今週のメインエベント ~ジャパンカップ~

テーマ:

先週も的中で昨年からジャパンオータムインターナショナル6連勝中!勢いに乗って7連勝目指します!

今週もGⅠ一本勝負で!


ジャパンカップの本命馬はヴィクトワールピサです!


今年も、そして今週も昨年ほぼ同様のデータで予想します。

過去10年のこのレース、02年は中山開催だったためその年を除いた過去9回のこのレースのデータから。

まず
○前走二桁着順の馬
○前走から中9週以上のレース間隔の馬

この2例からは複勝圏内に絡んだ馬はいませんので消しとします。

さらに、ここからは日本馬、外国調教馬それぞれの複勝圏内入着条件について見ていきます。


まずは日本馬。
日本馬で複勝圏内入着したのはのべ22頭。その22頭中21頭は以下のいずれかに該当。
※唯一の例外は01年3着のナリタトップロードで、この馬は前走の京都大賞典が直線不利を受けての競争中止であったため例外とします。
※前走または前々走が海外レースに出走の場合は、そのレースでの「人気」については無視します。(ブックメーカーによって人気は変わるため)。

①前走天皇賞(秋)を4番人気以内で4着以内。
②前走3番人気以内で2400m~2500mのGⅡ勝ち。
③前走GⅠレースに出走し2番人気以内で7着以内(入線)、国内GⅠレースなら6着以内。
④その年の菊花賞勝ち、もしくはダービー勝ち


いずれかをクリアが条件。


さらに前走国内レースで負けていた馬に限っては
⑤2走前のレースが芝1800m以上の重賞で、3番人気以内でかつ3着以内
をクリアしていることが条件。


該当馬はウインバリアシオン、トレイルブレイザー、ブエナビスタ、ヴィクトワールピサ。


外国馬は
①(凱旋門賞らの直行を除き)前走とのレース間隔が中21日~48日の範囲内
②その年の連対率5割以上
③(北米GⅠ馬、香港調教馬を除き)年内2勝以上
④前走良~やや重馬場なら一桁着順
⑤過去4走以内にGⅠ勝ち経験あり
⑥4歳~5歳馬


該当馬なし。


改めて該当馬はウインバリアシオン、トレイルブレイザー、ブエナビスタ、ヴィクトワールピサ。

すべて父ヘイロー系の馬となりましたが母父の系統別にみるとノーザンダンサー系のウインバリアシオン、ブエナビスタ、ネイティブダンサー系のトレイルブレイザー、ヴィクトワールピサ。
このレースの父ヘイロー系の馬に限った母父のそれぞれの系統別の成績を比べてみると
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
ノーザンダンサー系   5%-16%-27% /   7円- 52円
ネイティブダンサー系 12%-25%-50% /  33円-133円


成績・回収値とも好成績となっているのはネイティブダンサー系。ここでノーザンダンサー系のウインバリアシオン、ブエナビスタは脱落。


残り2頭は1頭ずつ見ていきます。


前走GⅡ出走のトレイルブレイザー。
前走GⅡ出走馬は過去9回全体で(2,0,1,14)。勝ち馬となった2頭はいずれも過去3走で4着以下なし。
逆に前走GⅡ出走馬で過去3走以内に4着以下に敗れた経験のあった馬は(0,0,0,13)。GⅡからこのハイレベルなGⅠを突破するには近走の安定感も必要で、この馬は割引。


前走海外レースに出走のヴィクトワールピサ。
前走海外レース出走馬は過去9回全体で(1,0,1,4)。これだけでもそこそこの好成績ですが、過去1年以内に国内GⅠ勝ちしていた馬に限ると(1,0,1,2)とさらに好成績で狙い目。

というわけで本命はヴィクトワールピサとしました


また★馬(=推奨穴馬)はウインバリアシオンです。

2010年以降の東京芝2400m戦での今回の出走馬に限った種牡馬別成績で連対率・複勝率が最も高く好成績と言えるのがハーツクライ産駒で、その成績は
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
ハーツクライ 18%-54%-81% / 190円-188円


かなりの好成績かつ高回収値。昨年デビュー馬からの新種牡馬ではありますが、古馬混合戦でも好成績をあげています。唯一の該当馬のこの馬を穴で。



予想評価(本命ヴィクトワールピサ
自信度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」

予想評価(馬=ウインバリアシオン
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」


また消し馬(=キルクル)はペルーサです。
過去9回のこのレースで前走3番人気以下の関東馬は(0,0,0,17)。また前走0.1秒以上負けていた父の父サンデーサイレンスの馬は(0,0,1,11)。血統面、西高東低の傾向からこの馬を消しとします。




クリックお願いします!
↓↓↓
AD

今週のメインエベント ~マイルCS~

テーマ:

今年もジャパンオータムインターナショナル第一戦のエリザベス女王杯を見事的中!このシリーズ相性良いのかもしれません!そして今週は昨年13番人気本命的中のマイルCS!今年も今週も当てます!


マイルCSの本命馬はエイシンアポロンです!


今年も、そして今週も昨年ほぼ同様のデータで予想します。

過去10年のこのレースのデータから。
まずは血統面からみてみます。このレースで2頭以上の連対馬を出している父系統は
○ターントゥ系(6勝 2着5回)
○ノーザンダンサー系(2勝 2着5回)


この2系統に限られます。この2系統を相性の良い血統と見て、2系統に絞り込んでそれぞれの系統別にさらに見て行きます。

○父ノーザンダンサー系 全成績(2,5,1,40)
連対した6頭は全て
①前走重賞に出走
②前走0.8秒以上負けていない
③前年11月以降に芝の重賞勝ちを経験
④前2走以内に重賞で3番人気以内を経験
⑤4歳馬もしくは5歳馬


該当馬はエイシンアポロン。


○父ターントゥ系 全成績(6,5,3,64)
連対した11頭は全て
①前走重賞に出走。前走GⅠ出走なら着差0.9秒以内、前走GⅡ・GⅢクラス出走なら着差0.5秒以内。
②前走5番人気以内または前走6番人気以下の馬は前4走以内に重賞2番人気以内を経験。
③1年以内に古馬混合GⅠ連対または芝1600~1800mの古馬混合重賞連を経験。ただし6歳以上馬はGⅠ勝ちが条件。
④年齢は3歳馬~6歳馬まで(牝馬は3歳馬~5歳馬まで)


該当馬はリアルインパクト、リディル。


改めて該当馬はエイシンアポロン、リアルインパクト、リディル。

すべて前走3着以内に好走。
今回が休養明け2戦目となるリアルインパクト、リディル。休養明け3走目となるエイシンアポロン。
そこで前走3着以内馬に限る、休養明け2戦目、3戦目それぞれの成績を比べてみると
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
2戦目  8%-12%-24% /  53円- 87円
3戦目 13%-22%-36% /  57円-183円

前走3着以内に限った時点であまり回収値は期待できないと思いきや、休養明け3戦目からは穴馬の好走もあり成績・回収値とも魅力的な数字。狙いはこちら。

といわけで本命はエイシンアポロンとしました。




また★馬(=推奨穴馬)はシルポートです。

このレースのステップレースの中で4勝7連対と最も多くの勝ち馬・連対馬を出しているのが前走天皇賞・秋。
前走天皇賞・秋出走馬の中でも、前1年以内に重賞2勝以上していた馬の成績は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 33%-58%-58% / 168円-123円


春の実績が無視されたような人気の無さのこの馬。穴の魅力十分です。


予想評価(本命エイシンアポロン
自信度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」

予想評価(馬=シルポート
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=最高」


また消し馬(=キルクル)はグランプリボスです。
過去10年のこのレース、3歳馬で前走3着以下に敗れていた馬は(0,0,0,28)。また父か母父がプリンスリーギフト系の馬は(0,0,0,9)。やはり3歳馬、浅いキャリアは気になるところ。血統面でも不安なデータがあるこの馬を消しとします。




クリックお願いします!
↓↓↓

AD

今週のメインエベント ~エリザベス女王杯~

テーマ:

先週はWメインエベントで両本命が連対!調子は悪くありません!

そして今週はエリザベス女王杯!なんといっても去年はこのレースからGⅠ4連勝の相性の良いレース!今年もここから勢いに乗りますよ!


エリザベス女王杯の本命馬はアヴェンチュラです!


去年は本命2着で的中の相性の良いレース。なので、今年も去年とほぼ同様の予想で。
過去10年のこのレース、のべ20頭の連対馬について、まず前走レース別に見ていこうと思います。
過去10年の連対馬の前走レースは大きく分けて4つのパターンに分類されます。


①府中牝馬S②秋華賞③海外のレース④(国内)牡馬混合重賞。

以上のレースに出走して無い馬はすべて消しとして、順番に見ていきます。


■前走府中牝馬S組(どちらかをクリアが条件)
①その前走5番人気以内で1着。
②前走4番人気以内で3着以内かつ昨年のこのレースで2着内入線。


該当馬はイタリアンレッド。


■前走秋華賞組(どちらかをクリアが条件)
①秋華賞勝ち
②前走で負けていた馬は、「前走6番人気以内かつ0.3秒以内の負け」かつ「前々走2000m以上の重賞で2番人気以内かつ0.8秒以内」


該当馬はアヴェンチュラ。


■前走海外レース組
①前走GⅠ4着以内。


該当馬はスノーフェアリー。


■前走古馬混合重賞(どちらかをクリアが条件)
①前走1番人気で着差0.4秒以内
②前走の人気・結果は関係なく、過去1年以内に「牡馬混合GⅠで3着以内」または「牡馬混合のオープンクラス・芝2000m以上のレースで1着」


該当馬はなし。


改めて該当馬はイタリアンレッド、アヴェンチュラ、スノーフェアリー。


ここからは1頭ずつ見て行きます。


スノーフェアリーは前走凱旋門賞3着。
前走海外レース出走馬はその前走とレース間隔が開いている馬の方が好結果を残しており、前走から中8週以上の馬は(2,0,0,1)。中7週以内の馬は(0,0,1,8)。
昨年のこの馬がこのレースを制した際も、前走とは中8週のレース間隔。今回は中3週と詰まっていて割引。


イタリアンレッドは前走府中牝馬S1着。
前走府中牝馬Sがこのレースで勝ち切れていないという問題もありつつ、前走府中牝馬S出走の5歳以上馬に限って見てみると(0,2,1,32)。連に絡んだ2頭はともに昨年2着内入線馬(09年2着カワカミプリンセスは08年のこのレース1着入線から降着)。
昨年の出走どころかGⅠ初出走となるこの馬。いい意味では未知な部分もありますが、データ的には割引。


アヴェンチュラは前走秋華賞1着。
前走秋華賞1着馬は(2,1,1,4)。連対馬はすべてキャリア7戦以内に秋華賞を制した馬で、キャリア7戦以内馬全体で(2,1,0,1)の成績。しかも着外の1頭は先述の1着入線から12着降着のカワカミプリンセス。
キャリア6戦で秋華賞勝ちのアベンチュラなら、さらにこの先の成長力も期待できます

ということで本命はアヴェンチュラとしました



また★馬(=推奨穴馬)はホエールキャプチャです。

本命データとは矛盾するところはありますが、前走秋華賞惜敗組の巻き返し例も多いこのレース。
前走秋華賞2着~6着に敗れ、このレースが叩き2戦目~3戦目となる馬は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
  16%-22%-27% / 238円- 66円


03年アドマイヤグルーヴ、09年リトルアマポーラ、さらに繰り上がりで06年フサイチパンドラがこの条件に該当しこのレース優勝。
単勝回収値からも頭まで逆転に期待できます。該当馬のこの馬を穴で。



予想評価(本命アヴェンチュラ
自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=ホエールキャプチャ
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」


また消し馬(=キルクル)はレーヴディソールです。
過去10年のこのレース、前走海外レース以外に出走していた、中9週以上の休養明け初戦の馬(0,0,0,11)。また芝2000m以上の重賞で4着以内の経験がない3歳馬(0,0,0,15)。潜在能力は計り知れないものはあるものの、やはりデータ派としては買いづらいところ。


クリックお願いします!
↓↓↓
AD

Wメインエベント、1本目はひとまず的中に成功!

続いて日曜重賞も当てちゃいましょう!日曜は荒れる(?)ハンデ重賞ですよ!


アルゼンチン共和国杯の本命馬はオウケンブルースリです!


過去10年、中山開催だった02年を除く過去9回のこのレースのデータから。
まずはハンデ戦ということで前走からの斤量増減別成績
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
斤量増 27%-45%-45% / 293円-156円
同斤量  0%- 0%- 8% /   0円- 20円
斤量減  5%-12%-17% /  47円- 71円


ハンデ戦は重い方から買え。ここは斤量増組みが断然優秀な成績。


このデータだけで該当馬はオウケンブルースリ(田辺)、コスモヘレノス(ベリー)。

最後は騎手データ。
「東京コース」の「オープンクラス」(過去2年)の騎手成績を比べてみると
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
田辺  20%-40%-40% / 428円-193円
ベリー  0%-42%-42% /   0円-124円


勝利経験もあり回収値も高い田辺の方が断然の狙い目。

ということで本命はオウケンブルースリとしました



また★馬(=推奨穴馬)はネコパンチです。

このレースの相性の良いステップレースとして、過去9回で4勝あげているのが前走京都大賞典組。
中でも前走着差0.9秒以内の馬は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 16%-25%-33% / 153円-102円


該当馬中、最も人気のなさそうなこの馬を穴で。




予想評価(本命ローズキングダム

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=高」

予想評価(馬=ダノンヨーヨー
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」


また消し馬(=キルクル)はキングトップガンです。
先のデータで相性の悪かった斤量減組のうち、距離2000m以下のレースで0.6秒以上負けていた馬は(0,0,0,22)。また別データとして休養明け初戦となる関東馬は(0,0,0,10)。さらに7歳以上馬は(0,0,1,26)。3つの消しデータが重なったこの馬を消します。



クリックお願いします!
↓↓↓

今週のWメインエベント ~ファンタジーS~

テーマ:

天皇賞・秋16連敗に終わったらんふらんこです。
今週は一からの出直しの意味でWメインエベント!まずは土曜の2歳重賞から参りましょう!


ファンタジーSの本命馬はアイムユアーズです!

過去10年のこのレースのデータから
まずは前走着順別成績
前走着順別成績
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
3着以内  8%-16%-25% / 101円- 75円
4着以下  2%- 5%- 8% /  64円- 29円


前走4着以下からの連対例は2度あるのみで、好走例は前走3着以内に集中。


また前走クラス別成績を見てみると
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
オープン 10%-18%-27% / 225円- 98円
条件戦   5%-12%-19% /  26円- 50円


GⅠジュべナイルフィリーズの大事な前哨戦となるここで、前走条件戦では格負けの感があるといったデータで、ここは前走オープン組が有利。


さらにオープンクラス出走馬に限る、前走騎手の継続騎乗or乗り替わり別成績を比較すると
また前走クラス別成績を見てみると
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
乗替り 13%-21%-30% / 442円-150円
継続   8%-16%-24% /  25円- 52円


ここでは乗り替わり組が好成績。騎手がリーディング上位騎手に乗り替わることで、好成績となるケースが目立ちます。


この時点で該当馬はアイムユアーズ、ファインチョイス、ミスマルシゲ。


父ノーザンダンサー系のアイアムユアーズ、父ネイティブダンサー系のファインチョイス、ミスマルシゲ。
そこで2系統に限った父系統別のこのレースでの成績を比べてみると
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
ノーザンダンサー系  14%-21%-28% / 331円-122円
ネイティブダンサー系  9%-14%-19% /  29円- 26円


好成績、そして断然の高回収値で狙いは父ノーザンダンサー系の馬。

ということで本命はアイムユアーズとしました



また★馬(=推奨穴馬)はドナメデューサです。

血統データで言えば前走1着の父ナスルーラ系の馬も
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
ナスルーラ系  11%-22%-33% /  53円-102円


となかなかの好成績。穴は唯一の該当馬のこの馬で。



予想評価(本命アイムユアーズ

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=高」

予想評価(馬=ドナメデューサ
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=最高」


また消し馬(=キルクル)はビウイッチアスです。
過去10年のこのレースで前走関東のコースに出走、今回関東所属騎手が騎乗する馬は(0,0,1,5)。また前走OP特別以下のレースで4番人気以下だった馬で、前走と同じ騎手が騎乗する馬は(0,0,0,16)。ローテーション&鞍乗のデータに不安のあるこの馬を消します。



クリックお願いします!
↓↓↓