今週のメインエベント ~根岸S~

テーマ:

先週の結果もイマイチ!イマイチ続き!なかなか苦しい戦いが続きます・・・。

ここらで一発ドカンと、派手に当ててスランプ脱出と行きたい!そんな今週も渾身の一本勝負です!

 

根岸Sの本命馬はキングズガードです!

 

過去10年のこのレースのデータから。
まずは前走クラス別成績に注目。
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
条件戦   0%- 7%-15% /   0円- 42円
OP特別  4%-13%-17% / 100円- 68円
地方重賞  0%- 0%- 8% /   0円- 56円
中央重賞 12%-17%-25% / 146円-109円

GⅠフェブラリーSのステップレースとなるこのレース。好成績は前走重賞組、中でもレベルの高い中央馬同士で戦う中央重賞組に集中。

次に前走中央重賞組に限った、前走着順別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
5着以内 20%-26%-33% /  87円-110円
6着以下  3%- 7%-15% / 215円-108円

6着以下組の単勝回収値が高いのは、07年ビッググラスの一発のみで高い数字となっており、そこに目をつぶれば狙いは好成績となっている前走5着以内組。

次に前走中央重賞組に限った、前走距離別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
距離延長  5%-17%-29% /  21円-138円
同距離   0%- 0%- 0% /   0円-  0円
距離短縮 45%-45%-45% / 205円- 88円

直線の長いタフな東京コース。前走距離もスタミナの要求される距離短縮組の方が好成績。
この時点で該当馬はカフジテイク、キングズガード。

父プリサイスエンドのカフジテイク、父シニスターミニスターのキングズガード。
ここで「東京ダート1400m戦」(過去5年)のそれぞれの父馬の産駒別成績を比べてみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
シニスターミニスター 11%-26%-36% / 153円-179円
プリサイスエンド  4%-15%-25% /  29円- 66円

好成績・高回収値となっているのは断然シニスターミニスターの方で、狙いはこちら。

というわけで本命はキングズガードとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はブルミラコロです。

中9週以上の休養明け初戦の馬を除く、前走・前々走連勝してきた5歳以上馬の成績は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 10%-60%-60% /  36円-206円

唯一の該当馬となるこの馬を穴で。前走条件戦であっても、過去にはこの条件に合致した10年2着サマーウインドの例もあり侮れません。

 

 

 

予想評価(本命=キングズガード

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=ブルミラコロ
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はマッチョウノです。
過去10年のこのレースで、前走条件戦で、3角3番手以下だった馬は(0,0,0,9)。また、前走重賞3着以内だった馬を除く、このレース8枠に入った馬は(0,0,0,13)。前走から格上げ、さらに不利な大外枠と不安な条件が揃ったこの馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

AD

今週のメインエベント ~AJCC~

テーマ:

先週は荒れた天気にあわせるように荒れたレース結果となり良いところなしで終了。

また今週も天気は荒れそうですが・・・ここは予想も穴目を狙って、一発デカイところを狙いたいと思います!そんな今週も渾身の一本勝負です!

 

AJCCの本命馬はワンアンドオンリーです!

 

過去10年のこのレースのデータから。
まずは前走クラス別成績に注目。
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
条件戦   5%- 5%-15% /  16円- 51円
OP特別  0%- 8%-16% /   0円- 42円
重賞   10%-18%-25% /  62円- 88円

 

この時期に数少ないGⅡ別定戦。その格の高さもあってかレースレベルも高く、好成績となっているのは前走重賞組。

 

次に前走重賞組に限った、前走距離別成績を見てみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
距離延長  7%-17%-25% /  46円- 98円
同距離   0%- 0%- 0% /   0円-  0円
距離短縮 13%-22%-27% /  88円- 77円

 

同距離組はサンプル数が少ないこともありますが好走例はなし。また距離延長組はサンプル数が多い割に勝ち馬が出ておらず、低い勝率が狙いづらいところ。

そうなると狙い目は距離短縮組。

 

また前走重賞組に限った、前走4角位置取り別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
5番手以内 13%-24%-32% /  88円-127円
6~9番手  0%-13%-13% /   0円- 30円
10番手以下 10%-15%-23% /  60円- 72円

 

中山連続開催の最終週ですが、思いのほか差し・追い込みは決まりにくく、好走馬は前めにつけた馬に集中。狙いは前走4角5番手以内の馬。

 

この時点で該当馬はクリールカイザー(吉田豊)、ショウナンバッハ(松岡)、ワンアンドオンリー(田辺)。

最後は騎手データです。
「中山芝コース」「古馬混合重賞」(過去5年)の成績を比べてみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
田辺 12%-25%-33% / 321円-162円
松岡  6%-12%-19% /  70円- 71円
吉田豊 7%-10%-21% /  39円- 65円

 

文句なしの好成績・高回収値となったのは田辺。14年、15年のこのレースを連覇している点でも魅力十分。

というわけで本命はワンアンドオンリーとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はショウナンバッハです。

先の該当馬から、ほぼ似通った成績ながら回収値が高かった松岡に一発を期待して、穴馬で狙います。

 

 

予想評価(本命=ワンアンドオンリー

「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=ショウナンバッハ
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=高」



また消し馬(=キルクル)はミライヘノツバサです。
過去10年のこのレースで、前走条件戦に出走し、上がり3Fタイム3位以下だった馬は(0,0,1,10)。前走から中1週以内で出走した馬は(0,0,1,17)。前走から格上げ、さらに間隔の詰まったローテーションに不安のある、この馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

AD

今週のメインエベント ~愛知杯~

テーマ:

2017年の地元・中京開催開幕!・・・の予定ですが、大雪となりそうで開催されるかどうか・・・。まあ、そんなことは気にせず、開幕週の重賞を気合い入れて予想します!

 

愛知杯の本命馬はプリメラアスールです!

 

12月開催だった時代も含め、中京コースが馬場改修された2012年以降過去4回のこのレースのデータから。
まずはハンデ戦ということで、このレースの斤量別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
49kg以下   0%- 0%- 0% /   0円-  0円
50~52kg   8%-20%-20% / 242円-168円
53~55kg   0%- 0%- 7% /   0円- 48円
55.5kg以上 28%-42%-57% / 371円-198円

 

ハンデ戦は斤量重い組を狙うのがデータ派の定説ですが、好成績となっている斤量55.5kg以上組は今回の出走馬にはいません。
そこで逆に今回狙い目となるのは、斤量的に恵まれた50~52kg組。

 

次に斤量50~52kg組に限った、前走4角位置取り別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
3番手以内 33%-50%-50% / 970円-480円
4~9番手  0%-16%-16% /   0円- 97円
10番手以下  0%- 0%- 0% /   0円-  0円

 

全体的に差し傾向にある中京芝コースですが、このレースに限っては前に行った馬が有利な様子。狙いは前走4角3番手以内の馬。

というわけで本命はメイショウソウビとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はアンジェリックです。

このレース斤量50~52kgで出走し、前走上がり3Fタイム5位以内、このレース3~8枠に入った馬の成績は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 18%-45%-45% / 529円-368円

 

唯一該当馬となるこの馬を穴で。

 

 

予想評価(本命=プリメラアスール

「自信度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=最高」

予想評価(馬=ラアンジェリック
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はヒルノマテーラです。
過去4回のこのレースで、前走から斤量増となった馬は(0,0,0,9)。前走4角13番手以下だった馬は(0,0,1,13)。牝馬には酷な斤量増、加えて脚質面に不安のある、この馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

AD

今週のメインエベント ~シンザン記念~

テーマ:

先週は中山金杯で消し馬が1着になってしまったものの、京都金杯では本命馬が3着、多少なりとも格好はつけたというところでしょうか。とは言え、的中と言える予想とは言えない為、改めてこの日曜日でスタートを切りたいと思います!そんな、今週は西の3歳重賞で渾身の一本勝負!

 

シンザン記念の本命馬はメイショウソウビです!

 

過去10年のこのレースのデータから。
まずは前走4角位置取り別成績を見てみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
4番手以内  10%-16%-23% /  94円- 94円
5~9番手   5%- 9%-17% /  29円- 70円
10番手以下   0%-13%-20% /   0円- 55円

 

京都開幕週に行われるこのレース。前残り傾向が強く、前走位置取りも前目の馬が有利。狙いは前走4番手以内。

 

次に前走4角4番手以内の馬に限った、前走レースクラス別成績を見てみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
新馬・未勝利 10%-10%-10% /  36円- 19円
500万下    15%-26%-36% / 244円-257円
オープン    8%-16%-25% /  32円- 35円

 

新馬・未勝利から飛び級でここに挑戦する馬はやや不利。またオープンクラスだった馬は12月のGⅠ戦を走った馬に比べてやや小粒な感があり、ここでの狙い目は前走500万下組が好成績。

 

さらに前走500万下で4角4番手以内だった馬に限る、前走レース間隔別成績を見てみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
中2週以内 15%-23%-38% / 344円-321円
中3~8週 20%-40%-40% /  32円-144円
中9週以上  0%- 0%- 0% /   0円-  0円

 

勝率・複勝率ベースでは中2週以内・中3~8週にさほど差はありませんが、回収値面では断トツ中2週以内の方が魅力。
この時点で該当馬はメイショウソウビのみ。

というわけで本命はメイショウソウビとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はブラックランナーです。

前走4角3番手以内だった父ノーザンダンサー系の馬で、このレース騎手が継続騎乗だった馬は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 11%-11%-33% /  38円-166円

 

唯一該当馬となるこの馬を穴で。

 

 

予想評価(本命=メイショウソウビ

「自信度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」

予想評価(馬=ブラックランナー
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=最高」




また消し馬(=キルクル)はトラストです。
過去10年のこのレースで、キャリア6戦以上で、前走0.6秒以上負けていた馬は(0,0,0,16)。また前走芝1600m以下の距離を走っていた父ロベルト系の馬は(0,0,1,5)。前走大敗、加えて血統面に不安のある、この馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

今週のWメインエベント ~京都金杯~

テーマ:

さあ、Wメインエベントの二本目です!

二本目はもちろん西の重賞で勝負!

 

京都金杯の本命馬はフィエロです!

 

過去10年のこのレースのデータから。
まずハンデ戦ということで斤量増減別成績に注目。
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
斤量増 10%-20%-31% / 138円- 79円
同斤量  8%-15%-18% /  61円- 60円
斤量減  2%- 6%-13% /  21円- 64円

 

今年もデータ派の定説となっている「ハンデ戦は斤量増の組が有利」。このレースでも例にもれません。

 

また前走から斤量増となった組に限る、前走上がり3Fタイム順位別成績を見てみると

  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
2位以内  16%-66%-83% / 230円-185円
3~5位   0%- 0%- 0% /   0円-  0円
6位以下  11%-11%-23% / 154円- 70円

直線の長い京都芝1600mコース。速い上がりの脚が使える馬には有利。
この時点で該当馬はフィエロのみ。

というわけで本命はフィエロとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はテイエムタイホーです。

前年の京都金杯で3着以内入着し、前走同じ京都芝1600m戦に出走していた馬は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
  25%-50%-75% /  90円-142円

 

唯一該当するこの馬を穴で。

 

 

予想評価(本命=フィエロ

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=テイエムタイホー
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=最高」



また消し馬(=キルクル)はアストラエンブレムです。
過去10年のこのレースで、ダイワメジャー産駒の成績は(0,0,0,5)。また、斤量55kg以下の関東馬は(0,0,1,6)。このレース不利な関東馬、加えて血統面に不安のある、この馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓