今週のメインエベント ~菊花賞~

テーマ:

先週は非常に惜しい本命馬2着!
もう大的中は目の前!
今週こそはしっかり当てたい!
そんな今週も渾身の一本勝負です!


菊花賞
の本命馬はスティーグリッツです!

過去10年のこのレースのデータから。
このレースは前走重賞出走の実績馬の好走もありながら、条件戦からのステップで挑んできた上がり馬の好走もあるこのレース。ぞれぞれの前走別に、まずは複勝圏内入着馬の傾向を見て行きたいと思います。


○前走条件クラス
前走条件クラスの馬が複勝圏内に入った例は3例。その共通項は


①前走芝1800m以上の1000万下条件以上クラスで5番人気以内で着差0.1秒以上勝ち

②前走上がり3Fタイム3位以内

③その年の3月以降、複勝率50%以上

④その年の8月以降、芝2000m以上のレースで5着以内の経験あり

⑤休養明け4戦以内で、今回中8週以内の出走


該当馬はスティーグリッツ、ワンダーアツレッタ。



○前走オープンクラス
前走重賞クラスの馬はからは26頭が複勝圏内に入着。26頭中25頭までの共通項は

①ダービー出走馬は「ダービー3着以内」もしくは「2000m以上の重賞勝ち」もしくは「2200m以上の重賞3着以内」いずれかを経験

②ダービーを5着以下に負けていた馬に限って、前走神戸新聞杯orセントライト記念で5着以内

③ダービー不出走馬は「2000m以上のレースを2走以上して5着内率66%以上」且つ「前走2000m以上の重賞で4着以内or着差0.5秒以内」を経験

④ダービー不出走馬は「重賞3着内」もしくは「1800m以上のレースを3勝以上し、うち1勝は古馬混合戦」を経験

⑤ダービー不出走馬は前4走以内に芝2000m以上のレースで3着以内を2度以上経験

⑥前走距離芝2000m以上のレースに出走

⑦前5走内に2000m以上のGⅠ3着内、もしくは1800m以上のレース勝ちを経験

⑧前走3歳限定戦の場合、「前走7番人気以内かつ前走7着以内」または人気に関係なく「4着以内」。ただし前走3着以下に敗れた馬は、前走と同じ騎手が騎乗。

⑨ここまでキャリア6戦以内の馬は、前3走すべて3着以内が条件

⑩関東馬は前走1着が条件

※共通項に当てはまらないのは08年15番人気2着のフローテーション。さすがに人気薄すぎて例外としました。


該当馬はサトノラーゼン、リアファル。


改めて該当馬はサトノラーゼン(岩田)、スティーグリッツ(内田博)、リアファル(ルメール)ワンダーアツレッタ(Mデムーロ)。


最後は騎手データです。

芝3000m以上(過去3年)の騎手データを比べてみると。

 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

岩田    14%-35%-52% /  53円-113円
内田博    27%-36%-45% / 128円- 99円
ルメール   14%-14%-14% / 114円- 41円
Mデムーロ  0%- 0%- 0% /   0円-  0円

勝率・連対率TOPとなったのは内田博。回収値も単勝100円越え、複勝もほぼ100円といえる値なら及第点。

いうわけで本命はスティーグリッツとしました。



また★馬(=推奨穴馬)はワンダーアツレッタです。
先の該当馬4頭のうち、最も人気のなさそうなこの馬を穴で。



予想評価(本命=
スティーグリッツ

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=ワンダーアツレッタ
「自信度=低」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」





また
消し馬(=キルクル)はリアルスティールです。
過去10年のこのレース、キャリア6戦以下で前走0.3秒以上負けていた馬は(0,0,0,8)。また母父がノーザンダンサー系のディープインパクト産駒は(0,0,0,8)。キャリアの浅さと血統面に不安のあるこの馬を消します。



クリックお願いします!

↓↓↓

AD

今週のメイエンエベント ~秋華賞~

テーマ:

先週はさすがに狙いすぎた感もあって見事に惨敗。
ここ最近書いてるように個人的な馬券の調子は悪くないので、あとはブログ予想でメインをガツンと当てたい!そんな今日この頃です!
さあ、今週jから再び連続GⅠ、気合いを入れ直して渾身の一本勝負です!


秋華賞
の本命馬はクイーンスリングです!

過去10年のこのレースのデータから。

まずは前走クラス別成績に注目

 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

条件戦   0%- 3%-11% /   0円- 34円 

OP特別  2%- 2%- 2% /  28円-  5円

重賞    8%-15%-22% /  48円-127円


昨年ようやく紫苑S組から勝ち馬は出たものの、昨年の紫苑Sは例年と異なる新潟2000m。中山2000mの紫苑Sは勝ち馬が出ておらず、それを除いても、勝率・連対率低さからは前走条件戦組みも含め狙いは立ちづらいところ。

狙いは前走重賞組。


次に前走重賞組に限った、前走4角位置取り別データを見てみると

 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

10番手以内 9%-17%-26% /  58円-154円 

11番手以下  4%- 9%- 9% /  14円- 32円


前走重賞組はローズSまたはオークス組が多く、それらのレースでは後方の位置取りでも直線が長かったため好走も可能だった可能性もありますが、直線が短い京都2000mコースで後方位置取りは致命的なようで好走馬は前走4角10番手以内の馬に集中。


また別データとして前走重賞組に限った、前走人気別成績を見てみると

 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

一桁人気 10%-19%-25% /  61円- 61円 

二桁人気   0%- 0%-13% /   0円-380円


前走二桁人気の馬は、そもそもがこのレースでも人気薄となりやすいためたまの3着があって回収値は高いものの連対例は無く狙いづらいところ。ここの狙いは成績面で安定している前走一桁人気の馬。


この時点で該当馬は、クイーンズリング(Mデムーロ)、シングウィズジョイ(内田博)、トーセンビクトリー(武豊)、レッツゴードンキ(岩田)。


最後は騎手データです。

京都芝2000m(過去3年)のデータを比べてみると。

 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

Mデムーロ 17%-41%-52% / 101円-107円 

内田博    15%-23%-38% /  58円-110円

武豊     14%-23%-33% / 110円- 82円

岩田    13%-20%-31% /  52円- 55円


勝率・連対率・複勝率すべてにおいて頭一つ高い数字だったのがデムーロ。回収値も単勝・複勝ともに100円越えで、狙いはこの騎手。

いうわけで本命はクイーンズリングとしました。



また★馬(=推奨穴馬)はシングウィズジョイです。
先の騎手データで勝率・連対率・複勝率は2位、複勝回収値も100円を越えた内田博騎乗のこの馬を穴で。



予想評価(本命=
クイーンズリング

「自信度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=シングウィズジョイ
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=低」





また
消し馬(=キルクル)はタッチングスピーチです。
過去10年のこのレース、レースキャリア7戦以下で、前走6番人気以下だった馬は(0,0,1,19)。また父か母父がサドラーズウェルズ系の馬は(0,0,0,10)。キャリアの浅さに加えて血統面に不安のあるこの馬を消します。



クリックお願いします!

↓↓↓

AD

今週のメインエベント ~毎日王冠~

テーマ:

先週はまたしても惜しくないハズレ。
今週は一週GⅠの中休みとなるので、ここで調子を取り戻したいと思います!
そんな今週ももちろん渾身の一本勝負で予想します!


毎日王冠
の本命馬はリアルインパクトです!

過去10年のこのレースのデータから。

まずは前走クラス別成績に注目。

  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

OP特別以下 12%-12%-25% / 555円-121円

GⅢ      1%- 5%-15% /   3円- 86円

GⅡ      5%-10%-15% /  65円- 93円

GⅠ     11%-22%-28% / 124円-101円


OP特別以下クラスは07年8番人気1着のチョウサンの激走が利いての数字。その点に目をつぶれば、やはり天皇賞の重要ステップとなるこのレース、前走レースレベルの高い前走GⅠ組が好成績。


次に前走GⅠ出走馬に限った前走騎手の継続or乗り替わり別成績を見てみると

  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

継続  6%-13%-20% /  47円- 47円

乗替 17%-34%-39% / 225円-172円


ここで面白いのはGⅠ本番を前にして、ここでの乗り替わりとなる方が好成績を残していること。本番前に上位騎手へ手変わりすることが好走に繋がっているようです。


さらに前走GⅠ出走馬に限った年齢別成績を見てみると

  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

(3歳   18%-45%-45% / 175円-230円)

4歳     0%-11%-11% /   0円- 12円

5歳   12%-18%-18% / 106円- 36円

6歳    0%-12%-37% /   0円-108円

7歳以上 22%-22%-37% / 330円-142円


最も好成績と思われるのは3歳馬ですが、今回の出走馬に前走GⅠ出走の3歳馬はいません。そうなると次に目が行くのが勝率トップ、連対率2位の7歳馬。ここ数年は高齢であっても息が長く好走を続ける馬も多く、むしろこういった高齢馬が侮られ人気薄にもなりやすいことから高回収地にもつながり狙い目と言えます。

この時点で該当馬はリアルインパクトのみ。

いうわけで本命はリアルインパクトとしました。



また★馬(=推奨穴馬)はクラレントです。
このレースで相性が良いのがダンスインザダーク産駒。とくに、前走4角7番手以内だったダンスインザダーク産駒の成績は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 25%-25%-50% / 580円-213円

今回唯一のダンスインザダーク産駒のこの馬を穴で狙います。



予想評価(本命=
リアルインパクト

「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=クラレント
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」





また
消し馬(=キルクル)はエイシンヒカリです。
過去10年のこのレース、前走GⅠ勝ち馬を除くディープインパクト産駒の成績は(0,0,1,8)。また、前走GⅡ以下クラスで2番人気以下だった5歳以下の馬は(0,0,0,15)。血統面に加えて、前走下位クラスで支持されてない実力と不安なデータが2つ揃ったこの馬を消します。



クリックお願いします!

↓↓↓

AD

今週のメイエンエベント ~スプリンターズS~

テーマ:

先週も全く惜しくないハズレ、しかも消し馬まで2着に来てしまう始末(笑)。
大丈夫です!今週から当てますよ!
というわけで秋のGⅠシリーズ開幕!今週から上り調子で当てまくりたいと思います!そんな今週ももちろん渾身の一本勝負で予想します!


スプリンターズS
の本命馬はティーハーフです!

過去10年のこのレース。うち新潟開催だった昨年を除く、過去10年のこのレースのデータから。

まずは前走クラス別成績を見てみると

  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

OP特別以下 0%- 0%- 0% /   0円-  0円

重賞     6%-13%-19% /  54円- 96円


春・秋半年に1度しかないスプリント王の決定戦、レースレベルはもちろん高く前走レベルも高い重賞クラスでないと歯が立ちません。


次に前走着順別成績を見てみると

 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

3着以内 11%-21%-25% /  50円- 71円

4~9着  1%- 6%-16% /   9円-127円

10着以下  6%- 6%-10% / 146円- 54円


前走着順の悪さが人気の低さとなって回収値は跳ね上がる傾向にありますが、成績面では勝率・連対率では2倍・3倍ベースで圧倒しており、断然の狙い目と言えるのは着順の上でも高レベルだったと言える前走3着以内の組。


さらに前走重賞3着以内馬に限る父系統別成績について見てみると

 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

ネイティブダンサー系 36%-54%-54% / 108円-161円

ノーザンダンサー系 15%-30%-46% / 104円-133円

ターントゥ系     0%- 8%- 8% /   0円- 13円

ナスルーラ系     0%- 0%- 0% /   0円-  0円

その他系統    0%- 0%- 0% /   0円-  0円


ノーザンダンサー系の相性の良さも目立ちますが、それ以上に好成績・高回収値なのがネイティブダンサー系。連対率50%越えは驚異。

この時点で該当馬はティーハーフのみ。

いうわけで本命はマイネルミラノとしました。



また★馬(=推奨穴馬)はウキヨノカゼです。
前走、前々走と同じ騎手で連勝、今回も同じ騎手が継続となった馬の成績は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 28%-42%-42% / 194円-104円

唯一の該当馬となるこの馬を狙います。



予想評価(本命=
ティーハーフ

「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=ウキヨノカゼ
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」





また
消し馬(=キルクル)はウリウリです。
過去9回のこのレース、前走4角11番手以下だった馬は(0,0,1,27)。また父ターントゥ系の牝馬は(0,0,0,8)。脚質面に加えて、このレースでは成績の良くないターントゥ系という血統面の不利も不安のある、この馬を消します。



クリックお願いします!

↓↓↓