)
過去10年で最も多くの連対馬を出しているのがこのレース。のべ8頭の連対馬の共通項は
①前走7番人気以内かつ10着以内
②前走負けていた馬は4角6番手以内
③前走3着以下に敗れていた馬は、前年4月以降に芝3000m以上の重賞で連対経験あり
④父ヘイロー系または父か母父がノーザンダンサー系

該当馬はシャケトラ。

 

■産経大阪杯(2,3,2,13)
過去10年で日経賞の次に多くの連対馬を出しているのがこのレース。のべ5頭の連対馬の共通項は
①前走5番人気以内かつ着差0.5秒以内
②前走負けていた馬は、前年4月以降に芝2400m以上の重賞で連対経験あり
③前走4角9番手以内
④5歳以上馬は父・母父とも非ヘイロー系

該当馬はなし。

■阪神大賞典(3,1,4,47)
過去10年以前には最も有力ステップでしたが、年々他の組に押されぎみ。それでも1位タイの3頭の勝ち馬を出しているのがこのレース。のべ4頭の連対馬の共通項は
①前走6番人気以内
②前走4角2番手以内
③前走負けていた馬は、過去に芝3000m以上のGⅠで3着以内の経験があること
④父か母父ターントゥ系

該当馬はシュヴァルグラン。

 

■ダイヤモンドS(0,1,0,8)
過去10年では1頭の連対馬が出ているこのレース。連対条件としては
①前走上がり3Fタイム1位
②前走から斤量の増なし
③前年にもこのレースに出走して着差0.4秒差以内の経験あり

該当馬はなし。

改めて該当馬はシャケトラ(田辺)、シュヴァルグラン(福永)。

最後は騎手データです。
「芝3000m以上のレース」(過去5年)の騎手データを比べてみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
福永 14%-35%-42% /  32円- 87円
田辺  0%- 7%-15% /   0円-133円

3割以上の連対率で好成績なのは福永。田辺は過去5年どころかデビュー以来未だに芝3000m以上のレースでの勝ち鞍が無いところに不安があります。

というわけで本命はシュヴァルグランとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はスピリッツミノルです。

1~3枠に入り前走4角4番手以内だった父ヘイロー系の馬は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 23%-35%-47% / 1028円-554円

昨年13番人気2着のカレンミロティックや12年14番人気1着のビートブラック等、大波乱の立役者はこの例に該当。

今回の該当馬から、この馬を穴で狙います。

 

 

予想評価(本命=シュヴァルグラン

「自信度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=スピリッツミノル
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=最高」




また消し馬(=キルクル)はシャケトラです。
過去10年のこのレースで、GⅠ馬を除く、前走4角7番手以下だった4歳馬は(0,0,1,9)。また、前走から斤量3kg以上増となった、関東所属騎手騎乗の馬は(0,0,0,7)。脚質面と一気の斤量増に不安のあるこの馬。先の騎手成績からも騎手の長距離線の不安もあり、該当馬で残りましたがこの馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

AD