今週のメインエベント ~ジャパンカップ~

テーマ:

先週はようやく本命馬が一着。これで流れが上向きました、ここから年末まで一気に突っ走りたいと思います。そんな今週も一本勝負です!

ジャパンCの本命馬はシュヴァルグランです!

 

過去10年のこのレースのデータから。

まず

○前走から中9週以上のレース間隔の馬(0,0,0,12)

 

このパターンからは連対馬は出ていませんので消しとします。

 

また
○外国調教馬(0,0,1,40)

 

このパターンもすっかり苦戦気味で消し。

さらに、ここからは日本馬の複勝圏内入着条件について見ていきます。

日本馬で連対したのべ20頭は以下のいずれかに該当。
※前走または前々走が海外レースに出走の場合は、そのレースでの「人気」については無視します。(ブックメーカーによって人気は変わるため)。

 

①前走天皇賞(秋)で9人気以内かつ0.8秒差以内。
②前走3番人気以内で東京コースのGⅡ勝ち。
③前走GⅠレースに出走し3番人気以内で着差0.5秒以内or海外のGⅠで8着以内入着。

 

いずれかをクリアが条件。


さらに前走国内レースで負けていた馬に限っては

⑤2走前のレースで3番人気以内且つ芝1800m以上の「GI4着以内」or「GⅡで着差0.2秒以内」

 

をクリアしていることが条件。

該当馬はシュヴァルグラン、ディーマジェスティ、ルージュバック。

 

休養明け2戦目となる4歳馬、休養明け3戦目の3歳馬ディーマジェスティ、同じく休養明け3戦目の4歳馬ルージュバック。
それぞれの出走パターン&年齢別成績を比べてみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
4歳・2戦目  26%-33%-40% / 154円- 67円
3歳・3戦目  11%-22%-33% /  85円- 83円
3歳・4戦目   8%-25%-33% /  76円- 53円

 

最も好成績と言えるのが、年齢的に脂が乗り、疲れの少ないステップで来られる4歳馬の休養明け2戦目パターン。

というわけで本命はシュヴァルグランとしました。


 

また★馬(=推奨穴馬)はビッシュです。

前走・前々走とも重賞で1番人気だった馬の成績は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 30%-38%-53% / 120円- 73円

 

該当馬中、最も人気のなさそうなこの馬を穴で狙います。


 


予想評価(本命=シュヴァルグラン

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=ビッシュ
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=最高」



また消し馬(=キルクル)はルージュバックです。
過去10回の前走6着以下に敗れていた馬で「前5走以内に芝2000m以上の重賞3着以内」の経験が無かった馬は(0,0,1,13)。また、前走上がり3Fタイム5位以下で関東所属騎手が継続騎乗したは(0,0,0,13)。前走大敗に加えて上がりの脚に限界を感じるこの馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

AD

今週のメインエベント ~マイルCS~

テーマ:

まだまだ流れが悪いですね。ここは先週とは打って変わって、一発穴を狙って今までの負けを取り返そうと思います。そんな今週も一本勝負です!

マイルCSの本命馬はミッキーアイルです!

 

過去10年のこのレースのデータから。
まずは前走人気別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
2人気以内 11%-20%-31% / 201円-100円
3~5人気  7%-17%-17% /  35円- 41円
6人気以下  1%- 2%- 6% /  14円- 33円

 

ともすればスプリント路線、中距離路線からも実力馬が挑んで来るこのレース。レースレベルは高く、前走時点で高い実力支持を受けていた馬が好成績。

 

次に前走斤量増減別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
斤量増  1%- 9%-15% /  18円- 54円
同斤量  7%-14%-17% / 153円- 68円
斤量減  7%- 9%-16% /  34円- 43円

 

ここに来ての斤量増が不利に働く事はもちろん、斤量減=前走を酷量で走った疲労がでるためか斤量減の成績もイマイチ。狙いは前走から同斤量組。

この時点で該当馬はサトノアラジン(川田)、ミッキーアイル(浜中)。

 

最後は騎手データです。
「芝1600m以下」の「古馬混合重賞」(過去5年)の成績を比べてみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
浜中 12%-22%-27% /  88円- 75円
川田  5%-11%-27% /  26円- 75円

 

リーディング上位の両者ですが、この条件に関しては川田の勝ちきれなさが目立ちます。逆に回収値面も含め安定していると言えるのが浜中で狙いはこちら。

というわけで本命はミッキーアイルとしました。


 

また★馬(=推奨穴馬)はテイエムタイホーです。

前走3角5番手以内だった父ヘイロー系の馬で、過去1年以内に京都芝1600mの重賞で3着以内を経験していた馬の成績は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 18%-18%-36% / 185円- 89円

 

該当馬中、最も人気のなさそうなこの馬を穴で狙います。


 


予想評価(本命=ミッキーアイル

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=テイエムタイホー
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=最高」



また消し馬(=キルクル)はイスラボニータです。
過去10回の前走GⅢ以下クラスで、4角3番手以下且つ敗れていた馬は(0,0,0,38)。また、前走天皇賞・秋3着以内だった馬を除く、父か母父グレイソブリン系の馬は(0,0,0,13)。脚質面と血統面に不安のあるこの馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

AD

今週のメインエベント ~エリザベス女王杯~

テーマ:

最近はちょっと流れが悪いですね。そろそろ当てたいので、今週はこれでも手堅く行ったつもり。そんな今週も一本勝負です!

エリザベス女王杯の本命馬はパールコードです!

 

過去10年の連対馬の前走レースは大きく分けて5つのパターンに分類されます。
①府中牝馬S②秋華賞③(国内)牡馬混合重賞④牡馬混合条件戦⑤海外のレース。
これら以外のステップからは連対馬は出ていません。
今年は⑤に該当する馬は出走していませんので①~④の組について、順番に連対例を見ていきます。


■前走府中牝馬S組(すべてクリアが条件)

①その前走・前々走とも「芝1800m以上の重賞」に出走し「一桁人気」かつ「着差0.4秒以内」
②過去にこのレースで5着内入線を経験。

該当馬なし。


■前走秋華賞組(どちらかをクリアが条件)
①前走・前々走ともに芝1800m以上の重賞に出走し、2走ともに6番人気以内かつ7着以内。
②父か母父ヘイロー系

該当馬はパールコード。


■前走(国内)牡馬混合重賞。(どちらかをクリアが条件)

①「前年のこのレースで連対」かつ前走芝2200以上の重賞で連対
②前走の人気・結果は関係なく、過去1年以内に「牡馬混合のオープンクラス・芝2000m以上のレースで1着」
③前2走とも一桁人気かつ5着以内。またこのレース含む3走すべて同じ騎手。

該当馬はマリアライト。


■前走牡馬混合条件戦
①前走・前々走とも2番人気以内で1着。かつ前走は今回と同コースの京都芝2200m戦。

該当馬はなし。


改めて該当馬はパールコード、マリアライト。


休養明け3戦目となる3歳馬のパールコードと休養明け2戦目となる5歳馬のマリアライト。
ここでぞれぞれの年齢別&休養明けからのレースステップ数別成績を比べてみると
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
3歳・3戦目 10%-20%-27% / 110円- 63円
5歳・2戦目  5%-11%-11% / 127円- 27円

 

3歳馬の3戦目のステップの方が、秋華賞を戦ってきた勢いのまま向かえるせいか好成績かつ高回収値。狙いはこちら。

というわけで本命はパールコードとしました。


 

また★馬(=推奨穴馬)はシャルールです。

前走重賞で3角2番手以内だった父か母父ナスルーラ系の馬は
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 20%-60%-60% / 1542円-734円

 

唯一の該当馬となる、この馬を穴で狙います。


 


予想評価(本命=パールコード

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=シャルール
「自信度=低」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はミッキークイーンです。
過去10回のこのレースで前走左回りコースで0.3秒以上負けていた、父ヘイロー系の馬は(0,0,0,26)。また中8週以上の休養明け初戦となる馬は(0,0,0,13)。血統面と休養明け初戦のローテーションに不安のあるこの馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

AD

今週のメインエベント ~アルゼンチン共和国杯~

テーマ:

先週は結局ハズレてしまい、これで天皇賞・秋21連敗となりました。また来年に向けて、また今週からやり直します。

新たなスタート(?)となる今週も渾身の一本勝負です!

アルゼンチン共和国杯の本命馬はモンドインテロです!

 

過去10年のこのレースのデータから。
まずはハンデ戦ということで、前走からの斤量増減別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
斤量増  16%-28%-36% / 148円- 93円
同斤量   2%- 5%- 5% /  10円- 11円
斤量減   4%-10%-17% /  31円- 59円

 

ハンデ戦は斤量増の組が鉄則。ここももちろん斤量増の組が狙い。

 

次に前走人気別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
3人気以内 14%-25%-30% / 122円- 76円
4~5人気 10%-15%-26% /  47円- 67円
6人気以下  0%- 3%- 8% /   0円- 39円

 

ここをステップにジャパンカップも見据えるステップレース。レースレベルは高く、好成績・高回収値となっているのは前走3番人気以内の馬。

この時点で該当馬はモンドインテロのみ。

というわけで本命はモンドインテロとしました。


 

また★馬(=推奨穴馬)はショウナンバッハです。

前走上がり3Fタイム5位以内で出走し、今回中2~3週のステップ且つ斤量2kg以上減となって出走してきた馬は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 13%-22%-40% / 121円-145円

 

最も人気のなさそうなこの馬を穴で狙います。


 


予想評価(本命=コンドインテロ

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=ショウナンバッハ
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=高」




また消し馬(=キルクル)はシュヴァルグランです。
過去10回のこのレースで前走4角9番手以下だった父ヘイロー系の馬で、このレース3~8枠に入った馬は(0,0,0,20)。また前走1.0秒以上負けて、このレース関西所属騎手が騎乗した馬は(0,0,1,8)。脚質面と前走大敗に不安のある、この馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓