今週のメインエベント ~日本ダービー~

テーマ:

さあいよいよ今週はすべてのホースマンの夢・日本ダービー!走る方も走らせるほうも夢なら、買う方も絶対当てたい夢のレース!今週も渾身の一本勝負です!

 

日本ダービーの本命馬はスワーヴリチャードです!

 

過去10年のこのレースのデータから。

まず過去10年の連対馬20頭の前走レースは以下の5レースからしか出ていません。     

①皐月賞     (7,6,5,61)
②NHKマイルC (1,1,1,28)
③青葉賞     (0,2,2,23)
④京都新聞杯   (1,1,1,19)
⑤桜花賞      (1,0,0,1)

その他レースのステップでからは連対馬は出てませんので、その他の組は脱落とし、ここからは一番の主要ステップと思われる①の「前走皐月賞組」と②~⑤の「前走その他ステップ組」にわけて傾向を見ていきたいと思います。


■前走皐月賞組
前走皐月賞組の連対馬のべ12頭の共通項は

○GⅠ馬を除き、前2走以内に芝1800m以上の重賞で連対経験あり
○前走4着以下に敗れていた馬は、前走4番人気以内
○芝1600m以上のレースで2番人気以内勝ちを経験
○「1800m以上の重賞で3着以内」を2回以上経験、うち一回は1着。また、うち1回は「東京コース」or「2000m以上」

該当馬はアルアイン、カデナ、スワーヴリチャード

■前走その他ステップ組
前走NHKマイルC・青葉賞・京都新聞杯・桜花賞からの連対馬は8頭。その共通項は

○前2走とも6番人気以内。ただし2走前が500万下条件なら1番人気勝ちが条件。
○「前3走以内に芝1800m以上の重賞勝ち」or「前2走とも芝1600m以上の重賞を連対且つどちらかは1着。ただし、前走はGⅠに限る」の経験あり
○前走0.0秒勝ちor敗れていた馬は、前走3番人気以内が条件。
○父か母父がターントゥ系

該当馬はアドミラブル。


改めて該当馬はアドミラブル、アルアイン、カデナ、スワーヴリチャード。

ここで過去10年のこのレースの枠番別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
1~2枠 17%-22%-32% / 165円-140円
3~4枠  2%-10%-15% /   7円- 56円
5~6枠  2%-10%-15% /  21円- 55円
7~8枠  1%- 5%- 8% /   3円- 54円

2009年からはダービー週からBコース→Cコースに替わるようになり、内側ほど綺麗な芝となるようになりました。その為か、好走馬は内側に集中。狙いは1~2枠。

というわけで本命はスワーヴリチャードとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はダイワキャグニーです。
5~8枠に入った馬でも好走しているのは、前走3番人気以内かつ4角7番手以内でここまでキャリア7戦以内だった馬は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 10%-31%-36% /  54円-211円

該当馬中人気のなさそうなこの馬を穴で狙います。

 

 

予想評価(本命=ワーヴリチャード

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=高」

予想評価(馬=ダイワキャグニー
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はレイデオロです。
過去10年のこのレースで、前走4番人気以下だったキャリア4戦以内の馬は(0,0,0,7)。また、今回6~8枠に入った前走4角10番手以下だったは(0,0,1,29)。キャリア不足と枠順の不利が気になる、この馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

AD

今週のメインエベント ~オークス~

テーマ:

先週はデータ該当馬2頭が1着・3着と好走して馬券も的中!この流れ来てます!勢いに乗って、今週もガツンと当てたいと思います!今週も牝馬GⅠで勝負!

 

オークスの本命馬はレーヌミノルです!

 

過去10年のこのレースで連対馬が出ているのは以下の3レース
(レース名/着度数)
①桜花賞    (8,5,4,64)
②忘れな草賞 (2,0,0,9)
③フローラS (1,4,4,32)

これら以外から連対馬が出た例はありませんので、その他レースのステップ組は消しとして、ここからはこの3レースそれぞれの連対例について見て行きます。

■桜花賞(8,5,4,64)
当たり前のように出走数が多い分、連対数も多いこのレース。のべ13頭の連対馬の共通項は。
①前走10着以内かつ着差1.0秒以内。ただし、前走3着以下だった馬は前走一桁人気。
②前走1着馬を除き、前走騎手が継続騎乗。
③前走3着以下だった馬は、今年に入って芝コースの「重賞連対」or「OP特別勝ち」
④父か母父ヘイロー系、または父か母父ミスプロ系。

該当馬はリスグラシュー、レーヌミノル。

■忘れな草賞
偶然にもレース名が示すように(?)忘れた頃にやってくるのがこのレースのステップ組。2頭の連対馬の共通項は
①前走2番人気以内かつ着差0.1秒以上勝ち
②前走騎手が継続騎乗
③父ヘイロー系

該当馬はなし。

■フローラS
連対例のないスイートピーSと比べて勝ち馬まで出してステップレースとしては断然好成績のこの組。5頭の連対馬の共通項は
①前走3着以内かつ0.1秒差以内
②前走3番人気以内
③前走3角10番手以内
④父か母父がノーザンダンサー系orミスプロ系
⑤関西馬は複勝率100%

該当馬はフローレスマジック。

改めて該当馬はフローレスマジック、リスグラシュー、レーヌミノル。

ここでこのレース全体の前走上がり3Fタイム別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
5位以内 10%-16%-24% /  90円- 62円
6位以下  1%- 5%- 7% /  36円- 44円

好成績・高回収値となったのは5位以内の組。
上がり3Fタイムが速いということは、それだけの速い脚が使えるということのほかに、最後の最後にまだそれだけの余裕が残っているという裏付けにもなります。
3歳馬にはスタミナ勝負とも言えるこの時期の2400m戦。前走速い脚を残していた上がり3Fタイム5位以内の馬が狙い目。

この時点で該当馬はリスグラシュー(武豊)、レーヌミノル(池添)。
最後は騎手データです。
「4~5月」「芝の3歳限定重賞」(過去5年)の成績を比べてみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
池添 15%-31%-47% / 305円-147円
武豊  7%-14%-21% /  15円- 80円

ここ数年はクラシック戦戦で思いのほか勝てていない武豊。一方、この馬の前走で人気薄勝利、また昨年もこのレースを勝っている池添は好成績・高回収値。

というわけで本命はレーヌミノルとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はブラックスビーチです。
前走・前々走も連対を外していなかったディープインパクト産駒は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 28%-71%-85% / 125円-141円

該当馬中人気のなさそうなこの馬を穴で狙います。

 

 

予想評価(本命=レーヌミノル

「自信度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」

予想評価(馬=ブラックスビーチ
「自信度=低」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はアドマイヤミヤビです。
過去10年のこのレースで、このレース8枠に入った、前走上がり3Fタイム3位以下だった父ヘイロー系の馬は(0,0,0,7)。また、前走4角13番手以下で10着以下に敗れていた馬は(0,0,0,11)。枠順の不利と前走大敗に不安のあるこの馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

AD

今週のメインエベント ~ヴィクトリアマイル~

テーマ:

先週はやはり少し狙いすぎたかなと自分でも思ってます(苦笑)。気を取り直して、今週こそ当てましょう!同じ府中のマイル戦でリベンジです!

 

ヴィクトリアマイルの本命馬はジュールポレールです!

 

過去10年のこのレースのデータから。
まずは前走クラス別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
OP特別以下  0%- 0%- 7% /   0円- 42円
重賞     5%-10%-15% /  93円-134円

ここはさすがにGⅠの舞台、前走レースレベルの低いOP特別以下のクラスからは連対馬すらでていません。狙いは前走重賞組。

次に前走人気別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
4人気以内  5%-11%-18% /  53円- 71円
5~9人気  4%- 9%-11% / 164円-102円
10人気以下  0%- 0%-12% /   0円-385円

前走人気が低い馬はこのレースでも人気が低いため、その分馬券圏内に入れば回収値は跳ね上がりますが、その成績自体は10%を切る連対率から狙いづらいところ。
そうなると、必然的に狙いは成績が安定している前走4番人気以内の組。

さらにこのレースでの枠番別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
1~3枠  6%-13%-23% / 149円-122円
4~6枠  5%-11%-13% /  19円- 61円
7~8枠  5%- 8%-13% /  84円-190円

 

09年以降のこのレースは、東京芝Aコースから仮柵移動しBコースで行われるようになったせいか、荒れた部分は柵の内側となり、ちょうど最内からが馬場の綺麗な部分となるようで、その影響もあってか数字自体も高い数字が内側に集中しています。狙いは1~3枠の馬。

この時点で該当馬はジュールポレール、アドマイヤリード。

前走3角5番手だったジュールポレール、前走3角14番手だったアドマイヤリード。
ここでこのレース全体の3角位置取り別成績を比べてみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
5番手以内  6%-15%-22% /  71円-262円
6番手以下  5%- 9%-14% /  90円- 58円

先の内側有利ということもあってか、外からの差し馬が届きにくく、できるだけ前めでレースできる方が好成績。狙いは前走3角5番手以内の馬。

というわけで本命はジュールポレールとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はソルヴェイグです。

穴馬も内枠から。
このレース1~3枠に入った馬で、前走から距離延長となる父ヘイロー系の馬は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 12%-25%-43% / 171円-211円

唯一の該当馬、この馬を穴で狙います。

 

 

予想評価(本命=ジュールポレール

「自信度=低」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=最高」

予想評価(馬=ソルヴェイグ
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はルージュバックです。
過去10年のこのレースで、マンハッタンカフェ産駒の成績は(0,0,0,8)。前走1800m以上の距離で8着以下に負けていた関東馬は(0,0,0,12)。血統面と前走大敗に不安のあるこの馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

AD

今週のメインエベント ~NHKマイルC~

テーマ:

先週は締めきりすぎることなく買えまして(笑)、馬券も◎本命が2着して的中することができました!1着だったら・・・とは思いますが、その夢は今回に期待します!

というわけで、今週も渾身の一本勝負!

 

NHKマイルCの本命馬はプラチナヴォイスです!

 

過去10年のこのレースのデータから。
まずは前走クラス別成績を見てみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
500万下   0%- 0%- 0% /   0円-  0円
OP特別   0%- 2%- 5% /   0円-140円
GⅡ・Ⅲ  6%-12%-19% /  86円-121円
GⅠ    8%-17%-23% / 249円-140円

好成績・高回収値となったのが前走GⅠ組。昨年は1,2着馬、一昨年は1着馬がでており近年のトレンドなりつつあるのがこの組。

GⅠ組の好走理由として、GⅠ組のほとんどを占める桜花賞・皐月賞が連続開催の馬場が荒れた終盤に行われ、後方待機の差し追い込み馬が有利となりやすい傾向があるのに対し、NHKマイルCは開催前半の馬場が荒れていない前残り傾向の中行われるためではないかと考えられます。
そこで前走GⅠ出走馬に限った前走4角位置取り別成績を見てみると

  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
10番手以内 12%-25%-33% / 352円-198円
11番手以下   0%- 0%- 0% /   0円-  0円

複勝圏内入着馬はすべて前走10番手以内から。狙いはやはりこの組。

また前走GⅠ出走と言っても2歳時が強くその時の賞金で出ている馬と、3歳時になって力をつけた馬とでは差があります。
その一つの指標として、「3歳時に重賞3着内またはオープン特別勝ち」の経験が有るか無いかの違いを見てみると
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
有  9%-22%-31% / 355円-207円
無   8%- 8%- 8% /  53円- 17円

やはり好成績となったのは「3歳時に重賞3着内またはオープン特別勝ち」の経験が有る馬。
この時点で該当馬はプラチナヴォイスのみ。

というわけで本命はプラチナヴォイスとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はタイセイスターリーです。

前走4角5番手以内かつ前走から中3週以内で出走した、父ヘイロー系の一桁馬番の馬は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 25%-41%-50% / 648円-231円

該当馬中、人気のなさそうなこの馬を穴で狙います。

 

 

予想評価(本命=プラチナヴォイス

「自信度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=タイセイスターリー
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はカラクレナイです。
過去10年のこのレースで、関西馬の牝馬は(0,0,1,11)。また、前走5番人気以下で、かつ4角13番手以下だった馬は(0,0,0,10)。牝馬で輸送が伴う点、加えて脚質面に不安のあるこの馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓