今週のメイエンエベント ~宝塚記念~

テーマ:

さあ、いよいよ上半期の総決算!上半期はそこそこの当たりはあったものの大きな当たりは無かった気もするので、ここらでドカンと当てて締めたい!そんな今週も渾身の一本勝負です!

 

宝塚記念の本命馬はサトノクラウンです!

 

過去10年のこのレースのデータから。
まずは前走着差別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
0.5秒以内   8%-17%-25% / 131円- 72円
0.6~0.9秒差 3%- 7%-15% /  11円-118円
1.0秒以上   3%- 3%- 3% /  12円-  6円

格よりも勢いと言われる夏のこの時期、前走もある程度好走していないと、このGⅠでの好走は難しい様子。狙いは前走着差0.5秒以内の馬。

また前走4角位置取り別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
5番手以内 8%-17%-23% / 142円- 83円
6~9番手 5%- 9%-22% /  72円- 75円
10番手以下 4%-12%-12% /  14円- 30円

馬場改修後のデータではありますが、阪神芝2200mコースは昔からある直線の短い内回りコースのレース。加えて夏場のこの時期は芝も生えそろい良好なままで開催が進みやすい傾向にあります。
そのためか好走馬は、前走前目に付けることが出来た4角5番手以内の馬。

次に前走着差0.5秒以内かつ4角5番手以内だった馬に限った、前走距離別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
距離延長 15%-31%-42% / 205円-178円
距離短縮  4%-12%-16% / 157円- 47円
 ※同距離例はなし

単純に考えて前めの位置取りをするのに、レースラップの落ち着きやすい長距離戦より、速い流れの短いレースの方がそれだけのスピードが必要。逆にそこで前めの位置取りができたということは距離が延びるここでも前めに付けやすいということにもつながります。
ということで狙いは前走から距離延長となる組。

この時点で該当馬はクラリティシチー(松山)、サトノクラウン(デムーロ)、スピリッツミノル(幸)。

最後は騎手データです。
「阪神芝コース」「古馬混合重賞」(過去5年)の騎手成績を比べてみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
デムーロ 19%-28%-42% /  97円- 96円 
幸     3%- 6%-16% /  85円-189円
松山    5%- 5%-15% /  19円- 47円

複勝回収値の高い幸も魅力ですが、連対率ベースで数字が低いのが狙いづらいところ。となると成績面では断トツの数字で、回収値も100円近いデムーロが一番の狙い目。

というわけで本命はサトノクラウンとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はスピリッツミノルです。

先のデータで該当馬として残った中から、幸の複勝回収値に期待してこの馬を穴で。

 

 

予想評価(本命=サトノクラウン

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=スピリッツミノル
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=最高」



また消し馬(=キルクル)はミッキークイーンです。
過去10回のこのレースで、今回騎手乗り替わりとなり、前走2000m以下のレースで4角9番手以下だった馬は(0,0,1,7)。また、前走7着以下に負けて今回斤量増となった、父か母父ノーザンダンサー系の馬は(0,0,1,12)。脚質面と血統面に不安のある、この馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

AD

今週のメインエベント ~函館スプリントS~

テーマ:

先週はひとまず本命馬連対で、格好はつけた感じ。

今週もバッチリ当てて、来週のGⅠへ勢いをつけたい!そんな今週もあの人で勝負!渾身の一本勝負です!

 

函館スプリントSの本命馬はセイウンコウセイです!

 

過去10年、うち札幌開催だった09年を除く過去9回のこのレースのデータから。
まずは前走クラス別成績に注目
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
条件戦  11%-22%-33% /  70円-247円
OP特別   1%- 7%- 8% /  11円- 43円
重賞   10%-18%-29% / 169円-131円

前走条件戦組の複勝回収値の高さが目立ちますが、これは12年11番人気3着のビスカヤの一発で高くなっている数字で、実際に複勝圏内に入った例は3例とやや狙いづらい感があります。
となると、単勝回収値含め高い数字になっている前走重賞組が狙い目。

次に前走4角位置取り別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
4番手以内 12%-25%-41% /  93円-140円
5~9番手  14%-19%-23% / 238円-106円
10番手以下  5%-10%-21% / 188円-147円

元々の回収値が高いところから始まっているので、どの組も回収値は高め。
となると、成績面の数字の比較が重要になるわけで、その点では連対率・複勝率で断トツに高い数字を出した前走4角4番手以内の組が狙い目。

この時点で該当馬はシュウジ、セイウンコウセイ。

父ヘイロー系のシュウジ。父ミスプロ系のセイウンコウセイ。
ここで前走重賞で4角4番手以内だった馬に限る父系の血統成績を比較してみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
ミスプロ 20%-40%-60% / 360円-180円
ヘイロー  16%-33%-50% /  30円-101円

ここは成績面は若干上回ったのみですが、回収値で差をつけた父ミスプロ系の方が狙い目。

というわけで本命はセイウンコウセイとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はエポワスです。

前走芝1200~1400のレースで上がり3Fタイム5位以内だった父ノーザンダンサー系の馬は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 22%-44%-55% /  76円-282円

唯一の該当馬となる、この馬を穴で狙います。

 

 

予想評価(本命=セイウンコウセイ

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=最高」

予想評価(馬=エポワス
「自信度=低」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はシュウジです。
過去9回のこのレースで、前走芝1200m戦で上がり3Fタイム10位以下だった5歳以下の馬は(0,0,1,10)。また、前走3着以下に負けて今回中9週以上の休養明け初戦となる、父か母父ミスプロ系の馬は(0,0,0,10)。先のデータ予想では最後まで残ったこの馬ですが、不利なデータも揃ってその上人気しているようなら、あえてこの馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

AD

今週のメインエベント ~マーメイドS~

テーマ:

今週からはちょっとGⅠはお休み。ただ、ここで再び調子を上げて、上半期最後のGⅠに挑みたいものです。

そんな今週はこのところ相性の良い牝馬限定重賞で一本勝負です!

 

マーメイドSの本命馬はクインズミラーグロです!

 

過去10年のこのレースのデータから。
まずはハンデ戦ということで、このレースでの斤量別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
51kg以下   2%-10%-12% / 298円-137円
51.5~54kg 10%-18%-27% /  98円-120円
54.5kg以上  5%-11%-19% /  50円- 67円

牝馬限定戦ということで、斤量の重い実力馬より、斤量に負担の無い組の方が好走しているイメージ。
回収値の高い51kg組ですが、たまの人気薄激走馬が数字を上げている感じで、複勝率をみても好走の確率は信頼がしづらいところ。
となると狙いは好成績・高回収値となっている51.5~54kg組。

次に前走からのレース間隔別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
中8週以内  7%-15%-23% / 140円-118円
中9週以上  6%- 6%- 6% / 147円- 49円

中9週以上の休み明け初戦組からは実数で1頭の1着馬がいるのみ。ここでの狙いはやはり中8週以内の組。

この時点で該当馬はクインズミラーグロのみ。

というわけで本命はクインズミラーグロとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はプリメラアスールです。
前走条件戦出走馬でも好走率の高いこのレース。中でも前走一桁着順かつ前走から斤量2kg以上減となった5歳以下の父ヘイロー系の馬は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 14%-28%-42% / 616円-308円

唯一の該当馬となる、この馬を穴で狙います。

 

 

予想評価(本命=クインズミラーグロ

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=最高」

予想評価(馬=プリメラアスール
「自信度=低」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はトーセンビクトリーです。
過去10年のこのレースで、中5週以上での出走となった斤量55kg以上の馬は(0,0,1,8)。また、前走芝1600m以下のレースで4角10番手以下だった、父か母父ネイティブダンサー系の馬は(0,0,1,10)。重いハンデと脚質が不利となりそうな、この馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

AD

今週のメインエベント ~安田記念~

テーマ:

先週は本命スワーヴリチャードが好走したものの、消し馬レイデオロに届かずハズレ。ただ、予想はいい感じ。この調子で、春の連続GⅠを当てて締めたいと思います!

そんな、今週も渾身の一本勝負です!

 

安田記念の本命馬はレッドファルクスです!

 

過去10年のこのレースのデータから。
まずは過去10年このレースの複勝圏内入着馬の前走ステップレースは以下のように分類できます。

①国内芝GⅠ (4,1,1,25)
②海外GⅠ (2,2,0,21)
③京王杯スプリングC (1,3,1,34)
④上記以外の1600m以上の重賞 (2,4,8,47)
⑤その他オープン特別 (1,0,0,12)

これらのステップレースから出走する馬を狙いとし、その他ステップとなる馬はここで脱落とします。
ここからはこれら5つのパターンの複勝圏内入着例について、さらに細かく見ていきます。

■前走国内芝GⅠ
最も多くの勝ち馬を出しているのがこのパターン。
のべ5頭の複勝圏内入着馬に共通するのは
①前走一桁着順かつ着差0.7秒差以内
②前走7番人気以内
③前走敗れていた馬は、今回騎手乗り替わり
④前5走以内に「芝1400~1600mの重賞勝ち」or「芝1600のGⅠ連対」経験あり

該当馬なし。


■前走海外GⅠ
外国馬の出走が多いこのレース。当然ながらほとんどの外国馬のステップはこの例に該当します。ちなみに日本馬に限ると連対率50%の好相性。
のべ4頭複勝圏内入着馬に共通するのは
①前走3着以内
②芝1600~1800mのGⅠ勝ち経験あり
③前年のこのレース勝ち馬を除く日本馬は父ヘイロー系
④前2走とも重賞3着以内
⑤5歳~7歳

該当馬はなし。


■京王杯スプリングC
以前は一番の主要ステップだったこの組。
のべ4頭の複勝圏内入着馬の共通項は
①前走5番人気以内かつ7着以内かつ着差0.5秒以内。
②前走3着以下に敗れていた馬は東京芝1600mのGⅠで5着以内を経験
③前走上がり3Fタイム2位以内
④父か母父ターントゥ系

該当馬はレッドファルクス。


■1600m以上の重賞
対象が幅広い分複勝圏内入着馬も多いこの組。
のべ12頭の複勝圏内入着馬の共通項は
①前走9番人気以内かつ10着以内かつ着差0.8秒以内
②レース間隔は中4~8週
③3連勝馬を除く関東馬は前走6着以内かつ前2走以内に4角7番手以内を経験
④前走2着以内馬を除き「芝1400~1800mの左回りコースの重賞連対」または「東京芝1600mのGⅠで4着以内」経験あり
⑤前5走以内に重賞連対or芝1600mのオープン特別勝ちを経験。
⑥父か母父ノーザンダンサー系以外の馬は、前3走以内に上がり3Fタイム2位以内の経験あり
⑦前走から斤量増となる6歳以上馬は前1年以内に、左回り芝1600mコースの「重賞勝ち」or「GⅠ4着以内」を経験
⑧前2走以内にOP特別以下クラスに出走していた馬は、当該レースを0.1秒差以上勝ち

該当馬はエアスピネル、ブラックスピネル、ヤングマンパワー


■その他オープン特別
複勝圏内入着例は最も少なく、レースの格が低い分、高い次元のキャリアが必要となりそうなこの組。
のべ1頭の複勝圏内入着条件は
①前走6番人気以内かつ着差0.3秒以上勝ち
②前2走以内に芝1600m以上の重賞勝ちを経験
③前走と同じ騎手が継続騎乗
④前走から斤量増なし

該当馬はなし。


改めて該当馬はエアスピネル、ブラックスピネル、ヤングマンパワー、レッドファルクス。
1~4枠の内枠に入ったのがレッドファルクス、エアスピネル。5~8枠の外枠に入ったのがブラックスピネル、ヤングマンパワー。
それぞれの前走上がり3Fタイムが(内枠から順)1,2,1,8位。

ここでこのレースの内・外枠別&前走上がり3Fタイム別成績を比べてみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
内枠&1位  37%-62%-75% / 120円-185円 
内枠&2位   7%-15%-30% /  51円-178円
外枠&1位   7%-15%-23% /  30円- 80円
外枠&6位以下 2%- 7%-12% /  94円-118円

先週のダービーと同じく内枠が綺麗な馬場状態ながらも、レース自体は頭数の少なかった昨年を除けば前半からラップの速いタフなレースとなり最後に速い脚を使える馬が好走するレース。ということで数字からも内枠で前走上がり3F1位の馬が好成績・高回収値。

というわけで本命はレッドファルクスとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はコンテントメントです。
前走(国内外問わず)重賞を0.1秒差以上で勝ってきた、父も母父も非ヘイロー系の馬の成績は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 33%-55%-55% / 105円-107円 

ここ最近は不振ながらも、忘れた頃にやってくるのが香港馬のイメージ。この馬を穴で狙います。

 

 

予想評価(本命=レッドファルクス

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=コンテントメント
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はグレーターロンドンです。
過去10年のこのレースで、前走GⅠ勝ち馬を除き、中9週以上の休養明け初戦となった父ターントゥ系の馬は(0,0,0,13)。また、前走OP特別以下クラスに出走していた5歳以下の馬は(0,0,0,10)。前走の格の低さ、加えてローテーションも不利となりそうな、この馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓