今週のメインエベント ~神戸新聞杯~

テーマ:

先週も書いたように、この時期に阪神重賞を扱うのはけっこう珍しい挑戦。
そんな挑戦に今週もお付き合いください。ただ、そろそろ当てまっせ!

神戸新聞杯
の本命馬はヤマノウィザードです!

阪神が馬場改修され、このレースもGⅡ格上げとなった07年以降のこのレースのデータから。

まずは前走クラス別成績に注目

    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

条件戦   0%- 2%- 9% /   0円- 23円

OP特別  0%- 0%- 0% /   0円-  0円

重賞   13%-24%-31% /  71円- 65円


菊花賞の最重要ステップとなるこのレース。先週のローズSと同じく、前走条件戦組は好走が難しく、好走馬のほとんどが春の実績馬。狙いは前走重賞組。


さらに前走重賞出走馬に限った、前走着順別成績を見てみると

  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

5着以内  35%-55%-65% / 193円-102円

6着以下   0%- 5%-11% /   0円- 43円


こちらもレースレベルが高い菊花賞トライアルらしく、前走着順も好結果だった馬が好成績。

狙いは前走5着以内の組。


この時点で該当馬はウインフルブルーム、ヤマノウィザード、ワンアンドオンリー


前走4角先頭だったウインフルブルーム、前走4角5番手だったワンアンドオンリー、前走4角10番手だったヤマノウィザード。

そこで前走4角の位置取り別成績を見てみると

  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

1番手     0%- 0%-14% /   0円- 31円

2~5番手   0%- 4%-14% /   0円- 31円

10番手以下 14%-29%-32% /  34円- 67円

直線が長いこのレース。さらには6日目開催で馬場も使われているためか、このレースでは差し馬が台頭。狙いは前走10番手以下の馬。
いうわけで本命はヤマノウィザードとしました。




また★馬(=推奨穴馬)はシャンパーニュです。

前走または前々走で、芝2000m以上の1000万下以上クラスの連対経験があった母父サンデーサイレンスの血統の馬は

(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

  14%-28%-42% /  42円-101円


この時期に1000万下クラスで古馬と接戦・勝利していたことは3歳戦では相当な武器となります。該当馬のこの馬を穴で。




予想評価(本命=ヤマノウィザード
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」

予想評価(馬=シャンパーニュ
「自信度=低」 「穴狙い度=最高」 「応援・期待度=最高」





また消し馬(=キルクル)はトーセンスターダムです。
過去7年のこのレース。先の絞り込みデータにもあったように、前走4角1番手だった馬は(0,0,1,6)。また前走1.0秒以上負けていた父ヘイロー系の馬は(0,0,0,14)。脚質的には「定まっていない」と捉えたいこの馬、さらには前走大敗していたことも不安があり消しとします。



クリックお願いします!
↓↓↓
AD

今週のメインエベント ~ローズS~

テーマ:

先週は惜しくもなくハズレ、しかも消し馬が3着に来るという結果。
通常ならこの時期、データの揃いやすい中山の予想に頼っているツケがきたのかも・・・。と言い訳しつつ、今週はあっさり当ててみたい、そんな予想、さっそく参りましょう。

ローズS
の本命馬はサングレアルです!

阪神が馬場改修され、このレースもGⅡ格上げとなった07年以降のこのレースのデータから。

まずは前走クラス別成績に注目

    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

条件戦   0%- 2%-12% /   0円- 63円

OP特別  0%-20%-20% /   0円-138円

GⅡ・Ⅲ  0%-16%-33% /   0円-128円

GⅠ   10%-18%-26% /  60円- 66円


過去7年すべて1着は前走GⅠだった春の実力馬。夏の上がり馬は2着、3着がかろうじてあるくらい。


次に前走着差別成績を見てみると

    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

1着      5%-10%-17% /   7円- 71円

負0.0~0.9秒 12%-24%-31% / 169円-117円

負1.0秒以上  0%- 0%- 4% /   0円- 21円


前走1着のGⅠ馬はここをたたき台とする傾向にあり、むしろ前走惜敗馬が権利取りに勝負をかけに来る傾向にあるようです。

狙いは前走0.0~0.9秒負けの惜敗組。


さらに騎手の東西厩舎所属別成績を見てみると

  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

関東 16%-25%-25% / 128円- 61円

関西  5%-12%-20% /  65円- 85円


ここは少し面白い傾向がでており、地の利のある関西所属騎手より、勝負をかけて遠征してくる関東所属騎手の方が好成績。
この時点で該当馬はサングレアルのみ。

いうわけで本命はサングレアルとしました。



また★馬(=推奨穴馬)はアドマイヤビジンです。

前走あがり3Fタイムが上位5位以内だった父ノーザンダンサー系の馬は

 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

  6%-20%-33% /  18円-159円


唯一の該当馬、この馬を穴で狙います。




予想評価(本命=サングレアル
「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=アドマイヤビジン
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=高」





また消し馬(=キルクル)はレッドリヴェールです。
過去7年のこのレースでキャリア5戦以内の馬で芝2000m以上のレースで連対経験の無かった馬は(0,0,0,8)。また、前走1.0秒以上負けていた馬は(0,0,1,21)。キャリア不足と前走大敗が気になるの馬を消します。



クリックお願いします!
↓↓↓
AD

今週のメイエンエベント ~セントウウルS~

テーマ:

今週は地元・中京競馬場、パークウインズ状態でありながら夜に花火大会があるのですよ!
というわけで、GⅡ・GⅢにもかかわらず行ってまいります!
そしてブログの方もドカンとデカイ花火を打ち上げたいと思います!

セントウルS
の本命馬はマヤノリュウジンです!

阪神が馬場改修され、このレースもGⅡ格上げとなった07年以降のこのレースのデータから。

まずは前走人気別成績に注目

  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

9人気以内  8%-16%-24% /  98円-109円

10人気以下  0%- 0%- 0% /   0円-  0円


GⅠスプリンターズSへの最重要ステップレースとなるこのレース。前走時点で力が評価されていない馬はここでの好走は厳しいようです。


さらに前走一桁人気の馬に限った、前走からのレース間隔別成績を見てみると

   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

中2週以内  4%- 8%-12% /  68円-143円

中3~8週 16%-19%-25% / 192円-106円

中9週以上  0%-18%-33% /   0円- 82円


中2週以内の組はたまの穴馬の激走で回収値は高いものの成績はともなわず、中9週以上の組は連対率・複勝率は高いながら勝ち馬は出ておらず狙いづらいところ。

その点含め、勝率・連対率はトップ、回収値も高く狙い目と言えるのは中3~8週の組。


この時点で該当馬はバクシンテイオー、マヤノリュウジン。

前走と同じ池添騎乗のマヤノリュウジン、前走から騎手乗り替わりで秋山騎乗となるバクシンテイオー。

ここでこのレース全体の騎手継続or乗り替わり別成績を見てみると。

 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

継続 10%-19%-28% /  98円- 85円

乗替  2%- 6%-10% /  61円- 94円


GⅠを目の前に、ここで乗り替わりとなるようでは好走は厳しく、狙いは騎手継続の組。

いうわけで本命はマヤノリュウジンとしました。



また★馬(=推奨穴馬)はメイショウイザヨイです。

前走4角4番手で5着以内に入着した父ヘイロー系の馬は

   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

20%-20%-60% / 212円-436円

唯一の該当馬のこの馬を穴で。




予想評価(本命=マヤノリュウジン
「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=メイショウイザヨイ
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=最高」





また消し馬(=キルクル)はエピセアロームです。
過去7年のこのレースで、中3週以内での出走となった4歳以上の牝馬は(0,0,1,7)。また、前走6着以下に敗れていた父ヘイロー系の馬は(0,0,1,8)。ローテーションと血統面に不安のある、の馬を消します。



クリックお願いします!
↓↓↓
AD

今週のメイエンエベント ~小倉2歳S~

テーマ:

今年もやってきました!小倉の1200m最終週の外枠祭り!
この不調の波を抜けるのは、これしかない!ってことでさっそく予想に行きます!

小倉2歳S
の本命馬はスノーエンジェルです!

過去10年のこのレースのデータから。

まずは前走からのレース間隔別成績に注目

   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

中3週以内  5%-12%-18% /  32円- 51円

中5~9週 14%-18%-29% /  60円- 85円

中9週以上  0%- 0%- 0% /   0円-  0円


2010年以前はフェニックス賞組の好走が目立ちましたが、ここ数年は新馬・未勝利を勝って、十分な間隔をとって狙いすましてきた組が好走しています。

狙いは中5~8週組。


さらに中5~8週組に限った前走人気別成績を見てみると

   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

1人気   30%-40%-60% / 118円-116円

2~4人気 11%-11%-22% /  51円-128円

5人気以下  0%- 0%- 0% /   0円-  0円


ここは断トツの数字で前走1番人気馬の好走が目立ちます。

前走時点で力が評価され、結果を出している馬の実力は相当のもの。


この時点で該当馬はタガノアザガル、スノーエンジェル、オメガタックスマン。


ここで、このレース全体の枠番別成績を見てみると

  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

1枠  7%-14%-35% /  30円- 99円

2枠  6%- 6%-12% /  28円- 26円

3枠 11%-23%-23% /  65円- 71円

4枠  5%- 5%-10% /  18円- 35円

5枠  0%- 0%-10% /   0円- 34円

6枠  5%-15%-20% /  58円- 48円

7枠 15%-31%-36% /  65円- 57円

8枠  4%-13%-17% /  32円- 89円


年によって内枠からの好走馬が出ているものの、複勝率辺りをみれば、やはり好走馬は外枠に集中。

さすがに8枠となると外すぎるのか最も好成績となっているのは7枠。狙いはこの枠。

いうわけで本命はスノーエンジェルとしました。




また★馬(=推奨穴馬)はタガノアザガルです。

該当馬3頭から最も人気のなさそうなこの馬を穴で。




予想評価(本命=スノーエンジェル
「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=タガノアザガル
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」





また消し馬(=キルクル)はレオパルディナです。
過去10年のこのレースで、中3週以内での出走となった父ノーザンダンサー系の馬は(0,0,0,27)。キャリア2戦以上で前走3番人気以下かつ4角3番手以下だった馬は(0,0,1,19)。血統面に加え、前に行けないスピード不足が不安な、の馬を消します。



クリックお願いします!
↓↓↓