今週のメイエンエベント ~阪急杯~

テーマ:

いやー、先週は見事なまでに惜しくもないハズレ。しかも、消し馬が3着に来るという(まあ、1番人気を3着に沈めたとも考えられますが)。

今週から春のGⅠシリーズに向けて、改めてトライアルシーズンを闘いたいと思います。

そんな今週、改めての思いで一本勝負でスタートです!

 

阪急杯の本命馬はブラヴィッシモです!

 

過去10年のこのレースのデータから。
まずは前走クラス別成績に注目
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
OP特別以下  0%- 0%- 4% /   0円-  9円
国内重賞    7%-15%-22% /  50円- 70円
海外重賞    100%- 100%- 100% / 270円-140円

高松宮記念への重要ステップとなるこのレースは前走レースレベルも高い方が好走しやすい様子。2頭ともが2勝している前走海外重賞組は今回出走しませんので、ここでの狙いは前走国内重賞組。

 

次に前走国内重賞出走馬に限った、前走4角位置取り別成績を比べてみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
5番手以内 13%-25%-25% /  90円- 61円
6~9番手  8%-16%-24% /  37円- 48円
10番手以下  2%- 6%-20% /  18円- 91円

 

開幕週に行われるレースのせいか、前めの位置取りが有利なこのレース。
前走位置取りも前めの、4角5番手以内が好成績。

この時点で該当馬はブラヴィッシモのみ。

というわけで本命はブラヴィッシモとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はトーキングドラムです。

過去10年のこのレース。僅差ながら関西馬より関東馬の方が好成績なこのレース。
とくに前走0.0~0.4秒差の僅差負けで、前走騎手が継続騎乗となった関東馬の成績は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 40%-60%-80% / 222円-264円
 

唯一該当する、この馬を穴で狙います。

 

 

 

予想評価(本命=ブラヴィッシモ

「自信度=中」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=高」

予想評価(馬=トーキングドラム
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=最高」



また消し馬(=キルクル)はロサギガンティアです。
過去10年のこのレースで、過去1年以内にGⅠ3着内を経験していた馬を除き、前走5着以下に負けていた関東馬は(0,0,0,12)。前走4角8番手以下だった馬で、このレース騎手乗り替わりとなった6歳以上馬は(0,0,0,29)。前走大敗、加えて脚質面も不安のあるこの馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

AD

今週のメインエベント ~フェブラリーS~

テーマ:

先週は◎本命馬が見事1着のクリーンヒット、そして上げ潮ムードの中迎えた今年初のJRA・G1!ここでさらに大きな一発を打ちたいと思います!そんな今週も渾身の一本勝負です!

 

フェブラリーSの本命馬はモーニンです!

 

過去10年のこのレースのデータから。

まずは前走クラス別成績に注目
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
OP特別以下  7%-14%-14% /  1943円-250円
GⅡ・Ⅲ    5%- 7%-10% /  45円- 37円
GⅠ      8%-24%-40% /  62円- 92円

OP特別以下の組の非常に高い回収値が目立ちますが、これは14年16番人気1着のコパノリッキーの一発が利いてのもの。この組からは実数ではそのコパノリッキーと09年2着のカジノドライヴの2例しかなく、狙いづらいところ。
そうなると、狙いは好成績となっている前走GⅠ組。

次に前走GⅠ組に限った、前走着差別成績を見てみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
0.9秒以内 13%-34%-56% / 112円-114円
1.0秒以上  0%- 9%-19% /   0円- 65円

さすがにGⅠとあって、前走1.0秒以上負けていては巻き返しは難しそう。
狙いは前走着差0.9秒以内の馬。

さらに前走GⅠで着差0.9秒以内だった馬に限った、年齢別成績を見てみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
4歳   20%-60%-60% / 412円-162円
5歳   50%-75%- 100% / 130円-142円
6歳    0%- 0%-28% /   0円- 64円
7歳以上  0%-28%-57% /   0円-114円

回収値の高い4歳馬もなかなかの魅力ですが、それ以上に複勝率100%とあっては5歳馬を狙わないわけにはいきません。
この時点で該当馬はモーニンのみ。

というわけで本命はモーニンとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はケイティブレイブです。

先の前走「前走GⅠで着差0.9秒以内だった馬の年齢別成績」のデータで高回収値だった4歳馬組。また、同じく前走GⅠで着差0.9秒以内だった馬で、前走4角2番手以内だった馬の成績は
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
   25%-50%-62% /  65円-117円

これらに該当する、この馬を穴で狙います。

 

 

 

予想評価(本命=モーニン

「自信度=中」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=高」

予想評価(馬=ケイティブレイブ
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=最高」



また消し馬(=キルクル)はカフジテイクです。
過去10年のこのレースで、ここまで複勝率100%だった馬を除き、前走1600m以下のレースに出走していた4歳馬(0,0,0,12)。また、父ミスプロ系でこのレース騎手乗り替わりとなった馬は(0,0,1,19)。このレースで成績不振の4歳馬、加えて血統面にも不安のあるこの馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

AD

今週のメイエンエベント ~京都記念~ 

テーマ:

「もうそろそろ」「もうそろそろ」と言い続けて、どれだけの月日が過ぎたことか・・・。早いもので来週は今年最初の中央GⅠ・・・。もう当たりが欲しい!

そんな今週も渾身の一本勝負です!

 

京都記念の本命馬はサトノクラウンです!

 

過去10年のこのレースのデータから。
まずは前走クラス別成績に注目。
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
条件戦   0%- 0%- 0% /   0円-  0円
OP特別  0%- 8%- 8% /   0円- 16円
GⅡ・Ⅲ  4%-10%-15% /  32円- 58円
GⅠ   17%-30%-47% / 187円-114円

ここをステップにドバイ遠征に向かう馬もいる、この時期にしては非常にレベルの高いレース。
好走馬は前走、前年冬のGⅠ戦線(香港国際競争等の海外GⅠ含む)に出走し、ここから始動する馬に集中。

 

次に前走GⅠ出走馬に限った、レース間隔別成績を見てみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
中8週以内 26%-36%-57% / 324円-146円
中9週以上  9%-23%-38% /  62円- 85円

ここではあまり間隔があきすぎず、レース感覚がボケないうちに出走して来た組に好走馬が集中。
この時点で該当馬はサトノクラウン、スマートレイアー。

5歳馬のサトノクラウン、7歳馬のスマートレイアー。
ここで前走GⅠ出走馬に限った年齢別成績を比べてみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
5歳   18%-27%-72% / 212円-160円
7歳以上  0%- 0%- 0% /   0円-  0円

本番前に目いっぱい走っては余力が残らない高齢馬より、若い馬の方が好成績。

というわけで本命はサトノクラウンとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はショウナンバッハです。

前走重賞で8着以内だった6歳馬の成績は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
  6%-33%-46% / 228円-138円

唯一の該当馬となる、この馬を穴で狙います。

 

 

 

予想評価(本命=サトノクラウン

「自信度=中」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=高」

予想評価(馬=ショウナンバッハ
「自信度=中」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はミッキーロケットです。
過去10年のこのレースで、前走から中3週以内の出走で、斤量増となった馬の成績は(0,0,0,11)。また前走GⅠ以外で上がり3Fタイム6位以下だった、父ターントゥ系以外の馬は(0,0,0,13)。レベルの高いレースにきて斤量増、加えて脚質面に不安のあるこの馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

AD

今週のメインエベント ~きさらぎ賞~

テーマ:

先週の結果も残念!消し馬は間違えていないため、そろそろ当たりが来てもいいはずですが・・・今週こそ一発ドカンと当てたい!そんな今週も渾身の一本勝負です!

 

きさらぎ賞の本命馬はエスピリトゥオーゾです!

 

過去10年のこのレースのデータから。
まずは前走クラス別成績に注目。
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
新馬    0%- 0%- 0% /   0円-  0円
未勝利   6%-20%-46% /  92円-172円
500万下   7%-25%-33% /  20円- 92円
オープン 13%-16%-24% /  63円- 45円

新馬戦の複勝圏内入着例が無いというのは意外なところ。この時期まで来ると有る程度のレースキャリアは必要というところでしょうか。その点、前走同じ初勝利組でも前走未勝利組は連対率・複勝率も高く、複勝回収値もトップ。他の組の方が勝率は高いですが、前走レースレベルが低く見られるせいか同じような連対率で高回収値となるのであれば、こちらを狙いたいところ。

次に前走距離別成績を見てみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
距離延長  5%- 5%-16% /  81円- 58円
同距離   3%-20%-27% /  47円- 85円
距離短縮 18%-31%-42% /  61円-103円

レースレベルも高いうえに、この時期の3歳馬に1800m戦となるとスタミナも要求されるタフなレースになりがち。そのせいか、好成績・高回収値となっているのは前走長い距離を使ってきた距離短縮組。
この時点で該当馬はエスピリトゥオーゾのみ。

というわけで本命はエスピリトゥオーゾとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はスズカメジャーです。

前走距離2000m以上のレースで上がり3Fタイム2位以内だった馬は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 25%-45%-60% /  63円-166円

該当するのは、本命馬とこの馬。本命馬がかなりの穴馬のため、こちらの方がかなりオッズが下がりますが、相対的に見ればまあままの高めなるはず。穴で狙います。

 

 

 

予想評価(本命=エスピリトゥオーゾ

「自信度=中」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=スズカメジャー
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はダンビュライトです。
過去10年のこのレースで、前走1.0秒以上負けていた、キャリア4戦以内の馬は(0,0,0,9)。前走4角6番手以下だった父ミスプロ系の馬は(0,0,1,8)。前走大敗、加えて血統面に不安のあるこの馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓