今週のメインエベント ~中京記念~

テーマ:

先週は岐阜・愛知が大雨と書きだしましたが、今週はあちこちで集中豪雨。日本はどうなってしまうんでしょう。。。

とはいえ、こんな時だからこそ、馬券を買って少しでも経済を回したい・・・とかけっこうマジメに考えています。

そんな今週は、地元・中京のファイナルウィーク!メインレースを渾身の一本勝負です!

 

中京記念の本命馬はトウショウピストです!

 

過去中京競馬場が馬場改修された12年以降、過去5回のこのレースのデータから。
まずはハンデ戦ということで前走からの斤量増減別成績を見てみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
斤量増 27%-27%-45% / 282円-206円
同斤量  2%- 8%-14% /  43円- 50円
斤量減  2%-11%-14% /  34円- 76円

やはりハンデ戦は「斤量増の組」。この組が一番の好成績かつ高回収値。

さらに前走騎手継続・乗り替わり別成績を見てみると
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
継続 10%-17%-20% / 117円- 75円
乗替  3%- 9%-17% /  46円- 86円

場合によってはここが本番というサマーマイルシリーズ第1戦ということもあってか、ここで乗り替わりとなる馬よりも、前走から騎手継続となる馬の方が好成績。

この時点で該当馬はトウショウピストのみ。
というわけで本命はトウショウピストのみ。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はレッドレイヴンです。

もう一頭の「前走から斤量増組」のこの馬を穴で狙います。

 

 

予想評価(本命=トウショウピスト

「自信度=中」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=最高」

予想評価(馬=レッドレイヴン
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はグランシルクです。
過去5回のこのレースで、このレースで斤量増とならず、前走1400m以下のレースで4角6番手以下だった牡馬は(0,0,0,10)。また、前走負けていた父か母父ロベルト系の馬は(0,0,0,8)。脚質面と血統面が不利となりそうな、この馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

AD

今週のメインエベント ~函館記念~

テーマ:

今週の岐阜・愛知は大雨。異常気象が続いています。

せめてこんな時は馬券だけでも異常な勢いで当てたい。そんな思いを込めつつ、今週も渾身の一本勝負です!

 

函館記念の本命馬はステイインシアトルです!

 

過去過去10年のこのレース、うち札幌開催となった09年を除く過去9回のこのレースのデータから。
まずは前走クラス別データに注目
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
条件戦   0%- 0%-11% /   0円- 46円
OP特別   4%-13%-18% /  59円- 93円
重賞   10%-15%-23% /  65円- 81円

夏の北海道シリーズ、特に中距離戦線では函館記念→札幌記念と重要なレース。そのせいかレースレベルは高く前走重賞組が好成績・高回収値で狙い目。

次に前走重賞組に限った上がり3Fタイム別成績を比べてみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
5位以内 16%-27%-33% / 106円- 88円
6位以下   7%- 9%-19% /  47円- 78円

函館開催も開催が進んで馬場も傷みはじめるところとなり、差しも利きやすい馬場となってくる頃。
ここは、前走でも速い上がりを使っている馬が好成績。
この時点で該当馬はステイインシアトルのみ。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はスーパームーンです。

父か母父ロベルト系の馬で、前走1.0秒以上負けておらず、今回騎手乗り替わりとなった馬の成績は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 12%-37%-62% /  90円-247円

 

唯一の該当馬となる、この馬を穴で。

 

 

予想評価(本命=ステイインシアトル

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=スーパームーン
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はマイネルミラノです。
過去9回のこのレースで、前走芝1800m以上のレースに出走し、今回中7週以内での出走となった7歳以上馬は(0,0,0,10)
前走6着以下に敗れていた、斤量55kg以上の関東馬は(0,0,1,14)。高齢に加えて前走大敗が気になる、この馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

AD

今週のメインエベント ~七夕賞~

テーマ:

先週は穴馬が3着に健闘、圧倒的人気の1番人気馬を消して、良い予想だったんですが、個人的な馬券には結びつかず・・・。今週は予想も馬券もバッチリ行きたい!そんな今週も、先週に続いて福島メインで渾身の一本勝負です!

 

七夕賞の本命馬はフェルメッツァです!

 

過去10年のこのレースのうち、中山開催だった11年を除く過去9回のこのレースのデータから。
まずはハンデ戦ということで、前走斤量増減別成績を見てみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
斤量増 23%-35%-41% / 139円-112円
同斤量  4%-12%-21% /  34円- 75円
斤量減  3%- 7%-13% / 118円-115円

「ハンデ戦は斤量増の組」データ派の定説通り、このレースも好成績・高回収値となっているのは斤量増組。

次に東西厩舎別成績を見てみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
関東  1%- 7%-12% /   5円- 45円
関西 11%-18%-26% / 179円-157円

関東従場で行われるレースですが、傾向としては圧倒的西高東低。狙いは関西馬。
この時点で該当馬はフェルメッツァのみ。

というわけで本命はフェルメッツァとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はバーディイーグルです。

斤量減組でも、前走オープンクラスで上がり3Fタイム5位以内だった馬の成績は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 13%-20%-33% / 494円-165円

 

唯一の該当馬となる、この馬を穴で。

 

 

予想評価(本命=フェルメッツァ

「自信度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=バーディイーグル
「自信度=低」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はヴォージュです。
過去9回のこのレースで、中3週以内のローテーションで、このレース5~8枠に入った斤量55kg以下の馬は(0,0,1,20)。また、前走4角1番手だった馬を除き、前走条件戦に出走していた馬は(0,0,0,15)。ローテーションと前走レベルの低さが気になる、この馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

AD

今週のメインエベント ~ラジオNIKKEI賞~

テーマ:

先週は本命馬が見事1着。3番人気馬ではありましたが、1.4倍の人気馬を破ってのものですから、上半期総決算にそれなりに格好はついたのかなと思っています。

さてさて、今日からは夏競馬。とはいえ、この時期に改めて予想の力をつけて秋競馬は一層バンバン当てたいと思います!

そんな今週も渾身の一本勝負です!

 

ラジオNIKKEI賞の本命馬はクリアザトラックです!

 

過去10年のこのレース、うち中山開催となった11年を除く過去9回のこのレースのデータから。
まずは前走クラス別データに注目
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
500万下   4%- 6%-11% /  23円- 23円
1000万下   13%-18%-22% / 232円-248円
オープン   5%-14%-22% /  31円- 82円

1000万下組はすべてが6月のクラス編成後古馬混合と戦ってきた1000万下組。一方でオープンクラスを走っていた馬は春シーズンはGⅠ出走が叶わなかったレベルが一つ二つ低い馬がほとんど。
となると、力不足のオープン馬より、古馬との厳しいレースを経験してきた馬の方が好走はしやすい様子。狙いは前走1000万下組。

次に前走1000万下組に限った、前走人気別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
3人気以内 37%-37%-37% / 638円-176円
4人気以下  0%- 7%-14% /   0円-290円

古馬との対戦で上位人気に支持されるほどの力量で有ればここでの好走も可能。狙いは前走3番人気以内。

というわけで本命はクリアザトラックとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はロードリベラルです。

前走1000万下条件の出走馬は本命馬とこの馬のみ。この馬を穴で。

 

 

予想評価(本命=クリアザトラック

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=ロードリベラル
「自信度=低」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はサトノクロニクルです。
過去9回のこのレースで、前走出走頭数10頭以下のレースに出走していた、キャリア9戦以下の馬は(0,0,0,11)。また前走上がり3F1位だった馬を除く、関西馬で騎手が前走から継続騎乗となる馬は(0,0,1,12)。このレース相性の悪い関西馬、加えて前走レースが小頭数すぎるところからのステップと、不安な条件が揃ったこの馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓