今週のメイエンエベント ~産経大阪杯~

テーマ:

先週もはずれて「当たり・ハズレ・ハズレ」の法則は崩れてしまいました(涙)。

今日から新たなスタート。

そんな渾身の一本勝負です!


産経大阪杯の本命馬はショウナンマイティです!


過去10年のこのレースのデータから。
まずは前走クラス別成績を見いてみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
条件戦   0%-16%-16% /   0円-150円
OP特別  4%- 4%- 8% /  36円- 23円
重賞   10%-19%-29% /  64円- 69円


複勝回収値の高い前走条件戦組は11年ダークシャドウの一発で回収値をあげており信頼度に欠ける点があります。それを除けば、狙い目は最も好成績となっている前走重賞組。

また別データとして、前走からのレース間隔別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
中3週以内  6%- 6%-10% /  39円- 22円
中4~8週 12%-28%-37% / 124円-123円
中9週以上  7%-20%-33% /  14円- 77円


レース間隔は詰まりすぎても、開きすぎても良くないようで、狙い目は前走から中4~8週の組。

さらに前走重賞かつ前走から中4~8週の組に限った、前走着差別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
勝ち       0%-40%-40% /   0円-140円
負0.0~0.9秒 20%-33%-46% / 214円-104円
負1.0秒以上  12%-12%-25% /  96円- 98円


毎年高レベルのメンバーがそろうGⅡ戦。ここでの連勝は難しく、逆に前走大敗の巻き返しも難しい。狙いは前走惜敗の0.0~0.9秒負け組。
この時点で該当馬はショウナンマイティ(浜中)、トウカイパラダイス(柴山)。

最後は騎手データです。
「3~4月」「古馬混合」「オープンクラス」(過去5年)のデータを比べてみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
浜中  15%-17%-25% / 201円- 81円
柴山   4%- 8%-20% /  80円-196円

複穴の魅力はある柴山ですが、いかんせん連対率8%では信頼度に賭けます。
そうなると狙いは柴山。単勝回収値の高さから、穴で一発、頭まで持ってきそうな魅力があります。

というわけで本命はショウナンマイティとしました。




また★馬(=推奨穴馬)はトウカイパラダイスです。

該当馬のもう一頭。柴山の複勝回収値の高さに期待して。



予想評価(本命ショウナンマイティ

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=高」

予想評価(馬=トウカイパラダイス
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はエイシンフラッシュです。
過去10年のこのレース。前走0.4秒以上負けて今回斤量増となった6歳以上馬は(0,0,0,18)。父ミスプロ系の関西馬は(0,0,1,7)。馬を消します。どちらかと言えば高齢の部類に入っての斤量増と血統面の不安からこの馬を消しとします。



クリックお願いします!
↓↓↓

AD

今週のメインエベント ~高松宮記念~

テーマ:

先週ははずれてしまったけど、ここ最近「当たり・ハズレ・ハズレ」のペースで来てて、ちょうど今回は「当たり」となるはずです!

そして、このタイミングで1年で一番熱いGⅠと言っても過言ではない高松宮記念!

もちろん渾身の一本勝負です!


高松宮記念の本命馬はサンカルロです!


昨年から新装中京の芝1200mで行われるようになったこのレースですが、まずは過去10年のこのレースのデータから、ローテーションに関する消しデータとして
①前年に芝のGⅠ勝ち経験馬を除く、中9週以上の休養明け初戦の馬(0,0,0,13)
②中2週以内のローテーションで、前走5着以下に敗れていた馬(0,0,1,41)
③前走ダート戦に出走(0,0,0,13)

またGⅠという格の面から見たデータとして
④前走OP特別以下クラスに出走していた馬(0,0,0,24)
⑤前走GⅢ以下クラスのレースで9番人気以下だった馬(0,0,1,39)


れらの馬は消し。

次に中京芝1200mコースについてのデータについて。
2013年3月以降の中京芝1200m戦について。まずは枠番別成績について、内・外どちらが有利かという観点で調べてみると。
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
1~4枠  5%- 8%-12% /  90円- 42円
5~8枠  6%-15%-23% /  76円- 84円


連対率・複勝率・複勝回収値では倍近い数字で上回っている外枠が有利。

さらに、その5~8枠の馬に限る前走上がり3Fタイムについて調べてみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
5位以内 15%-27%-33% / 145円-106円
6位以下  3%-11%-19% /  51円- 76円


外差しが利きやすいためか、前走上がり3Fタイム位が5位以内だった馬がここでは好成績。
この時点で該当馬はサンカルロ(吉田豊)、ドリームバレンチノ(松山)、サクラゴスペル(横山典)、ダッシャーゴーゴー(川田)

最後は騎手データです。
「芝1400m以下」「古馬混合重賞」(過去5年)の騎手データ
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
吉田豊 10%-20%-31% /  90円-103円
松山  18%-18%-27% / 110円- 80円
横山典  9%-15%-24% /  49円- 57円
川田   9%-19%-26% /  70円- 76円


松山は来れば1着まで来る魅力はありますが、サンプル数が他の騎手は29鞍以上の数字にかかわらず、松山は11鞍のみのもので、その他連対率の低さからもやや信頼に欠ける所があります。そうなると狙いは連対率・複勝率ナンバーワン、複勝回収値も唯一の100円越えで連軸の信頼断トツの吉田豊。
というわけで本命はサンカルロとしました。




また★馬(=推奨穴馬)はアイラブリリです。

前走重賞1番人気の牝馬は(1,2,0,0)。



予想評価(本命サンカルロ

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=高」


予想評価(馬=アイラブリリ
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=最高」



また消し馬(=キルクル)はエピセアロームです。
過去10年の高松宮記念で前走9着以下に敗れていた4歳馬は(0,0,0,9)また2012年3月以降の中京芝1200古馬混合戦でダイワメジャー産駒の成績は(0,0,0,6)。高松宮記念の過去データ、新装中京コースのデータ両面からこの馬を消します。



クリックお願いします!
↓↓↓




AD

今週のWメインエベント ~スプリングS~

テーマ:

本当の勝負は日曜ですよ!

というわけでWメイエンエベント2本目!こちらも3歳限定重賞で


スプリングSの本命馬はアクションスターです!


過去10年、うち阪神開催となった11年を除く、過去9回のこのレースのデータから。
まずは前走クラス別成績に注目
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
新馬・未勝利 0%- 0%- 0% /   0円-  0円
500万下  2%- 7%-18% /  23円-108円
OP特別   4%-12%-12% /   9円- 46円
重賞    12%-20%-27% /  84円- 62円


複勝回収値は断トツで魅力の前走500万下組ですが連対率が1桁の7%と狙いづらいところ。
その点では連対率で20%と安定感のある前走重賞組が狙い目。

さらに前走重賞組に限った、前走着順別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
1着    8%- 8%-33% /  23円- 43円
2~3着 33%-50%-55% / 256円- 91円
4~9着  0%- 8%- 8% /   0円- 60円
10着以下 0%- 0%- 0% /   0円-  0円


2~3着の惜敗組が1/2の確率で連に絡む好成績、回収値も断トツで狙い目はこの組。
残ったのはアクションスター、マイネルストラーノ。

ここまでキャリア4戦のアクションスター、7戦のマイネルストラーノ。
ここでこのレース全体のキャリア別成績を見てみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
4戦 15%-30%-40% /  60円-137円
7戦  0%- 0%- 0% /   0円-  0円


他の組と比べて断トツの好成績なのがキャリア4戦組。この4戦組は、その他キャリア数と比べてもナンバーワンの好成績。

というわけで本命はアクションスターとしました。




また★馬(=推奨穴馬)はザラストロです。

前走重賞出走の父リファール系の馬は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 25%-37%-37% / 221円-158円


予想評価(本命アクションスター

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=高」

予想評価(馬=ザラストロ
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はタマモベストプレイです。
過去9回のこのレースでフジキセキ産駒の成績は(0,0,1,8)。また前走6番人気以下の馬は(0,0,1,29)。単純な血統データと前走時点の実力評価の低さからこの馬を消します。



クリックお願いします!
↓↓↓

AD

今週のWメインエベント ~ファルコンS~

テーマ:

先週は1着!!やはり波は来ているのか!?

ここは一気に勝負しよう!ということで、今週はWメイエンエベントで土日勝負です


ファルコンSの本命馬はプレイズエターナルです!


中京の馬場改修は抜きにして、過去7年、うち阪神開催だった11年を除く過去6回のこのレースのデータから予想。

まずは前走クラス別成績に注目
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
条件戦  8%- 8%-17% /  47円- 40円
オープン 4%-12%-16% /  36円- 69円


条件戦組は連対率と回収値が下がる分、やや魅力に欠けます。となると、狙いは前走オープン組。


さらに前走オープン組に限った、前走人気別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
5人気以内  12%-16%-20% /  98円- 61円
6~9人気秒  0%-12%-20% /   0円- 92円
10人気以下   0%- 5%- 5% /   0円- 45円


はり前走時点で力量が評価されている馬が有利。とくに勝ち馬に関しては、すべて前走5番人気以内の馬から出ています。

この時点で該当馬はティーハーフ(父ストーミングホーム)、プレイズエターナル(父アドマイヤムーン)、モグモグパクパク(父メイショウボーラー)、ワキノブレイブ(父マイネルラヴ)。


最後は種牡馬別成績。
馬場改修後の2012年3月以降、中京芝1400m戦(良馬場に限る)でのそれぞれの父馬の成績を比べてみると
   (着度数 / 単勝回収値-複勝回収値)
アドマイヤムーン (3,1,1,18)/ 160円-100円
メイショウボーラー (1,0,0,2)/ 353円- 80円
マイネルラヴ     (0,0,0,8)/   0円-  0円
ストーミングホーム (0,0,0,1)/   0円-  0円


複勝圏内入着例の2頭が狙いづらいのはもちろん、メイショウボーラーもサンプル数の少なさから狙いづらいところ。
そのサンプル数も多く勝率13%、連対率17%で高回収値なら狙い目として十分。

というわけで本命はプレイズエターナルとしました。




また★馬(=推奨穴馬)はモグモグパクパクです。

先の該当馬データから。サンプル数は少ないながらも、数字が出ているこの馬を穴で。



予想評価(本命プレイズエターナル

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=高」

予想評価(馬=モグモグパクパク
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はインパルスヒーローです。
過去6回のこのレースで前走条件戦に出走していた馬は(0,0,2,10)。また2012年3月の馬場改修以降、国枝厩舎の中京芝1400m戦での成績は(0,0,1,3)。格と、厩舎の相性の悪さ・・・ちょっと強引な気はしますが、この馬を消します。

クリックお願いします!
↓↓↓


今週のメインエベント ~中山牝馬S~

テーマ:

先々週の大的中も、あっさり勢いがなくなり・・・。

今週はまた新たなスタートを切る1戦と考えて、渾身の一本勝負で行きたいと思います!


中山牝馬Sの本命馬はマイネイサベルです!


過去10年のうち阪神開催となった11年を除く、過去9回のこのレースのデータから。
まずはこのレースでの斤量別成績から
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
51kg以下   0%- 9%-14% /   0円-190円
51.5~53kg  4%- 6%-16% /  44円-100円
53.5~55kg  6%-16%-18% /  74円- 92円
55.5kg以上 15%-19%-26% / 184円-100円


ハンデ戦は斤量重い方から。狙いは斤量55.5kg以上組。

さらに斤量55.5kg以上組に限った、東西厩舎別成績を比べてみると
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
関東 18%-27%-45% / 115円-150円
関西 13%-13%-13% / 234円- 64円


関東場で行われるこのレース、牝馬に輸送がこたえることもあってなのか、ここは関東馬有利。この時点で該当馬はマイネイサベルのみ。

というわけで本命はマイネイサベルとしました。




また★馬(=推奨穴馬)はアカンサスです。

フジキセキ産駒のこのレース成績は(1,2,1,12)、連対率で18%、複勝率25%は中の上レベルですが、単勝回収値96円、複勝回収値140円というのはなかなかの魅力。
なにより3着以内入着の4頭がすべて別々の馬で、すべて8番人気以下というのは狙い目。



予想評価(本命マイネイサベル

「自信度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」

予想評価(馬=アカンサス
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はフミノイマージンです。

過去10回のこのレースで、前走0.9秒以上負け、今回休養明け初戦となる馬は(0,0,0,12)。また前走と同じ騎手が騎乗する7歳以上馬は(0,0,0,5)。前走大敗と高齢馬という点が気になるこの馬を消します。




クリックお願いします!
↓↓↓