今週のメインエベント ~ジャパンカップ~

テーマ:

先週も2番人気馬をきっちり消しているのですが、本命・穴馬も来ず。
しかし、今週は「世界のらんふらんこ」の異名(?)を持つ得意レース!
今週こそは大きい当たりを一発打ちたいと思います!

ジャパンカップ
の本命馬はフェノーメノです!

過去10年のこのレースのデータから。

まず

○前走から中9週以上のレース間隔の馬


このパターンからは連対馬は出ていませんので消しとします。

さらに、ここからは日本馬、外国調教馬それぞれの複勝圏内入着条件について見ていきます。


まずは日本馬。

日本馬で連対したのはのべ19頭。その19頭は以下のいずれかに該当。

※前走または前々走が海外レースに出走の場合は、そのレースでの「人気」については無視します。(ブックメーカーによって人気は変わるため)。

①前走天皇賞(秋)を4着以内。

②前走3番人気以内で2400m~2500mのGⅡ勝ち。

③前走GⅠレースに出走し3番人気以内で着差0.7秒以内or海外のGⅠで3着以内入着。

④その年の菊花賞勝ち、もしくはダービー勝ち

いずれかをクリアが条件。


さらに前走国内レースで負けていた馬に限っては

⑤2走前のレースで3番人気以内且つ芝1800m以上の「GI4着以内」or「GⅡで連対」

をクリアしていることが条件。


該当馬はイスラボニータ、スピルバーグ、フェノーメノ、ワンアンドオンリー。


外国馬は複勝圏内入着例まで見ても2頭。その2頭の共通項は。

①(凱旋門賞らの直行を除き)前走とのレース間隔が中21日~42日の範囲内

②その年の連対率5割以上かつ年内3勝以上

③欧州地区代表馬

④前走5着以内

⑤過去3走以内にGⅠ勝ち経験あり

⑥5歳馬


該当馬はなし。


改めて該当馬はイスラボニータ、スピルバーグ、フェノーメノ、ワンアンドオンリー。

全馬前走GⅠで5番人気以内だった父ヘイロー系の馬。この秋休養明け2戦目となるのがフェノーメノ、3戦目となるのがイスラボニータ、スピルバーグ、ワンアンドオンリー。

前走GⅠで5着以内の父ヘイロー系に限った休養明けからのレース数別データを比較してみると

 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

2戦目 33%-66%-83% /  91円-110円 

3戦目 14%-28%-35% /  66円- 64円 


昨年天皇賞・秋二桁着順から3着となったトーセンジョーダンや、07年に天皇賞・秋0.7秒差(6着)負けから1着となったアドマイヤムーンのように、休養明け2戦目大きく変わった例もあり、データ的にも休養明け2戦目が断然の狙い目

いうわけで本命はフェノーメノとしました。




また★馬(=推奨穴馬)はワンアンドオンリーです。

過去10年のこのレースで前走菊花賞で2番人気以内だった馬で、皐月賞or日本ダービーで連対していた馬は

(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

 14%-42%-42% / 125円- 90円 


適距離に戻るにもかかわらず人気を落として激走する例が多いこのパターン。その割に人気の上がらないこの馬を穴で。





予想評価(本命=
フェノーメノ

「自信度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」

予想評価(馬=ワンアンドオンリー
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」





また消し馬(=キルクル)はジェンティルドンナです。
過去10年のこのレースで、前走上がり3Fタイムが6位以下だった5歳以上馬は(0,0,1,26)。また、前走1着馬を除き、今回騎手乗り替わりで1~2枠の内枠に入った馬は(0,0,1,12)。枠番的に不利に加え、年齢的衰えを感じる部分もあるこの馬を消しとします。



クリックお願いします!
↓↓↓
AD

今週のメイエンエベント ~マイルCS~

テーマ:

先週も消し馬はきっちり消しているのですが、本命・穴馬も来ず。。。
しかし、今週は過去には13番人気→5番人気と本命2年連続的中もある相性の良いレース。
ここで一発!

マイルCS
の本命馬はミッキーアイルです!

過去10年のこのレースのデータから。

まずは血統面からみてみます。このレースで2頭以上の連対馬を出している父系統は

○ターントゥ系(7勝 2着6回)

○ノーザンダンサー系(2勝 2着3回)

○ナスルーラ(1勝 2着1回)

この2系統に限られます。この2系統を相性の良い血統と見て、2系統に絞り込んでそれぞれの系統別にさらに見て行きます。

○父ノーザンダンサー系 全成績(2,2,1,35)

連対した5頭は全て

①前走重賞に出走し3番人気以内かつ着差0.7秒以内

②前年11月以降に芝の古馬混合重賞勝ちを経験

③4歳馬もしくは5歳馬

④前走から中2~5週以内

該当馬なし。


○父ターントゥ系 全成績(7,6,5,78)

連対した11頭は全て

①前走重賞に出走。前走GⅠ出走なら着差0.9秒以内、前走GⅡ・GⅢクラス出走なら着差0.5秒以内。ただし牝馬限定戦なら1着条件。

②前走6番人気以下の馬は前3走以内に重賞1番人気を経験。

③その年に「芝の古馬混合GⅠ連対」または「芝1400~1800mの古馬混合重賞連対」を経験。ただし3歳馬はGⅠ連対、6歳以上馬はGⅠ勝ちが条件。

④年齢は3歳馬~6歳馬まで(牝馬は3歳馬~5歳馬まで)

⑤前走から中6週以内

該当馬はフィエロ、ミッキーアイル。


○父ナスルーラ系 全成績(1,1,1,16)

連対した2頭は全て

①前走重賞を5番人気以内かつ0.2秒以上の着差で勝利

②前走と同じ騎手が騎乗

③その年に芝の古馬混合GⅠ連対

④前走から中2週のローテーション

該当馬はなし。

改めて該当馬はフィエロ、ミッキーアイル。

ヘイロー系の2頭が残りました。

前走から斤量増となるフィエロ。斤量減となるミッキーアイル。

そこで父ヘイロー系に限るこのレースでの前走からの斤量増減別成績を比べてみると

   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

斤量増  0%- 4%-13% /   0円- 39円

斤量減 15%-23%-26% / 109円- 81円


定量戦のGⅠの舞台で斤量減となるのは圧倒的に有利。

いうわけで本命はミッキーアイルとしました。




また★馬(=推奨穴馬)はレッドアリオンです。

過去10年のこのレースで7番人気以下の馬が複勝圏内入着したのは5例。

その共通項としては

①前走から中6週以内

②前走重賞に出走し、8番人気以内かつ9着以内

③4歳~5歳馬

④前4走以内に芝1600m以下の重賞で3着以内を経験


これに該当する中で7番人気以下となりそうなこの馬を穴で。




予想評価(本命=
ミッキーアイル

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=高」

予想評価(馬=レッドアリオン
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」





また消し馬(=キルクル)はトーセンラーです。
過去10年のこのレースで、その年にGⅠを勝っていない6歳以上馬は(0,0,0,43)。前走上がり3Fタイム1位だった馬を除き、その年の安田記念で11着以下に負けていた馬は(0,0,0,18)。ローテーションと、GⅠ本番での乗り替わりが気になるこの馬を消しとします。



クリックお願いします!
↓↓↓
AD

今週のメイエンエベント ~エリザベス女王杯~

テーマ:

ここ最近は菊花賞を除けば、消し馬を消し切って惜しい予想がつづいていると思うんです。
あとワンパンチで、大当たりが来そうな予感がするのですが・・・。
その可能性を信じて、現地観戦で気合いを入れます!予想も渾身の一本勝負!

エリザベス女王杯
の本命馬はショウナンパンドラです!

過去10年の連対馬の前走レースは大きく分けて4つのパターンに分類されます。


①府中牝馬S②秋華賞③(国内)牡馬混合重賞④牡馬混合条件戦⑤海外のレース。

これら以外のステップからは連対馬は出ていません。

今年は⑤に該当する馬は出走していませんので①~④の組について、順番に連対例を見ていきます。


■前走府中牝馬S組(すべてクリアが条件)

①その前走・前々走とも「芝1800m以上の重賞」に出走し「一桁人気」かつ「着差0.5秒以内」

②過去にこのレースで5着内入線を経験していなかった馬は、前走勝ちが条件。


該当馬なし。


■前走秋華賞組(どちらかをクリアが条件)

①前走1着

②「前走6番人気以内かつ着差0.3秒以内」かつ「前々走1800m以上の重賞で2番人気以内かつ着差0.8秒以内」


該当馬はショウナンパンドラ、ヌーヴォレコルト


■前走(国内)牡馬混合重賞。(どちらかをクリアが条件)

①前年のこのレースで5着以内かつ前走GⅠで5着以内

②前走の人気・結果は関係なく、過去1年以内に「牡馬混合のオープンクラス・芝2000m以上のレースで1着」


該当馬なし。


■前走牡馬混合条件戦

①前走・前々走とも2番人気以内で1着。かつ前走は今回と同コースの京都芝2200m戦。


該当馬はなし。



改めて該当馬はショウナンパンドラ、ヌーヴォレコルト。


ディープインパクト産駒のショウナンパンドラ、ハーツクライ産駒のヌーヴォレコルト。

年間通してもあまりレース数の多くない京都芝2200m戦。

そこで過去5年の京都芝2200m戦(良馬場に限る)のそれぞれの産駒別成績を比較してみると

   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

ディープインパクト 21%-35%-43% / 121円- 92円

ハーツクライ    10%-24%-29% / 242円-171円


成績面で上回ったのはディープインパクト産駒。ハーツクライ産駒もそれなりの成績で回収値はとくに高いものの、裏を返せば人気薄の好走が多く、実際1着となった馬は4番人気~10番人気で今回1番人気となりそうなヌーヴォレコルトとはやや条件が異なります。

その点ディープインパクト産駒の1着馬は1番人気~7番人気まで、断然の人気馬~中穴と言える人気薄までが出ており、今回秋華賞勝ちの割に未だ人気の高くないショウナンパンドラも条件的には合致します。
いうわけで本命はショウナンパンドラとしました。




また★馬(=推奨穴馬)はアロマティコです。

先にも書いたように京都の芝2200m戦という特異なコースであること。また戦い尽くされた牝馬同士のレースということで同じ結果が出やすいということもあってか、前年好走馬が再度好走しやすいいわゆるリピーターレースといえるこのレース。

前年このレース3着内入線した馬が、再度出走した場合の成績は

(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

 14%-35%-57% /  42円-135円


とくに5歳馬に限ると(0,2,1,0)と勝ち馬こそ出ていないものの複勝率100%。前年3着内入線馬の中でも上位2頭と人気の差が出ているこの馬を穴で。




予想評価(本命=
ショウナンパンドラ

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=アロマティコ
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」





また消し馬(=キルクル)はスマートレイアーです。
過去10年のこのレースで、前走府中牝馬Sに出走し0.1秒以上負けていた父ヘイロー系の馬は(0,0,1,28)。また前走4角10番手以下で、今回外国人騎手以外への乗り替わりとなった馬は(0,0,1,24)。ローテーションと、GⅠ本番での乗り替わりが気になるこの馬を消しとします。



クリックお願いします!
↓↓↓
AD

今週のメインエベント ~アルゼンチン共和国杯~

テーマ:

先週はついに天皇賞・秋20連敗の記録を達成することができました(苦笑)。
天皇賞・秋を負けることが恒例なら、ここから怒涛の巻き返しを見せるのも恒例!?
今週はGⅠの中休みですが、渾身の一本勝負で反撃の狼煙を上げます!

アルゼンチン共和国杯
の本命馬はデスペラードです!

過去10年のこのレースのデータから。

まずはハンデ戦ということで、前走からの斤量増減別成績を見てみると

   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

斤量増 14%-28%-38% / 153円-102円

同斤量  2%- 2%- 8% /  10円- 18円

斤量減  5%-11%-17% /  40円- 64円


ハンデ戦は斤量増の組といった結果が顕著に出ているレース。狙いは間違いなく斤量増の組。


また別データとして前走4角位置取り別成績を見てみると

前走4角

   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

5番手以内  9%-18%-23% /  49円- 63円

6~9番手  3%- 7%-16% /  36円- 64円

10歳以下  2%- 7%-10% /  62円- 47円


回収値にはあまり差が見られないものの、成績面で安定していると言えるのは前走4角5番手以内の馬。後半開催となる東京開催ですが、それでもデータ上は前に行った馬の方が成績は安定しているようです。

この時点で該当馬はデスペラードのみ。

いうわけで本命はデスペラードとしました。




また★馬(=推奨穴馬)はマイネルジェイドです。

父か母父ロベルト系の馬で、前走東京コースで10着以内かつ前走から斤量減となった馬は

(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

 14%-28%-71% / 127円-261円

ハンデ戦ということもあって前走条件戦からも好走馬が出るこのレース。穴はこの馬で。


予想評価(本命=デスペラード
「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=高」

予想評価(馬=マイネルジェイド
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」





また消し馬(=キルクル)はホッコーブレーヴです。
過去10年のこのレースで、前走から斤量増となる馬を除き、前走0.6秒以上負けていた6歳以上馬は(0,0,0,49)。また中9週以上の休養明け初戦となった関東馬は(0,0,1,11)。高齢とローテーションに不安のある、この馬を消しとします。



クリックお願いします!
↓↓↓

今週のメイエンエベント ~天皇賞・秋~

テーマ:

いろいろなものが一段落つき、やっと競馬に集中できる時が来ました!
ここで待ち受けるのが、らんふらんこが最も苦手としている天皇賞・秋。今年負けると20戦20敗の20連敗となりますが・・・いや、ここはついに連敗ストップさせてみせる!そんな渾身の一本勝負!

天皇賞・秋
の本命馬はフェノーメノです!

過去10年のこのレースのデータから。

まずはこのレースで2頭以上の連対馬を出している父系統は

①ヘイロー系(5,9,4,55)

②グレイソブリン系(2,0,1,18)

③ロベルト系(1,1,2,12)


これらを相性の良い血統とし、1頭のみの系統は率的には悪いこともあって消し。

この3系統についてさらに細かく見ていきます。


①ヘイロー系(5,9,4,55)

最も多くの連対馬を出しているこの系統。のべ14頭の連対馬の共通項は

○前走5着以内かつ着差0.9秒以内

○前走GⅠorGⅡに出走し一桁人気

○3歳馬で前走GⅡ出走していた馬は、前走騎手が継続騎乗

○前走敗れていた馬は、2走前or3走前に芝1800m以上の重賞で連対経験あり

○前走3着以下に敗れていた馬は、前3走以内に芝2000m以上の「重賞勝ち」or「GⅠ連対」を経験


該当馬はディサイファ、フェノーメノ。




②グレイソブリン系

2頭の勝ち馬が7番人気、5人気と一発の魅力があるこの系統。2頭の勝ち馬の共通項は

○前走重賞勝ち

○前走以外にもその年に芝1800m以上の重賞勝ち

○4~5歳


該当馬なし


③ロベルト系

絶対的な人気馬での1着と、人気薄7番人気の2着と異なったパターンで2頭の連対馬を出してるこの系統。

2頭の共通項は

○前走重賞5着以内

○過去1年以内に府中コースのGⅠ勝ち


該当馬はなし


改めて該当馬はディサイファ(四位)、フェノーメノ(蛯名)。


最後は騎手データです

「東京芝コース」「古馬混合重賞」(過去5年)の騎手データを比べてみると

  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

蛯名 12%-26%-28% / 172円-103円

四位  7%- 7%-23% /  33円-160円 


どちらも回収値は高い中、成績面では勝率・連対率で倍近い数字で上回った蛯名の方がここは狙い目。

いうわけで本命はフェノーメノとしました。




また★馬(=推奨穴馬)はディサイファです。

該当馬のもう一頭を穴で。先の騎手データ、四位の複勝率・複勝回収率は侮れないものがあります。


予想評価(本命=フェノーメノ
「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=高」

予想評価(馬=ディサイファ
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」





また消し馬(=キルクル)はエピファネイアです。
過去10年のこのレースで、過去1年以内に左回りの重賞勝ち経験の無かった父ロベルト系の馬は(0,0,0,7)。前走勝っていた馬を除き、前走から中9週以上の休養明け初戦かつ前走から斤量増となった馬は(0,0,0,6)。血統面とローテーションに不安のある、この馬を消しとします。



クリックお願いします!
↓↓↓