今週のメイエンエベント ~フローラS~

テーマ:

先週は少し狙いすぎたのか惜しくも無くハズレ。今週はGⅠの中休みということでもあるので、仕切り直して来週以降の連続GⅠに向かいたいと思います!
得意の3歳重賞で一本勝負です!


フローラS
の本命馬はアドマイヤピンクです!

過去10年のこのレースのデータから。

まずは前走着順別成績に注目。

   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

5着以内  8%-14%-20% /  73円- 59円

6着以下  0%- 5%-10% /   0円-194円


6着以下の組は回収値は高いものの穴馬の連絡みで回収値を上げている印象。勝ち馬も出ていません。その点からも勝ち馬がすべて出ている5着以内の組が狙い目。


次に前走5着以内の馬に限った前走クラス別成績を見てみると

   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

条件戦   6%-13%-20% /  55円- 63円

オープン 13%-16%-22% / 112円- 52円


僅差ではありますが成績面で上回っているのは前走オープンクラスの馬。クラシックシーズン真っただ中のこの時期。前走条件戦から滑り込みでGⅠに間に合う馬もいますが、トータルで好成績となるのは高いレベルのレースを経験した前走オープンクラス組。
この時点で該当馬はディアマイダーリン、アスカビレン、アドマイヤピンク。


ここで前走5着以内の馬に限った、前走騎手継続・乗替&所属厩舎別成績を見てみると

 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

継続・関東 12%-21%-31% / 116円- 76円

継続・関西 11%-22%-22% /  60円- 50円

乗替・関東  3%- 3%-11% /   8円- 18円

乗替・関西  7%-13%-18% /  90円- 78円


乗り難しい3歳牝馬。乗り替わりはかなりの不利となる様子。継続騎乗の組では、僅差ながら輸送もない関東馬が有利。狙いは関東馬の騎手継続組。

いうわけで本命はアドマイヤピンクとしました。



また★馬(=推奨穴馬)はアスカビレンです。
先の該当馬、また最後のデータで次点となった関西馬の継続騎乗となる、この馬を穴で狙います。


予想評価(本命=
アドマイヤピンク

「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=アスカビレン
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」



また
消し馬(=キルクル)はフロレットアレーです。
過去10回のこのレース、前走条件戦で負けていた6~8枠の馬は(0,0,0,16)。また、前走上がり3Fタイムが6位以下だった父か母父ロベルト系の馬は(0,0,1,9)。外枠が不利な傾向にある東京2000mコース、加えて血統面の不利もありそうな、この馬を消しとします。




クリックお願いします!
↓↓↓

AD

今週のメインエベント ~皐月賞~

テーマ:

先週も本命馬が2着、穴馬が3着、これで本命馬は4週連続連対!そして先週はついに馬券的にも美味しい配当がいただけました!
というわけで、この勢いで今週もかっ飛ばして行きたいと思います!


皐月賞
の本命馬はダノンプラチナです!

東京開催だった11年を除く、過去9回のこのレースのデータから。

まずは前走人気別成績を見てみると

   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

2人気以内 10%-19%-30% /  63円-105円

3~5人気  3%- 7%- 9% /  58円- 86円

6人気以下  0%- 2%- 2% /   0円-  9円


前走はトライアルということで、調整不足の人気馬が思わぬ凡走をするパターンや人気薄の伏兵馬が権利取りに向けメイチ勝負で激走したりするパターンが見受けられますが、結局本番では前走時に実力支持されていた馬が好走することが多いという結果に。

また、前走着順を落としたことが、ここでの人気落ちにもつながるせいか回収値も期待できます。狙いは前走2番人気以内の馬。


また別データとして前走4角位置取り別成績を見てみると

   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

9番手以内  6%-11%-18% /  56円- 77円

10番手以下  0%-10%-10% /   0円- 67円


連続開催で馬場も痛みはじめる時期のレースですが、過去には逃げ切り勝ちの馬も出ているように、位置取りとしては後方は不利なレース。前走4角位置取りとしては9番手以内が狙い目。
この時点で該当馬は、内枠から順にドゥラメンテ、スピリッツミノル、リアルスティール、サトノクラウン、ダノンプラチナ。

ここで前走2番人気以内かつ4角9番手以内の馬に限った、このレースでの枠番別成績を見てみると

   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

1~3枠  4%- 4%-16% /  21円- 35円

4~6枠  6%- 6%-25% /  23円- 71円

7~8枠 23%-42%-52% / 179円-170円


位置取りは前めが有利とは言ううものの、枠番としてはやはり荒れている内枠よりも外枠の方が有利。このデータではその傾向が顕著に出ており狙いは7~8枠の馬。
いうわけで本命はダノンプラチナとしました。



また★馬(=推奨穴馬)はベルーフです。
前走5番人気以内・4角9番手以内だった馬で、キャリア5戦以内で芝1800m2勝以上経験し且つ5着以下を経験していなかった馬は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
  20%-30%-46% / 130円-103円

該当馬中、人気のなさそうなこの馬を穴で狙います。


予想評価(本命=
ダノンプラチナ

「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=ベルーフ
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」



また
消し馬(=キルクル)はブライトエンブレムです。
過去9回のこのレース、キャリア4戦以内の関東馬は(0,0,0,19)。また、前走4角10番手以下で前走3番人気以下だった馬は(0,0,0,20)。西高東低の傾向にあるこのレースにおいてデータ的に不利な関東馬、さらに脚質面の不安もある、この馬を消しとします。




クリックお願いします!
↓↓↓

AD

今週のメイエンエベント ~桜花賞~

テーマ:

先週も本命馬1着。馬券も取れていい感じ、いいリズムで来ています!
そして、このいいリズムで迎える今週はクラシック第一弾・桜花賞!
外回りコースになってからは堅い傾向にあるせいか、相性は良くありませんが、今年は果たして!?

桜花賞
の本命馬はクルミナルです!

阪神コースが馬場改修され外回りコースとなった過去8年のこのレースのデータから。

まずは前走距離別成績に注目。

 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

距離延長  1%- 1%- 3% /  78円- 25円

同距離   9%-18%-26% /  49円-127円

距離短縮  0%- 8%-16% /   0円- 45円


古馬混合レース等の場合は距離変化が軽視される分、好成績・高回収値となるケースが多く見られるのですが、まだ幼い3歳牝馬の場合はそうとはならず、むしろ前走が同じ距離であった方が慣れもあってか好成績をなりやすい様子。狙いは前走同距離組。


さらに前走同距離組に限った、前走人気別成績を見てみると

   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

1~5人気 13%-24%-31% /  70円- 73円

6~9人気  0%- 0%-13% /   0円-160円

10人気以下  0%-14%-14% /   0円-472円


前走6番人気以下の馬からも時折穴馬の激走があり回収値は高いものの成績自体は低い数字で勝ち馬が出ていないことも狙いづらいところ。

その点では成績が安定している5番人気以内の馬が狙い目。



また前走同距離組に限った、このレースまでのレースキャリア別成績を見てみると

   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

4戦以内 21%-35%-39% / 125円- 83円

5~6戦  3%- 9%-24% /   8円-122円

7戦以上  0%- 6%- 6% /   0円-220円


こちらも先のデータ同様5戦以上している組からは穴馬の激走で回収値が上がることがあっても、成績面では信頼のおける数字ではありません。

狙いは成績が安定しているキャリア4戦以内の組。



この時点で該当馬はキャットコイン、クルミナル、コンテッサトゥーレ、ミッキークイーン。


前走クイーンCからのステップとなるキャットコイン、ミッキークイーンに対し前走チューリップ賞からのステップとなるクルミナル、コンテッサトゥーレ。

ここで前走5人気以内の組に限った前走レース別成績を見てみると
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

チューリップ賞 27%-36%-45% / 154円- 92円

クイーンC    0%-18%-27% /   0円- 84円


左回りコースからのコース替わりとなるせいか勝ち馬の出ていないクイーンC組に対し、同コース条件となるチューリップ賞組は好成績かつ高回収値。

残るはクルミナル、コンテッサトゥーレ。

ここで前走同距離組に限る枠番別成績を見てみると

   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

1~3枠  0%- 0%- 3% /   0円- 18円

4~6枠  23%-28%-42% / 149円-184円

7~8枠   7%-28%-35% /  25円-189円


連続開催で馬場が傷みはじめるせいか内枠は不利。かといって外すぎる枠も勝ち馬は出づらく、狙いは内すぎず外すぎずの4~6枠。


いうわけで本命はクルミナルとしました。


また★馬(=推奨穴馬)はコンテッサトゥーレです。
最後まで残ったもう一頭を穴で狙います。


予想評価(本命=
クルミナル

「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=コンテッサトゥーレ
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」



また
消し馬(=キルクル)はココロノアイです。
過去8回のこのレース、デビュー以降1度も騎手乗り替わりが無かった馬を除き、前走5番人気以下でキャリア5戦以上だった馬は(0,0,0,32)。前走3角7番手以下だった関東馬は(0,0,1,20)。前走はファンの支持が低く一発好走したとも言えるこの馬、加えて脚質面の不安もあり、消しとします。




クリックお願いします!
↓↓↓

AD

今週のメイエンエベント ~ダービー卿CT~

テーマ:

先週は見事本命馬3着!穴馬2着!と天才的な予想!
・・・であったにもかかわらず、個人的な馬券はエアロヴェロシティをはずしてしまうという、見事なまでの馬券下手っぷりを発揮してしまい残念な結果に・・・。
しかし、予想のスジはいいところに行っているはずと期待して、今週こその一本勝負行きたいと思います!

ダービー卿CT
の本命馬はモーリスです!

過去10年のうち、阪神開催だった11年を除く過去9回のこのレースのデータから

まずは前走からのレース間隔別成績を見てみると

   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

中3週以内  7%-17%-26% / 109円-174円

中4~8週  6%-11%-17% /  51円- 53円

中9週以上  3%- 3%- 3% /  20円- 11円


レース間隔をあけて出走となる組は、この後のGⅠに向けてまだ本調子でないせいか、ここで好成績となっているのはレース間隔が近い組が優秀。


さらに中3週以内組に限った、前走からの斤量増減別成績を見てみると

   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

斤量増   0%- 0%- 0% /   0円-  0円

同斤量   0%-14%-23% /   0円-117円

斤量減  11%-20%-30% / 176円-223円


ハンデ戦では斤量増の組が好成績となりがちですが、このレースでは斤量減となる組が好成績かつ高回収値。狙いはこの組。


また中3週以内組に限った、前走からの前走クラス別成績を見てみると

   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

条件戦  18%-27%-36% / 226円-145円

OP特別  6%-14%-23% / 108円-182円

重賞    0%-18%-27% /   0円-169円


レース間隔を詰めてくる馬が好成績=勢いのある馬が好成績。狙いは前走条件戦出走馬。

この時点で該当馬はモーリスのみ。


いうわけで本命はミッキーアイルとしました。


また★馬(=推奨穴馬)はブレイズアトレイルです。
前走から中3週以内のローテーション組の中でも、前走OP特別組もなかなかの好成績。
中でも前走東風Sで上がり3Fタイム2位以内だった馬は
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
OP特別  22%-22%-44% / 380円-406円

該当馬のうち人気のなさそうなこの馬を穴で狙います。



予想評価(本命=
モーリス

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=ブレイズアトレイル
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」



また
消し馬(=キルクル)はエキストラエンドです。
過去9回のこのレース、前走から中2週以上のローテーションかつ前走4角10番手以下で5着以下に敗れていた馬は(0,0,0,20)。また、このレースで6~8枠の外枠に入った6歳以上馬は(0,0,0,23)。脚質面の不安に加えてこのコースで不利な外枠となったこの馬を消します。




クリックお願いします!
↓↓↓