今週のメインエベント ~AJCC~

テーマ:

今週も引き続きバタバタ。しかし、週末は落ち着いて競馬が出来そう。これなら当てることができるかも・・・!?
今週も渾身の一本勝負!

AJCCの本命馬はトゥザグローリーです!

過去10年のこのレースのデータから。

まずは前走クラス別成績に注目。

   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

条件戦   4%- 9%-19% /  15円- 55円

OP特別  0%- 4%-18% /   0円- 61円

GⅡ・Ⅲ 11%-16%-22% /  62円- 52円

GⅠ   13%-34%-43% /  53円-110円


まだGⅠ本番までは遠いとはいえ、別定GⅡ戦のここはレースレベルも高く、前走レベルも高かった馬が好成績。狙いは前走GⅠ組。


さらに前走GⅠ組に限った、年齢別成績は

   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

4歳    0%-66%-66% /   0円-160円

5歳   18%-18%-27% /  30円- 46円

6歳    0%- 0%- 0% /   0円-  0円

7歳以上  14%-57%-71% / 110円-220円


GⅠ後のレースで若い馬の方にまだ余力があると思いきや、好成績は7歳以上の高齢馬。若さより経験がものを言うようです。

ちなみに前走が有馬記念だった7歳以上馬に限ると(1,2,1,1)の成績で着外の1頭も4着とかなりの好相性。

この時点で該当馬はトゥザグローリーのみ。

いうわけで本命はトゥザグローリーとしました。



また★馬(=推奨穴馬)はコスモファントムです。

前走中山芝2000m以上のレースで4角2番手以内だった馬は

(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

  10%-40%-50% /  19円-184円


このレース自体で言えば、4角2番手以内の馬が過去10年で5勝10連対。穴はこの馬。



予想評価(本命=
トゥザグローリー

「自信度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=コスモファントム
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=高」




また消し馬(=キルクル)はケイアイチョウサンです。
過去10年のこのレースで、前走GⅠ出走馬を除く、父系か母父系がロベルト系馬は(0,0,1,13)。前走GⅡ以下クラスで、4角13番手以下だった馬は(0,0,0,12)。血統面、脚質的にもデータ的に不利となりそうな、この馬を消します。



クリックお願いします!
↓↓↓
AD

今週のメイエンエベント ~日経新春杯~

テーマ:

今週はプライベートがバタバタしてまして、ネットが使えない環境が数日続いたりと、予想も急仕上げ。
これが吉と出るか凶と出るか・・・今週も一本勝負でーす。

日経新春杯
の本命馬はラウンドワールドです!

過去10年のこのレースのデータから。

まずは年齢別成績に注目

   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

4歳   10%-24%-41% / 108円-114円

5歳   14%-28%-37% /  66円-173円

6歳    3%- 3%- 9% / 110円- 36円

7歳以上   2%- 5%- 5% /  18円- 11円


5歳と6歳の間で格段に成績の差が出ています。ここは成績面・回収値面が高い数字となっている4歳・5歳馬を狙いとします。


さらに4~5歳馬に限った前走騎手の継続or乗り替わり別成績を見てみると

  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

継続  26%-43%-60% / 124円-186円

乗替   4%-17%-26% /  63円-124円


これまた大きな差で継続騎乗の組が有利。ハンデで同じ実力となるならば、乗りなれた騎手の方が有利といった結果でしょうか。狙いは継続騎乗の組。


さらにハンデ戦ということで4~5歳馬かつ前走から騎手継続騎乗の組に限った、このレースでの斤量別成績を見てみると

   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

51kg以下   0%- 0%-50% /   0円-925円

51.5~53kg  0%- 0%- 0% /   0円-  0円

53.5~55kg 44%-66%-66% / 244円-125円

55.5~57kg 12%-37%-62% /  63円-135円

57.5kg以上  33%-33%-66% /  53円- 73円


08年12番人気3着テイエムチュラサンの一発で複勝回収値が上がっている51kg以下の組を除けば、好成績・高回収値となっているのが53.5~55kg。斤量背負いすぎず、ハンデ軽く見積もられすぎずというこの組がスイートスポットとなっている様子。

いうわけで本命はラウンドワールドとしました。



また★馬(=推奨穴馬)はステラウインドです。

前走条件戦出走馬でも、前走2番人気以内かつ2着以内だった馬は

(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

 20%-30%-60% / 282円-227円

ハンデ戦ということもあってか、前走条件戦でも好走馬がでやすいこのレース。穴はこの馬。



予想評価(本命=
ラウンドワールド

「自信度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=ステラウインド
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=最高」




また消し馬(=キルクル)はサトノノブレスです。
過去10年のこのレースで、前走3000m以上のレースに出走して、今回騎手乗り替わりとなる馬は(0,0,0,14)。また、前走着差0.8秒以上負けて、今回休養明け初戦となる馬は(0,0,1,7)。前走GⅠ2着とはいえ着差は大きく、また前走から一気の距離延長・休養明け初戦もデータ的には良くなさそうで、この馬を消します。



クリックお願いします!
↓↓↓
AD

今週のメインエベント ~シンザン記念~

テーマ:

中山金杯で見事本命馬が1着。幸先の良いスタートとなりました!・・・しかし、馬券を買っていなかった(涙)。
今週はきっちり当てましょう!メインエベントは得意の3歳重賞!

シンザン記念
の本命馬はミッキーアイルです!

過去10年のこのレースのデータから。

まずは前走クラス別成績に注目。

  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

新馬・未勝利 6%- 9%-12% /  23円- 41円

500万下    6%-15%-24% / 199円-144円

オープン   8%-17%-25% /  30円- 68円


成績面では前走オープンクラス組にやや劣る前走500万下組ですが、その差は僅差。むしろはるかに上回る回収値には魅力があり、狙いは前走500万下組みとしました。


さらに前走着順別成績に注目

  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

0.5秒以内  6%-16%-23% / 219円-131円

0.6秒以上  0%- 0%-33% /   0円-273円


前走下位クラスで大きく負けているようでは、重賞ではなかなか厳しい様子。許容範囲で狙いは前走着差0.5秒以内まで。


この時点で該当馬はカシノヒカル、ミッキーアイル、モーリス。

父ヘイロー系のミッキーアイルに対し、父ロベルト系のカシノヒカル、モーリス。

ここで過去10年のこのレースのそれぞれの父系統別成績を比べてみると

  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

ヘイロー系 10%-20%-29% /  70円- 99円

ロベルト系  0%- 0%-14% /   0円- 35円


3歳戦の主役はやはり父ヘイロー系。

いうわけで本命はミッキーアイルとしました。



また★馬(=推奨穴馬)はカシノヒカルです。

該当馬中もっとも人気の無いこの馬を穴で。



予想評価(本命=
ミッキーアイル

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=高」

予想評価(馬=カシノヒカル
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=最高」




また消し馬(=キルクル)はタガノグランパです。
過去10年のこのレースで、前走二桁人気で前走から騎手継続騎乗となった馬は(0,0,0,8)。またキャリア2戦以内で前走4角7番手位以下だった馬は(0,0,0,9)。前走時点で実力不足かつキャリア不足がマイナスとなりそうなこの馬を消します。



クリックお願いします!
↓↓↓
AD

今週のWメインエベント ~京都金杯~

テーマ:

新年恒例の両金杯予想。
東に続いて西もそこそこ狙ったつもりの予想。さて、どうなりますか!?
Wメイエンエベント、もう一本です!

京都金杯
の本命馬はガルボです!

過去10年のこのレースのデータから。

まずはこのレースでの斤量別成績に注目。

     (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

斤量増   11%-26%-38% / 154円- 97円

同斤量    8%-15%-19% /  63円- 61円

斤量減    3%- 6%-12% /  51円- 60円


やはりハンデ戦は斤量重い方から。ここは斤量増の組が狙い。


また前走とのレース間隔別成績を見てみると

  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

中3週以内  6%-14%-21% /  91円- 83円

中4~8週  8%-13%-19% /  54円- 54円

中9週以上  0%- 0%- 0% /   0円-  0円


成績面では僅差ですが、回収値面も含めると中3週以内の組の優位は明らか。

冬場は調子の維持が難しいためか、あまり間延びするようでは厳しいようで、狙いは詰めて使ってくる中3週以内の組。


この時点で該当馬はガルボのみ。
いうわけで本命はガルボとしました。



また★馬(=推奨穴馬)はテイエムオオタカです。

6歳以下の父ノーザンダンサー系の馬は

(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

 26%-26%-26% / 263円- 74円


過去5年ベースで言えば3頭がこれに該当。ピンかパーかの可能性はあるもののピンで来た場合の破壊力には魅力があります。



予想評価(本命=
ガルボ

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=高」

予想評価(馬=テイエムオオタカ
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=最高」




また消し馬(=キルクル)はプリムラブルガリスです。

過去10年のこのレースで、7~8枠に入った父ヘイロー系以外の馬は(0,0,0,21)。前走OP特別以下クラスで4着以下に敗れていた馬は(0,0,0,26)。前走下位クラスでの敗戦に加えて不利な外枠と不利な条件が重なったこの馬を消します。



クリックお願いします!
↓↓↓

今週のWメイエンエベント ~中山金杯~

テーマ:

あけましておめでとうございます!
昨年は、大きな当たりもなく終わった感もある当ブログですが、今年は心機一転頑張りたいと思います!
というわけで、早速新年恒例の両金杯で、大きく当てましょう!東西Wメイエンエベントで勝負です!

中山金杯
の本命馬はオーシャンブルーです!

過去10年のこのレースのデータから。

まずはこのレースでの斤量別成績に注目。

    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

54kg以下  1%- 5%-10% /  12円- 69円

55kg以上  9%-17%-24% /  58円- 83円


今年もハンデ戦は斤量重い方から。狙いは55kg以上の組。


さらに斤量55kg以上の組に限った、前走人気別成績を見てみると

   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

5人気以内 10%-24%-32% /  64円- 81円

6人気以下  8%-13%-20% /  54円- 84円


ハンデ戦と言えども、前走人気は上位の方が好走する傾向にある様子。狙いは前走5番人気以内の組。


この時点で該当馬はオーシャンブルー(ベリー)、サクラアルディード(内田博)、ディサイファ(四位)、ユニバーサルバンク(戸崎)。


最後へ騎手データです。

「1月~2月」の「重賞」(過去5年)の騎手データを比較すると

  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

ベリー 14%-42%-42% / 132円-115円

内田博 12%-22%-34% / 108円- 85円

四位   3%- 9%-21% /  26円- 67円

戸崎   0%- 0%-14% /   0円-151円


成績No.1、回収値も単勝・複勝ともに100円越えのベリーが一番の狙い目。この時期を狙って“出稼ぎ”に来てる感もあるこの騎手が一番の狙い目。
いうわけで本命はオーシャンブルーとしました。



また★馬(=推奨穴馬)はコスモファントムです。

このレース斤量55kg以上の馬に限った、父ナスルーラ系の馬は

(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

  14%-35%-42% /  85円-140円


レインスティックも該当しますが細かい系統で見た場合父プリンスリーギフト系は過去10年複勝圏内入着例はなく、自身も過去に2度複勝圏内入着しているこの馬を狙います。


予想評価(本命=
オーシャンブルー

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=高」

予想評価(馬=コスモファントム
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」




また消し馬(=キルクル)はケイアイチョウサンです。
過去10年のこのレースで、前走2番人気以下で、このレース8枠に入った馬は(0,0,0,14)。今回中9週以上の休養明け初戦で、前走0.6秒以上負けていた関東馬は(0,0,1,5)。不利な8枠に加えて、休養明け初戦のローテーションが気になるの馬を消します。



クリックお願いします!
↓↓↓