今週のメイエンエベント ~天皇賞・春~

テーマ:

ほぼ毎年となりつつある春の天皇賞現地観戦!連続馬券的中は昨年途切れましたが、連続的中も恒例となるように、また今年から当てたいと思います!
そんな今週も渾身の一本勝負!

天皇賞・春
の本命馬はフェイムゲームです!

過去10年のこのレースのデータから。

まずは、過去10年のべ20頭の連対馬の前走レースを見てみると

(レース名/着度数)

■阪神大賞典(4,0,3,48)

■日経賞(3,5,3,41)

■産経大阪杯(2,3,2,13)

■京都記念(1,1,0,2)

■ダイヤモンドS(0,1,0,5)


その他のレースからは(0,0,2,33)と3着もたまにある程度、ということでデータ的には消しとして、先の5レースそれぞれの連対条件について細かく見て行きます。


■阪神大賞典(4,0,3,48)

過去10年で最も多くの勝ち馬を出しているのがこのレース。のべ4頭の連対馬の共通項は

①前走6番人気以内

②前走4角2番手以内

③前走負けていた馬は、過去に芝3000m以上のGⅠで3着以内の経験があること

④父か母父ターントゥ系


該当馬はカレンミロティック



■日経賞(3,5,3,41)

過去10年で最も多くの連対馬を出しているのがこのレース。のべ8頭の連対馬の共通項は

①前走7番人気以内かつ10着以内

②前走負けていた馬は4角6番手以内

③前走3着以下に敗れていた馬は、前年4月以降に芝3000m以上の重賞で連対経験あり

④父サンデーサイレンスまたは父か母父がノーザンダンサー系


該当馬はサウンズオブアース



■産経大阪杯(2,3,2,13)

過去10年で日経賞の次に多くの連対馬を出しているのがこのレース。のべ5頭の連対馬の共通項は

①前走3番人気以内かつ着差0.5秒以内

②前走負けていた馬は、前年4月以降に芝2400m以上の重賞で連対経験あり

③前走4角9番手以内


該当馬なし



■京都記念(1,1,0,2)

連対馬は2頭のみでもサンプル数の少なさから連対率50%と高いとも言えるのがこのレース。のべ2頭の連対馬の共通項は

①前走6番人気以内で連対

②前走上がり3Fタイム1位

③前年5月以降~2走前以前までに芝2000mの重賞で連対経験あり


該当馬なし



■ダイヤモンドS(0,1,0,5)

①前走上がり3Fタイム1位

②前走から斤量の増なし

③前年にもこのレースに出走して着差0.4秒差以内の経験あり


該当馬はフェイムゲーム。


改めて該当馬はカレンミロティック、サウンズオブアース、フェイムゲーム

ここでこのレース全体の年齢別成績を見てみると

   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

4歳    9%-13%-20% /  65円-142円

5歳    6%-15%-22% / 393円-157円

6歳    8%-17%-23% / 167円-119円

7歳以上  0%- 2%- 6% /   0円- 50円


7歳以上馬からは勝ち馬は出ておらず、連対率・複勝率の低さからも8歳馬のカレンミロティックは割引。


さらに、このレースの全体の枠番別成績を見てみると

   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

1~3枠 10%-13%-22% / 410円-216円

4~6枠  5%-10%-15% /  30円- 37円

7~8枠  1%-11%-14% /  10円- 91円


経済コースを回れる分の有利となるのは距離が長いほど顕著に現れます。狙いは1~3枠の馬。この時点で該当馬はフェイムゲームのみ。

というわけで本命はフェイムゲームとしました。



また★馬(=推奨穴馬)はカレンミロティックです。
先の該当馬3頭のうち、最も人気のなさそうなこの馬を穴で。


予想評価(本命=フェイムゲーム

「自信度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=カレンミロティック
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」



また
消し馬(=キルクル)はゴールドアクターです。

過去10年のこのレースで8枠に入った馬で、過去1年以内に「芝2000m以上の重賞で複勝圏内入着を4回以上経験」or「芝3000m以上の重賞で連対経験」が無かった馬は(0,0,0,13)。また、父ロベルト系の馬は(0,0,0,13)。枠順の不利にくわえて血統面の相性の悪さも不安のあるこの馬を消します。



クリックお願いします!

↓↓↓

AD

今週のメイエンエベント ~マイラーズC~

テーマ:

先週は本命馬3着!しかし、馬券的に的中せずはがゆい結果に。
GⅠ中休みの今週立て直したいと思います!今週は西の古馬マイル重賞で勝負!

マイラーズC
の本命馬はダノンリバティです!

京都開催となった過去4回のこのレースのデータから。

まず以下の条件からは複勝圏内入着例が無いため消しとします。

①前走8番人気以下の馬(0,0,0,23)

②関東馬(0,0,0,13)

③中2週以内で出走した馬(0,0,0,22)


ここから①~③に該当した馬を除き、さらにデータを絞り込んで行きます。

まず前走着順別成績を見てみると

 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

5着以内  12%-29%-41% / 148円-124円

6着以下  12%-12%-25% / 116円- 60円


マイルGⅠへのステップレースとなりやすくレベルの高いマイラーが揃うこのレース。前走着順も好成績だった馬が、結果を残すといった数字に。


次に前走4角位置取り別成績を見てみると

 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

5番手以内  15%-30%-48% / 225円-156円

6番手以下  10%-21%-36% /  82円- 74円


最も好成績かつ高回収値となった馬は前走4角5番手以内の組。開幕週のこのレースでは、やはり前目につけることのできる馬の方が有利。


この時点で該当馬はダノンリバティのみ。

というわけで本命はダノンリバティとしました。



また★馬(=推奨穴馬)はアルバートドックです。
先の消し条件①~③を除く、ディープインパクト産駒で前3走以内に重賞連対経験のあった馬は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 16%-33%-83% / 106円-160円

京都のマイル戦で強いディープインパクト産駒。複勝率8割越えは驚異。




予想評価(本命=ダノンリバティ

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=アルバートドック
「自信度=低」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」



また
消し馬(=キルクル)はエキストラエンドです。

今回の出走馬中先の消しデータ②に該当する馬はいないものの、①と③ともに該当するのがこの馬。



クリックお願いします!

↓↓↓

AD

今週のメインエベント ~皐月賞~

テーマ:

先週は単勝1.5倍の人気馬を消しての本命馬2着!馬券的にも結果を残すことができました!
この勢いで牡馬クラシックも当てて行きたいと思います!
今週ももちろん渾身の一本勝負です!

皐月賞
の本命馬はサトノダイヤモンドです!

過去10年、うち東京開催だった11年を除く過去9回のこのレースのデータから。

まずは前走クラス別成績を見てみると

   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

条件戦  0%- 0%- 0% /   0円-  0円

オープン 5%-11%-17% /  50円- 74円


クラシック第一戦のこのレースは当然のごとくレベルは高く、前走条件戦からの組は歯が立たないようです。狙いは前走オープンクラスの組。


また前走人気別成績を見てみると

   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

1番人気   11%-20%-33% /  73円-101円

2~5番人気  3%- 7%- 9% /  58円- 87円

6番人気以下  0%- 2%- 2% /   0円-  9円


前走2番人気以内の組は実数にして7勝・2着6回と7割以上がこの組から。レベルの高いこのレースは前走時点でファンの支持を得ていた馬が力を発揮するレースと言えるようです。


次に前走オープンクラス2番人気以内馬に限った、前走上がり3Fタイム別成績を見てみると

   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

2位以内 16%-27%-36% / 118円-110円

3~5位  0%- 6%-26% /   0円- 72円

6位以下 10%-20%-40% /  37円-131円


最終週で差し馬にも出番が多くなる馬場、また中山コースの急坂への対応力という意味でも末脚切れる前走上がり3Fタイム2位以内の組が好成績・高回収値。


さらに前走オープンクラス2番人気以内且つ上がり3Fタイム2位以内の馬の中で、このレース含め「一人の騎手がデビュー以来ずっと同じ騎手が騎乗していた馬」と「一度でも乗り替わりを経験した馬」とで成績を比較すると

   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

乗替経験なし 14%-42%-57% /  72円- 97円

乗替経験あり 17%-24%-31% / 128円-113円


乗り替わり経験なしの組は僅差で回収値が上回ったものの、成績面とくに連対率・複勝率で倍近く数字が上回った乗り替わり経験なしの組の数字は目を見張るものがあります。

やはり幼くクセのある3歳馬で、継続騎乗しそのクセを手の内に入れていることは、有利に働くようです。
この時点で該当馬はサトノダイヤモンドのみ。

というわけで本命はサトノダイヤモンドとしました。



また★馬(=推奨穴馬)はロードクエストです。
キャリア3戦以内の馬を除く、前走芝1800m以上で3着以内且つ上がり3Fタイム3位以内だった馬で、このレースまでの全レースで3着以内且つ上がり3Fタイム3位以内+さらに芝1800m以上の重賞連対経験があった馬は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 30%-46%-61% /  154円-158円

該当馬の中でも最も人気のなさそうな、この馬を狙います。



予想評価(本命=サトノダイヤモンド

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=ロードクエスト
「自信度=低」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」



また
消し馬(=キルクル)はエアスピネルです。

過去9回のこのレースで、前走弥生賞で3着以下、且つ2走前以前に芝1800m以上のオープンクラスで3着以内経験の無かった馬は(0,0,1,7)。前走1番人気馬を除く、父ミスプロ系の馬は(0,0,1,17)。距離実績・血統面ともに不安があるこの馬を消します。



クリックお願いします!

↓↓↓

AD

今週のメインエベント ~桜花賞~

テーマ:

さあ、いよいよ暖かい毎日となり春を感じる今日この頃。競馬はいよいよ、クラシックシーズンです!
個人的には馬券自体の調子はいいので、ここらでそろそろブログ予想もバッチリ当てたいと思います!そんな今週も一本勝負!

桜花賞
の本命馬はシンハライトです!

阪神コースが馬場改修され外回りコースとなった過去9年のこのレースのデータから。

まずは前走距離別成績に注目。

 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

距離延長  1%- 1%- 3% /  72円- 23円

同距離   9%-18%-27% /  56円-133円

距離短縮  0%- 6%-12% /   0円- 33円


好成績・高回収値となっているのは前走から同距離の組。一般的には距離変化が軽視される分、距離短縮または距離延長組が好成績・高回収値となるケースが多く見られるのですが、まだ幼い3歳牝馬戦ではむしろ前走が同じ距離であった方が慣れもあってか好成績をなりやすい様子。


さらに前走同距離組に限った、前走人気別成績を見てみると

   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

1~5人気 13%-24%-32% /  78円- 91円

6~9人気  0%- 0%-11% /   0円-141円

10人気以下  0%-14%-14% /   0円-472円


前走6番人気以下の馬からも時折穴馬の激走があるものの勝ち馬は出ておらず、2着馬も実数で1頭のみ。その点では成績が安定している5番人気以内の馬が狙い目。


また前走同距離組に限った、このレースまでのレースキャリア別成績を見てみると

   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

4戦以内 18%-34%-40% / 109円-115円

5~6戦  5%-10%-24% /  35円-116円

7戦以上  0%- 6%- 6% /   0円-206円


レース数が多い馬=その分伸びしろが少なくなっているor桜花賞出走にこぎつけるのに苦労していた馬と言えます。

ここでの狙いはレース数が少ない=近道を通ってきた馬のキャリア4戦以内の組。


ここまでの該当馬はシンハライト、ジュエラー。

ディープインパクト産駒のシンハライトとヴィクトワールピサ産駒のジュエラー。

ここで、それぞれの産駒別「2~4月の阪神開催」「3歳限定」「芝1600戦」に限った成績を比べてみると

   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

ディープインパクト 16%-31%-43% /  79円-120円

ヴィクトワールピサ  0%-16%-33% /   0円- 43円


ヴィクトワールピサ産駒はサンプル数が少ないこともありますが、それでもマイル戦でとくに強さを発揮するディープインパクト産駒の好成績・高回収値は狙わない手はありません。
というわけで本命はシンハライトとしました。



また★馬(=推奨穴馬)はウインファビラスです。
前年の阪神JFで連対していた馬の成績は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 26%-46%-53% / 102円- 85円

実績のわりに人気を落としている感のある、この馬を狙います。



予想評価(本命=シンハライト

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=ウインファビラス
「自信度=低」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」



また
消し馬(=キルクル)はメジャーエンブレムです。

過去9回のこのレースで、前走チューリップ賞をステップとしなかった関東馬で、芝1400m以下で勝ち鞍のなかった馬は(0,0,1,25)。前走左回りコースに出走していた、父か母父ノーザンダンサー系でキャリア5戦以内の馬(0,0,1,6)。ローテーションからスピード勝負に不安があり、さらには左回り→右回りへの対応にも不安のあるこの馬を消します。



クリックお願いします!

↓↓↓

今週のメインエベント ~ダービー卿CT~

テーマ:

先週も消し馬が1着という結果。なかなか不調の波から抜け出せません。
今週はG1も一旦休み、ここで調子を取り戻したいと思います!

ダービー卿CT
の本命馬はキャッベルジュニアです!

過去10年のうち阪神開催だった11年を除く、過去9回のこのレースのデータから

まずはハンデ戦ということで斤量増減別成績を見てみると

  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

斤量増 10%-13%-16% /  76円- 52円

同斤量  0%-11%-15% /   0円- 68円

斤量減  8%-13%-22% / 115円-141円


成績自体は勝ち馬が出ていない同斤量組の数字を除いてはほぼ僅差と言っていい数字。しかし、回収値では斤量減の組が他を上回っています。

「ハンデ戦は斤量増組」がデータ派の定説ですが、このレースは例外のようで狙いは斤量減の組。


次に前走から斤量減組に限った、前走人気別成績を見てみると

  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

5番人気以内 17%-26%-32% / 231円-127円

6番人気以下  0%- 0%-11% /   0円-156円


連対馬はすべて前走5番人気以内の馬。斤量減となっても、前走時点で有る程度の実力評価は必要な様子。


さらに前走から斤量減組に限った、前走クラス別成績を見てみると

  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

条件戦  21%-28%-35% / 200円-125円

オープン  5%- 9%-19% /  97円-151円


ここは前走条件戦組が好成績・高回収値。とくに近3年は必ず複勝圏内入着馬が出ており軸としては最適の数字。
この時点で該当馬はキャンベルジュニアのみ。

というわけで本命はキャッベルジュニアとしました。



また★馬(=推奨穴馬)はマジックタイムです。
前走上がり3Fタイム5位以内で今回斤量減となった父ヘイロー系の馬は
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
  23%-23%-38% / 333円-256円

唯一の該当馬となる、この馬を狙います。



予想評価(本命=キャンベルジュニア

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=マジックタイム
「自信度=低」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」



また
消し馬(=キルクル)はサトノアラジンです。

過去9回のこのレースで、中9週以上の休養明け初戦だった馬は(0,0,0,27)。ディープインパクト産駒の成績は(0,0,0,6)。不利なローテーション加えて血統面にも不安のあるこの馬を消します。



クリックお願いします!

↓↓↓