今週のWメインエベント ~阪急杯~

テーマ:

Wメインエベント2本目は今年新中京競馬場で行われるGⅠ・高松宮記念の前哨戦となる西の短距離重賞で勝負!


阪急杯の本命馬はサンカルロです!

この時期の芝1400m戦となった過去6年のこのレースのデータから
まずは前走クラス別成績に注目
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
条件戦   0%-11%-22% /    0円- 46円
OP特別  0%- 0%- 0% /    0円-  0円
重賞   10%-16%-24% /  111円- 69円


GⅠ・高松宮記念の前哨戦となるこのレース。前走格下クラスからの上がり馬では好走しづらく、狙いは前走重賞組。


次に前走重賞組に限った前走騎手の継続or乗替別成績を見てみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
継続 12%-18%-30% /  182円-103円
乗替  9%-15%-18% /   40円- 34円


GⅠ本番を前にしての乗り替わりは、それ自体がやや不安のあるもの。ここは継続騎乗が有利。


さらに前走重賞組に限った前走着順別成績
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
5着以内 18%-31%-50% /  73円-124円
6着以下  6%- 9%-11% / 130円- 41円


前走6着以下の組からは人気薄で頭(1着)までの魅力はあるものの勝率6%、連対率9%では狙いづらいところ。その意味で成績優秀な前走5着以内組が狙い目。


さらに前走重賞組に限った前走距離別成績を見てみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
距離延長 11%-11%-11% / 272円- 65円
同距離  18%-27%-36% / 100円-100円
距離短縮  8%-16%-27% /  36円- 61円


先の前走6着以下組同様に人気薄の一発のみで単勝回収値が上がっている距離延長組は成績面では狙いづらく、ここは成績・回収値ともに優秀な前走同距離組が狙い目。

この時点で該当馬はサンカルロのみ。

というわけで本命はサンカルロとしました



また★馬(=推奨穴馬)はヘッドライナーです。

前走重賞出走馬で、4角2番手以内で走っていた関西馬の成績は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
  22%-33%-44% / 174円- 91円


今週も無理やり感のあるデータで、この馬を穴で。



予想評(本命サンカルロ

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=ヘッドライナー
「自信度=低」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=最高」



また消し馬(=キルクル)はグランプリボスです。

過去6回のこのレースで前走6着以下に敗れていた牝馬は(0,0,0,8)。また父ヴァイスリージェント系の馬は(0,0,0,6)。前走大敗した牝馬の牡馬混合戦替わりだけでなく、血統面も不安のあるこの馬を消します。




クリックお願いします!
↓↓↓
AD

今週のWメインエベント ~中山記念~

テーマ:

消し馬がバンバン来るほどハズれるわけでなく、かと言って、穴予想的中のファインプレーがあるわけでなく、波に乗れないまま2カ月が過ぎようとしています。。。

今週もWメインエベントで、そろそろ本領発揮と行きましょう!今週はWメインエベントで勝負!まずは東のGⅡ戦!


中山記念の本命馬はフィフスペトルです!


過去10年のこのレースのデータから
まずは前走クラス別成績に注目
     (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
条件戦   0%- 0%- 0% /    0円-  0円
OP特別   8%- 8%-12% /  224円- 57円
GⅡ・GⅢ   4%-12%-20% /   45円- 65円
GⅠ    28%-50%-57% /  105円-107円


GⅠの常連馬が年明け初戦として始動することの多いこのレース。そして、その実績馬が好走しやすいという結果にもなっているようです。狙いは前走GⅠ組。


また前走GⅠレース出走馬に限った、前走人気別成績。
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
一桁人気 30%-60%-70% /  126円-140円
二桁人気 25%-25%-25% /   52円- 27円


前走GⅠと言えどもある程度の実力評価は重要で、前走二桁人気馬はやや不利。


また前走GⅠレース出走馬に限った、前走騎手の継続or乗替別成績。
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
継続 40%-60%-70% /  147円-138円
乗替  0%-25%-25% /    0円- 32円


前走乗替組からは実質連対例1例のみ。GⅠ常連馬と言えど、乗り替わりとなるようではその実力に疑問符がつきます。狙いは継続騎乗の馬。

この時点で該当馬はフィフスペトルのみ。

というわけで本命はフィフスペトルとしました



また★馬(=推奨穴馬)はシルポートです。

過去10年のこのレースで他の系統と比べても圧倒的な好成績を残している父血統がノーザンダンサー系で、その成績は
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
ノーザンダンサー  14%-20%-29% / 230円-106円


出走馬中唯一の該当馬のこの馬を穴で。




予想評(本命フィフスペトル

「自信度=中」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=シルポート
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」



また消し馬(=キルクル)はフェデラリストです。

過去10年のこのレースで、キャリア10戦未満での出走となる、前走から中8週以内のローテーションの馬は(0,0,0,9)。また前走から斤量増となる、父ミスプロ系の馬は(0,0,0,6)。キャリア不足と斤量増。二つの不安点があるこの馬を消しとします。




クリックお願いします!
↓↓↓

AD

今週のメインエベント ~フェブラリーS~

テーマ:

今週はいよいよ今年最初の中央GⅠ!ここまでのイマイチな結果も、GⅠで良い結果を出すための布石だったとと思えば大した傷ではありません!

そんなわけで、ここからが本番スタートのつもりで、今週の予想は渾身の一本勝負です!


フェブラリーSの本命馬はワンダーアキュートです!


過去10年のうち、中山開催だった03年を除く過去9回のこのレースのデータから。
まずは前走着順に注目
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
1~3着 11%-22%-32% /  61円- 70円
4~5着  0%- 4%- 8% /   0円- 46円
6~9着  0%- 3%- 3% /   0円-  6円
10着以下 0%- 0%- 5% /   0円- 26円


レース全体での回収値が低く堅く収まりやすい傾向のあるこのレース。別の意味では当たり前に強い馬が好成績ということでもあり、このデータからすべての勝ち馬が出ている前走3着以内の馬が狙い目。


また前走人気を見てみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
1~3人気  9%-15%-24% /  48円- 53円
4~5人気  0%- 5%-20% /   0円- 48円
6~9人気  0%- 0%- 4% /   0円- 30円
10人気以下 0%- 0%- 6% /   0円- 36円


ただ単に前走好成績だっただけでなく、前走すでに実力が支持されていたことも好走の条件。このデータからは前走3番人気以内が狙い目。勝ち馬もすべてこの組から。


二つのデータから前走3着以内かつ前走3番人気以内(前走海外レース出走馬を除く)の馬から出ていることになります。

この時点で該当馬はエスポワールシチー、トランセンド、ワンダーアキュート。


前走1800m戦のエスポワールシチー、トランセンド。前走2000m戦のワンダーアキュート。
そこで前走3着以内の馬に限った前走それぞれの距離別成績を比べてみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
1800m 20%-26%-33% /  74円- 69円
2000m 20%-40%-60% /  59円-108円


勝率は同じながら連対率・複勝率くわえて複勝回収値ベースでは前走2000m組が上。タフな東京コースでは、通常のマイル戦のイメージにあるスピードとあわせてそれなりのスタミナも必要。

というわけで本命はワンダーアキュートとしました



また★馬(=推奨穴馬)はヒラボクワイルドです。

前走から騎手の乗り替わりなく、中2週のローテーションで前走重賞で2番人気以内だった馬は
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
   11%-17%-29% / 132円- 82円


無理やり感のあるデータですが、該当馬中人気のないこの馬を穴で。



予想評(本命ワンダーアキュート

「自信度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」

予想評価(馬=ヒラボクワイルド
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=最高」



また消し馬(=キルクル)はグランプリボスです。

過去9回のこのレースでダートGⅠ勝ち経験のない、前走芝コース出走馬は(0,0,0,14)。また、前走から中4週以上のレース間隔で、今回騎手乗り替わりとなる馬は(0,0,0,15)。ここまで数々の芝の有力馬が挑戦してきましたがダート実績のない馬は、ここで人気しても結果は散々の馬がほ9とんど。この馬もデータ的に好走は難しいと見ます。




クリックお願いします!
↓↓↓

AD

今週のWメインエベント ~共同通信杯~

テーマ:

日曜の結果は気にせず、日曜重賞に参りましょう!

日曜も府中の3歳限定戦で勝負!


共同通信杯の本命馬はゴールドシップです!


過去10年のうち、中山開催だった03年を除く過去9回のこのレースのデータから。
まずは前走クラスに注目
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
条件戦   4%- 7%-11% /  64円- 60円
OP特別  8%-20%-28% /  49円- 60円
重賞   14%-28%-42% /  32円- 84円


そろそろクラシック本番も視界に入る時期のこのレース。前走下位クラスからの挑戦では歯が立ちにくく、狙いは前走重賞組。


さらに前走オープンクラス出走馬に限る前走着順別成績。
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
1~3着 33%-53%-73% /  76円-130円
4~5着  0%-25%-50% /   0円-126円
6着以下  0%- 0%- 0% /   0円-  0円


勝ち馬はすべて前走複勝圏内入着馬から。連対率は50%越えだけでも文句の無い数字。

この時点で該当馬はゴールドシップ、ディープブリランテ、


ここまでキャリア4戦のゴールドシップ、キャリア2戦のディープブリランテ。
そこでこのレース全体のここまでのキャリア別成績に注目
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
2戦以下  0%- 5%-15% /   0円- 19円
3~6戦 12%-21%-28% /  70円- 75円
7戦以上  0%- 5%-17% /   0円- 68円


勝ち馬はすべて3~6戦の馬。この辺りが多すぎず少なすぎずでちょうど良いキャリア数で、それより少ない場合or多い場合では連対率もガタッと下がり狙いづらいところ。

というわけで本命はゴールドシップとしました



また★馬(=推奨穴馬)はコスモオオゾラです。

前走下級条件出走馬でも、前走500万下条件の芝1800~2000m戦を勝ち上がってきた関東馬は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
  18%-27%-36% / 250円-125円


勝ち馬は4番人気、6番人気と中穴なら頭まで期待。狙いはこの馬。



予想評(本命ゴールドシップ

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=コスモオオゾラ
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はスピルバーグです。

過去9回のこのレース前走下級条件戦で敗れていた馬は(0,0,1,18)。キャリア2戦以内で前走と同じ騎手が騎乗する馬は(0,0,1,7)。先にも書いたように前走下位クラス出走馬には厳しいこのレース、消し馬はこの馬。




クリックお願いします!
↓↓↓

今週Wメインエベント ~クイーンS~

テーマ:

一本勝負でも結果はでず・・・なこのブログ。というわけで、今週はさらなる変化を求めて、土日でWメインエベント!まずは土曜の重賞からまいりましょう!


クイーンSの本命馬はイチオクノホシです!


過去10年のこのレース。03年は中山開催のため、過去9回のこのレースのデータから。
まずは前走クラスに注目
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
条件戦   1%- 5%-11% /  19円- 53円
OP特別 10%-18%-21% /  44円- 66円
重賞   12%-21%-33% /  35円- 92円


OP特別組と重賞組の差は僅差ではありますが、それでも全体的な数字は、前走重賞組が上。

さらに前走重賞組に限った前走着順別成績に注目
     (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
5着以内  23%-35%-41% /  69円- 68円
6着以下   0%- 6%-25% /   0円-116円


前走6着以下組は複勝率は高いものの、勝ち馬はおろか2着馬も1頭しか出ておらず成績面からしてかなり狙いづらいところ。
ここは安定した高い成績となっている5着以内組が優秀。


また前走重賞組に限った前走騎手乗り替わりor継続別成績に注目
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
継続 11%-22%-27% /  36円- 59円
乗替 13%-20%-40% /  35円-131円


ここは連対率がやや劣っても、複勝率40%・複勝回収値131円と好成績・高回収値の乗り替わり組が優秀。
GⅠ本番を前に、成績上位騎手に乗り替わっての好成績が目立ちます。

この時点で該当馬はイチオクノホシのみ。

というわけで本命はイチオクノホシとしました



また★馬(=推奨穴馬)はモエレフルールです。

過去9回のこのレースで父か母父がヘロド系の馬は(3,0,0,2)。マイナー系統でありながら9回中3回がこの血を持つ馬。穴はこの馬。



予想評(本命イチオクノホシ

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=モエレフルール
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はミッドサマーフェアです。

過去9回のこのレースで、前走未勝利戦に出走していた馬は(0,0,0,17)。またキャリア4戦以上の父ロベルト系の馬は(0,0,1,10)。前走のレースレベルと血統面からこの馬を消しとします。




クリックお願いします!
↓↓↓