今週のメイエンエベント ~オークス~

テーマ:

先週は2頭に絞り込んでおきながら、人気馬に走ってしまって予想も馬券もハズレ。本当に悔しい思いをしました。
今週、改めて牝馬GⅠでリベンジします!

オークス
の本命馬はフォーエバーモアです!

過去10年のこのレースのデータから。

まず過去10年の複勝圏内入着馬の前走レースは以下の4レースからしか出ていません。     

○桜花賞     (8,6,5,59)

○フローラS   (1,3,4,30)

○スイートピーS (1,0,1,28)

○忘れな草賞    (1,0,0,10) 


これ以外レースからのステップはバッサリ消し。

ここからは前走桜花賞組と、その他の3レースを別路線組として、それぞれの好走馬の傾向を見ていきます。


■前走桜花賞組

複勝圏内入着馬のべ30頭中2/3近くの19頭がこの組から。19頭の複勝圏内入着馬の共通項は

○前3走以内に「重賞連対」または「OP特別勝ち」を経験

○前6走以内に「重賞3番人気以内」または「OP特別2番人気以内」を経験

○前走0.8秒以上負けていた馬は「1400m以上のの重賞勝ち」または「1800m以上のオープンクラスで連対」を経験

○前走二桁着順の馬は「前2走以内に1400m以上の重賞連対経験あり」かつ関西馬に限る

○前走二桁人気で連対をはずしていた馬は2000m以上のオープンクラスで連対経験あり

○関東馬の複勝圏内入着馬は「1600m以上のオープンクラス勝ち」または「1800m以上の重賞で連対」を経験

○キャリア4戦以内の馬は「GⅠ連対」または「府中コースで重賞勝ち」を経験


該当馬ハープスター、フォーエバーモア。


■前走別路線組

07年の2,3着馬、01年の1,2着馬など波乱となるときは2頭以上の複勝圏内入着もあるこの組。

10頭の複勝圏内入着馬の共通項は

○前走3着内かつ着差0.3秒以内

○前走負けていた馬は2走前は2着以内かつ着差0.3秒以内

○前走負けていた馬は2走前オープンクラスで2着以内または前3走すべて着差0.4秒以内

○前3走以内に「上がり3Fタイム上位2位以内」を経験

○前走7番人気以下の馬は、キャリ10戦以上。

○キャリア4戦以内の馬は連対率75%以上。

○前走オープン特別出走馬は「前2走連勝」または「前2走ともオープンクラスで連対」が条件


該当馬はなし。


改めて該当馬はハープスター、フォーエバーモア。

最後は騎手データです。
「4~6月の東京開催」「重賞」(過去5年)の騎手データを比較すると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
蛯名  16%-28%-30% / 171円-134円
川田   5%-10%-10% /  28円- 18円

リーディングでは上位の川田ですが、ここは関東場でホームとなる蛯名の方が圧倒的な好成績・高回収値。川田においては、このデータ内で1番人気騎乗経験がないこともかえってプレッシャーにならないか心配でもあります。
いうわけで本命はフォーエバーモアとしました。


また★馬(=推奨穴馬)はマイネオーラムです。

過去10年7番人気以下の複勝圏内入着馬はのべ9頭。9頭の共通項を見てみると。

○前走オープンクラスで10着以内。ただしGⅠ以外なら3着以内。

○10頭中9頭が過去に「1600m以上の重賞連対」or「2000m以上のオープンクラスで3着以内」の経験あり

○10頭中9頭が関東騎手騎乗

該当馬の中から、最も人気のなさそうなこの馬を穴で。




予想評価(本命=
フォーエバーモア

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=マイネオーラム
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=最高」



また消し馬(=キルクル)はヌーヴォレコルトです。
過去10回のこのレースで、前走・前々走とも4番人気以下で今回関西所属騎手騎乗となった馬は(0,0,1,22)。「1600m以上のオープンクラス勝ち」または「1800m以上の重賞3着以内」を経験していない関東馬は(0,0,0,34)。人気が象徴するこれまでの実力不足感、加えて実績不足+不利な関東馬、データ的にマイナス要素が重なったこの馬を消します。



クリックお願いします!
↓↓↓
AD

今週のメインエベント ~ヴィクトリアマイル~

テーマ:

先週は本命・穴馬ともに大敗といいところなし。
今週はいろいろと予定もあって早めの予想UPで流れを変えたいと思います!

ヴィクトリアマイル
の本命馬はエクセラントカーヴです!

第1回の06年以降、過去8年のこのレースのデータから。

過去8年の連対馬のべ16頭の前走レースを大まかにわけると

○海外GⅠ(2,2,0,1)

○牡馬混合重賞(4,0,2,17)

○牝馬限定重賞(2,6,5,85)

オープン特別以下のクラスからは条件戦からは3着馬1頭のみで狙いづらいところ。

というわけでこの3パータンに狙いを定めてさらにそれぞれの好走パターンを複勝圏内入着馬まで広げて見ていきます。 


■海外GⅠ(2,2,0,1)

海外GⅠに出走できていることがかなり高い基準に達している証拠とも思えるこの組。

4頭の複勝圏内入着馬の共通項は

①過去1年以内に東京コースのGⅠ勝ち

②前走8着以内 


該当馬なし。 


■牡馬混合重賞(4,0,2,17)

述べ5頭の複勝圏内入着馬の共通項は

①前走6着以内

②前走一桁人気

③前年2月以降に東京コースで「重賞勝ち」または「GⅠ3着以内」の経験あり

④前走から中3~5週以内。


該当馬はなし。


■牝馬限定重賞(2,6,5,85)

最も複勝圏内入着馬が多いが、その分着外となった馬も多いこの組。

のべ8頭の複勝圏内入着馬の共通項は

①前走芝1400m以上のレースで着差1.2秒以内

②前走10番人気以内。前走敗れていた馬は6番人気以内。

③前年のこのレースの勝ち馬を除き、前4走以内に重賞連対経験あり

④前走負けていた馬は、今回休養明け2戦目または3戦目。

④13頭中12頭が前年からここまでに「GⅠ連対」または「重賞勝ち」の経験あり

⑤前走から中8週以内


該当馬はウリウリ、エクセラントカーヴ、ケイアイエレガント、スマートレイアー、フーラブライト、ヴィルシーナ


改めて該当馬はウリウリ、エクセラントカーヴ、ケイアイエレガント、スマートレイアー、フーラブライト、ヴィルシーナ。

すべて前走牝馬限定重賞組から。

そこで前走牝馬限定重賞組で(先のデータから)前走10番人気以内かつ着差1.2秒以内だった馬に限った、前走からの斤量増減別成績を見てみると

    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

斤量増   0%- 8%-16% /   0円-105円

同斤量   2%- 8%-10% /  36円- 58円

斤量減    5%-16%-27% /  40円-111円


勝率・連対率で、他の組を倍以上の数字で上回ったのが今回斤量減となった組。過去の実績から前走別定戦・ハンデ戦で重い斤量を背負わされた馬が、今回一律同じ斤量となって好走しているようです。

この時点で該当馬はエクセラントカーヴ、ヴィルシーナ。


最後は騎手データです。

「4~6月の東京開催」「芝のオープンクラス」(過去5年)の騎手データを比較すると

  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

戸崎  13%-24%-31% / 144円- 87円

内田博  9%-20%-29% /  91円- 87円


一昨年の安田記念で地方所属でGⅠ制覇等、マイルGⅠでも結果を残している戸崎の方が好成績・高回収値。ちなみに、今回はその安田記念と同じ掘厩舎とのコンビ。
いうわけで本命はエクセラントカーヴとしました。


また★馬(=推奨穴馬)はレイカーラです。

前走重賞で4角5番手以内かつ今回休養明け2戦目となる馬は

 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

  14%-21%-35% / 73円-221円


昨年の勝ち馬ヴィルシーナ、一昨年の勝ち馬ホエールキャプチャもこのデータに該当。

これに該当する中から、最も人気のなさそうなこの馬を穴で狙います。



予想評価(本命=
エクセラントカーヴ

「自信度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=レイカーラ
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=最高」



また消し馬(=キルクル)はデニムアンドルビーです。
過去10回のこのレースで、前走二桁着順に敗れて、今回関西所属騎手が騎乗となった馬は(0,0,0,9)。また、芝のマイルGⅠ連対経験馬を除き、前走距離2000m以上戦出走馬は(0,0,0,7)。前走大敗に加えて一気の距離短縮も気になるこの馬を消します。



クリックお願いします!
↓↓↓
AD

今週のメインエベント ~NHKマイルC~

テーマ:

先週はついに的中!しかも現地的中!これで一気に息を吹き返した感があります!
今週も気合いいを入れて、GⅠ渾身の一本勝負です!

NHKマイルC
の本命馬はサトノルパンです!

過去10年のこのレースのデータから。

まずは前走クラス別成績に注目。

   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

500万下  0%- 0%- 0% /   0円-  0円

OP特別 0%- 0%- 8% /   0円-106円

重賞   7%-14%-20% / 135円-121円


下級条件からは複勝圏内入着例は無く、OP特別からでも3着が精一杯。ここでは前走重賞組が断然の狙い目。


次に別データとして、前走からのレース間隔別成績を見てみると

   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

中2週以内  0%- 5%-11% /   0円- 74円

中3~8週  8%-14%-19% / 152円-128円

中9週以上  0%- 0%-11% /   0円- 85円


レース間隔が開きすぎても、詰まりすぎるのも良くないようで、勝ち馬はすべてゆったりとしたローテーションで来た前走中3~8週組から。狙いもこの組。


さらに前走重賞かつ中3~8週組に限った前走人気別成績を見てみると

   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

3人気以内 20%-29%-32% / 196円-121円

4~9人気  7%-15%-18% / 301円-110円

10人気以下 0%- 4%-12% /   0円-256円


そもそも絞り込んだ時点の全体の回収値が高いため、それぞれのデータ別回収値も高くなっていますが、それを考慮すれば成績がもっとも高い数字になっている前走1~3人気組が狙い目。


さらに前走重賞かつ中3~8週組に限った前走騎手の継続or乗り替わり&東西厩舎別成績を見てみると

  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

継続・関東  4%- 8%-16% / 137円-213円 

継続・関西 11%-19%-22% /  40円- 95円

乗替・関東   5%-17%-17% / 447円-152円 

乗替・関西  22%-27%-33% / 315円-272円


関東馬は継続・乗替ともに単勝回収値で高い数字を出していますが、これはそれぞれ1勝のみで出した数字。

その点も加味すると、4頭の勝ち馬を出しておりかつ安定した成績となっている関西馬の騎手乗り替わりが狙い目。

実力のある関西馬の、ここをメイチ勝負として鞍上強化で挑んできた馬が好成績をあげているようです。
この時点で該当馬はエイシンブルズアイ、サトノルパン。


父ミスタープロスペクター系(ミスプロ系)のエイシンブルズアイ、父ヘイロー系のサトノルパン。
そこで過去10年のこのレースで前走重賞かつ中3~8週組に限った、それぞれの父系統別の成績を比べてみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
ヘイロー系 17%-31%-37% / 266円-188円 
ミスプロ系 10%-10%-15% /  37円- 54円

好成績・高回収値となっているのは父ヘイロー系。元々、全体の回収値が高いこのレースですが、それでも200円近い回収値はかなりの魅力。
いうわけで本命はサトノルパンとしました。



また★馬(=推奨穴馬)はアドマイヤビジンです。

このレースで穴馬が何度か連対し相性が良いと言えるのが父か母父ヴァイスリージェント系の血統。

中でもその年に入ってオープンクラス1着を経験していた馬は

(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

 33%-50%-50% / 1838円-525円


昨年優勝のマイネルホウオウ、さらに07年ブービー人気で優勝のピンクカメオと2頭の穴馬がこのデータに該当。

今回唯一該当するこの馬を穴で。



予想評価(本命=
サトノルパン

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=アドマイヤビジン
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はロサギガンティアです。
過去10回のこのレースで、前走から中2週以内での出走となった関東馬は(0,0,0,20)。また、キャリア6戦以上で前走二桁着順かつ今回前走と同じ騎手での出走となった馬は(0,0,1,12)。前走大敗に加えてローテーションも気になるこの馬を消します。



クリックお願いします!
↓↓↓
AD

今週のメインエベント ~天皇賞・春~

テーマ:

先週は穴馬が超人気薄で3着!これはいい傾向かもしれません!
そして今週からGⅠ6連戦!さらに今週はまたしても現地GⅠ観戦!
今週はまずます気合の入る1戦です!

天皇賞・春
の本命馬はフェノーメノです!

過去10年のこのレースのデータから。

過去10年、連対馬を出している前走コースは以下の5コース。

 レース名/着度数

①阪神芝3000m(3,0,3,45)

②中山芝2500m(2,5,2,34)

③阪神芝2000m(2,3,2,17)

④京都芝2200m外(1,1,1,3)

⑤船橋ダ2400m(1,0,0,0)

⑥(旧)阪神芝2500m(1,1,0,6)


かなりのレアケースと言える前走船橋ダ2400m戦のステップはおらず、また旧コースの阪神2500m戦からのステップもなし。

それらを除く4コースをステップとする馬を相性の良いステップとして狙い、その他ステップは消し。


ここからはそれぞれのステップのパターンについて、さらに見ていきます。


①阪神芝3000m(3,0,3,45)

のべ6頭の複勝圏内入着馬の共通項は

○前走6番人気以内かつ10着以内

○前走0.9秒以上負けていた馬は、今回騎手乗り替わりが条件。また前走着差0.8秒以内だった馬は前走騎手継続が条件。

○前走連対圏をはずしていた馬は、前年の10月以降に芝2400m以上の重賞で連対経験あり

○父か母父がターントゥ系

○4歳~6歳馬


該当馬はアドマイヤラクティ。


②中山芝2500m(2,5,2,34)

のべ9頭の複勝圏内入着馬の共通項は

○前走7番人気以内かつ10着以内

○前走6番人気以下で敗れていた馬は、今回騎手乗り替わりが条件

○3000m以上の重賞出走経験がある馬は、その3000m以上の重賞で5着以内の経験あり

○5歳以上馬で前走から斤量増となる馬は斤量~1kg増まで。

○前年の天皇賞・春勝ち馬を除き、4歳~6歳馬。


該当馬はフェノーメノ、ラストインパクト。


③阪神芝2000m(2,3,2,17)

のべ7頭の複勝圏内入着馬の共通項は

○前走着差0.5秒以内

○前走4番人気以内

○「前年に2400m以上のGⅠで4着以内」または「4歳馬に限って前年の菊花賞で着差0.4秒以内」の経験あり

○4歳~6歳馬


該当馬はキズナ。


④京都芝2200m外(1,1,1,3)

のべ3頭の複勝圏内入着馬の共通項は

○前走6番人気以内かつ連対

○過去4走すべて7着以内かつ着差0.5秒以内

○過去1年以内に2000m以上の重賞で2回以上連対

○父か母父ヘイロー系


該当馬はなし。


改めて残った該当馬はアドマイヤラクティ(四位)、フェノーメノ(蛯名)、ラストインパクト(川田)、キズナ(武豊)。
最後は騎手データです。

「4~5月の京都開催」「古馬混合」「芝のオープンクラス」(過去5年)の騎手データを比較すると

  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

蛯名 25%-50%-50% / 155円-142円

川田  7%-14%-21% / 100円- 80円

武豊  0%-25%-37% /   0円-140円

四位  0%- 0%- 0% /   0円-  0円


昨年のこのレース勝ちもあって、最も好成績かつ高回収値となっているのが蛯名。これが断然の狙い目。

いうわけで本命はフェノーメノとしました。



また★馬(=推奨穴馬)はアスカクリチャンです。
過去10年で波乱を起こすことが多いのは内枠の馬。
とくに1~3枠に入った、父か母父がノーザンダンサー系の馬は

(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

  26%-31%-36% / 763円-242円


該当馬中最内かつ最も人気薄となりそうなこの馬を穴で狙います。


予想評価(本命=
フェノーメノ

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=アスカクリチャン
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=高」



また消し馬(=キルクル)はゴールドシップです。
過去10回のこのレースで、前年の天皇賞・春で着差0.8秒以上負けていた馬は(0,0,2,20)。また前走11頭立て以下のレースに出走し、今回騎手乗り替わりとなった馬は(0,0,0,14)。前年の結果から好走を期待するのは難しそうなデータ、加えて少頭数→多頭数と一気にタフなレースとなりそうなことも不利に働きそうな、この馬を消します。



クリックお願いします!
↓↓↓