今週のメインエベント ~皐月賞~

テーマ:

先週はかなり攻めた予想でしたが、考えとは違う予想でハズレ!今週こそバッチリ当てたいと思います!そんな今週は、牡馬クラシック第一弾で勝負!

 

皐月賞の本命馬はサトノアレスです!

 

過去10年、うち東京開催だった11年を除く過去9回のこのレースのデータから。
まず前走人気別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
1番人気   15%-28%-42% / 102円-108円
2~5番人気  5%-11%-17% /  59円- 68円
6~9番人気  2%- 5%- 5% /  88円- 26円
10番人気以下  0%- 0%- 0% /   0円-  0円

 

他の組を大きく離して好成績となっているのが前走1番人気の組。実数にして6勝・2着5回と半数以上の連対馬が出ており、断然の狙い目がこの組。

 

次に前走上がり3Fタイム別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
2位以内 10%-18%-23% / 112円- 81円
3~5位  0%- 5%-12% /   0円- 82円
6位以下  3%- 7%-12% /  37円- 43円

 

中山開催最終週に行われるこのレース。荒れ馬場となりやすく、後方から速い脚を使える馬が有利。狙いは前走上がり3F2位以内の馬。

 

さらに前走上がり3Fタイム2位以内の馬に限った父系統別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
ターントゥ系 15%-25%-28% / 176円-103円
ミスプロ系  5%-11%-17% /  27円- 62円
その他   0%- 0%-11% /   0円- 21円

 

ここは3歳戦に強く、このレースでも過去9回で7勝をあげている父ターントゥ系の馬が好成績・高回収値。

この時点で該当馬はカデナ(福永)、サトノアレス(戸崎)、ファンディーナ(岩田)。

 

最後は騎手データです。
今回は該当馬3頭すべてが父ヘイロー系ということで、「父ヘイロー系」に騎乗した時に限った「中山芝2000m戦」(過去5年)の騎手成績を比べてみると
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
戸崎 15%-30%-42% /  55円- 76円
福永  6%-25%-37% /  20円- 77円
岩田  5%- 5%-29% /  15円- 60円

 

勝率では倍以上の数字で好成績となったのが戸崎。とくにディープインパクト産駒での成績となると複勝率54%とかなりの好成績。というわけで本命はサトノアレスとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はウインブライトです。

前走・前々走を(このレースを含む)同じ騎手で連勝し、前走が重賞勝ちだった馬は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 22%-33%-66% / 124円-123円

 

本命馬が思いのほか人気薄の為、こちらの方が人気しそうですが、該当馬の中では人気の無いこの馬を穴で狙います。

 

 

予想評価(本命=サトノアレス

「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=ウインブライト
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」



また消し馬(=キルクル)はスワーヴリチャードです。
過去9回のこのレースで、キャリア4戦以内で前走2番人気以下だった父か母父ミスプロ系の馬は(0,0,0,14)。また、中8週以上間隔が開いての出走となった関西馬で、前走4角5番手以下だった馬は(0,0,1,6)。キャリア不足と間隔の開いたローテーションが気になる、この馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

AD