今週のメインエベント ~新潟記念~

テーマ:

先週は夏の大一番で本命的中と悪くない予想。夏の終わりとなるここらで大きな打ち上げ花火を打っておきたい!そんな今週は去年いい思いをしたハンデ重賞一本勝負!


新潟記念の本命馬はタッチミーノットです!


過去10年のこのレースのデータから。
ハンデ戦ということでまずは斤量別成績から。
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
54.5kg以下  3%- 8%-12% /  75円- 58円
55~56.5kg 11%-22%-32% /  76円-114円
57kg以上   4%- 4%-12% /  38円- 46円


「ハンデ戦は斤量背負ってる組から」といえども、夏の酷暑のハンデ戦で57kg以上は背負われすぎの感。
スイートスポットとなっているのはその下の55~56.5kgの組。


さらに55~56.5kgの組に限った前走着順別成績
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
5着以内 17%-34%-41% / 114円-137円
6着以下  4%- 8%-20% /  31円- 87円


前走大敗で斤量も背負わされていてはさすがに巻き返しは難しく、ここは前走好走でハンデもある程度見込まれた組が有利。

該当馬はこの時点でタッチミーノット(三浦)、ヤマニンキングリー(田中勝)。


過去5年の「7~8月」「重賞」に限った騎手成績を比べてみると。
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
田中勝  0%- 3%- 6% /   0円- 33円
三浦  10%-15%-26% /  60円-111円


勝ち経験もあり夏の大一番に強い印象があるのは三浦。

というわけで本命はタッチミーノットとしました



また★馬(=推奨穴馬)はヤマニンキングリーです。

生き残りのもう一頭を穴で



予想評価(本命タッチミーノット

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=ヤマニンキングリー
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」


また消し馬(=キルクル)はセイクリットバレーです
過去10年のこのレースで、前走から中2週以内のステップで同じ騎手が騎乗となる馬は(0,0,0,16)。また前走5着以下に敗れて斤量増となった馬は(0,0,1,6)。ローテーション、斤量面と厳しきなりそうなこの馬を消しとします。



クリックお願いします!
↓↓↓
AD

今週のメインエベント ~札幌記念~

テーマ:

今週は夏大一番と言って良いGⅡ札幌記念。ここは大きく当てておきたい一戦です!

もちろん渾身の一本勝負で!


札幌記念の本命馬はトーセンジョーダンです!


過去10年のこのレースのデータから。
まずは前走クラス別成績に注目。
条件戦   0%- 0%-33% /   0円- 53円
OP特別  7%-14%-14% /  41円- 86円
GⅢ    6%-12%-19% /  91円- 81円
GⅡ    0%- 0%- 0% /   0円-  0円
GⅠ   18%-31%-45% /  59円- 84円


毎年レベルの高いこのレース。GⅠ常連馬が秋のGⅠへのステップとするケースも多く、好走馬も前走GⅠ出走馬に集中。


また別データとして前走着順別成績
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
勝ち      5%-13%-31% /  30円- 47円
2~9着  12%-19%-24% / 111円- 65円
二桁着順   0%- 6%-16% /   0円-114円


前走二桁着順の馬は回収値は高いものの連対率6%で勝ち馬なしでは狙いづらいところ。また前走勝ち馬の連勝は難しく、むしろ前走惜敗馬が巻き返すまたはGⅠへの好発進を見せるケースが多いといったデータ。

この時点で該当馬はトーセンジョーダンのみ。

というわけで本命はトーセンジョーダンとしました



また★馬(=推奨穴馬)はマカニビスティーです。

前走2~9着の惜敗組の中でも、好走例が多いのが関西馬で前走と同じ騎手が継続衣騎乗となったパターンで、過去10年の成績が
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
2~9着  23%-26%-30% / 165円- 66円

該当馬の中でも人気のなさそうなマカニビスティーを穴で狙います。



予想評価(本命トーセンジョーダン

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=マカニビスティー
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」


また消し馬(=キルクル)はキングトップガンです
コース形態・洋芝と条件が似ている前走函館記念出走馬ですが、このレースでの成績はあまりよくありません。中でも前走函館記念で55kg以下の斤量で出走していた馬は(0,0,0,14)。また前走函館記念出走馬の中で父ターントゥ系の馬は(0,0,1,12)。二つに該当するこの馬を消しとします。



クリックお願いします!
↓↓↓
AD

今週のメインエベント ~クイーンS~

テーマ:

先週は調子も良くないのに穴を狙ってしまった感もあり、当然のごとく惨敗。、しかし暑さの上昇とともにスカッと惨敗した後に、スカッと当てたい!というわけで今週も涼しい札幌の重賞で勝負!


クイーンSの本命馬はレディアルバローザです!


過去10年のこのレースのデータから
まずは前走クラス別データ
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
条件戦   6%-12%-22% / 262円-111円
OP特別  5%- 5%- 5% /  46円- 14円
GⅢ    6%-18%-27% /  49円- 82円
GⅡ    0%- 0%- 0% /   0円-  0円
GⅠ   14%-25%-32% / 173円- 63円


前走条件戦組は09年11番人気で1着のピエナビーナスの一発が効いてかなり回収値が上がっています。
その点に目をつぶれば、好成績と言えるのは前走GⅠ組。


また別データとして東西厩舎&東西騎手別データ。
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
関東厩舎・関東騎手  5%-12%-17% /  24円- 59円
関東厩舎・関西騎手  6%-12%-12% /  25円- 20円
関西厩舎・関東騎手  6%- 6%-33% /  86円- 94円
関西厩舎・関西騎手 11%-20%-27% / 248円-106円


高レベルの東西の厩舎・騎手が集まる札幌開催にあって、好成績をあげているのは関西厩舎の関西騎手。

この時点で該当馬はレディアルバローザ、ショウリュウムーン。


最後は枠番別成績
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
1枠  22%-33%-33% / 313円-126円
2枠  5%-30%-30% /   0円- 54円
3枠  25%-31%-43% / 495円-152円
4枠   0%-11%-23% /   0円-177円
5枠  5%-16%-33% /  48円- 77円
6枠 10%-15%-20% / 201円- 52円
7枠   5%- 5%- 5% /  20円-  8円
8枠   0%- 0%-10% /   0円- 17円


開幕週ということと、スタート直後に1角を迎えるコース形態が加わって、かなりの内有利と言える成績。

ということで本命はレディアルバローザとしました


また★馬(=推奨穴馬)はショウリュムーンです。

先の生き残り5頭の中で最も人気のなさそうなこの馬を穴で。



予想評価(本命レディアルバローザ

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=ショウリュウムーン
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」


また消し馬(=キルクル)はアプリコットフィズです。
先の枠番別データだけでなく前走2.0秒以上負けていた馬は(0,0,0,11)。不利な枠順に加えて、前走負けすぎな感もあるこの馬を消します。



クリックお願いします!
↓↓↓



AD

今週のメインエベント ~函館2歳S~

テーマ:

8月に入ってようやく暑くなり夏真っ盛りの感じ、しかし暑さの上昇とともに予想の調子はさがる一方で・・・そろそろ巻き返しと行きたい今週は涼しい函館の2歳重賞一本勝負!


函館2歳Sの本命馬はニシノカチヅクシです!


過去10年中、札幌開催だった09年を除く過去9回のこのレースのデータから。

まずは前走着差別成績
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
勝0.3秒以上   12%-25%-33% / 156円-123円
勝0.0~0.2秒   7%- 8%-17% /  88円- 54円
負0.0~0.2秒   0%-11%-22% /   0円- 38円
負0.3~0.9秒   0%-18%-18% /   0円- 54円
負1.0秒以上   0%- 0%- 0% /   0円-  0円


デビュー間もない2歳戦となるこのレース、前走ラベンダー賞組以外は新馬・未勝利勝ち馬がほとんど。その中でも圧倒的な強さをみせていた馬がこのレースでも好走。


また別データとして前走人気別成績。
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
1人気   11%-22%-34% / 138円- 97円
2人気    4%-13%-22% /  26円- 52円
3人気    9%- 9%-13% / 135円- 47円
4人気以下  2%- 8%-11% /  43円- 69円


デビュー間もないだけあって、能力の指標となりやすいのはファンからの支持率。
好走馬は前走1番人気馬。


この時点で該当馬はアイムユアーズ、エクスクライム、ニシノカチヅクシ、パチャママ、プリサイスファイン。


さらにもう一絞り。前走1番人気・着差0.3秒以上勝ちの馬に限った前走騎手の継続or乗替り別成績を見てみると
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
継続 33%-40%-40% / 406円-123円
乗替  0%-12%-37% /   0円- 70円


圧倒的に好成績と言えるのは前走から継続騎乗となる騎手。乗り替わりの組からは勝ち馬は出ていません。

これに該当するのはニシノカヅクシ一頭のみ。

ということで本命はニシノカチヅクシとしました


また★馬(=推奨穴馬)はプリサイスファインです。

先の生き残り5頭の中で最も人気のなさそうなこの馬を穴で。



予想評価(本命ニシノカチヅクシ

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=プリサイスファイン
「自信度=中」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」


また消し馬(=キルクル)はハマノヴィグラスです。
過去10年のこのレース、前走函館ダート1000m戦出走馬は(0,0,1,18)。さらに前走6番人気以下の関西馬は(0,0,0,5)。芝適正と、前走評価されていない力量に不安のあるこの馬を消します。



クリックお願いします!
↓↓↓