今週のメインエベント ~有馬記念~

テーマ:

さあ、今年も泣いても笑っても中央競馬ファイナルウィーク!ここで勝てれば、今年の負けも報われるというもの!
もちろん、今年最後のメインエベントは総決算のグランプリです!

有馬記念
の本命馬はキタサンブラックです!

過去10年のこのレースのデータから。

まず前走レースについて見てみると1/3以上の馬はジャパンカップからのステップ。

そこでまず前走レースを以下の4つのパターンに分類します。

 (前走分類パターン/着度数)

①ジャパンカップ/(4,3,5,54)

②その他国内レースGⅡ以上/(5,6,3,48)

③その他国内レースGⅢ以下/(0,0,1,14)

④海外レース/(1,1,1,5)


③のパターンは連対馬が出ておらず成績不振でデータ的に脱落。また④のパターンは今回の出走馬に該当馬がなし。

ということで次は①②それぞれのパターン別に連対馬の傾向を見て行きたいと思います。


■ジャパンカップ/(4,3,5,54)

①前走着差0.9秒以内

②前走4着以下に敗れていた馬は前3走以内に芝2000~2500mのGⅡクラス以上で連対経験あり

③前走3着以下に敗れていた馬は、中山コース初出走馬を除き、過去に中山コースのGⅡクラス以上で3着内経験あり

④前走5番人気以下の馬は前走から騎手乗り替わりが条件

⑤前走4角10番手以下だった馬は前走上がり3Fタイム2位以内


該当馬はラストインパクト


■その他国内レースGⅡ以上/(5,6,3,48)

①前走芝1600~3000mのレースで8番人気以内

②前走4着以下に敗れていた馬は、前々走中山芝2200m以上のGⅡで連対。

③前走GⅡだった馬は今回距離延長かつ3着以内かつ上がり3Fタイム2位以内

④父か母父がサンデーサイレンス系

⑤前走4角10番手以下だった馬は、前走天皇賞・秋かつ前走騎手が継続騎乗

⑥牝馬は3歳馬または前年のこのレースで連対

⑦3歳馬はGⅠ3勝以上または中山のGⅠで連対経験あり


該当馬はキタサンブラック


改めて該当馬はキタサンブラック(横山典)、ラストインパクト(菱田)。


最後は騎手データです。

12月開催の重賞(過去5年)の成績を比べてみると

  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

横山典 11%-23%-41% /  68円-101円

菱田   0%- 0%- 0% /   0円-  0円


ここは明らかに横山典が好成績。狙いはこちら。

というわけで本命はキタサンブラックとしました。



また★馬(=推奨穴馬)はラストインパクトです。
該当馬として残ったもう一頭を狙います。前走ジャパンカップで着差0.9秒以内だった馬で、今回休養明け3戦目となる父ヘイロー系の関西馬の成績は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 37%-50%-50% / 337円- 93円

好成績かつ高回収値。この馬を穴で。


予想評価(本命=キタサンブラック

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=ラストインパクト
「自信度=低」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」





また
消し馬(=キルクル)はリアファルです。
過去10年のこのレースでその年にGⅠ連対経験の無かった3歳馬は(0,0,1,10)。また、「中山コースのGⅠ3着以内」or「中山コースの重賞勝ち」経験の無かった父か母父ミスプロ系の馬は(0,0,1,16)キャリア不足に加えて血統面に不安のあるこの馬を消します。



クリックお願いします!

↓↓↓

AD

今週のメインエベント ~朝日杯FS~

テーマ:

この秋は正直不調な結果に終わっているらんふらんこですが、今週そして大一番の来週で一気に巻き返します!
そんな気合いの入った今週、もちろん2歳GⅠで渾身の一本勝負です!

朝日杯FS
の本命馬はイモータルです!

昨年から阪神コースで開催されることになったこのレース。阪神コースでのデータは当たり前ですが少ないため、中山開催まで含めた過去10年のこのレースのデータを見て行きたいと思います。ただコースデータには左右されないであろうレースレベル的観点で、データを見ていきたいと思います。


まずは前走着順別成績に注目

    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

1~3着   7%-14%-23% /  71円- 62円 

4~5着  2%- 8%- 8% /  18円- 46円 

10着以下  0%- 0%- 0% /   0円-  0円 


以前は前走連対馬が条件という時代もあったこのレース。ただ、依然として前走好成績でないとここでも好走することは難しく狙いは前走3着以内の組。


次に前走3着以内組に限った前走クラス別成績を見てみると

    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

新馬・未勝利   0%- 0%- 0% /   0円-  0円

500万下   9%-14%-23% / 118円- 52円 

OP特別    0%- 0%-10% /   0円- 15円 

重賞      10%-22%-32% /  64円- 80円 


単勝回収値では500万下組もなかなか高い数字ですがこれは12年7番人気勝ちのロゴタイプがひっぱてのもの。その点含め、成績面で最も高い数字を出している重賞組が一番の狙い目と言えます。


さらに前走3着以内組に限ったこのレースまでのキャリア別成績を見てみると

    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

1戦以下  0%- 0%- 0% /   0円-  0円

2~3戦  11%-16%-26% /  75円- 60円 

4~5戦  4%-15%-21% /  81円- 72円 

6戦以上  0%- 0%-16% /   0円- 65円 


一番の好成績となっているのがキャリア2~3戦組。実数で過去10年の連対馬の半数の10頭がこの組から。狙いはキャリア2~3戦組。


この時点で該当馬はイモータル、エアスピネル、ボールライトニング。

マンハッタンカフェ産駒のイモータル、キングカメハメハ産駒のエアスピネル、ダイワメジャー産駒のボールライトニング。

ここで2010年以降の2歳戦に限った11月~12月開催阪神芝1600m戦のそれぞれの産駒別成績を比べてみると

    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

マンハッタンカフェ 13%-20%-26% / 102円- 81円

キングカメハメハ   2%-15%-22% /  75円- 60円 

ダイワメジャー    8%-16%-27% /  33円-129円 


最も好成績だったのがマンハッタンカフェ産駒、他の組を5ポイント以上上回った勝率からも本命に最も適していると言えます。

というわけで本命はイモータルとしました。



また★馬(=推奨穴馬)はショウナンライズです。
ここで2010年以降の2歳戦に限った11月~12月開催阪神芝1600m戦で前走上がり3Fタイム1位だった父ヘイロー系の馬は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 20%-25%-40% / 122円-126円

好成績かつ高回収値。今回の出走馬中唯一の該当馬となるこの馬を穴で。


予想評価(本命=
イモータル

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=ショウナンライズ
「自信度=低」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」





また
消し馬(=キルクル)はリオンディーズです。
2010年以降の2歳戦に限った11月~12月開催阪神芝1600m戦で前走京都芝2000m戦で4角4番手以下だった馬は(0,0,1,4)。また、過去10年のこのレースでキャリア1戦の馬は(0,0,0,5)。コース適性に加えてキャリア不足に不安のあるこの馬を消します。



クリックお願いします!

↓↓↓

AD

今週のメインエベント ~阪神JF~

テーマ:

まあ、先週は幸ファンとしては仕方のない結果。。。
今週からが大事な勝負!この2歳戦で勢いをつけないと、年末の大一番に立ち向かえません!もちろん、今週も渾身の一本勝負です!

阪神JF
の本命馬はアドマイヤリードです!

阪神外回りコースが新設された06年以降過去9回のこのレースのデータから。

まずは前走着順別成績を見てみると

   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

2着以内  8%-16%-24% /  62円- 92円

3~4着  0%- 5%-11% /   0円- 62円

5着以下  0%- 0%- 0% /   0円-  0円


デビューから数戦でふるいにかけられていく感もある2歳戦線。勝ち馬はすべて前走2着以内の馬。ちなみに前走5着以下の馬からは複勝圏内入着馬は出ていません。狙いは前走2着以内の馬。


次に前走上がり3Fタイム順位別成績を見てみると

   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

2位以内  9%-19%-27% /  68円- 83円

3~5位  2%- 4%- 7% /  23円- 71円

6位以下  0%- 0%- 5% /   0円- 25円


前走上がりタイムは速かった方が好成績。おしまいに脚が残っていた馬、逆を言えば序盤に飛ばしたスピードの惰性で走っていた馬はタフな阪神1600m戦では厳しいといった数字。狙いは前走上がり2位以内の馬。


さらに前走2着以内かつ上がり3Fタイム2位以内の馬に限った、ここまでのレースキャリア別成績を見てみると。

   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

1戦    7%-15%-30% /  52円-195円

2~3戦 18%-27%-35% / 131円- 78円

4戦以上  0%-13%-18% /   0円- 45円


他の組を倍近い数字で上回り圧倒したのがキャリア2~3戦の組。1戦では浅すぎ、4戦以上ではそこまで勝ち上がれなかった事に不安の残るところ。


また前走2着以内かつ上がり3Fタイム2位以内の馬に限った、騎手の継続or乗替別成績を見てみると

  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

継続 18%-28%-36% / 107円- 84円

乗替  2%-11%-20% /  42円- 95円


勝率・連対率ベースで見れば倍以上の差で騎手継続の組が優位。さすがにGⅠ本番での乗り替わりは不利なるようです。

この時点で該当馬はアドマイヤリードのみ。

というわけで本命はアドマイヤリードとしました。



また★馬(=推奨穴馬)はウインミレーユです。
前走2着以内の馬に限った種牡馬別成績を見てみると、2頭以上の複勝圏内入着馬を出して好成績なのがステイゴールド産駒。その成績は(1,0,1,0)。該当馬の中でも先のデータで好成績だったキャリア2~3戦に該当するこの馬を穴として狙います。





予想評価(本命=
アドマイヤリード

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=高」

予想評価(馬=ウインミレーユ
「自信度=低」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」





また
消し馬(=キルクル)はキャンディバローズです。
過去9回のこのレースで前走4角4番手以下で上がり3Fタイム4位以下だった馬は(0,0,0,35)。また前走5番人気以下でキャリア3戦以内の馬は(0,0,1,26)。脚質面に加えて、前走時点で支持されなかった実力に不安のあるこの馬を消します。



クリックお願いします!

↓↓↓

AD

今週のメインエベント ~チャンピオンズカップ~

テーマ:

京都遠征の一叩き効果か、ようやく秋のGⅠ一勝目が出来た先週。
この勢いで今週も!の思いで、渾身の一本勝負です!

チャンピオンズカップ
の本命馬はホッコータルマエです!

まずは新コースとなる中京ダート1800m戦を知るために、新装した12年3月以降に行われた古馬混合1600万下クラス以上ののダート1800m戦(全12鞍)について見ていきます。


まず前走4角位置取り別成績を比べてみると

   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

3番手以内  14%-24%-38% /  68円-100円

4~9番手   4%-10%-17% /  16円- 34円

10番手以下  3%- 7%-11% /  21円- 30円


中京ダートは明らかな前有利。この距離でもその傾向はあり、好走馬は前走時で4角3番手以内の馬に集中。


この時点で、今回の出走馬で該当するのはクリノスターオー、コーンベリー、コパノリッキー、ダノンリバティ、ホッコータルマエ、ローマンレジェンド。

父ターントゥ系が3頭、父ネイティブダンサー系が3頭。


そこで次に12年3月以降に行われた古馬混合1600万下クラス以上ののダート1800m戦(全12鞍)で前走4角3番手以内だった馬に限ったそれぞれの父系統別成績を比較して見ると

   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

ターントゥ  12%-25%-41% /  70円-118円

ネイティブダンサー  20%-26%-40% / 104円-102円


勝率・連対率で上回ったのは父ネイティブダンサー系。とくに実数ではどちらの系統でも3勝ずつにも関わらず分母が小さい(出走頭数が少ない)が為に高い勝率となっているのは目を見張るところ。回収値も単勝・複勝とも100円越えとなっているのも魅力。


この時点で該当馬はコーンベリー、ダノンリバティ、ホッコータルマエ。

さらに絞り込むために次は、このレースの前身と言えるジャパンカップダート含む過去10年のこのレースのデータから。


まず東西厩舎別成績を見てみると前走人気別成績に注目

  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

関東  0%- 0%- 0% /   0円-  0円

関西  8%-16%-24% /  58円- 93円


複勝圏内入着馬はすべてが関西馬となっており関東馬は苦戦の傾向。狙いは関西馬。


また前走着順別成績を見てみると

   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

3着以内   9%-17%-28% /  64円-108円

4~9着   3%- 9%- 9% /  30円- 37円

10着以下  0%- 0%- 0% /   0円-  0円


このデータでは、さすがに中央ダート戦線の年末総決算ということでレースレベルは高く、狙いは前走3着以内の馬。

というわけで本命はホッコータルマエとしました。



また★馬(=推奨穴馬)はコーリンベリーです。
3頭に絞り込んだ該当馬の中から一番人気のなさそうなこの馬を穴で。
距離不安説もありますが、今年2月の1600m戦フェブラリーSでは出遅れ万事休すかと思いきや結果着差は0.5秒差。距離の融通はあると見ます




予想評価(本命=
ホッコータルマエ

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=最高」

予想評価(馬=コーリンベリー
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」





また
消し馬(=キルクル)はノンコノユメです。
先のデータにもあったようにジャパンカップダート含む過去10年のこのレースで関東馬は(0,0,0,20)。また、12年3月以降に行われた古馬混合1600万下クラス以上ののダート1800m戦(全12鞍)で、前走1番人気だった馬を除き前走4角10番手以下で今回距離延長となった馬は(0,0,0,18)。脚質的な不安にくわえて不利な関東馬と不利なデータが揃ったこの馬を消します。



クリックお願いします!

↓↓↓