今週のメインエベント ~天皇賞・秋~

テーマ:

先週は暑いと言っていたのが、すっかり涼しくなって秋・・・そう・天皇賞・秋!

生涯21戦21連敗のこのレース、今年こそ当てる!

天皇賞・秋の本命馬はアンビシャスです!

 

過去10年のこのレースのデータから
まずは前走クラス別成績に注目
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
OP特別  0%- 0%- 0% /   0円-  0円
GⅢ    0%- 0%- 9% /   0円- 62円
GⅡ    6%-11%-17% /  79円- 49円
GⅠ    6%-17%-24% /  17円- 61円

 

前走GⅢ以下からの連対例は無く、ここでの狙いは前走GⅡ以上の組。

 

次に前走GⅡ以上組に限った、前走上がり3Fタイム順位別成績を見てみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
1~3位  8%-16%-23% / 124円- 79円
4~5位  9%-22%-27% /  23円- 34円
6位以下  4%- 6%-12% /  35円- 33円

 

成績面、僅差で上回った4~5位組ですが回収値がかなり低く物足りません。
その点含め、狙い目となるのは前走1~3位組。前走順位的には足りなくても、速い上がりの脚を使っていれば、ここで結果に繋がり、また高い回収地にもつながっていると言えます。

 

さらに前走GⅡ以上で上がり3F順位1~3位だった馬に限る、前走距離別成績を見てみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
距離延長 13%-30%-34% / 165円-120円
同距離  11%-11%-33% / 370円-137円
距離短縮  3%- 7%-10% /  12円- 27円

 

同距離組の高い単勝回収値は11年トーセンジョーダン1頭のみの数字であることを加味すれば、一番の狙い目と言えるのは好成績且つ回収値が単勝・複勝ともに100円を越えている前走から距離延長となる組。

この時点で該当馬はアンビシャス、ヒストリカル、ルージュバック。

 

今回騎手乗り替わりとなる4歳馬のアンビシャス、7歳馬のヒストリカル。騎手継続となる4歳馬ルージュバック。
ここで前走GⅡ以上組に限った年齢別&騎手継続・乗替別成績を比べてみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
4歳・継続  4%-21%-30% /  11円-103円
4歳・乗替 21%-28%-28% / 147円- 54円
7歳・乗替  0%- 0%- 0% /   0円-  0円

 

一番の好成績且つ単勝回収値となった4歳馬の騎手乗替組。このパターンで3度の1着例があり人気馬で2度・穴馬で1度とさまざまなケースの例があるのも心強いところ。

というわけで本命はアンビシャスとしました。


 

また★馬(=推奨穴馬)はサトノクラウンです。

前走4角9番手以内で9着以内だった、父系・母父系にヘイロー系を持たない3~5歳馬は
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
  22%-22%-38% / 308円-108円

 

該当馬の中からこの馬を穴で狙います。


 


予想評価(本命=アンビシャス

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=サトノクラウン
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」




また消し馬(=キルクル)はルージュバックです。
過去10回のこのレースでその年に海外GⅠ連対していた馬を除き、父か母父ヴァイスリージェント系の馬は(0,0,0,6)。また前3走以内に芝2000m以上の重賞連対経験の無かった馬で、前走4角11番手以下だった馬は(0,0,1,14)。血統面と脚質面に不安のある、この馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

AD

今週のメインエベント ~菊花賞~

テーマ:

今週は夏が復活したような暑さで、まだまだ暑い・・・そう熱い予想で行きたい!

そんな今週も渾身の一本勝負!

菊花賞の本命馬はシュペルミエールです!

 

過去10年のこのレースのデータから。
このレースは前走重賞出走の実績馬の好走もありながら、条件戦からのステップで挑んできた上がり馬の好走もあるこのレース。ぞれぞれの前走別に、まずは複勝圏内入着馬の傾向を見て行きたいと思います。

 

○前走条件クラス

前走条件クラスの馬が複勝圏内に入った例は3例。その共通項は

 

①前走芝1800m以上の1000万下条件以上クラスで5番人気以内で着差0.1秒以上勝ち
②前走上がり3Fタイム3位以内
③その年の3月以降、複勝率50%以上
④その年の8月以降、芝2000m以上のレースで5着以内の経験あり
⑤休養明け4戦以内で、今回中8週以内の出走

 

該当馬はウムブルフ、シュペルミエール、。


○前走オープンクラス

前走重賞クラスの馬はからは26頭が複勝圏内に入着。26頭中25頭までの共通項は

 

①ダービー出走馬は「ダービー3着以内」もしくは「2000m以上の重賞勝ち」もしくは「2200m以上の重賞3着以内」いずれかを経験
②ダービーを5着以下に負けていた馬に限って、前走神戸新聞杯orセントライト記念で5着以内
③ダービー不出走馬は「2000m以上のレースを2走以上して5着内率66%以上」且つ「前走2000m以上の重賞で4着以内or着差0.5秒以内」を経験
④ダービー不出走馬は「重賞3着内」もしくは「1800m以上のレースを3勝以上し、うち1勝は古馬混合戦」を経験
⑤ダービー不出走馬は前4走以内に芝2000m以上のレースで3着以内を2度以上経験
⑥キャリア10戦以上していたダービー不出走馬は、前2走以内に芝2400m以上勝ちを経験
⑦前走距離芝2000m以上のレースに出走
⑧前5走内に2000m以上のGⅠ3着内、もしくは1800m以上のレース勝ちを経験
⑨前走3歳限定戦の場合、「前走7番人気以内かつ前走7着以内」または人気に関係なく「4着以内」。ただし前走3着以下に敗れた馬は、前走と同じ騎手が騎乗。
⑩関東馬は前走1着且つキャリア6戦以内が条件
※共通項に当てはまらないのは08年15番人気2着のフローテーション。さすがに人気薄すぎて例外としました。

 

該当馬はサトノダイヤモンド、レッドエルディスト。

 

ディープインパクト産駒のウムブルフ、サトノダイヤモンド。ゼンノロブロイ産駒のレッドエルディスト。ステイゴールド産駒のシュペルミエール。

ここで「芝3000m以上のレース」(過去5年)のそれぞれの産駒別成績を見てみると
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
ステイゴールド  27%-30%-33% / 110円- 60円
ゼンノロブロイ   4%-12%-20% /  29円- 45円
ディープインパクト  0%-17%-27% /   0円- 75円

 

その実績の割に長距離戦では勝てていないディープインパクト。ゼンノロブロイも人気馬だけで数字を上げている感じ。
となると、成績面・回収値面ともに文句なしのステイゴールド産駒が狙い目。

というわけで本命はシュペルミエールとしました。


 

また★馬(=推奨穴馬)はアグネスフォルテです。

前走4角2番手以内かつ前走と同じ騎手が継続騎乗する、休養明け2戦目の関西馬の成績は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 20%-20%-26% / 440円-100円

 

唯一の該当馬となるこの馬を穴で狙います。


 


予想評価(本命=シュペルミエール

「自信度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=アグネスフォルテ
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」




また消し馬(=キルクル)はレッドエルディストです。
過去10回のこのレースで父か母父ネヴァーベンド系の馬は(0,0,0,6)。また前走3番人気以下かつ4角9番手以下だったキャリア9戦以上の馬は(0,0,0,13)。血統面と脚質面に不安のある、この馬を消します。

 

 

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

AD

今週のメイエンエベント ~秋華賞~

テーマ:

先週の大ハズレはスパッと忘れて今週からGⅠシリーズ突入!

開幕週から当てたい!そんな今週も渾身の一本勝負!

秋華賞の本命馬はクロコスミアです!

 

過去10年のこのレースのデータから。
まずは前走クラス別成績を見てみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
条件戦   0%- 3%-11% /   0円- 44円
OP特別  2%- 2%- 2% /  25円-  5円
重賞    8%-15%-22% /  49円-131円

 

さすがは3歳牝馬戦、最後の一冠。OP特別以下からは連対馬は1頭のみ。狙いは前走重賞組。

 

次に前走距離別成績を見てみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
距離延長 7%-15%-19% /  47円- 70円
同距離  1%- 3%-11% /  18円-141円
距離短縮 5%- 5%-17% /  21円- 52円

 

主要ステップレースとなるローズSが距離延長組に含まれることもありますが、スタミナよりスピードが必要になるためか前走から距離延長組に好走馬が集中。狙いはこの組。

 

さらに前走から距離延長かつ前走重賞組に限った、前走4角位置取り別成績を比べてみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
5番手以内 13%-26%-34% / 103円-148円
6~9番手  4%-13%-18% /  23円- 44円
10番手以下  8%-13%-13% /  26円- 37円

 

直線の短い京都内回りコースとあってか、前走前目の位置取りだった馬が好成績・高回収値。

 

この時点で該当馬はカイザーバル(四位)、クロスコミア(岩田)、ダイワドレッサー(川須)。

最後は騎手データです
「3歳牝馬限定」「重賞」(過去5年)の成績を比べてみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
岩田 25%-33%-41% / 130円- 93円
四位  0%- 0%- 5% /   0円- 21円
川須  0%- 0%-20% /   0円-180円

 

この3人に限らず、出場全騎手の中でも断トツの9勝を上げているのが岩田。ここは岩田狙いで文句なし。

というわけで本命はクロコスミアとしました。


 

また★馬(=推奨穴馬)はエンジェルフェイスです。

前走3角9番手以内で今回中3週以内の出走となるキングカメハメハ産駒の成績は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 14%-14%-57% /  32円-194円

 

複勝率・複勝回収値の高さから、複穴としての魅力は十分。唯一の該当馬、この馬を穴で狙います。


 


予想評価(本命=クロコスミア

「自信度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=エンジェルフェイス
「自信度=低」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」




また消し馬(=キルクル)はビッシュです。
過去10回のこのレースで前走関東場に出走していた関東馬は(0,0,0,47)。また過去10年、戸崎の京都開催のG1成績は(0,0,0,10)。レースステップと鞍上に不安のあるこの馬を消します。

 

 

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

AD

今週のメインエベント ~毎日王冠~

テーマ:

本命馬が1着!そして、この上り調子の状態でGⅠシリーズに突入!

さあ、開幕週からドカンと当てるぞ!

毎日王冠の本命馬はロゴタイプです!

 

過去10年のこのレースのデータから。
まずは前走クラス別成績を見てみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
条件戦  25%-25%-25% /  1110円-175円
OP特別  0%- 0%-25% /   0円- 67円
重賞    6%-14%-21% /  56円- 80円

 

前走条件戦・OP特別組はそれなりの数字を残しているものの、ともに複勝圏内入着馬は実数で1頭のみ。となれば、前走重賞組を狙うのが順当。

 

次に前走重賞出走組に限った、前走着順別成績を見てみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
5着以内  9%-19%-29% /  67円- 78円
6着以下  3%- 8%-13% /  44円- 83円

 

毎年レースレベルの高い天皇賞のステップレースとなるGⅡ戦。前走着順もある程度の成績でないと好走は難しい様子。狙いは前走5着以内の組。

 

さらに前走4角位置取り別成績を見てみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
3番手以内 14%-20%-28% / 121円- 84円
4~9番手  3%-11%-19% /  29円- 53円
10番手以下  2%-11%-17% /  31円-119円

 

開幕週ということもあってか、前残りになりやすい傾向もあり、前走4角3番手以内の組が好成績。

この時点で該当馬はロゴタイプ(田辺)、ロサギガンティア(北村宏)。

最後は騎手データです。
「東京芝2000m以下」の「重賞」(過去5年)の騎手データを比べてみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
田辺  9%-18%-25% / 317円-122円
北村宏 4%- 6%-14% / 102円- 71円

 

好成績・高回収値となっているのは田辺。この馬でも、前走安田記念で穴をあけている好相性は魅力。

というわけで本命はロゴタイプとしました。


 

また★馬(=推奨穴馬)はロサギガンティアです。

該当馬のもう一頭を穴で狙います。


 


予想評価(本命=ロゴタイプ

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=ロサギガンティア
「自信度=低」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」




また消し馬(=キルクル)はルージュバックです。
過去10回のこのレースで前走4角9番手以下だった、6歳以下の関東馬は(0,0,1,12)また、父か母父ヴァイスリージェント系の馬は(0,0,0,5)。脚質面と血統面に不安のあるこの馬を消します。

 

 

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

今週のメイエンエベント ~スプリンターズS~

テーマ:

先週は本命馬が1着!そして、この上り調子の状態でGⅠシリーズに突入!

さあ、開幕週からドカンと当てるぞ!

スプリンターズSの本命馬はミッキーアイルです!

 

過去10年のこのレース。うち新潟開催だった14年を除く、過去10年のこのレースのデータから。

 

まずは前走クラス別成績を見てみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
OP特別以下 0%- 0%- 0% /   0円-  0円
重賞     6%-13%-20% /  37円-104円

 

半年に1度のスプリントGⅠ、レースレベルはもちろん高く、複勝圏内入着馬はすべて前走重賞組。

 

次にに前走4角位置取り別成績を見てみると
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
3番手以内 17%-31%-42% / 106円-154円
4~9番手  4%- 8%-14% /  55円- 59円
10番手以下  0%- 2%- 5% /   0円-119円

 

開催は最終週とはいえ、一息で走るような短距離レース。位置取りは前目出ないと好走は厳しいようです。

 

また前走人気別成績を見てみると
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
4人気以内 11%-18%-28% /  66円- 85円
5~9人気  0%- 2%-10% /   0円-151円
10人気以下  0%-10%-10% /   0円- 41円

 

穴馬のたまの激走があって5~9人気組の複勝回収値が上がってますが、すべて2,3着止まり。
勝ち馬はすべて前走4番人気以内から出ており狙いはこの組。

 

この時点で該当馬はシュウジ、ビッグアーサー、ベルカント、ミッキアイル。

父ヘイロー系のシュウジ、ミッキーアイル。父プリンスリーギフト系のビックアーサー、ベルカント。
ここで前走4番人気以内の組に限った父系統別成績を比べてみると
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
ヘイロー系    5%-11%-16% /  24円- 47円
プリンスリーギフト系  0%- 0%- 6% /   0円- 29円

 

ここは連対例のないプリンスリーギフト系よりも、昨年勝ち馬を出しているヘイロー系の方が狙い。

 

残った2頭。前走から騎手継続となるミッキーアイル、騎手乗り替わりとなるシュウジ。
ここで前走4番人気以内の馬に限った、騎手継続or乗替別成績を比べてみると
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
継続 12%-21%-28% /  74円- 84円
乗替  6%- 6%-20% /  37円- 90円

 

ここはGⅠ本番を継続騎乗で迎えた組が断然の好成績。

というわけで本命はミッキーアイルとしました。


 

また★馬(=推奨穴馬)はベルカントです。

該当馬4頭の中から最も人気のなさそうなこの馬を穴で。


 


予想評価(本命=ミッキーアイル

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=高」

予想評価(馬=ベルカント
「自信度=低」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」




また消し馬(=キルクル)はダンスディレクターです。
過去9回のこのレースで前走から斤量増となる6歳以上馬は(0,0,1,17)。また、前走6着以下に負けていた父ミスプロ系の馬は(0,0,0,9)。高齢に加えて血統面に不安のあるこの馬を消します。

 

 

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓