今週のメイエンエベント ~エルムS~

テーマ:

先週暑くなってきたと書いたら、今週は限界MAXとなるくらいに暑い毎日に。
今週こそ馬券を熱くあてたい、そんな今週も渾身の一本勝負です!

エルムS
の本命馬はインカンテーションです!

過去10年のうち新潟開催だった09年、函館開催だった13年を除く過去8回のこのレースのデータから。

開催時期は札幌開幕週となったこのレースですが、札幌唯一のダート重賞ということにかわりなく過去のデータそのままに見ていこうと思います。


まずは前走人気別成績に注目

  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

一桁人気  9%-18%-27% /  89円- 65円

二桁人気  0%- 0%- 6% /   0円- 45円


ダート重賞常連馬も多く出走するこのレース。レースレベルは高く、前走二桁人気馬からの連対例はありません。というわけで狙いは前走一桁人気。


次に前走一桁人気馬に限った前走クラス別成績を見てみると

    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

条件戦   0%- 0%- 0% /   0円-  0円

OP特別  6%-12%-21% /  14円- 53円

重賞   18%-27%-27% / 509円- 81円


これまたレースレベルの高さを示すように前走重賞組が断トツの好成績。


また前走一桁人気馬に限った前走騎手の継続or乗り替わり別成績を見てみると

  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

継続 11%-20%-29% / 133円- 52円

乗替  7%-17%-24% /  42円- 80円


複勝回収値では劣ったものの、単勝での魅力と成績の安定感では前走継続組が上。


さらに前走一桁人気馬かつ前走騎手継続となった馬に限った年齢別成績を見てみると

     (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

4歳   18%-27%-36% /  59円- 58円 

5歳   12%-25%-31% /  33円- 56円 

6歳    0%- 0%-16% /   0円- 18円 

7歳以上  0%-14%-14% /   0円- 18円

(3歳) 25%-25%-50% /  1175円-130円


最も好成績かつ高回収値となっているのは3歳馬ですが、今回の出走馬に3歳馬はいません。

ただ馬が若いほど好成績となる傾向はあるようで、次に好成績となっているのは4歳馬。狙いはこの組。


この時点で該当馬はインカンテーション、ジェベルムーサ、ソロル。

シニスターミニスター産駒のインカンテーション、アグネスタキオン産駒のジェベルムーサ、シンボリクリスエス産駒のソロル。


ここで各種牡馬の産駒別「札幌ダート1700m戦(良馬場)」の過去5年の成績を比べてみると

     (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

シニスターミニスター  28%-42%-57% / 429円-167円 

シンボリクリスエス  12%-19%-26% /  79円- 65円 

アグネスタキオン    8%-13%-25% /  77円-190円 


断トツの好成績となっているのはシニスターミニスター産駒。アグネスタキオン産駒の複勝回収値には多少劣ったものの、単勝・複勝ともに100円を越えている時点で十分魅力的な数字です。

いうわけで本命はインカンテーションとしました。


また★馬(=推奨穴馬)はクリノスターオーです。

前走二桁人気の時点でデータ的には消えていましたが「4歳」「前走重賞」「騎手継続」には該当していました。




予想評価(本命=インカンテーション
「自信度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=アスカクリチャン
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=最高」



また消し馬(=キルクル)はブライトラインです。
過去5年の札幌ダート1700m戦(良馬場)で中9週以上の休み明けとなるフジキセキ産駒の成績は(0,0,0,8)。過去8回のこのレースで前走5着以下に敗れていた5歳以上馬で、前走から騎手継続騎乗となった馬は(0,0,0,9)。コース相性と高レベルなこのレースで前走それなりに負けた点がマイナスとなりそうな、この馬を消します。



クリックお願いします!
↓↓↓
AD

今週のメインエベント ~函館記念~

テーマ:

急激な暑さがやってきたこの1週間。
予想の方も熱く熱く、そして厚い払い戻しをGETしたい!(笑)
そんな今週も渾身の一本勝負です!

函館記念
の本命馬はアドマイヤタイシです!

過去10年のうち札幌開催だった09年年を除く過去9回のこのレースのデータから。

まずは前走クラス別成績を見てみると

  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

条件戦   0%- 0%-15% /   0円- 42円

同クラス  7%-15%-21% /  70円- 77円


ここ数年でハンデ戦というイメージより堅い決着になりつつあるこのレース。

前走クラスも条件戦からの連対馬は過去9回で出ていません。狙いは前走同クラス組。


また別データとして前走人気別成績を見てみると

  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

一桁人気 10%-18%-26% /  90円- 90円

二桁人気  0%- 2%- 7% /   0円- 34円


これまた前走二桁人気の実力では好走は厳しく、狙いは前走一桁人気の馬。


ここでハンデ戦ということで、前走同クラスの一桁人気馬に限ったこのレースでの斤量別成績を見てみると

  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

53kg以下   0%-18%-18% /   0円-165円

53.5~55kg 12%-18%-25% / 110円- 76円

55.5~57kg 13%-26%-36% / 136円-104円

57.5kg以上 20%-20%-20% /  96円- 46円


勝率No.1の斤量57.5kg以上組は昨年のトウケイヘイロー1勝だけでの数字。また複勝回収値の高い53kg以下の組は1着馬は出ておらず連対率もモノ足りません。

ということで結論的に狙い目と言えるのは好成績・高回収値の55.5~57kg組。


ハンデ戦のわりに全体の回収値が低いこのレース、データ的にも回収値はソロほど大差はありません。

それであれば、一番の好成績と言える斤量増の組が狙い目。


さらに前走同クラスの一桁人気馬に限った前走別成績を見てみると

  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

距離短縮 14%-28%-42% / 108円-107円

同距離  27%-27%-45% / 154円-134円

距離延長  8%-20%-23% /  94円- 89円


1番の狙い目は前走同距離組。斤量は僅差で劣ったものの、その他の数字は最も高く、下手に斤量に変化がある組より、同距離組で距離的な慣れは有り、ハンデによって紛れがある方がおいしい数字となっているようです。


この時点で該当馬はアドマイヤタイシ(岩田)、サクラアルディード(菱田)、トウカイパラダイス(柴山)。


最後は騎手データ。

「函館コースのオープンクラス」(過去3年)の成績を比べてみると

  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

岩田  4%-23%-33% /   24円-132円

柴山  9%- 9%-18% /  36円- 61円

菱田  0%- 0%-14% /   0円-222円


勝率は柴山が上回っているもののわずかなもの、そうなるとここは連対率・複勝率が最も高い岩田が一番の狙い目。

いうわけで本命はアドマイヤタイシとしました。


また★馬(=推奨穴馬)はアスカクリチャンです。

父か母父がノーザンダンサー系の7歳以上馬で前走1.0秒以上負けていなかった馬は
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

 16%-25%-33% / 123円-165円


該当馬中最も人気のなさそうなこの馬を穴で。


予想評価(本命=アドマイヤタイシ
「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=アスカクリチャン
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はグランデッツアです。
過去9回のこのレースで前走二桁着順だった父ヘイロー系の馬は(0,0,1,11)。また前走GⅠに出走し前2走以内に重賞連対経験の無かった馬は(0,0,0,12)。血統面と近走不振な成績が気になる、この馬を消します。



クリックお願いします!
↓↓↓
AD

今週のメインエベント ~七夕賞~

テーマ:

台風一過!毎週のように当たらない報告をしていますが、今週は急激に変わった天気のように、一気に馬券も上方修正と行きたい!
そんな今週も渾身の一本勝負です!

七夕賞
の本命馬はマイネルラクリマです!

過去10年のうち中山開催だった昨年を除く過去9回のこのレースのデータから。

まずは前走からの斤量増減別成績を見てみると

  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

斤量増 20%-40%-46% / 137円-122円

同距離  6%-12%-21% /  52円- 65円

斤量減   4%- 9%-16% / 116円- 74円


データ派の定番ハンデ戦は斤量増の組。ここでの数字は文句なしです。


さらに別データとして、前走人気別成績を見てみると。

    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

5人気以内 6%-17%-29% /  64円-100円

6人気以下 7%-11%-16% / 123円- 65円


ほぼ同等の勝率であれば前走も人気が無い方が回収値が上がるのは、当然の傾向。

その点を目をつぶれば、連対率・複勝率が高く、複勝回収値も100円を越えている前走5番人気以内の組を狙いたいところ。

いうわけで本命はマイネルラクリマとしました。


また★馬(=推奨穴馬)はマデイラです。

過去9回中8勝を上げているのが父か母父ノーザンダンサー系の血統で、このうち4勝が斤量減の組から出ています。

中でも5歳馬は

(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

 27%-27%-45% / 849円-220円


また関西馬は

(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

 20%-26%-33% / 622円-164円


2つの条件に合致するこの馬を穴で。



予想評価(本命=マイネルラクリマ
「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=マデイラ
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はダイワファルコンです。
過去9回のこのレースで父グレイソブリン系の馬は(0,0,1,5)。また、前走二桁着順の7歳以上馬は(0,0,0,16)。血統面と高齢、マイナス要素が揃った、この馬を消します。



クリックお願いします!
↓↓↓
AD

先週上半期最後のGⅠも消し馬1着という・・・いやあ、ホント1年単位くらいの不調に落ち込んでる気がします。やはり大振りがいけないのでしょうか・・・。
と言いつつも、今週はかなりのホームラン狙い!得意の3歳限定重賞、一発あってもおかしくない!そんな期待を込めて!

ラジオNIKKEI賞
の本命馬はイダスです!

ハンデ戦となった過去8年、うち中山開催だった11年を除く過去7回のこのレースのデータから。

まずは前走クラス別成績に注目

    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

500万下   7%-10%-21% /  37円- 66円

1000万下 13%-18%-22% / 232円-248円

OP特別  0%-17%-21% /   0円- 79円

重賞    5%- 7%-13% /  42円- 56円


レースレベルが高いと思われる前走重賞組は、前走掲示板にも乗れず負けて回ってくる馬が多く、つまりは重賞では歯が立たない結果が出てしまっている馬が多いということにもなります。

逆に好成績の前走1000万下組。この時期3歳馬で2勝していること、加えて1000万下=古馬混合戦でもあり、古馬にもまれた事が好走に繋がるようです。というわけで狙いはこの組。


さらに前走1000万下組みに限った前走人気別成績を見てみると

    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

3人気以内 33%-33%-33% / 567円-156円

4人気以下  0%- 7%-15% /   0円-312円


前走の着順はともかく、その実力を評価されている事は、馬のレベルの高さの証。狙いは前走3番人気以内の組。
いうわけで本命はイダスとしました。



また★馬(=推奨穴馬)はカウニスクッカです。

前走4角2番手以内で、今回前走から距離延長となる馬は

(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

  37%-37%-50% / 355円-110円

前に行った馬が穴をあけることも多いこのレース。先の該当馬4頭にも残ったこの馬を穴で。


予想評価(本命=イダス
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=カウニスクッカ
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はショウナンワダチです。
過去7回のこのレースで前走4角13番手以下で上がり3Fタイムが上位3位以下だった馬は(0,0,0,12)。斤量55.5kg以上背負わされた父ヘイロー系以外の馬は(0,0,1,8)。脚質面、血統面とマイナス要素が揃った、この馬を消します。



クリックお願いします!
↓↓↓