今週のメインエベント ~中山記念~

テーマ:
やりました!!ついに先週のフェブラリーSで◎-で大的中!! 

いよいよ祭りの始まりか!?

今週も渾身の一本勝負で行きます!


中山記念の本命馬はシルポートです!


過去10年のこのレースのデータから
まずは前走クラス別成績に注目
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
条件戦   0%- 0%- 0% /   0円-  0円
OP特別  5%- 5%-10% / 182円- 49円
重賞    8%-18%-25% /  57円- 71円


OP特別組の単勝回収値が上がっているのは10年13番人気1着のトーセンクラウンの1勝のみでのもの。
成績面では信頼度が低く、狙いは成績・回収値ともに安定している前走重賞組。


また前走重賞組に限った前走距離別成績を見てみると
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
距離延長 12%-25%-37% /  84円-119円
同距離   4%-13%-13% /  73円- 48円
距離短縮  7%-14%-21% /  23円- 39円


一般的にコーナー4つ回る1800m戦では多少距離が短いところで走っていた馬でも通用するもの。
それを示すかのように、このレースでは前走から距離延長組みが好走。


さらに前走重賞組かつ前走距離延長組に限った前走人気別成績を見てみると
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
5人気以内 21%-50%-64% /  75円-146円
6~9人気 14%-21%-28% / 164円-109円
10人気以下 0%- 0%-16% /   0円-100円


2頭に1頭が来る連対率。ここは断然前走5番人気以内の馬が狙い目。

この時点で該当馬はシルポート、トーセンレーヴ。


父ノーザンダンサー系のシルポート、父ターントゥ系のトーセンレーヴ。
それぞれの父系統別のこのレースでの成績を比べてみると
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
ノーザンダンサー 16%-26%-33% / 260円-132円
ターントゥ     2%- 8%-18% /   5円- 40円


どのレースでも優等生的成績を残すターントゥ系ですがこのレースでは不振な様子。
逆にノーザンダンサー系は本命・穴馬様々な馬が複勝圏内入着し超がつく好相性といえます。

というわけで本命はシルポートとしました。



また★馬(=推奨穴馬)はトーセンレーヴです。

穴は該当馬のもう一頭で。



予想評価(本命シルポート

「自信度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」

予想評価(馬=トーセンレーヴ
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はタッチミーノットです。

過去10回のこのレースで、今回距離短縮となる7歳以上の関東馬は(0,0,1,18)。またダンスインザダーク産駒は(0,0,1,5)。高齢と血統面で不安があるこの馬を消します。




クリックお願いします!
↓↓↓
AD

今週のメインエベント ~フェブラリーS~

テーマ:

GⅠあけましておめでとうございます!

ここまでの不調は、ここから始まる本番の為・・・と思いたい。

もちろん今週は渾身の一本勝負!


フェブラリーSの本命馬はグレープブランデーです!


過去10年、うち中山開催だった03年を除く、過去9回のこのレースのデータから。
まずは前走着順別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
3着以内 11%-22%-32% /  91円- 87円
4着以下  1%- 4%- 6% /   3円- 26円


前走4着以下の組からの1着馬には前走出走取り消しのヴァーミリアンが含まれており、これを除けば、この組からは勝ち馬は出ていない事になります。というわけで狙い目は前走3着以内の組。


さらに前走3着以内馬に限る、年齢別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
4歳  20%-40%-46% / 168円-110円
5歳  21%-26%-36% /  65円- 66円
6歳   5%-10%-25% / 121円-124円
7歳以上 0%-14%-21% /   0円- 39円


成績面・回収値面すべて高いのが4歳馬。ダート界は一度強いチャンピオンが生まれると世代交代は難しいイメージですが、このレースはむしろその世代交代のターニングポイントになりやすいようです。


また別データとして前走距離別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
距離短縮  9%-21%-29% /  53円- 71円
同距離   0%- 0%- 0% /   0円-  0円
距離延長  3%- 4%- 9% /  42円- 45円


東京ダート1600mは直線が長くタフなコース、持久力も問われるところもあり、前走から距離短縮組が好成績。

この時点で該当馬はグレープブランデーのみ。

というわけで本命はグレープブランデーとしました。



また★馬(=推奨穴馬)はエスポワールシチーです。

基本的に堅い決着となりやすいこのレース。過去9回、6番人気以下で複勝圏内入着馬は7頭のみ。その7頭の共通項を見てみると

○「前走ダート重賞勝ち」または「前4走以内にダートGⅠ3着以内」を経験
○過去1600m以上の重賞勝ちを経験
○7頭6頭が前走ダート重賞5着以内
○7頭中6頭が前走と同じ騎手が継続騎乗


これらに該当する馬の中でも人気のなさそうなエスポワールシチーを穴で。



予想評価(本命グレープブランデー

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=エスポワールシチー
「自信度=低」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」



また消し馬(=キルクル)はガンジスです。

過去9回のこのレースで、前走1400m以下のレースで負けていた、5歳以下の馬は(0,0,0,17)。また前走から斤量2kg以上増となる馬で、ダート重賞勝ちの無い馬は(0,0,0,13)。データ的に不利な距離延長組。加えて斤量面の不安、実績不足と不安材料がそろったこの馬を消します。




クリックお願いします!
↓↓↓
AD

今週のWメイエンエベント ~共同通信杯~

テーマ:
次は得意の3歳戦

これで東西どちらかは当たるやろ~。


共同通信杯の本命馬はラウンドワールドです!


過去10年、うち中山開催だった03年を除く、過去9回のこのレースのデータから。

まずは前走クラス別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
条件戦   4%- 6%-13% /  62円- 63円
OP特別  8%-16%-25% /  51円- 50円
重賞   15%-34%-46% /  41円- 89円


そろそろクラシックシーズンも視野に入る頃。勢いだけでの突破は難しく、好成績は格上の前走重賞出走組。


さらに前走重賞組に限った、前走人気別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
3人気以内 41%-66%-75% / 110円-110円
4人気以下  0%-15%-30% /   0円- 76円


4番人気以下の馬からは勝ち馬は出ていません。一方3番人気以内の馬は3分の2の確率で連対する驚異の好成績。

この時点で該当馬はゴットフリート、マイネルマエストロ、ラウンドワールド。


父サドラーズウェルズ系のゴットフリート、父ロベルト系のマイネルマエストロ、父ヘイロー系のラウンドワールド。

ここで過去9回のこのレースの父系統別成績を比べてみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
ヘイロー    8%-20%-28% /  41円- 67円
ロベルト     0%-10%-20% /   0円- 23円
サドラーズウェルズ 0%- 0%- 0% /   0円-  0円


3歳戦で無類の強さをみせるヘイロー系がここでも優位。

というわけで本命はラウンドワールドとしました。



また★馬(=推奨穴馬)はザラストロです。

前走重賞出走し、上がり3Fタイムが上位3位以内だった馬は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 26%-46%-60% /  74円-106円


該当馬中、人気のなさそうなこの馬を穴で。



予想評価(本命ラウンドワールド

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=ザラストロ
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=高」



また消し馬(=キルクル)はマンボネフューです。

過去9回のこのレースで、前走条件クラスに出走し、今回距離短縮となる馬は(0,0,1,13)。また、父ナスルーラ系の関東馬は(0,0,1,9)。前走下位クラスからの好走が難しいこのレース、さらに血統面の不利もあるこの馬を消します。




クリックお願いします!
↓↓↓
AD

今週のWメインエベント ~京都記念~

テーマ:

先週は消し馬こそ来なかったものの、本命・穴馬かすりもせず・・・。

下手な鉄砲数うちゃ当たる・・・だろう!ということで、今週は怒涛のWメインエベント!

まずは西から伝統の古馬重賞で勝負!


京都記念の本命馬はジャスタウェイです!


過去10年のこのレースのデータから。

まずは前走クラス別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
条件戦   0%- 9%- 9% /   0円- 30円
OP特別  0%- 0%- 0% /   0円-  0円
重賞    7%-16%-25% /  52円- 75円

ともすればドバイGⅠへの前哨戦ともされるレース。レースレベルは高く、前走も重賞組が優秀。

さらに前走重賞組に限った、前走からの斤量増減別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
斤量増  9%-17%-25% /  83円- 59円
同斤量  2%- 8%-18% /   8円- 78円
斤量減  9%-36%-45% /  51円-139円

別定戦となるこのレースは、ハンデ戦や定量のGⅠ戦からの転戦で斤量減となる馬が有利。

また別データとして前走重賞組に限った、年齢別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
4歳  22%-22%-27% / 196円- 66円
5歳   8%-13%-26% /  46円- 81円
6歳   3%-25%-37% /  17円- 82円
7歳以上 0%- 3%- 7% /   0円- 68円

4歳馬は斤量面の有利もあってか、10年中4頭の勝ち馬を出しており、断然の狙い目。

この時点で該当馬はジャスタウェイ、ジョワドヴィーヴル。

ハーツクライ産駒のジャスタウェイ、ディープインパクト産駒のジョワドヴィーヴル。

ここで過去5年の京都芝2200m戦の種牡馬別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
デイープインパクト 15%-23%-30% /  53円- 40円
ハーツクライ     9%-36%-36% / 120円-167円

勝率ではディープインパクト産駒が上ですが、他の成績・回収値はハーツクライ産駒が上。
とくに連対率・複勝率の安定感とそれに対しての複勝回収値の高さはかなりの魅力。

というわけで本命はジャスタウェイとしました。




また★馬(=推奨穴馬)はジョワドヴィーヴルです。

ここはもう一頭の該当馬を穴で。



予想評価(本命ジャスタウェイ

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=ジョワドヴィーヴル
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はカポーティスターです。

過去10年のこのレースで、前走海外レース出走馬を除き、今回斤量3kg以上増となる馬は(0,0,1,10)。前走二桁人気で前走から騎手が継続騎乗となる馬は(0,0,1,4)。前走斤量に恵まれての激走の感がありありのこの馬を消します。




クリックお願いします!
↓↓↓